低調ラツィオ、サッスオーロに逆転負けで3連敗…ユーベにプレッシャーかけられず《セリエA》

2020.07.12 02:14 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは11日、セリエA第32節でサッスオーロをホームに迎え、1-2で逆転負けした。

前節は残留争いに巻き込まれているレッチェに痛恨の敗戦を喫して首位ユベントスとの7ポイント差を縮めることができなかった2位ラツィオ(勝ち点68)は、前節に続きインモービレとカイセドの2トップで臨んだ。

ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランと6ポイント差の8位サッスオーロ(勝ち点43)に対し、ラツィオは開始4分に決定機。ラッツァーリがボックス右深くまで侵入してマイナスにクロス。だが、フリーのインモービレはシュートを枠の左に外してしまった。

すると8分、ラツィオは失点しかける。パローロのクリアがボックス右のラスパルドーリへ。そのままネットを揺らされたが、VARにより味方がラストパスを出していたとしてラスパルドーリがオフサイド判定となり、ノーゴールに覆った。

さらに12分、ジュリチッチのシュートがバーに直撃した中、サッスオーロに押し込まれる展開を強いられたものの、ラツィオが33分に先制する。

ロングカウンターに転じた流れから、長い距離をドリブルで持ち上がったラッツァーリがボックス右深くまでえぐってマイナスにクロス。これを受けたL・アルベルトがシュートをねじ込んだ。

先制後もサッスオーロにポゼッションを譲ったラツィオは、前半を1点リードして終えた。

後半からカプートら2枚代えを行ってきたサッスオーロに対し、ラツィオは52分に同点とされる。ショートカウンターに転じた流れから、カプートにボックス右まで侵入されてクロスを入れられると、前半にゴールを取り消されていたラスパルドーリに決められた。

さらに60分にもピンチ。ボックス右からカプートに決定的なシュートを許したが、ここはGKストラコシャが好セーブで凌いだ。

その後は膠着状態が続いた中、終盤にかけてラツィオはチャンスを生み出せない。すると追加タイム1分に逆転される。CKの流れからフェッラーリにヘッドで折り返され、カプートに頭で押し込まれた。

このままラツィオは敗戦。3連敗でユベントスにプレッシャーをかけることはできなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオ、年俸アップで今月中にもS・インザーギ監督と契約更新か

ラツィオがシモーネ・インザーギ監督(44)との契約を今月中にも更新する可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 S・インザーギ監督は2016年4月からラツィオを指揮。2018-19シーズンにラツィオをコッパ・イタリア優勝に導くと、2019-20シーズンはスクデット争いに絡み、最終的にはセリエAで4位となって来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得していた。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、S・インザーギ監督は今後もラツィオで指揮を執ることを望んでいるようで、クラブ側も同監督の手腕を評価し、現行の年俸200万ユーロ(約2億5000万円)から300万ユーロ(約3億7000万円)に引き上げてS・インザーギ監督の引き留めを図ると報じている。 昨年6月、S・インザーギ監督はラツィオと2021年6月まで契約を更新していた。 2020.08.12 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

D・シルバ、ラツィオ移籍決定的な様相 あとはサインを残すのみ

元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)のラツィオ移籍が非常に近い模様だ。 D・シルバは在籍10年のマンチェスター・シティを契約切れの今季限りで退団。2010年のシティ入りから公式戦400試合以上の出場数を誇り、4度のプレミアリーグ制覇など数々に寄与した名手だけあって、その行く末に注目が集まっている。 これまで母国スペインだけでなく、アメリカや日本、中東が新天地に挙がったが、最近になり、ラツィオ行きの憶測が浮上。D・シルバの父親も先日、ラツィオ移籍に拍車をかける発言を発しており、セリエA挑戦の熱をより帯びつつある。 そうしたなか、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』がスペイン人名手のラツィオ入り間近を主張した。ラツィオとの契約はすでに実質的な完了に至っており、本人のサインを待っている状況。まもなくラツィオ移籍が実現する様相だという。 D・シルバはラツィオ加入に際して、細かな条件の諸々にも合意。3年契約を結び、年俸250万〜300万ユーロ(約3億1000万〜3億7000万円)+ボーナスの総額最大400万ユーロ(約4億9000万円)におよぶサラリーでのラツィオ入りになる見通しだ。 なお、発表はまだ先に。D・シルバはまずシティの選手として今季を終わらせることを最優先に掲げており、チームが勝ち進むチャンピオンズリーグ(CL)終了後の発表になる模様だ。 2020.08.11 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、プレミアで活躍する2人のストライカーに関心か

ラツィオが、プレミアリーグで活躍する2人のストライカーに関心を示しているようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、その1人はバーンリーのニュージーランド代表FWクリス・ウッド。これまでWBAやレスター・シティ、リーズ・ユナイテッドなどイングランドのクラブを渡り歩き、2017年夏にバーンリーに加入。191㎝の長身を生かしたプレーが特徴で、攻撃時のポストプレーや空中戦を得意としている。今季はプレミアリーグ32試合に出場し14ゴールをマーク。28歳と脂の乗ったストライカーは、プレミアでは自己最多得点記録を更新した。 また、イギリス『サン』が報じたもう一方の名前は、ボーンマス所属のノルウェー代表FWジョシュア・キング。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ち、ボルシアMGやハル・シティ、ブラックバーンを転々とし、2015年夏にボーンマスに加入した。同じく28歳のこちらはトップ下やウイングもこなすアタッカーで、在籍5年で通算170試合に出場し50ゴール17アシストを記録した。 ラツィオは今季のセリエAでリーグ最多の36ゴールを記録したイタリア代表FWチーロ・インモービレという超強力な点取屋を擁しているが、一方でエクアドル代表FWフェリペ・カイセドがカタール移籍を望んでいるとも伝えられており、その代役を探しているようだ。加えて、来季はチャンピオンズリーグが控えていることもあり、攻撃陣の強化に力を入れているという。 ジョシュア・キングに関しては3000万ユーロ(約37億4000万円)の移籍金がネックとなっているようで、ラツィオの関心はより安価なウッドに傾きつつあると言われている。しかし、ウッドも昨年11月に2023年までの契約延長に合意したばかり。両者ともプレミアリーグのクラブも獲得を狙っているという噂もあり、一筋縄ではいかなそうだ。 2020.08.10 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオがフェネルバフチェの大型FWムリキの獲得に迫る!関係者が現地入り

ラツィオがフェネルバフチェに所属するコソボ代表FWベダット・ムリキ(26)の獲得に迫っているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 194cmの大型ストライカーであるムリキは、2019年の夏に350万ユーロ(約4億円)でフェネルバフチェに加入。サイズを活かしたポストプレイや空中戦の強さを武器に公式戦36試合に出場し17ゴール7アシストをマークした。 そのムリキに対しては、今夏にエクアドル代表FWフェリペ・カイセドの退団が噂されるラツィオが後釜候補として熱視線を注いでおり、複数のイタリアメディアが移籍金1800万ユーロ(約22億円)程のオファーを提示したと報じていた。 そんな中、『Tuttomercatoweb』はラツィオの関係者がフェネルバフチェとより詳細な交渉を行うためイスタンブール入りしたことを伝えている。 今季のセリエAを4位で来季に久々のチャンピオンズリーグ(CL)に参戦する終えたラツィオは、今夏に積極的な補強を敢行。マンチェスター・シティを退団した元スペイン代表MFダビド・シルバやレアル・マドリーのスペイン人FWボルハ・マジョラルの獲得が噂されている。 2020.08.10 03:17 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオ移籍噂のD・シルバは「セリエA好き」 父親が拍車かける発言!

元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)の移籍先はやはりイタリアなのかもしれない。 D・シルバは在籍10年のマンチェスター・シティを契約切れの今季限りで退団。2010年のシティ入りから公式戦400試合以上の出場数を誇り、4度のプレミアリーグ制覇など数々に寄与した名手だけあって、その行く末に注目が集まっている。 今季も司令塔ぶりを発揮するD・シルバを巡っては新天地候補に母国スペインだけでなく、アメリカや日本、中東も挙がったが、最近になり、ラツィオ行きの憶測が浮上。さらに、交渉の最終段階も指摘され、セリエA挑戦の熱が帯びつつある。 そのなか、D・シルバの父親であるフェルナンド・ヒメネス氏がスペイン『El Transistor』で「ダビドは前から私に対して、マンチェスター・シティに10年間在籍してから去りたい旨の話をしていたんだ」と述べると、息子のイタリア行きに拍車をかけた。 「彼にはヨーロッパに残ってほしい。彼自身がセリエA好きで、イタリアでプレーするのを本当に楽しみにしているのも確かだ。あの場所で40歳まで現役を続けられるとも言っていた」 「現時点でかなりのオファーがあり、決断しなければ。ラツィオと契約するなら、喜ばしい限りだ。彼は常々、バレンシア復帰以外の考えがないから、スペインに戻ってこないだろう」 2020.08.07 19:15 Fri
twitterfacebook