岡崎慎司がゴールに絡んだウエスカ、大逆転で2部初優勝! カディスは終了間際のハンドに沈む《セグンダ・ディビシオン》

2020.07.21 09:17 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
20日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の最終節が行われた。FW岡崎慎司が所属するウエスカは優勝を目指しアウェイでスポルティング・ヒホンと対戦。0-1で勝利を収めた。岡崎は53分から途中出場していた。

ウエスカは、前節の時点で自動昇格圏内の2位以内が確定。1年でのラ・リーガ復帰が決定していた。

2位で迎えた最終節、序盤から攻め込むウエスカだが、なかなかゴールが割れない。ゴールレスのまま試合が終盤に差し掛かると73分に均衡が破れる。

ボックス手前でパスを受けた岡崎が右サイドを上がるセルヒオ・ゴメスへ展開。セルヒオ・ゴメスはボックス内右から中央へ折り返すと、岡崎につられてDF2人がマークを外すと、フリーのクリスト・ゴンサレスがダイレクトシュート。これが決まり、ウエスカが先制する。

その後はスポルティング・ヒホンが反撃に出るも、ウエスカはゴールを許さず。0-1で勝利を収めた。

一方、首位で最終節を迎えたカディスはホームでアルバセテと対戦。ゴールレスで試合を終えるかと思われた90分にボックス内でトラップミスしたヤン・ボディジェがハンド。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入するとPKの判定に。これをマイケル・メサが決め、アルバセテが0-1で勝利。この結果、ウエスカの2部優勝が決定した。
コメント
関連ニュース
thumb

南野先発も見せ場作れず… 主力ベンチスタートのリバプールは苦戦もミッティランに勝利《CL》

リバプールは27日、チャンピオンズリーグ(CL) グループD第2節でミッティランをホームに迎え、2-0で勝利した。リバプールのFW南野拓実は60分までプレーしている。 敵地での開幕節アヤックス戦を1-0と辛勝したリバプールは、3日前に行われたシェフィールド・ユナイテッド戦を2-1と競り勝った。そのシェフィールド戦のスタメンから4選手を変更。サラー、マネ、フィルミノらの3トップに代えて南野やオリジ、シャキリら控え主体の攻撃陣で臨んだ。 開幕節でアタランタに0-4と完敗したミッティランに対し、最前線に南野、2列目に右からジョタ、シャキリ、オリジと並べる[4-2-3-1]で臨んだリバプールは、立ち上がりのピンチを守護神のアリソンが凌ぐと、押し込む展開としていく。 しかしシュートには持ち込めずにいると、28分にファビーニョが右足を負傷し、リース・ウィリアムズが投入される。 南野が起点となれず攻撃の形が作れないリバプールは、40分にようやくミルナーがボックス右から可能性のあるシュートを浴びせると、追加タイム1分にはアーノルドの右クロスに南野がヘディングで合わせたが枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 後半から右サイドにポジションを変えた南野。そのリバプールは55分に先制する。シャキリのスルーパスでボックス右深くまでえぐったアーノルドの折り返しをフリーのジョタが押し込んだ。 先制後、見せ場を作れなかった南野が60分に交代となった中、サラーとマネを投入したリバプールがポゼッションを高めて試合をコントロールしていく。 そして88分には追加点のチャンスが訪れるもフィルミノは決めきれない。すると90分には大ピンチ。しかし、ボックス右に抜け出してドレイヤーの放ったチップキックシュートはわずかに枠を外れて助かった。 すると追加タイム1分にサラーがPKを獲得。このPKをサラーが決めたリバプールが2-0で勝利し、2連勝スタートとしている。 また、グループDもう一試合のアタランタvsアヤックスは2-2で引き分けた。オープンな展開で立ち上がった中、29分にタディッチのPKで先制したアヤックスは、38分にトラオレのゴールで加点。 苦しい展開となったアタランタだったが、後半に反撃。54、60分とD・サパタがゴールを決め、試合を振り出しに戻した。しかし反撃はここまで。勝ち点1を分け合っている。 リバプール 2-0 ミッティラン 【リバプール】 ジョタ(後10) サラー(後47)【PK】 アタランタ 2-2 アヤックス 【アタランタ】 D・サパタ(後9) D・サパタ(後15) 【アヤックス】 タディッチ(前29)【PK】 トラオレ(前38) 2020.10.28 07:12 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム下部組織出身の元U-17日本代表MFサイ・ゴダードがインドのムンバイ・シティへレンタル

インド・スーパーリーグのムンバイ・シティは27日、ベネヴェントから元U-17日本代表MFサイ・ゴダード(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 イギリス人の父親と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、2013年にトッテナムのアカデミーに入団し、U-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていた。しかし、トップチームへの昇格は叶わず、2018年夏にベネヴェントへ完全移籍していた。 2018-19シーズンはセリエBでわずか2試合の出場に終わり、シーズンを通して18分間の出場にとどまっていた。2019-20シーズンはキプロスのパフォスへとレンタル移籍。そしてムンバイ・シティへと移籍することとなった。 U-16、U-17と日本代表に招集されていたサイ・ゴダード。東京五輪世代であり、かつてはアジアの有望な若手トップ10にも選ばれていた逸材。インドへの移籍についてコメントしている。 「インドだけでなく、インド・スーパーリーグについてもたくさんの素晴らしい話を聞いた。ムンバイ・シティに来る機会が来た時、僕はインドにきて、自分の才能を披露し、試合で披露したいと思っていた」 「僕はセルヒオ・ロベラ監督とここでの哲学を知っています。そして、それは僕が好きなサッカーのスタイルとあっています」 「ファンがいない中、この独特のコンディションでプレーしなければいけないのは残念ですが、クラブを助け、サポーターに良い思い出を作るために必要なことを全て出します」 2020.10.27 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍後初ゴールのレガネス柴崎岳がゴールと試合を振り返る「ハードワークを約束」

レガネスの日本代表MF柴崎岳が、加入後の初ゴールについて語った。 レガネスは25日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の第8節でレアル・オビエドと対戦。柴崎は0-0で迎えた61分にボックス内右を仕掛けたミチャエル・サントスからのマイナスのクロスを左足でコントロールし、右足でゴールを奪った。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCcDlJZDlsdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チームもそのまま2-1で勝利。柴崎も勝利に貢献したが、試合後のインタビューではスペイン語でゴールの感想を語った。 「最初のゴールを決められて嬉しいです。僕は僕たちの仕事に満足していますし、僕たちはこの勝利に値した」 また、チームの勝利についてもコメント。アウェイでの勝率を上げることが重要だと語った。 「このような仕事を続ける必要があります。そしてうまくいけば、僕たちはより連勝できると思います」 「ホームで強いチームになることが重要です。しかし、より多くの勝利を得るためには、アウェイでもっと強くならなければなりません」 「僕はハードワークを約束します。チームとしても、個人としてもです。努力を続けて、今日の様なプレーをしなければなりません」 2020.10.27 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレーメンFW大迫勇也は重傷を免れるも、チーム得点王・フュルクルクは1カ月程度離脱へ

ブレーメンは26日、日本代表FW大迫勇也の負傷状況を報告した。 大迫は25日に行われたブンデスリーガ第5節のホッフェンハイム戦でベンチスタート。37分にニクラス・フュルクルクに代わって出場したものの、87分にタヒス・チョンと交代していた。 試合中、相手選手と接触した際に右ヒザに相手選手のスパイクがヒット。ピッチを一旦出て治療し戻ったものの、プレー続行が不可能となっていた。 ブレーメンは26日に検査を実施したとし重傷ではないと報告。それでも早期復帰は難しいとフロリアン・コーフェルト監督が明かした。 「検査の結果、ヒザの内部の損傷はなかった。しかし、痛みを伴う打撲だった。数日は様子を見たいと思う。今週中にユウヤがトレーニングを再開するのは不可能ではないだろう」 一方で大迫と交代したフュルクルクに関しては「MRI検査でニクラスはふくらはぎの筋肉を損傷していることがわかった。インターナショナルブレイクが終わるまではチームに合流できないだろう。もしかしたら、11月の終わりまでかかるかもしれない」と語り、こちらはしばらく離脱する事になってしまったようだ。 ブレーメンはここまでブンデスリーガで5試合を戦い、2勝2分け1敗の7位に位置。大迫はここまで3試合、フュルクルクは5試合に出場しチーム最多の4ゴールを記録していた。 2020.10.27 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

デュエル勝利数ブンデス2位の遠藤航、チームの窮地を救うためにCB起用も?

シュツットガルトで好調を維持する日本代表MF遠藤航だが、チームの窮地を救うためセンターバックで起用される可能性もあるかもしれない。ドイツ『Liga Insider』が伝えた。 ブンデスリーガ1部に今シーズンから昇格したシュツットガルト。ここまで5試合を終えて2勝2分1敗と好調を維持し4位につけている。 しかし、最終ラインにケガ人が続出。アーセナルからレンタル移籍中のDFコンスタンティノス・マヴロパノスはヒザの半月板を損傷する重傷。またここまで5試合に出場しているマルク=オリヴァー・ケンプフが足首の靭帯を負傷している。 スポーツ・ディレクター(SD)のスヴェン・ミスリンタート氏は現在のケンプフの状況について「シャルケ戦に向けては十分ではないが、微かな希望がある」とプレーできる可能性を示唆。「できるだけ早く復帰するため、信じられないほどハードワークをしている」とコメントしていた。 4〜6週間の離脱とみられているが「4週間なら良いだろう」と語っており、早期の復帰に期待を寄せた。 しかし、最終ラインにケガ人を多く抱える事態は変わらず。セカンドチームでプレーしている元ドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバーの昇格も考えられる中、ミスリンタートSDはその可能性を否定した。 「そのアイデアはかなり遠い。ホルガーは常にファーストチームのメンバーだ。しかし、彼はセカンドチームでプレーする」 また、バトシュトゥバーを昇格させない理由として代役がいると語り、ブンデスリーガで2位のデュエル勝利数(82回)を誇る遠藤もその1人として考えられているようだ。 「アントニス・アイドニスや遠藤航を下げることだってできる。3人負傷者がいたとしても、このグループ内で問題を解決する方法はまだたくさんあるよ」 2020.10.26 21:35 Mon
twitterfacebook