VARの存在価値なし!プレミアリーグ3試合全てでPKの誤審、2試合はドロー

2020.07.10 10:41 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグで由々しき問題が発生した。イギリス『BBC』は、9日に行われたプレミアリーグの3試合全てにおいて、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)がありながらもPKの判定でミスがあったと報じた。

プレミアリーグは9日、第34節の3試合が行われた、エバートンvsサウサンプトンは1-1のドロー、ボーンマスvsトッテナムは0-0のゴールレスドロー、アストン・ビラvsマンチェスター・ユナイテッドは0-3でユナイテッドが勝利していた。

シーズン終盤に差し掛かり、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権、そして残留争いとシビアな戦いが続く中、勝敗を左右するミスが起こっていた。

『BBC』によると、番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』に対し、プレミアリーグがVARで誤ったPKの判定を下したことを認めたとのことだ。

アストン・ビラvsユナイテッドの試合では、0-0で迎えた26分にブルーノ・フェルナンデスがエズリ・コンサに倒されPKを獲得。VARも介入しながらのPKとなったが、このシーンはB・フェルナンデスがターンをした際に倒れ込んだだけ。プレミアリーグは、「間違った決定だった。実際にはコンサのファウルではなかったはずで、VARによって覆されるべきだった」と誤審を認めた。なお、PKを含む3ゴールを奪ったユナイテッドが勝利している。

ボーンマスvsトッテナムでは開始4分のトッテナムのCKの場面。ゴール前にクロスが送られると、ファーサイドで合わせに行ったハリー・ケインをジョシュア・キングが後ろから押しているように見えたが、ノーファウル。これにはジョゼ・モウリーニョ監督も怒りを露わにしたが、判定は覆らなかった。なお、このシーンでVARは介入したもののオン・フィールド・レビューは使われていない。

エバートンvsサウサンプトンでは、ジェームズ・ウォード=プラウズがアンドレ・ゴメスに倒されたとしてPKが与えられた。接触はあったものの、正当なチャージであり、PKではないと判断されるべきだったという。なお、サウサンプトンはこのPKをウォード=プラウズがクロスバーに当てて失敗していた。

プレミアリーグではVARの運用が度々問題視され、特に主審がモニターで映像をチェックする回数が少なく、VARからの助言をベースに決定を変えたり、または全くVARの助言を聞かないというシーンが散見。他のリーグに比べて、主審の権限が強すぎるとし、多くの監督や選手から不満が出ていた。

今回のケースでは、3試合全てで誤ったPKの判定が下されてしまい、改めてVARと主審の関係性が重要であることが浮き彫りになった。この先、プレミアリーグでその辺りが改善される日は来るのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ウォルバーハンプトンがFFP違反も、来季CL出場時は選手登録制限でUEFAと和解合意

ウォルバーハンプトンが、FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)に違反していたことが発覚。しかし、欧州サッカー連盟(UEFA)とは和解合意したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 オリンピアコスは、7日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのオリンピアコス戦で1-0と勝利。2戦合計2-1とし、セビージャが待つ準々決勝に駒を進めた。 ウォルバーハンプトンは、48年間の間でヨーロッパの大会でベスト8に残ったのは初だが、このまま優勝すれば、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場することが可能となる。 しかし、ウォルバーハンプトンは2020年までの会計年度で最大3000万ユーロ(約37億5000万円)の赤字を計上したとのこと。これが過大な支出とし、FFP違反となった。 ただし、UEFAはウォルバーハンプトンと2020-21シーズンのCLに出場した場合に使用する選手のAリストを25名から23名に減らすことで和解合意したとのことだ。 2020.08.08 22:33 Sat
twitterfacebook
thumb

この期に及んでまたゴルフ!? CLメンバー外を望んだレアルFWベイルがまさかのラウンド

流石にもう居場所はなくなってしまうのではないだろうか。レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルが、またしてもゴルフを楽しんでいたことがスクープされてしまった。 スペイン『El Chiringuito』がその映像を独占として入手したといい、スペイン各メディアも一斉に報じている。 マドリーは、今シーズンのラ・リーガを制し、7日にはマンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグを戦うこととなっていた。 シーズン終盤はベンチ入りするも試合出場はなく、最終節はメンバー外に。そして、シティ戦に向けたメンバーにも入っていなかった。 メンバー外について問われたジネディーヌ・ジダン監督は「プライベートな会話だが、彼がプレーしたがらなかったとだけしか言えない」とコメント。ベイルの意向でメンバーに入れたなかったとしたが、当の本人は大好きなゴルフをしていたから驚きだ。 メンバー外になったからなのか、ゴルフをしたかったからメンバー外にしてもらったのかは定かではないが、チームがラ・リーガとの2冠のため、逆転勝利を目指してイングランドでのアウェイゲームに臨む中での行動としては褒められるものではないだろう。 ベイルとマドリーの契約は2022年6月まで。果たして来シーズンはマドリーでプレーすることになるのだろうか? <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">SUBE LA TENSIÓN<a href="https://twitter.com/JLSanchez78?ref_src=twsrc%5Etfw">@JLSanchez78</a> : &quot;OTROS hacen cosas PEORES que jugar al GOLF&quot;<a href="https://twitter.com/hashtag/Tom%C3%A1sRONCERO?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TomásRONCERO</a>: &quot;Pero no son BALE, el jugador FRANQUICIA del MADRID&quot;.<a href="https://twitter.com/hashtag/ChiringuitoBale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ChiringuitoBale</a> <a href="https://t.co/m0BNViyrom">pic.twitter.com/m0BNViyrom</a></p>&mdash; El Chiringuito TV (@elchiringuitotv) <a href="https://twitter.com/elchiringuitotv/status/1291891854519209993?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.08 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

会長の現場干渉で監督辞任のスコールズ氏が敗訴、多額の賠償金を支払う羽目に

元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏が、古巣から賠償金を求められることとなった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、スコールズ氏は、自身が監督を務めていたオールダム・アスレティックと問題を起こしていた。 事の発端はスコールズ氏が監督を務めていた間に起こっている。 スコールズ氏は、2019年2月にオールダムの監督に就任。しかし、わずか31日で辞任していた。 その理由は、ファーストチームの問題にアブダレ・レムサガム会長が干渉しないという約束をしていたとのこと。しかし、そこに関与して来たことで仕事が行えなくなったと非難していた。 しかし、オールダム側はスコールズ氏が一方的に監督を辞任したとして、裁判所に訴えた結果、オールダムが勝訴。スコールズ氏はチームのメンバー選考などが問題なくできていたとし、契約違反であるとの裁定を出していた。 スコールズ氏は、2019年3月12日に行われたリンカーンとの試合で、キャプテンであるピーター・クラークを起用しないように言われたと主張していた。しかし、スコールズはクラークを起用。試合は2-0で敗れ、その結果翌日にスコールズ氏は辞任していた。 この結果、オールダムは5桁(数万ポンド)の賠償金をスコールズ氏に請求することとなったようだ。 監督として7試合を指揮したスコールズ氏だったが、1勝3分け3敗と全く結果を残せていなかった。 2020.08.07 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ブリッジは“不倫男”テリーを未だに許さず? 自身の近くに引っ越し発覚後、自宅を売却に出す

元イングランド代表DFのウェイン・ブリッジ氏は、チェルシー時代に自身の元恋人と不倫関係にあった元イングランド代表DFのジョン・テリー氏を未だに許してないのかもしれない。イギリス『サン』が報じている。 ブリッジ氏とテリー氏は、同じ39歳でチェルシーとイングランド代表で共闘してきた親友だった。しかし、2010年1月にブリッジ氏が当時交際し、1人の息子をもうけていたヴァネッサ・プロンセルと、既婚のテリー氏に不倫疑惑が持ち上がり、両者の関係は完全に破綻。 この騒動がキッカケでテリー氏はイングランド代表キャプテンをはく奪され、ブリッジ氏も“不倫男”との共闘を望まず、代表辞退という重い決断を下していた。 さらに、不倫問題発覚後、初の直接対決となった試合では当時マンチェスター・シティに在籍していたブリッジ氏が、試合前の握手を拒否。さらに、シティのチームメイトだった元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、得点直後にテリー氏の前に立ちはだかってブリッジ氏を指さすパフォーマンスを見せるなど、大きな話題をさらっていた。 その後、ブリッジ氏は2013年に現在の妻であるイギリス人歌手のフランキーサンド・フォードさんと結婚し、2人の息子を授かっている。 その事件から10年が経った今年に入って両氏は、再びメディアの話題に挙がることに。 『サン』が伝えるところによれば、テリー氏は今年4月にロンドン近郊のサリーに430万ポンド(約6億円)の邸宅を購入し、すでに引っ越しも済ませているという。 そして、その新居から数分の距離にはブリッジ氏と家族が住む550万ポンド(約7億6000万円)の邸宅があった。 しかし、同メディアによると、ブリッジ夫妻はテリー氏の引っ越しが原因かは不明なものの、現在その自宅を売りに出しているという。 この動きに関してある関係者は、「ウェインとジョンは明らかに最高の友人とは言えない。今は不動産市場に不確実性があるが、ウェインとフランキーは新たなスタートを求めている。そして、現在の場所から少し離れた場所に引っ越しをすることを決めた」と、説明している。 今回の引っ越しは単なる偶然の可能性が高そうだが、ブリッジはやはり“不倫男”を許していないのか…。 2020.08.05 15:02 Wed
twitterfacebook
thumb

“故意の咳”は一発退場の対象に? FAが新ガイドラインの適用へ

イングランドサッカー協会(FA)は、今の時代に合ったルール変更を予定しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2019-20シーズンのプレミアリーグも、1日に行われたFAカップ決勝をもって終了。残すは、プレミアリーグへの最後の昇格枠を争うチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレーオフ決勝のみとなった。 新型コロナウイルス(COVID-19)という未曾有の感染症により、およそ3カ月リーグが中断。その後再開し、シーズンを全うすることができた。 しかし、選手の入場方法を含めた様々なことにガイドラインが設けられ、無観客で試合が行われるなど、その影響は少なくなく、来シーズンにも影響が出るとみられている。 そんな中、FAは主審たちを守る新たなルールを決定するようだ。その1つが、選手たちの咳だ。 FAは、対戦相手やレフェリーに対し、意図的に咳をした選手は、新たなFAのガイドラインに従い、レッドカード、またはイエローカードの対象となるようだ。 FAは、「レフェリーは、意図的に誰近距離から故意に対戦相手はマッチオフィシャルの顔に向けて咳をした選手」に対して行動を起こすとし、「攻撃的、侮辱的、虐待的な言葉遣いや身振り」に該当するとしている。 なお、通常の咳はこの対象外となるが、ピッチへの唾吐き行為なども継続して禁止事項に。プレー以外の部分でも、衛生面を守らない選手には、罰則が与えられることになるという。 2020.08.03 21:30 Mon
twitterfacebook