これも新型コロナの影響? ペップが監督として初のアウェイ3連敗を喫する

2020.07.06 09:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
これも新型コロナウイルスの影響なのだろうか。ジョゼップ・グアルディオラ監督がキャリアを通じて初めての苦しみを味わっている。マンチェスター・シティは5日、プレミアリーグ第33節でサウサンプトンとアウェイで対戦。チェ・アダムスに先制されると、その後はサウサンプトンの牙城を崩せず1-0で敗戦。今シーズン9敗目を喫していた。

◆シティ、過去のサウサンプトン戦のベストゴール!

すでにリバプールのリーグ優勝が決まっており、シティも来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できる4位以内はほぼ手中に収めている状況だが、再開後はこれで2敗目となった。

この2敗はいずれもアウェイゲーム。6月25日に行われたチェルシー戦でも2-1で敗れていたが、中断前の最後の試合もアウェイゲームで敗れていた。

3月8日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの“マンチェスター・ダービー”では2-0で完敗。これにより、アウェイゲーム3連敗となったシティだが、グアルディオラ監督にとっては監督キャリアをスタートさせてから初の出来事となった。

ホームではアーセナルに3-0、バーンリーに5-0、リバプールの4-0と再開後も圧倒的な強さを見せていたシティだが、アウェイには思わぬ影が。残り5試合ではブライトン&ホーヴ・アルビオン戦とワトフォード戦がアウェイゲームとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

G・ネビル、キャリア最多5失点のペップに「これまでに経験したことのない最大の仕事が待っている」

イギリス『スカイ・スポーツ』の解説者を務める元イングランド代表のギャリー・ネビル氏が、マンチェスター・シティの大敗に言及。ジョゼップ・グアルディオラ監督にキャリア最大の課題が立ち塞がる事になると自論を述べた。 27日にプレミアリーグ第3節でレスター・シティと対戦したシティ。4分に幸先良く先制したものの、37分にPKから被弾する。引いて守るレスター相手に決定機を作れない中、再びPKを与えてしまい逆転を許す。さらに、3度目のPKなどで点差を離されたシティは結局2-5で大敗を喫した。 ネビル氏「最初の25分間はとても良かったが、レスターが数回攻撃に転じた途端に、心理ダメージを受けた」と話し始めた。 「昨シーズンからの不安材料が再発している。このバグが彼らからタイトルを奪った。確かにこのマンチェスター・シティでは、すぐにトップ4に戻ることはできる。以前よりも簡単にね。だが、彼らは上位に上がっても喜ばないらしい」 グアルディオラ監督はこの大敗が公式戦通算686試合の指導者キャリアにおいて最多となる5失点となった。ネビル氏は同監督のこれまでの功績を称賛した上で、この先に待ち受ける試練を忠告した。 「これはジョゼップ・グアルディオラを讃える素晴らしい統計であり、彼とそのチーム、守備面の素晴らしさを物語っている」 「彼がベースを作った。昨シーズン、無冠で終えて今日ここのタッチラインに立っている。彼が再びタイトルレースに挑戦するにあたって、これまでに経験したことのない最大の仕事が待っていると言っても過言ではない」 2020.09.28 19:33 Mon
twitterfacebook
thumb

シティに5発大勝でクラブ初の開幕3連勝達成のレスター指揮が考えた作戦は「スペースを与えないこと」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、マンチェスター・シティ戦の大勝を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターはプレミアリーグ第3節でシティと対戦。開始4分にリヤド・マフレズにゴールを決められ、幸先の悪いスタートとなったが、37分にハーヴェイ・バーンズのスルーパスに反応したジェイミー・ヴァーディがボックス左でカイル・ウォーカーに引き倒されてPKを獲得。これをヴァーディが決めて同点とした。 すると、後半早々の54分にもヴァーディが追加点。58分にはヴァーディがエリック・ガルシアに倒され再びPKを獲得するとこれも決めてハットトリック達成。終わってみれば2-5で大勝を収めていた。 クラブ史上初の開幕3連勝、さらに、シティを下しての達成と良いことづくめなレスター。ロジャーズ監督はシティ戦のパフォーマンスを振り返り、チームとして任務が遂行できたと喜びをあらわにした。 「本当に特別なパフォーマンスと結果だった。マンチェスター・シティがウォルバーハンプトンと対戦したのを見たと思うが、彼らは前節上手くプレーしていた。しかし、我々も傑出していると思っていた」 「我々のアイデアは明確で、彼らにスペースを与えないことだった。私は通常、チームにプレーするように指示する。でも、カウンターアタックとクオリティがチームにあるとわかっていた」 「戦術的にみて、選手たちにとても規律があると感じられた。彼らは素晴らしいメンタリティを示した。(リヤド・)マフレズは本当に素晴らしいゴールを決めたが、我々はそれでも落ち着いていた」 「前半はラストパスが通れば、より良いチャンスがあるとわかっていた。しかし、全体的に見ても後半の出来はセンセーショナルだった。とても楽しかった」 「セットプレーから2つのゴールを決め、それはもう一度見ることができたが、それ以外も素晴らしい結果とパフォーマンスを見せた」 2020.09.28 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

シティが88億円で念願のCB確保! ベンフィカがジアスのシティ移籍とオタメンディ獲得を発表

ベンフィカは27日、ポルトガル代表DFルベン・ジアス(23)がマンチェスター・シティに移籍することで合意したと発表した。なお、メディカルチェック合格後に正式契約を結ぶことになる。 ベンフィカの発表によれば、ジアスの移籍金は基本額6800万ユーロ(約83億5000万円)にボーナス360万ユーロ(4億4000万円)が盛り込まれた最大7160万ユーロ(約87億9000万円)の取引になるとのこと。また、シティからアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(32)を移籍金1500万ユーロ(約18億4000万円)で獲得したことも発表している。 今夏にオランダ代表DFナタン・アケを確保したものの、さらなるセンターバックの強化に乗り出していたシティ。当初はナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(29)の獲得動いていたが、移籍金8000万ポンド(約107億6000万円)が障壁となり、ジアスに照準を切り替えていた。 ベンフィカ下部組織出身のジアスは187cmの恵まれた体躯と身体能力を武器に守備センスやボール扱いにも長けた現代型のセンターバックで、2017年9月のトップチームデビュー以降、クラブ通算137試合12ゴール6アシストを記録。2019-20シーズンはプリメイラ・リーガで33試合に出場し2ゴール3アシスト、チャンピオンズリーグでも6試合に出場していた。 2020.09.28 10:25 Mon
twitterfacebook
thumb

監督キャリア初の5失点、グアルディオラ監督がレスターの戦い方に言及「彼らはプレーしたがらなかった」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、大敗を喫したレスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは27日、プレミアリーグ第3節でレスター・シティと対戦。ホームにレスターを迎えたシティは、4分にリヤド・マフレズのゴールで幸先よく先制する。 昨シーズン5位と躍進したレスターを相手に良いスタートを切ったものの、37分にハーヴェイ・バーンズのスルーパスに反応したジェイミー・ヴァーディがボックス左でカイル・ウォーカーに引き倒されてPKを獲得。これをヴァーディが決めて同点とすると、後半早々の54分にもヴァーディが追加点。さらに58分にはヴァーディがエリック・ガルシアに倒され再びPKを獲得すると、これもしっかり決めてハットトリックを達成した。 <div id="cws_ad">◆シティ相手にマディソンが強烈な一撃を食らわす!<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1jxtjokj4axcy1wrzxfl7ceyzg" async></script></div> 引いて守るレスターに対し、決定機を作れないシティは、77分にジェームズ・マディソンにゴールを許して3点差に。84分にナタン・アケが1点を返すも、88分に3度目のPKを決められ終了。グアルディオラ監督にとって最多となる5失点で敗れた。 試合後、屈辱的な試合についてグアルディオラ監督がコメント。レスターの引いて守る戦い方に苦言を呈しながらも、解決策を見つけていくとこの先の改善に意欲を見せた。 「彼らはとても深い位置で守り、我々が決定的なチャンスを生み出すことが欠けていた」 「彼らはプレーしたがらなかった。カウンターアタックがしたかっただけだ」 「ヴァーディが長い距離を走ることは理解していた。バーンズは彼をコントロールしなければならなかった。ただ、我々が固くなっていった瞬間、上手くいっていないと感じた」 「10回のチャンスを作るつもりはない。それが難しいことを我々は知らなければならない。5-2の状況でも、レスターは18ヤードのボックスの中に引っ込んでいた」 「諦めるつもりはない。解決策を見つけたいと思う。もちろん難しいことだが、受け入れなければいけない。まだ、2試合目だ」 グアルディオラ監督が問題と考えているのは、追加点を奪えなかったこと。また、PKを3度も与えたことが勝てなかった要因だと語り、この先のシーズンに向けて改善すると改めて語った。 「前半は本当に良いプレーをしていたし、早い時間に得点できた。彼らが深い位置で守るのだって簡単ではない」 「問題は2点目、3点目を取るために、自分たちに余計なプレッシャーをかけてしまったことだ。もっと冷静になる必要がある。我々には、我々が必要とするボックスで攻撃を仕掛ける選手がいない」 「我々は固くなり、3つのPKを与えてしまった。3つのPKを与えていては、勝つことはできない。彼らがどれだけのチャンスを生み出したかはわからない」 「もっと辛抱強くなるべきだった。それは難しいが、今シーズンの2試合目であり、それを避けるために我々が何をすべきかを見極めなければならない」 「誰にとっても良い気分ではないよ」 2020.09.28 09:17 Mon
twitterfacebook
thumb

レスターがヴァーディのハットで初のPL開幕3連勝! シティはペップ監督キャリア初5失点大敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、マンチェスター・シティvsレスター・シティが27日にエティハド・スタジアムで行われ、アウェイのレスターが5-2で快勝した。 ウォルバーハンプトンとの今季初陣を3-1で制したシティは、直近のEFLカップもボーンマス相手にデラップ、フォーデンのアカデミー出身の若手コンビの活躍で競り勝って公式戦連勝。 昨季、5位とトップ4圏内に肉薄した難敵レスターとの一戦に向けてはアグエロに加え、ガブリエウ・ジェズスと2人のストライカーが負傷によって不在に。グアルディオラ監督はこの緊急事態を受け、スターリングを最前線に置き2列目にマフレズ、デ・ブライネ、フォーデンを起用した。 [5-4-1]の布陣を採用したレスターに対して、シティがあっさりと先制点を奪う。4分、左CKの場面で味方の競ったこぼれ球に反応したマフレズがボックス右から利き足とは逆の右足の弾丸シュートをゴール左上隅の完璧なコースに突き刺した。 幸先よく先制に成功したシティは、その後も相手を押し込んで優勢に試合を運ぶ。その中で比較的浮く場面が多いロドリやフェルナンジーニョが積極的にシュートを放っていく。35分にはデ・ブライネの正確なプレースキックをロドリが頭で合わせ、ネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定。 一方、何度かロングカウンターで相手をひっくり返す場面を作り出すも、フィニッシュまで持ち込めないレスター。それでも、“ビッグ6”を得意とするエースストライカーが仕事を果たす。36分、バーンズのスルーパスに反応したヴァーディがボックス左でウォーカーに引き倒されてPKを獲得。これをヴァーディ自ら冷静に流し込み、前半のうちにスコアをタイに戻した。 追い付かれて試合を折り返したシティは後半立ち上がりの51分にフェルナンジーニョを下げて、直近のボーンマス戦でトップデビュー即ゴールを挙げた17歳FWデラップをプレミアデビューさせる。 しかし、後半先にゴールを挙げたのはアウェイのレスター。54分、相手陣内右サイド深くで細かく繫ぎカスターニュがボックス右ライン際に抜け出してグラウンダーのクロス。これをニアに走り込んだヴァーディが絶妙なワンタッチシュートで流し込む。 さらに、直後の58分にはボックス内に抜け出したヴァーディがDFエリック・ガルシアに倒されてこの試合2つ目のPKが与えられると、これを昨季プレミア得点王がきっちり決めてハットトリックを達成した。 苦手ヴァーディに翻弄されて厳しい戦いを強いられたシティは、フォーデンに代えてフェラン・トーレスをピッチに送り込み、前がかりな攻めを見せるが、最後のところでうまくいかない。逆に、相手得意のカウンターに晒されると、77分には途中出場のマディソンにボックス手間左から見事なミドルシュートを叩き込まれる。 その後、84分にマフレズの右CKをアケが頭で合わせ、点差を2点に縮めるも直後の88分にはメンディがマディソンを後方から引き倒して、この試合3つ目のPKを献上。これをティーレマンスに決められ、万事休す。 グアルディオラの監督キャリアで初の1試合5失点を喫して大敗のシティは今季初黒星。一方、レスターはクラブ史上初となるプレミアリーグ開幕3連勝を飾った。 2020.09.28 02:36 Mon
twitterfacebook