再開後初の有観客試合でルーキー佐藤が2戦連発! 高橋の今季初ゴールも生まれた北九州が岡山を下し連勝!《J2》

2020.07.10 20:57 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
10日、明治安田生命J2リーグ第4節のファジアーノ岡山vsギラヴァンツ北九州が行われ、0-2で北九州が勝利した。再開してから3試合目となる今節。リモートマッチ(無観客試合)での2試合を終え、今節から5000人を上限に観客が一部入場しての試合となった。

岡山は5日に行われた前節のジュビロ磐田戦から2名を変更。前節退場処分を受けた田中と松木に代えて、後藤、徳元を起用した。

対する北九州は、4日に行われたFC琉球戦と同じ11人をスターティングメンバーに並べた。連勝を目指して戦う。

立ち上がりペースを握ったのは北九州。7分、高橋が右サイドを仕掛けてクロス。これに対し、ボックス内に飛び込んだ椿がヘッドで合わせるも、シュートは枠を外れていく。

さらに12分には、ボックス手前左で得たFKを國分が直接狙うが、わずかに上に外れる。18分にも中央でパスを受けた高橋が相手DFをかわしてミドルシュート。ブレ球となったが、GKポープ・ウィリアムがセーブする。

押し込まれる時間が続いた岡山だったが26分、清水のクロスを、走り込んだ上門がボックス内で合わせるも、GK永井がセーブする。

27分には敵陣で相手からボールを奪った清水がロングシュート。枠左上に飛ぶもGK永井がセーブ。さらにパウリーニョはスローインのボールをワンバウンドでハーフボレー。しかし、これもGK永井がセーブする。

互いに交代なしで迎えた後半。北九州は54分、ボックス中央で横パスを受けた高橋が左足でダイレクトシュート。しかし、これはミートせず枠を大きく越えていってしまう。

岡山は55分、相手ボックス付近で細かくパスをつなぐと、イ・ヨンジェ、上田とヒールパスでつなぎ、最後は清水がシュート。しかし、永田がスライディングでブロックに入り、シュートは枠を外れる。

61分、加藤からのクロスをファーサイドで落とすと、鈴木が左足でシュート。相手にディフレクトすると、こぼれ球を高橋が蹴り込み、北九州が先制する。

さらに63分、自陣から縦パスが抜けると、これに反応した佐藤がドリブルで持ち込みGKと一対一に。これをしっかりと決め、リードを2点に広げる。ルーキーの佐藤は2試合連続ゴールとなった。

岡山は77分、右CKを獲得すると上田のクロスをボックス中央でイ・ヨンジェが合わせるも、枠を捉えられない。

89分にはディサロ燦シルヴァーノの浮き球のパスに抜け出した佐藤がGKとの一対一でシュート。しかし、GKポープ・ウィリアムがセーブする。

アディショナルタイムには岡山がボックス手前でFKを獲得。上田のクロスからチャンスが生まれるもシュートを打てない。その後も岡山が押し込むが最後までゴールを割れず。北九州が後半の2ゴールで0-2と勝利し、連勝を飾った。

◆明治安田生命J2リーグ第4節
▽7/10(金)
ファジアーノ岡山 0-2 ギラヴァンツ北九州

▽7/11(土)
《18:00》
ヴァンフォーレ甲府 vs ツエーゲン金沢
アルビレックス新潟 vs 松本山雅FC

《18:30》
京都サンガF.C. vs アビスパ福岡
FC琉球 vs 徳島ヴォルティス

《19:00》
モンテディオ山形 vs 水戸ホーリーホック
ザスパクサツ群馬 vs FC町田ゼルビア
大宮アルディージャ vs 東京ヴェルディ
ジェフユナイテッド千葉 vs 栃木SC
ジュビロ磐田 vs レノファ山口FC
V・ファーレン長崎 vs 愛媛FC
コメント
関連ニュース
thumb

流経大柏のGK松原颯汰が千葉に来季加入内定「松原がゴール守っていると安心すると思われるぐらいまで成長します」

ジェフユナイテッド千葉は1日、流通経済大学付属柏高校のGK松原颯汰(18)が来シーズンより加入することが内定したことを発表した。 大阪府出身の松原は、阪南FC、RIPACEでプレーした後、流経大柏に入学。U-17日本代表や日本高校サッカー選抜にも選出された経験がある。 松原はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンからジェフユナイテッド市原・千葉に加入することになりました松原颯汰です。幼い頃から“プロサッカー選手になる”という夢をジェフユナイテッド市原・千葉という素晴らしいチームで叶えることができてとても嬉しく思います」 「こうしてプロサッカー選手になる事ができたのも、たくさんの人の支えがあったからこそです。今まで支えて頂いた人に恩を返すためにも、一日でも早くフクダ電子アリーナでジェフユナイテッド市原・千葉のサポーターの方々の熱い応援の中で、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」 「失点を0に抑えるなど、目に見える結果で自分の良さを出して、松原がゴール守っていると安心すると思われるぐらいまで成長します。応援よろしくお願いします」 なお、松原はJFA・Jリーグ特別指定選手として今シーズンよりジェフユナイテッド市原・千葉の公式戦に出場することが可能となる。 2020.10.01 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

愛媛MF長沼洋一が一般女性と入籍「夫婦支え合って笑顔で明るい家庭を築いていきたい」

愛媛FCは1日、MF長沼洋一が入籍したことを発表した。お相手は一般女性のため、プロフィール等は公開されない。 クラブの発表によると、長沼は8月に入籍していたとのことだ。長沼はクラブを通じてコメントしている。 「この度、入籍いたしました。これからは、今以上に責任を持ち、夫婦支え合って笑顔で明るい家庭を築いていきたいと思います」 「まだまだ未熟者ですが、サッカー選手としても、一人の人間としても大きく成長していけるように頑張りますので、引き続き熱い応援よろしくお願いいたします」 サンフレッチェ広島から2シーズン連続で期限付き移籍している長沼は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで23試合に出場し1ゴールを記録している。 2020.10.01 17:04 Thu
twitterfacebook
thumb

GK2人が長期離脱の山形、川崎Fを退団したGK藤嶋栄介を獲得「全身全霊をかけてプレーします」

モンテディオ山形は1日、川崎フロンターレを退団したGK藤嶋栄介(28)の加入を発表した。背番号は「42」。 福岡大学出身の藤嶋は、特別指定選手としてプレーしていたサガン鳥栖へ2014年に正式入団。期限付き移籍でジェフユナイテッド千葉、松本山雅FCを経て2018年にレノファ山口FCへ。そのシーズンでは明治安田生命J2リーグにキャリアハイとなる25試合出場した。 2019年に川崎Fへ加入したものの公式戦の出場はなし。9月28日に退団が発表されていた。 山形は正守護神を務めていたGK櫛引政敏が左ヒザ前十字じん帯断裂と診断され、手術。全治は約6カ月とのこと。また、GKミン・ソンジュンも右第五中足骨骨折と診断され全治約3カ月と診断され、GK不足に陥っていた。 藤嶋はクラブを通じてコメントしている。 「モンテディオサポーターのみなさま、はじめまして。藤嶋栄介です。自分のストロングポイントは一対一の強さとシュートストップです。山形のために全身全霊をかけて、プレーしますのでよろしくお願いします」 「川崎フロンターレサポーターのみなさま、チームを離れるにあたり、ご挨拶することが出来ず大変申し訳ありません。川崎での一年半の経験をこれからのサッカー人生の財産として、これからも一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました」 2020.10.01 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉、修徳高校のFWブワニカ啓太の来季加入内定を発表「小さい頃から憧れて見ていた」

ジェフユナイテッド千葉は1日、修徳高校のFWブワニカ啓太(17)が2021シーズンから加入することが内定したと発表した。 ブワニカ啓太は東京都出身で、千葉県松戸市のラビットキッカーズでサッカーをスタート。千葉県松戸市立第六中学校から修徳高校へと進学した。 186cm、84kgと恵まれた体躯を持つブワニカ啓太は、クラブを通じて加入内定を喜んだ。 「2021シーズンからジェフユナイテッド市原・千葉に加入する事が内定しました修徳高等学校のブワニカ 啓太です。幼い頃からの目標であったプロサッカー選手になれることを大変嬉しく思います」 「また、私は千葉県在住で自分のプロサッカー選手としてのキャリアを小さい頃から憧れて見ていた偉大なこのクラブでスタート出来ることを大変嬉しく思います」 「これまで支えてくださった全ての方々に感謝をし続け1人の人間、1人のプロサッカー選手として大きく成長出来るよう日々生活していきます」 「一日でも早くジェフユナイテッド市原・千葉のJ1昇格や勝利に大きく貢献し、自分のプレーでファン・サポーターの皆様を笑顔にできるよう日々努力していきますので応援よろしくお願いします」 2020.10.01 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

松本がFWイズマと双方合意で契約解除、新型コロナウイルスで帰国を希望

松本山雅FCは1日、ギニアビサウ人FWイズマ(29)との契約解除を発表した。双方合意のもとでの契約解除とのことだ。 クラブの発表によると、新型コロナウイルス感染症の影響が長期的に続いているなか、イズマより帰国を希望する申し入れがあったとのこと。本人とクラブで協議を重ねた上で、最終的に本人の意思を尊重して、本契約解除に合意することになったという。 イズマはクラブを通じて今回の契約解除についてコメントしている。 「今回の申し出を受け入れてくれたこと、そして僕に温かく携わってくれてたクラブに感謝いたします」 「クラブに貢献せずに去ることは悲しいですが、常にトレーニングでクラブの為に100%を出しながら日々を歩んだので胸を張ってこのクラブを去ります」 「僕に対して愛情をたくさん注いでくれたサポーターには感謝してもしきれません。クラブの目標達成の為に、メンバーには最後まで諦めないで戦ってほしいです」 「どこにいても松本山雅を応援し続けます。One Soul」 イズマは、ニースやリオ・アヴェ、APOEL、ハーツなどヨーロッパでプレー。さらに、ウズベキスタンのパフタコールやイランのエステグラルなどアジアでもプレーしていた。 2019年に松本に加入すると、1年目は明治安田生命J1リーグで3試合に出場。今シーズンもここまでJ2リーグで6試合に出場していたが、ゴールはなかった。 2020.10.01 11:10 Thu
twitterfacebook