約4カ月ぶりホーム凱旋のノリッジ戦へ! アルテタ「リカバリーして、しっかり準備を」

2020.07.01 16:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が久々のホーム戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

新型コロナウイルスによる延期期間から再開後、公式戦4試合連続でアウェイゲームが続いたアーセナル。1日に行われるプレミアリーグ第32節のノリッジ・シティ戦で実に約4カ月ぶりのホーム戦を迎える。



そのアウェイ戦の連戦期間におけるリーグ戦成績は1勝2敗の負け越しとなり、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いから遅れを取るアルテタ監督。ホーム戦といえど、無観客開催となるが、本拠地での試合が後押しになると考えているようだ。

「本当にホームでプレーしたかった。よりエンジョイさせてもらえる場所だからだ。ファンがいないのは明らかに大きなデメリットだがね」

「彼らに幸せで、楽しい時間を提供したいと思っている。テレビを通しての観戦が唯一の術だと不十分だが、それが今の我々ができることだ」

「プレミアリーグが再開する前、ホームで2試合のトレーニングマッチを行って、不思議な感じを覚えた。しかし、今はもう慣れているはずだ」

「我々がプロトコルの範囲内で何が期待されているのかを知っている。選手たちには我々のスタジアムでのプレーを楽しんでもらいたい」

また、プレミアリーグ最下位に沈むノリッジとの一戦だが、警戒心を強めた。

「残留争いに身を置くチームは常に優位性がある。チャンピオンシップとプレミアリーグの違いを把握していて、今のカテゴリーに上がってくるまで一生懸命戦ってきたはずだ」

「彼らはよくコミットされたチームで、本当に勇敢なプレーをしていると思う。彼らは波乱を起こそうと挑んでくるだろう。このリーグに残るためのチャンスを狙って、全力で戦ってくると予想している」

「彼らにプレーする時間を与えたら仕掛けてくるはずだ。彼らはとてもトリッキーなチーム。まずリカバリーして、しっかり準備をしておく必要がある」
コメント
関連ニュース
thumb

アルテタ監督、セバージョスの買い取りを示唆「レアルと連絡を取っている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、スペイン代表MFダニ・セバージョス(23)の買い取りについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 昨夏にレアル・マドリーからアーセナルに加わったセバージョス。先月24日に今季終了までのレンタル期間延長が決まったが、来季の去就は不透明のままだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆セバージョス、アーセナルでの初日に密着<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p= eyJrZXkiOiJUY0pSVHIyUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> アルテタ監督は、1日に行われたプレミアリーグ第32節のノリッジ戦後の記者会見でセバージョスに言及。マドリーとコンタクトを取っていることを明かし、買い取りに動いていることを示唆した。 「両クラブはコミュニケーションを取っている。ダニがチームにもたらしてくれるものが本当に好きだ。私が就任した時、彼は負傷していたから起用できなかった」 「我々が何をしようとしているのかをとても良く理解している。ピッチのあらゆる場所でボールに触り、試合をコントロールするために必要な継続性を与えてくれる。それはボールなしでも同様だ」 2020.07.02 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンがPL通算50ゴール! 79試合での到達は歴代6番目の早さ

アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがプレミアリーグ通算50ゴールに到達した。イギリス『Optajoe』が伝えている。 アーセナルは1日、 新型コロナウイルス(COVID-19)による長期に渡る中断明け後、最初のホームゲームとなったプレミアリーグ第32節のノリッジ戦を4-0で快勝した。 直近の公式戦連勝中と徐々に調子を上げているアーセナルは、本拠地エミレーツ・スタジアムでの久々の試合で攻守に躍動。前半半ばに相手のミスを突きオーバメヤンが先制点を挙げると、その数分後にはMFグラニト・ジャカに公式戦1年3カ月ぶりのゴールが生まれる。 迎えた後半も余裕の試合運びとなった中、再び相手の緩慢な対応を突きオーバメヤンがこの試合2点目、試合終盤にはこれがガナーズデビューとなったDFセドリック・ソアレスにもゴールが生まれ、大勝を飾っている。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内は遠いものの、公式戦3連勝とシーズン最終盤に向けて弾みを付ける中、エースストライカーも節目の記録を達成することに。 2018年1月にドルトムントから加入以降、79試合目の出場となったオーバメヤンは、このノリッジ戦での先制点がプレミアリーグ通算50ゴール目のメモリアルゴールに。 そして、79試合目でのリーグ通算50ゴール到達はアーセナル史上最速記録となった。また、プレミアリーグ全体では元マンチェスター・ユナイテッドのFWアンディ・コール(65試合)、元ニューカッスルのFWアラン・シアラー(66試合)、元マンチェスター・ユナイテッドのFWルート・ファン・ニステルローイ(68試合)、リバプールの新旧アタッカーのフェルナンド・トーレス、モハメド・サラーの72試合に次ぐ、歴代6位の早さとなった。 なお、ノリッジ戦で今季のリーグ戦ゴール数を19ゴールに更新したオーバメヤンは、レスター・シティFWジェイミー・ヴァーディと並び得点ランキングトップに浮上しており、2年連続得点王獲得に向けても好位置に付けている。 2020.07.02 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

4発快勝にアルテタ監督「やろうとしていることが完全にできはじめた」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、1日に行われたプレミアリーグ第32節のノリッジ・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 再開後初のホームゲームとなったアーセナルは、前半にFWピエール=エメリク・オーバメヤンと、MFグラニト・ジャカがゴールを挙げると、後半には加入後初出場となったDFセドリック・ソアレスにも初ゴールが生まれるなど、4-0の快勝を収めた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=k2d9546ljvi316f61m22htdtt" async></script></div> 試合後の公式会見に出席したアルテタ監督は、攻守両面で自身の哲学を発揮した選手たちを評価。以下のように試合を総括した。 「我々がリスペクトしなければいけないプロセスの一部であり、ある時間帯は多くのことができていた。12月に行った試合の数、ロックダウンによる中断があり、本当に難しいシーズンを過ごしている。しかし、彼らはとても進歩していて、我々がやろうとしていることが完全にでき始めている」 「今日の試合で起こった多くのことは、我々がチームとして取るべき正しい方向に進んでいることを証明した。そして、我々はある時間帯に試合で対応するため、多くのことに取り組む必要がある」 「対戦相手にはゴールを与えず、今夜もそれを繰り返した。しかし、全体的に私は姿勢と彼らの戦術理解に本当に満足している。また、試合が必要としているものをコントロールし、できるだけ相手を利用したことにも満足している」 アーセナルはこの勝利により上位に一歩前進。次節からは上位対決が続き、4日にはウォルバーハンプトンとの重要な一戦を迎える。 2020.07.02 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、コロナ明け初ホーム戦で4発快勝! 初出場セドリックもゴール!《プレミアリーグ》

アーセナルは7月1日、プレミアリーグ第32節でノリッジと対戦し、4-0で快勝した。 コロナ明けから公式戦4試合連続でアウェイ戦だったアーセナルは、前節のサウサンプトン戦で初勝利を挙げると、直近のFAカップのシェフィールド・ユナイテッド戦も終了間際のゴールで勝利。ベスト4進出を決めた。 それから3日後となる今節の舞台は本拠地エミレーツ・スタジアム。3バックを採用し、前節を出場停止で欠場したダビド・ルイスが復帰した。 再開後初のホーム戦となったアーセナルは8分、そのダビド・ルイスが右サイドのベジェリンへ見事なスルーパスを通す。ここはDFに対応されチャンスにならなかったが、ホームチームがボールを保持して試合を進めていく。 10分にはカウンターからオーバメヤンがシュートを放つなどアーセナルが主導権を握っていたが、20分にノリッジのセンターバック、ゴッドフリーのミドルシュートが飛び出す。威力も軌道も申し分なかったが、惜しくも左ポストを叩いて枠の外に弾かれた。 肝を冷やしたアーセナルだが、その後はリズムよくシュートを重ねていく。22分には右のハーフスペースから上げたセバージョスのクロスをラカゼットがヘディングシュート。32分にもCKの流れからラカゼットがチャンスを迎える。 だが、先制点は意外な形から訪れた。33分、最終ラインでボールを回すノリッジにオーバメヤンがプレッシャーをかける。するとGKクルルが珍しく対応を誤りボールをロスト。奪ったオーバメヤンがそのままゴールに流し込んだ。 およそ4カ月ぶりにホームのネットを揺らしたアーセナル。その4分後には、ボックス左でパスを受けたオーバメヤンのアウトサイドを使った巧みな折り返しをジャカがゴール。公式戦1年3カ月ぶりのゴールでリードを2点に広げた。 劣勢のノリッジは後半に向けて3枚替えに打って出る。すると開始直後、この交代で入ったイダーがいきなり枠内シュートを放つ。さらに60分にはボックス右に侵入したキャントウェルが倒されるが、主審はPKではないと判断。ノリッジサイドの猛抗議も実らなかった。 後半はいい流れを見せていたノリッジだったが67分、自陣左サイドで囲まれた状況で中へエスケープしたボールをオーバメヤンに奪われ絶体絶命。オーバメヤンがこのチャンスをフイにするはずもなく、しっかり決めてアーセナルが3点目を奪った。 その後、アーセナルは77分に、先日レンタル移籍から完全移籍へ移行したセドリックを投入。ケガで離脱が続いていた為これが初出場となった。するとその4分後、右CKの跳ね返りを拾ったセドリックがボックス手前からシュートを放つと、これがゴールに突き刺さり4点目。セドリックはデビュー戦を初ゴールで飾った。 試合はここで終了。コロナ後初めてのホーム戦となったアーセナルが快勝を収めた。一方、最下位のノリッジはこれで再開後3連敗。いよいよ降格が現実的となってきた。 2020.07.02 03:58 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが未来の流失阻止! 成長著しいサカと長期契約延長

アーセナルは1日、U-19イングランド代表FWブカヨ・サカ(18)との長期契約延長を発表した。 アーセナル下部組織育ちのサカは2018年11月にトップチームデビュー。今季からトップチーム定着を遂げると、本職の左ウィングだけでなく、負傷者の穴埋め的に左サイドバックとしても起用され、ここまで公式戦33試合3得点10アシストの活躍を披露している。 しかし、現行契約は2021年夏までの残り1年という状況もあり、今後の去就が注目の的に。延長交渉の難航もあり、プレミアリーグ王者リバプールやシティとユナイテッドのマンチェスター勢らのほか、国外からの関心も取り沙汰されている状況だった。 クラブのリリースを受け、サカも自身のツイッター(@BukayoSaka87)で契約延長を報告。喜びの心境を綴っている。 「ロンドンは僕の家。アーセナルは僕のチームだ。やっと契約延長を発表できて、すごく嬉しい。このチームでのプレーが好きだし、将来が楽しみ。僕の夢に向かって、これからもハードワークを続ける」 なお、ミケル・アルテタ監督もクラブ公式サイトを通じて「ブカヨは才能の持ち主で、知的な若手だ。勤勉さと学習意欲、適応しようとする姿勢に感心するし、そういう彼の姿がパフォーマンスに反映されている。これからも彼の成長を手助けできること、我々の目標達成を目指して彼と一緒に仕事ができることに興奮している」とコメントしている。 2020.07.01 22:38 Wed
twitterfacebook