“悪童”マテラッツィが日本人選手の前でオーバーヘッドを炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

2020.07.02 11:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回は元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏がインテル時代に決めたゴールだ。

◆CBマテラッツィの完璧なバイシクル

名ディフェンダーにしてサッカー界随一の“悪童”としても知られるマテラッツィ氏は、2000-01シーズンにはシーズン11ゴールを決め、当時のディフェンダーとしてのリーグ最多得点記録を塗り替えたこともある。

インテルに入団してからも公式戦209試合に出場し33得点を記録。パワフルな守備だけでなく得点力でもチームに貢献したが、2006年12月17日に行われたセリエA第16節のメッシーナ戦ではストライカー顔負けのゴールを決めている。

ゴールレスで迎えた49分、攻め込んだインテルはMFルイス・フィーゴが、敵陣右大度からゴール前へとクロスを供給する。これをファーサイドのFWズラタン・イブラヒモビッチが頭で折り返すと、高く上がったボールをボックス中央にいたマテラッツィがバイシクルシュート。難しいシュートだったが、しっかりと左足で捉えたシュートは相手GKマルコ・ストラーリの牙城を破った。

なお、この試合には当時メッシーナに所属していた元日本代表MFの小笠原満男氏も先発出場しており、このスーパーゴールの目撃者となっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

クリアボールを空中で奪ってそのままゴール…!フランスのレジェンド、マケレレが決めた驚愕ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表MFのクロード・マケレレ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マケレレがPSGで決めた驚愕のゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDMDk1NHVjSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスでのプロデビューを経て、レアル・マドリーやチェルシーなど、ビッグクラブを渡り歩いたマケレレ氏。守備的MFとして活躍し、数多くのタイトルを勝ち取った。 チェルシーで活躍した後、PSGで現役を引退したマケレレ氏だが、そのPSGでの唯一の得点となるスーパーゴールを、2009年12月16日に行われたリーグ・アン第11節のランス戦で決めている。 0-0の硬直した展開が続く70分、PSGが攻め込み、ボックス内まで侵入するものの、相手DFにクリアされてしまう。しかしこのクリアボールをボックス外にいたマケレレが空中でインターセプト。そのままFWメブリュト・エルディングと華麗なワンツーを決め、ゴール前まで進むと、GKの1vs1を冷静に制し、先制ゴールを決めてみせた。 このゴールで1-0としたPSGだったが、直後に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.09.30 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

もはや両利き…!C・ロナウドが左足で決めた強烈ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウドが逆足で決めた豪快ロング<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVbkltc2hnMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドでの大ブレイクを経て、レアル・マドリーで史上最高レベルの選手に登り詰めたC・ロナウド。2018年夏からはユベントスに加入してからも、驚異的なペースで得点を量産している。 利き足の右足に加え、高い跳躍力を活かしたヘディングや利き足に遜色しない左足を持つなど、どのような形でも得点を決める力を持ったC・ロナウドだが、2020年8月7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、リヨンとの2ndレグでは逆足で豪快なゴールを決めている。 アウェイの1stレグで0-1と先勝され、2点差以上の勝利が必須となったユベントス。ホームの2ndレグでもリヨンに先制を許しながらC・ロナウドのPKで1-1と同点で前半を折り返した。 すると、勝利にはもう2点必要な場面で迎えた60分、ユベントスは右サイドから攻め上がり、ボックス右手前でC・ロナウドがボールを持つ。細かいタッチでシュートコースを作ったC・ロナウドは左足を一閃。逆足から放たれた強烈なシュートは、ニアポストのゴール右上を打ち抜き、見事なロングシュートが決まった。 これで2-1として2戦合計2-2としたユベントス。しかし反撃もここまでに終わり、アウェイゴール差により、無念の敗退を喫している。 2020.09.28 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ディ・バイオがユベントスで決めた火を噴くような豪快ドライブボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWマルコ・ディ・バイオ氏がユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ディ・バイオが決めた思い切りの良いドライブボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtaXVoVWZSciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ラツィオでプロデビューを果たしたディ・バイオ氏は、多くのセリエAクラブを渡り歩き、2002年にユベントスに加入。リーグ優勝に貢献するなど、存在感を示した。 思い切りの良いシュートを武器に、ユベントスでは公式戦84試合で28ゴールを記録したディ・バイオ氏だが、2003年11月1日に行われたセリエA第8節のミラン戦では、豪快なボレーシュートを決めている。 0-1とミランにリードを許して迎えた84分、中央突破を図ったユベントスは、ディ・バイオが前線のFWダビド・トレゼゲにパスを送る。トレゼゲがこれをアウトサイドで叩き、浮き球のリターンパスを出すと、ディ・バイオが思い切りの良いボレーシュート。 左足から放たれた強烈なシュートはドライブしながらゴール左上に突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。 試合はこのまま1-1のドローで終了。ユベントスは、敵地で貴重な勝ち点1を得た。 2020.09.27 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ポスト!ポスト!またポスト!2010南アW杯でビジャが決めた歴史的ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表FWのダビド・ビジャ氏が2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ビジャがW杯パラグアイ戦で決めた歴史的ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJlcHRHRnVIMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代はバレンシアやバルセロナ、アトレティコ・マドリー、そしてヴィッセル神戸でも活躍したビジャ氏。スペインを代表する名ストライカーとして活躍した。 2005年にはスペイン代表デビューを果たし、公式戦98試合59ゴールをマークし、スペインの黄金時代のエースとして活躍したビジャ氏だが、2010年7月3日の南アフリカW杯準々決勝、パラグアイ戦では、値千金のゴールを決めている。 ユーロ2008で優勝したスペイン代表は、優勝候補筆頭としてこの大会に参加。初戦でまさかの黒星スタートを切るなど、波乱に見舞われながらも準々決勝に進出すると、決勝トーナメント1回戦で日本代表を下したパラグアイと対戦した。 拮抗した展開が続き、0-0のままで迎えた81分、華麗なパス回しから相手を崩すと、ゴール右でボールを受けたFWペドロ・ロドリゲスがシュートを放つ。ペドロのシュートは、ゴール左のポストに直撃して跳ね返ると、これがボックス内で待っていたビジャの下に転がる。ビジャがこれをゴール右に蹴るが、狙いすぎたのかボールはゴール右のポストに直撃する。すると、跳ね返りがさらにゴール左のポストに当たり、ようやくゴールネットを揺らした。 このゴールがこの試合唯一の得点となり、スペイン代表が準決勝に進出。そのままスペイン代表史上初となるW杯優勝を果たしている。 2020.09.27 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

そこに通す!?バルサ時代のサンチェスが決めた豪快ニアポスト弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はインテルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスがバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サンチェスがクルトワの守るニアポストをぶち抜く<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaNUU3NnpJSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてイタリアのウディネーゼに引き抜かれたサンチェスは、同クラブでブレイク。その後バルセロナやアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてインテルとビッグクラブを渡り歩いている。 突破力抜群のドリブルと、高い決定力を武器に各チームで活躍を続けるサンチェスだが、バルセロナ時代の2014年5月17日に行われたラ・リーガ第38節のアトレティコ・マドリー戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた34分、MFセスク・ファブレガスがボックス内にボールを入れる。これをFWリオネル・メッシが相手を背負いながら胸でトラップ。このトラップはやや伸びてしまったものの、これをボックス右で拾ったサンチェスがダイレクトで豪快なシュート。 ボックス右深部の角度の厳しい位置からの強烈なシュートは、GKティボー・クルトワの守るニアポストを抜き、ゴール右上に突き刺さった。 先制に成功したバルセロナだったが、後半に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.09.26 20:30 Sat
twitterfacebook