バルサ会長が、VARの度重なるレアル寄りの判定に苦言「いつも同じチームを贔屓している」

2020.07.06 19:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、リーガの判定に関して苦言を呈した。スペイン『アス』が伝えている。

5日、ラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオvsレアル・マドリーが行われ、0-1でマドリーが勝利。7連勝を飾った。

試合では71分にボックス内でブラジル代表DFマルセロが倒された際に、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した結果PKの判定に。これをスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが決め、決勝点となった。

一方でビルバオのMFラウール・ガルシアがマドリーのボックス内で倒されたシーンでは、VARが使用されることなくノー・ファールの判定となり、物議を醸していた。

◆セティエン監督、ビジャレアル戦前日会見

直近の試合でVARの判定がマドリーに有利に働くことはこれが初めてではないが、これを受けてバルセロナのバルトメウ会長は、スペイン『Movistar』のインタビューの中でVARの判定が特定のチームを助けていると批判した。

「ビルバオでの試合を観た。こう言ったことを言いたくはなし、繰り返しになるが、VARが適切に使われていないと思う」

「新型コロナウイルス(COVID-19)による中断が明けて以来、判定が公平ではなく、それが試合結果に表れており、同じチームをいつも贔屓しているように見える」

「スペインサッカー連盟にもこのことについてはVARが導入された当初にも話している」

「VARは審判をサポートするためにあるものだが、ここ数週間の中で、それが公平に使われていないことを示すケースをみんなが見ることができた思う」

関連ニュース
thumb

殊勲の決勝弾チャルハノール、解任論拡大の指揮官を「幸せな気分にできた」

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、解任論が拡大しつつある指揮官への信頼を口にした。イタリア『スカイ』が伝えている。 インテルは4日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループC第3節でバルセロナと対戦。試合はボールを握られる時間が続いたが、前半終了間際のチャルハノールのゴールを守り抜き、1-0で勝利。バルセロナをかわしてグループ2位に浮上した。 今季は低調が続き、1日にローマに逆転負けを喫したことで、ここ数日はシモーネ・インザーギ監督の解任論が急拡大。だが、バルセロナ戦で殊勲の決勝ゴールを決めたチャルハノールは試合後の記者会見で、指揮官の笑顔を取り戻せたと喜び、揺るがぬ信頼感をうかがわせた。 「インザーギの大きな勝利? 僕ら選手はどんな時でも彼とともに戦う。今日は彼を幸せな気分にさせることができたはずさ。インザーギは自分のために戦っているチームを目の前で見ていたからね」 「この一戦をどう戦うか。何度も話し合い、準備してきた。今日は僕らがやりたかったフットボールができたよ」 2022.10.05 16:26 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、CLインテル戦黒星では判定に泣く... S・ロベルト「以前と同じ傾向」

バルセロナの選手たちがインテル戦のレフェリングに苦言を呈している。スペイン『ムンド・デポルディポ』が伝えた。 バルセロナは4日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループC第3節でインテルとアウェイで対戦。試合はバルセロナがボールを握って攻め込むも、前半終了間際に先制を許す展開に。後半はさらに攻勢を強めたが、結局ゴールは奪えず0-1で敗れている。 また、この一戦では20分過ぎにPKを獲得かと思われたシーンがあったが、ここはオフサイドの判定に。1点ビハインドで迎えた68分にはMFペドリがネットを揺らすも、直前にFWアンス・ファティのハンドがあったとしてオンフィールドレビューの結果、取り消しとされた。 極めつきは後半アディショナルタイムの出来事。敵陣ボックス内でインテル選手の手にボールが当たり、今度こそPK獲得かと思われたが、VARチェックの結果、これも認められず。 試合後の記者会見ではチャビ・エルナンデス監督が判定に不満をあらわにしていたが、選手たちも同じ様子。ペドリが試合終了間際のシーンを「明らかなハンド」と振り返れば、DFエリック・ガルシアも68分のゴール取り消しについて、レフェリング講習の説明と食い違うと語気を強めた。 「シーズンが始まる前に彼ら(審判協会)は、ゴールを決めた選手のハンドでなければチェックの対象ではないと言っていた。だが、それは嘘だった。オナナ(インテルGK)が直前にボールに触れていて、アンス・ファティのは意図的じゃない」 DFセルジ・ロベルトも「レフェリーは僕らからゴールを奪い、PKも与えなかった。これは以前と同じ傾向だ」と、不満を吐露。この敗戦でグループ3位に転落したともあり、チーム全員がフラストレーションの溜まる一日になってしまったようだ。 2022.10.05 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

2度とVARをさせるな…納得いかない判定連続に怒りのバルサ、UEFAに異議申し立て

判定に納得がいかないバルセロナが、欧州サッカー連盟(UEFA)にVARを訴えたようだ。スペイン『アス』が伝えた。 4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でインテルとアウェイで対戦したバルセロナ。グループステージを突破する上では大事な一戦となった。 試合はバルセロナがボールを握り、コントロールしていく展開に。しかし、インテルは隙を突いてゴールに迫ると20分すぎにはPKのチャンスかと思われたが、オフサイドの判定でPKとはならなかった。 しかし、前半アディショナルタイムにハカン・チャルハノールがミドルシュートを決めてインテルが先制。バルセロナは後半も攻め込むがゴールは奪えず。1-0でインテルが勝利し、痛すぎる連敗となった。 この試合ではVARでハンドを取られゴールを認められなかった一方で、後半アディショナルタイムには相手のハンドは取られずにPKをもらえず。チャビ・エルナンデス監督も怒りを露わにし、不公平さに憤りを口にしていた。 バルサが怒りを向けているのは主審ではなく、VARのポル・ファン・ボーケル氏。第2節のバイエルン戦でもVARを勤めており、ウスマーヌ・デンベレのPKを認めなかった人物であり、それが判明して怒りはさらに増幅したという。 『アス』によれば、テクニカルスタッフの要請を受け、ジョアン・ラポルタ会長の絶対的な承認の下、法律部門を通じてUEFAに正式に異議を申し立てたとのこと。明確な画像を一緒に提出し、「目に余る不正行為」だと訴え、2度とバルセロナの試合でVARルームにファン・ボーケル氏を入れないことを求めたという。 特に、アンス・ファティの不可抗力とも言えるハンドでペドリのゴールが取り消されたにも関わらず、手を伸ばして触った後半アディショナルタイムのデンゼル・ダンフリースのハンドが取られなかったことを問題視。またチャルハノールが試合中にセルヒオ・ブスケツの脛のあたりに激しいタックルをしたが、イエローカードに終わったことも含め、VARへの不信感が募っているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】バルサが怒りを露わにするアンス・ファティのハンドとダンフリースのハンド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">No lo habíamos visto antes, pero era mano de Ansu antes del gol de Pedri. Si el VAR salvó antes a Eric García, ahora le echó el cable a Onana <a href="https://t.co/XZIn2me2qc">pic.twitter.com/XZIn2me2qc</a></p>&mdash; Manu Heredia (@ManuHeredia21) <a href="https://twitter.com/ManuHeredia21/status/1577395392156733455?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjTlKOOsaRG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjTlKOOsaRG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjTlKOOsaRG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】アンス・ファティの不可抗力のハンドでペドリのゴールは取り消し</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="hyZefAog_HI";var video_start = 38;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 13:41 Wed
twitterfacebook
thumb

クリステンセンまでも負傷者リスト入り…CL連敗&過密日程のバルサに痛手

バルセロナがデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンの負傷を明かしている。 バルセロナは4日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でインテルとのアウェイ戦に臨み、0-1の黒星。微妙なジャッジにも泣かされ、CLではこれで2連敗となり、順位も3位に落とした。 この試合にも最終ラインの中央で先発したクリステンセンだが、58分にDFジェラール・ピケとの交代でピッチを後に。そして、試合後のバルセロナから左足首じん帯のねん挫が発表されている。 現時点で全治不明だが、ケガの程度を確認するための検査が5日に予定。バルセロナでは先の代表ウィーク中に故障者が続出しており、クリステンセンまでもそのリスト入りとなっている。 なお、守備陣ではDFジュール・クンデ、DFロナルド・アラウホが代表ウィーク中に負傷。DFエクトル・ベジェリンも先月末のトレーニング中にケガしており、クリステンセンで4人目となった。 10月のバルセロナは公式戦9試合のスケジュール下におり、今回のインテル戦が2試合目。16日のラ・リーガ第9節ではレアル・マドリーとのエル・クラシコも控えている。 2022.10.05 13:25 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGと契約最終年のメッシ、将来は現時点で決まり事なし

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)は自身の将来に関して、現時点で白紙の状態だという。 涙のバルセロナ退団から早1年が過ぎたメッシ。PSGでの2年目となる今季はパリの環境にすっかりと慣れ、ここまで出場した公式戦12試合で7得点8アシストの数字が物語るとおり、ピッチ上でらしい姿を振り撒いている。 だが、ピッチ外では2年契約の最終年となるPSGとの契約状況もあって、今季終了後の去就が注目の的に。バルセロナ復帰の報道がなされたりもしているが、選手サイドはまだ何も決めておらず、進んだものもないようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏はそう主張しており、メッシに近しい関係者から、将来を決めるのは今ではなく、2023年に入ってからとの見通しがなされているという。 なお、バルセロナはすでに内部でメッシの復帰を巡って議論中とのことだが、PSGも契約の延長を試みるとも。他方ではアメリカ行きの選択肢も取り沙汰されるメッシだが、将来やいかに。 2022.10.05 11:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly