ウーデゴール、右ヒザの問題で今季絶望か…

2020.06.30 22:34 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールに今シーズン絶望の可能性が出てきている。

ソシエダが発表したメディカルレポートによると、ウーデゴールは右ヒザの膝蓋腱炎に悩まされており、異なる治療のアプローチを求めてバルセロナのクリニックを訪問しているという。

今後の治療方針が不明のため、現時点での離脱期間は明らかになっていないが、スペイン『ムンド・デポルティボ』は今シーズン中の復帰が絶望的であるとの見通しを伝えている。

今シーズン、レアル・マドリーからのレンタルでソシエダに加入したウーデゴールは、ここまでの公式戦32試合で7ゴール8アシストを記録。直近のヘタフェ戦はベンチ入りしていたものの、出場機会はなかった。

なお、レンタル期間延長という形で来シーズンも引き続きソシエダでプレーする可能性が高いと言われる21歳だが、今夏マドリーが呼び戻しに動く場合、24日に行われたセルタ戦がラ・レアルでのラストマッチとなるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

EL出場を争うソシエダに痛手…今季7Gのヤヌザイが右足負傷で離脱

レアル・ソシエダは3日、ベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイの負傷を発表した。 ヤヌザイは2日に行われたラ・リーガ第33節のエスパニョール戦に先発出場したが、43分に右サイドへダイレクトパスを展開した際に相手選手との接触がない中、右足を痛めてピッチに倒れ込むと、そのままピッチを後にしていた。 ソシエダの発表によれば、ヤヌザイは右大腿部にグレード2の損傷が見つかったとのこと。当面は理学療法で経過を観察していくことになるという。そのため、現時点で復帰時期は不透明な状況だ 今季7ゴール4アシストと好調を維持していたヤヌザイは、自身のツイッター(@adnanjanuzaj)で以下のようにコメントしている。 「ケガは人生の一部だ。できる限り早く戻れるように頑張るよ」 残り5試合となったラ・リーガ。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を争う7位ソシエダの再開後の成績は1勝1分け4敗と低迷している。 2020.07.03 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

気になる久保建英の来シーズン、ポールポジションはソシエダか

多くのクラブが関心を寄せるマジョルカの日本代表MF久保建英(19)だが、中でも条件が揃っているのがレアル・ソシエダだ。スペイン『アス』が伝えている。 昨夏にFC東京からレアル・マドリー入りした後、マジョルカへレンタルで加入している久保。ここまでラ・リーガ29試合で起用され、3ゴール3アシストとチームの攻撃の要を担っている。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1dFRuZUZUZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 『アス』によれば、クラブの元々の計画では、今シーズンは下部組織のレアル・マドリー・カスティージャでプレーさせる予定だったが、プレシーズンでの動きを見たマドリーは、プランを変更し、マジョルカへのレンタルを決断。久保のパフォーマンスはクラブ関係者の期待を超えるものだったという。 久保のレンタルでの獲得については、多くのクラブからオファーが届いているようだが、マドリーのプランとしては、久保の選手としての成長を促すべく、やはりチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)出場を狙えるチームへのレンタルを優先したい意向だという。そして、この条件を考慮すると、マドリーはソシエダへのレンタルが最適解なのではないかと考えているようだ。 さらに、両クラブの関係は、マドリーからソシエダへとレンタルしているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21)がレンタル契約を延長したことを見ても、良好であることは明らかであり、またソシエダの攻撃的なスタイルが久保の成長に適していると判断しているとのことだ。 マドリーは、久保がクラブのビジョンを理解しており、クラブからの助言によく耳を傾けていることについても満足しているようで、最終的に久保がソシエダ以外の移籍先を選んだとしても、クラブはその決断が、久保自身が充分な考慮を重ねた上での決断であることを理解し、受け入れるようだ。 また、パリ・サンジェルマン(PSG)やミランなどスペイン国外からの参戦も囁かれているが、国外移籍についてはまず考えられないとしている。 2020.06.30 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

首位奪取のジダン「審判の話題ばかりになるのは不服」…「正当な勝利」とも

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が試合を振り返っている。スペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリーは21日に行われたラ・リーガ第30節のレアル・ソシエダ戦を2-1で勝利。バルセロナと勝ち点65で並び、当該成績の差で第26節以来の首位返り咲きを果たした。 再開後3連勝を成し遂げ、ついにバルセロナを追い越したジダン監督。試合後の会見で首位浮上に浮かれる様子を見せず、気を引き締めた。 「まだ多くの試合が残されている上、3日に1試合のペースでプレーしなければならないわけで、プレッシャーは変わらない。良い点は誰もが関わり合っているということ。非常に素晴らしい勝利だが、目標は何も変わらず、まだ8試合もある。決着は最後につく」 また、議論を呼ぶFWヴィニシウス・ジュニールのPK獲得やFWカリム・ベンゼマの得点シーンに対する審判団の判定についても言及した。 「ちゃんと見れていないが、ヴィニのPK獲得とカリムの得点は正当だと言われた。それを司るレフェリーがいるわけだから、私は論争に口を挟まさない。正当な勝利だったと考えるだけだ」 さらに、「フットボールの話、試合の話がしたい。それ以外の件は何も言えないね」と述べると、改めて正当な勝利だったと主張した。 「我々がピッチで何もしていなかったかのように、審判の話題ばかりになるのは不服だ。我々じゃ制御できないもの。今日はピッチ上で勝利を収めることができた。正当な勝利だ」 なお、負傷交代したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスについても触れ、「ヒザを酷く痛めたみたいだが、単なる打撲だと思う」と話している。 2020.06.22 10:20 Mon
twitterfacebook
thumb

判定にも恵まれたマドリーが敵地でソシエダに勝利! バルサを抜いて首位浮上!《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは21日、ラ・リーガ第30節でソシエダと対戦し、1-2で勝利した。 再開後2連勝と好調のマドリー。前節はアウェイでは引き分けとなっていたバレンシアと対戦し3-0で快勝。ベンゼマが2得点の活躍を披露した。勝てば首位浮上となる今節は、ハメス・ロドリゲスが昨年10月19日以来のリーグ戦出場を果たした。 試合はマドリーが優位に進めるものの、なかなか鋭さのある攻撃を展開できない時間が続く。左ウイングで起用されたヴィニシウスが何度かドリブル突破を図るも空振りに終わってしまう。 中盤での潰し合いが目立つ中、21分に相手に肘打ちしてしまったカゼミロにイエローカード。これで累計10枚となり、次節のマジョルカ戦は出場できなくなった。 マドリーに大きなチャンスが訪れたのは34分のこと。ピッチ中央からバルベルデがボールを持ってカウンターへ。右にヴィニシウスを囮に左のベンゼマへ供給すると、ベンゼマはチェックを外して左足シュート。しかし、このシュートはGKの正面へ飛んでしまった。 ゴールレスで迎えた後半、前半同様にヴィニシウスが個の力で突破を試みる。すると、左サイドから緩急で相手をはがし、ボックス内でさらに1人を股抜きでかわしたところで転倒。主審はこれをD・ジョレンテが倒したとしてPKと判断。VARでは触れていないように見えたが、判定は覆らず、セルヒオ・ラモスが冷静に沈めてマドリーが先制した。 しかしその10分後、セルヒオ・ラモスがヒザを負傷しピッチを後に。代わりにミリトンが起用された。 ソシエダもオヤルサバルを下げてヤヌザイを投入すると68分、右CKを短く繫ぎ、ボックス手前のヤヌザイに供給。左足を振り抜きGKクルトワの守るゴールニアを貫いたが、オフサイドポジションにいた味方がGKの守備妨害をしたとみなされ、ゴールは認められなかった。 納得のいかないソシエダ陣営を尻目にマドリーは70分、バルベルデが右から上げたクロスをベンゼマがトラップしシュートを突き刺す。ソシエダはトラップの際にボール腕に当たったとして抗議したが、こちらはVARで確認した結果、腕ではなく肩だったとしてそのままゴールとなった。 ソシエダにとっては厳しい判定が続く中、80分に一度に3枚の交代カードを切る。するとその3分後、この交代で入ったロペスが右サイドからクロスを上げると、同じタイミングでピッチに立ったウィリアン・ジョゼが潰れ役となり背後のメリノへ。フリーでボールを持ったメリノはボックス左からシュートを叩き込み、1点差に詰め寄った。 しかし、ソシエダの反撃はここまで。逃げ切りに成功したマドリーが勝ち点3を積み重ねて、バルセロナを抜いて首位に浮上した。 2020.06.22 06:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダン、首位浮上かかるも対ソシエダに集中! ピケ指摘のレフェリング問題には取り合わず

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、首位浮上がかかるレアル・ソシエダ戦に向けて、平常心をもって臨むことを求めている。 ラ・リーガ再開後、ホームでエイバル、バレンシア相手にいずれも3ゴールを挙げる好内容で連勝を飾っている2位のマドリー。迎える第30節では5位に位置する難敵ソシエダとの上位対決に臨む。 今回の一戦に向けた最大のトピックは首位奪還。今節では首位のバルセロナが、19日に行われたセビージャ戦を0-0のドローで終えており、マドリーとの暫定での勝ち点差は3ポイントとなっている。 ただ、マドリーはバルセロナとの直接対決を1勝1分けとしており、勝ち点で並んだ場合は直接対決のアドバンテージにより首位浮上となる。 20日に行われた前日会見では当然、首位奪還に関する質問が飛んだが、ジダン監督は首位浮上のチャンスが自分たちの戦い方に変更を与える可能性はないと断言。さらに、選手たちには直近2試合のパフォーマンスを継続することを求めている。クラブ公式サイトがフランス人指揮官の会見コメントを伝えている。 「我々の直近2試合のパフォーマンスは全体的に素晴らしいものだった。したがって、同じやり方を継続していきたい。つまり適切な形で試合に向けた準備をするということだ」 「この試合は我々にとって(再開後)初めてのアウェイゲームとなる。そして、対峙するのはここまで素晴らしい仕事を見せている素晴らしい相手だ。彼らが我々に困難をもたらすことを覚悟しているが、自分たち自身が良いパフォーマンスを見せられることを求めている」 「首位を取り戻すチャンスがあるという事実が、我々に変化をもたらすことはない。我々を待ち受けている3つ目の試合で、これまでと同じような戦いを継続していくだけだ」 「中断前から残りのリーグ戦を11試合の決勝戦だと言ってきたが、明日の試合も同様だ。普段通りの準備をしているし、ピッチ上で全力を尽くすことだけ考えている」 また、バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケがセビージャ戦後に語った、マドリーがレフェリング面で利益を得ているとのコメントに対しても言及。 「私は自分の意見を持っているが、彼らも彼らの意見がある。したがって、その意見を共有するつもりはない。私が考えるのは自分たちの試合のことだけだ。ただ、レフェリーは我々を贔屓していない。今回の件に関して話すことはそれだけだ」 さらに、今回の会見でジダン監督は直近のバレンシア戦で1ゴール1アシストの鮮烈な復帰を飾ったスペイン代表FWマルコ・アセンシオ。自クラブからレンタル移籍しているソシエダのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの若手2選手についても言及している。 「マルコは我々と共にある。彼の復帰を非常に喜んでいるが、物事を一歩ずつ進めて行かなければならない。我々には時間があり、いつもすべての試合に出場しなければならないと、考えるべきではない。とりわけ、大ケガを負った後はゆっくりと進んでいかなければならない」 「ウーデゴールは我々のプレーヤーであり、その活躍ぶりは良いニュースと言える。彼は若く、現在と将来を担う存在だ。今、レアル・ソシエダで非常に良い仕事をしている。ただ、当面は彼らとの契約を尊重する必要がある。そして、今後クラブと彼の関係がどうなるかを見守る必要がある」 2020.06.21 19:38 Sun
twitterfacebook