ソン&ケイン弾でニューカッスルを下したトッテナムが2月以来の連勝!《プレミアリーグ》

2020.07.16 04:06 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは15日、プレミアリーグ第36節でニューカッスルと対戦し、アウェイで1-3で勝利した。順位上では来季のヨーロッパ大会の出場が厳しいトッテナムだが、前節のアーセナルとのノースロンドン・ダービーは2-1で制し、しっかりライバルから勝利をもぎ取った。

その一戦と同じスタメンを揃えて2月以来の連勝を目指したが、序盤からポゼッションで劣勢となる展開に。15分にCKからアルミロンのシュートを許すと、その後もシェルヴェイ、サン=マクシマンのシュートがGKロリスを襲う。

なかなかリズムに乗れないトッテナムだったが27分、敵陣でボールを奪ったモウラから攻撃を仕掛けると、ロ・チェルソのパスを受けたボックス左のソン・フンミンが、密集地帯の中で右足をコンパクトに振り抜きゴール左下に突き刺した。

チームの2本目のシュートでネットを揺らしたトッテナムは、直後にもソン・フンミンのシュートでゴールに迫る。しかし押し込んでいくのはニューカッスル。前半だけで12本のシュートを放ったが、42分にシェルヴェイのクロスに合わせたゲイルのヘディングシュートは左ポストに嫌われ、1点ビハインドで試合を折り返すことに

だが55分にイェドリンを下げてラザロを投入した直後の56分、そのラザロが右サイドからドリブルで仕掛けてゴール前へ。守備陣に捕まりボールを失ってしまうが、相手のクリアボールを拾ったリッチーがボックス右から左足を一閃。鋭い強烈なシュートが右のサイドネットに突き刺さった。

これで試合を振り出しに戻されたトッテナムは57分にモウラを下げてベルフワインを投入。すると60分、ベルフワインの右サイドからのクロスをケインが頭で合わせて再び勝ち越しに成功した。

終盤にかけてはニューカッスルが押し込む時間帯が続いたが、90分にトッテナムのカウンターが発動。ピッチ中央のケインのポストプレーから途中出場のラメラがボックスに侵入。シュートはGKに止められてしまうが、弾かれたところを走り込んだケインがダイビングヘッドで押し込んでダメ押しの追加点。

これでリードを2点に広げたトッテナムがアウェイで1-3の勝利。連勝を収めた。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナム、ベンフィカの逸材ストライカーをレンタルか…昨季はリーグ戦18ゴール

トッテナムが、ベンフィカのブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(25)の獲得に近づいているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 長らくイングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーの獲得を目指しているトッテナム。今夏にはナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクやトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの名前が候補に挙げられていたが、現在焦点を当てているのがベンフィカで活躍するストライカーだ。 カルロス・ヴィニシウスは母国のサントスやパルメイラスの下部組織出身で、2017年夏に現在はポルトガル3部リーグに在籍するレアル・スポルト・クルーベに移籍し渡欧。その1年後にナポリへジャンプアップしたが、リオ・アヴェとモナコへレンタルしたあと、昨夏にベンフィカに完全移籍した。 190㎝を誇る長身FWで、昨季はプリメイラ・リーガで32試合18ゴール8アシストという見事な成績を残した。『フットボール・ロンドン』によると、同選手はトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望した選手で、今夏の移籍市場の初期段階で獲得を試みたが、高額な移籍金にたじろいだようだ。 そして今回、トッテナムはベクトルを変えてレンタルでの獲得を打診。同メディアは「フェルナンド・ジョレンテ以降、14カ月ぶりに新ストライカーの獲得に近づいている」と伝えている。 2020.10.01 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

前線の強化目指すスパーズ、ベンフィカFWヴィニシウスの獲得に近づく

トッテナムが、ベンフィカに所属するブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(25)の獲得に近づいているようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 ジョゼ・モウリーニョ監督がイングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパー獲得を望んでいると公言し、前線の強化を目指しているトッテナム。 これまでは、ナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)の獲得に向けて、交渉を行っていると報じられていた。 そんな中、巨額な契約解除金が設定されているヴィニシウスに関して、トッテナムはレンタルでの獲得に向けてベンフィカと交渉を行っており、獲得が近づいているという。なお、契約には4500万ユーロ(約55億6000万円)の買い取りオプションが付随する可能性があるようだ。 サントスの下部組織出身のヴィニシウスは、2018年7月にナポリへステップアップを果たすも、リオ・アヴェやモナコなどレンタル先で結果を残せず、わずか1年でベンフィカへ移籍。2019-20シーズンのプリメイラ・リーガ32試合で18ゴール5アシストを収めるなど、ブレイクを果たしていた。 2020.10.01 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

試合中のトイレで脚光のダイアー、PK失敗の相手選手を慰めるスポーツマンシップ溢れる行動では“手洗い”が注目の的に!

29日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)4回戦のトッテナムとチェルシーの一戦で、試合中にピッチを離れてトイレに駆け込んだことで、一躍注目を浴びることとなったトッテナムのイングランド代表DFエリック・ダイアーだが、試合後には素晴らしいスポーツマンシップを見せていた。 試合は白熱の攻防を見せ、90分間では決着が付かず、PK戦の末にトッテナムが勝利を飾っていたが、最後にPKを外してしまったのはチェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントだった。 マウントのPK失敗直後、多くのトッテナムの選手が勝利を喜び、守護神ウーゴ・ロリスの元に駆け寄る中、ダイアーは独りうなだれるマウントの元へ駆け寄り、抱きかかえながら慰めの言葉をかけていた。 スポーツマンシップに溢れる行動ではあるが、この行動をとったダイアーは他の選手とは違う心境だったと推測できる。ダイアーには苦い過去の思い出があるからだ。 その過去とは、2018-19シーズンのEFLカップ準決勝、チェルシーとトッテナムの2ndレグの試合だ。ホームでの1stレグを1-0と先勝していたトッテナムだが、スタンフォード・ブリッジでの2ndレグで1-2とされると、PK戦の末にチェルシーが勝利。その時にPKを外したのがダイアーとFWルーカス・モウラだった。 ダイアーが当時の自分とマウントの姿を重ね、こうした行動に至ったのだろうか。真相は分からないが、ダイアーの優しさにあふれる行動はSNSでも称賛されている。 また、良い話に水を差す格好にはなってしまうが、ダイアーが試合中にトイレに駆け込んでいたこともあり、マウントに言葉をかける際に手を洗っていたのかいないのかどうかも大きな論争を呼んでいる。 <div id="cws_ad">◆手は洗った?洗ってない?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Eric Dier going straight up to Mason Mount to console him after his missed penalty instead of celebrating with his Tottenham teammates!<a href="https://twitter.com/ericdier?ref_src=twsrc%5Etfw">@ericdier</a> | <a href="https://twitter.com/masonmount_10?ref_src=twsrc%5Etfw">@masonmount_10</a> <a href="https://t.co/XXc9oHZixR">pic.twitter.com/XXc9oHZixR</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1311047461943869441?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.30 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

師弟関係に影響は? モウリーニョとランパードがピッチサイドで口論、両者が試合後に振り返る

29日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われた、カラバオカップ(EFLカップ)4回戦のトッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー” 。熱い戦いはピッチ上だけではなかった。 試合は白熱の攻防を見せ、90分間では決着が付かず、PK戦の末にトッテナムが勝利を飾ったが、ピッチの外でもバチバチのバトルが勃発していた。 チェルシーが1点をリードして迎えた27分、テクニカルエリアのジョゼ・モウリーニョ監督(トッテナム)とフランク・ランパード監督(チェルシー)の両指揮官が、口論となっていたのだ。 第4審判を挟んでの攻防は、両者ともに譲らずヒートアップ。一度は終わったかと思いきやすぐさま再燃し、およそ1分間にわたって口論が続いていた。 モウリーニョ監督がチェルシーの指揮官だった時代に、ランパード監督は中心選手としてプレーした間柄。4シーズン以上を共に戦い、一種の師弟関係を築いていただけに、その関係にひびが入るのではないかと心配もされたが、ランパード監督は試合後のインタビューで次のように語った。 「我々はライン上で楽しんでいた、ジョゼとは上手くやれている。彼が、選手と話すよりも審判と話すことの方が多いと言ってきた。それはほんの一瞬だったのにね」 「タッチラインで何を言っても、ジョゼには敬意を払っている。試合の終わりには何も問題なかったし、関係は決して変わらないだろう」 一方のモウリーニョ監督もアドバイスを送っただけで、ランパード監督との関係に影響することはないと明かしている。 「フランクとの間で最も重要なことは、私たちが交わした言葉ではなく彼に対する私の気持ちだ。彼は、選手として持っていたすべてを捧げてくれた。それを忘れることはない。彼に対して思うことは、常に彼がどれだけ素晴らしい選手であり友人かということだ」 「私が彼に言ったことは、若くて才能のある指揮官に対しての年寄りの意見だ。選手たちが監督を必要とするのは負けているときだけで、勝っているときは主役になる必要はないということ。チームが負けているときにこそ、私たちがタッチラインにいる必要がある」 「前回の試合(WBA戦)で0-3で負けているとき、彼は椅子に座って悲しそうにしていた。本当に気の毒だと思ったよ。フットボールに関しては何も教えることはできない。彼はフットボールを理解しているから。これはあくまで意見だ。チームが負けているときはタッチラインにとどまり、チームが勝っているときは落ち着くべきだと伝えた」 <div id="cws_ad">◆モウリーニョとランパードが白熱の口論!間の第4審判はやや困惑…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Old friends Jose Mourinho and Frank Lampard exchanged words on the touchline during the first half at the Tottenham Hotspur Stadium.<a href="https://t.co/dNJXJ5lLD0">pic.twitter.com/dNJXJ5lLD0</a></p>&mdash; Sky Sports (@SkySports) <a href="https://twitter.com/SkySports/status/1311026961825832962?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.30 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

負けてるのにトッテナムDFが試合中に突如トイレへ、モウリーニョは追いかけて早く出るようにプレッシャー

29日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)4回戦、トッテナムとチェルシーの一戦で珍しい一幕があった。 0-1とトッテナムの1点ビハインドで迎えた75分頃、先発出場していたイングランド代表DFエリック・ダイアーが突如走り出し、自らピッチを離れて行った。 チームのピンチに何があったかと思えば、まさかのトイレに。生理現象なので仕方ないことだが、ビハインド時にとはタイミングが悪かった。 一時的に10人となったトッテナムがピンチを迎えると、見かねたジョゼ・モウリーニョ監督がベンチを後に。なんと、ダイアーを追いかけ、早く戻ってくるようにプレッシャーをかけたのだ。 幸い、失点を免れたトッテナムは、数分後にダイアーがピッチに戻ってくると、83分には、MFエリク・ラメラのゴールで同点に追いつき、PK戦の末に勝利を飾り、ベスト8進出を決めた。なお、ダイアーは1人目のキッカーとしてPKを成功させている。 勝利を収めたモウリーニョ監督は、試合後のインタビューでダイアーのトイレ駆け込みについて、次のように語っている。 「彼はトイレに行く必要があった。そのことを私は理解している。体が脱水状態にあり、筋肉に何も残っていないとき、それは普通のことだ」 「彼が行かなければならないことはわかっていたが、残りの時間に彼が戻ってくるようプレッシャーをかける必要があった」 「彼は誰にとっても素晴らしい模範であり、直近の2つの試合をプレーした。協会が選手を気にしないのであれば、私が気にする。木曜日の試合ではダイアーはプレーしない」 また、ダイアーを急かしても意味がないのではと問われた際には、「問題はそれが小便ではなかったことだ」と付け加えている。 一方のダイアーは、自身の不在時に失点しなかった味方に感謝の言葉を述べつつ、自身のインスタグラム(ericdier15)にチェルシー戦のマン・オブ・ザ・マッチのトロフィーを事後のトイレに飾ったお茶目な投稿を載せている。 <div id="cws_ad">◆トイレに駆け込んだダイアーをモウリーニョが追いかける<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Eric Dier took a bathroom break in the middle of the match <br><br>José Mourinho took exception <a href="https://t.co/MTH7pPza4N">pic.twitter.com/MTH7pPza4N</a></p>&mdash; DAZN Canada (@DAZN_CA) <a href="https://twitter.com/DAZN_CA/status/1311049830853152774?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad">◆ダイアーがお世話になった便器</div><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CFvEreDhmm3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CFvEreDhmm3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CFvEreDhmm3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">The real M.O.M</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/ericdier15/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Eric Dier</a>(@ericdier15)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-09-29T21:27:38+00:00">2020年 9月月29日午後2時27分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.09.30 11:40 Wed
twitterfacebook