アゼルバイジャン代表がロイ・キーン氏に監督オファーも、本人は二の足?

2020.06.30 22:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ロイ・キーン氏の次なる就職先に意外なチームが名乗りを挙げたようだ。イギリス『サン』が伝えている。昨年ノッティンガム・フォレストのアシスタントコーチ職を退いて以来、専ら解説者として活動しているキーン氏。

しかし、指導者としてのキャリアをまだ諦めていないキーン氏に対し、アゼルバイジャン代表チームの監督に就任の話がきているようだ。

アゼルバイジャン代表は、AからDまであるUEFAネーションズリーグのグループCに昇格したばかりであり、更なる飛躍を目指している。

そんな中、キーン氏に白羽の矢が立ったようだが、本人はこの機会が自分にとって正しいものなのか考えている模様。しかし、昨年12月に退任したニコラ・ユルチェヴィッチ監督の後任を探すアゼルバイジャン代表は、キーン氏を第1希望として、2日以内の返答を求めているようだ。

『サン』は、2009年にイプスウィッチの監督を退任して以降は、アシスタントコーチとして実績を重ねてきたキーン氏が久々の監督業に二の足を踏んでいるとしている。

テレビの解説者として、古巣ユナイテッドへの辛口コメントなど、歯に衣着せぬ発言が話題になりがちなキーン氏だが、自身のことは一層慎重になっているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ブレーメン戦で唾吐き疑惑のシャルケDFカバクがDFBの調査対象に…

ドイツサッカー連盟(DFB)は28日、先日のブレーメン戦におけるシャルケのトルコ代表DFオザン・カバクの唾吐き疑惑に関して調査に乗り出したことを発表した。 カバクは、26日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦に先発し、84分に2枚目の警告を受けて退場。チームも1-3で敗れ開幕連敗となった。 その試合の27分には競り合いの中、カバクがブレーメンのスウェーデン代表DFルドヴィグ・アウグスティンションに足をかけてしまいファウルの判定。その後、ピッチに倒れていたアウグスティンションに対して、カバクが唾を吐きかけていたことが中継映像で確認され、大きな物議を醸していた。 そして、当該行為に関してDFBの管理委員会は、「相手選手に対する、明らかなスポーツマンシップに反する行為」の疑いがあるとして正式に調査に乗り出すことを決定した。 なお、カバクは試合後、自身の公式ツイッターを通じて、「決してワザとではなく、事故だった。僕は彼を狙ってなんかいないし、テレビ映像の角度は事件を欺くようなものだった。こんな事は一度だってやったこともない」と、唾吐き疑惑に関して故意に行ったものではないと釈明していた。 ただ、管理委員会は今回の調査にあたってカバクに対して、改めて意見陳述書の提出を求めており、それが受理された後に今後の手続きを進めていくことになる。 なお、ドイツ『キッカー』が伝えるところによれば、ブンデスリーガにおける直近の唾吐き行為に対する処分では、一昨シーズンに当時シュツットガルトに所属していたアルゼンチン代表MFサンティアゴ・アスカシバルに6試合の出場停止が科されているという。同選手は当時レバークーゼンに在籍していたドイツ代表MFカイ・ハフェルツに対して唾を吐き、当人はカバクと同様に故意ではなかったと主張していた。 2020.09.29 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケDFが倒れた相手に唾吐き? 「ワザとではない」と弁明も大きな問題に発展か

シャルケのトルコ代表DFオザン・カバクがとった行動が、ドイツ国内で大きな物議を醸している。ドイツ『スカイ・スポーツ』が報じた。 カバクは、26日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦に先発し、84分に2枚の警告によって退場。チームは1-3で敗れ開幕連敗となった。 問題となっているのはその試合の27分、競り合いの中、カバクがブレーメンのDFルドヴィグ・アウグスティンションに足をかけてしまいファウル。この際にアウグスティンションがピッチに倒れていた。 ファウル自体は大きなものではなく、主審が裁いたものの、問題はその後。カバクがアウグスティンションに向けて唾を吐きつけていたことが確認されていた。 この行為がわざとだったかどうかは定かではないが、相手選手に対して唾を吐いたことは事実。大きな侮辱行為として問題視されるだけでなく、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止の観点からも最低の行動であると大きな非難が寄せられている。 『スカイ・スポーツ』の解説者である元ドイツ代表DFローター・マテウス氏は「私から見れば、とてもスポーツマンらしくない行動だ。彼は意図的にやったと思う。処分されることを願う」と厳しいコメント。唾吐き行為については「最悪の行為」と糾弾した。 被害者であるアウグスティンションは「フェアではない。サッカーとは何も関係がない。僕はそれに気付いていなかった」とコメント。それでも「まぁ、最終的に彼は退場し、うちは勝ったけどね」と皮肉交じりに行為を非難した。 一方、唾を吐いたカバクは自身のツイッター(@ozankabak4)で謝罪。わざとではなかったと弁明した。 「ルドヴィグ・アウグスティンションに謝罪したい。決してワザとではなく、事故だった。僕は彼を狙ってなんかいないし、テレビ映像の角度は事件を欺くようなものだった」 「こんな事は一度だってやったこともないし、スポーツマンとしてふさわしい行為ではないから、今後もしない。今回は非常に残念なことだ」 2020.09.27 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

観客数虚偽報告のJ3秋田、5年間で2万5654人を水増し

Jリーグは24日、観客数を虚偽報告していたブラウブリッツ秋田の、入場者数の訂正を発表した。 秋田は、J3リーグに参入した2014シーズンの開幕戦から、2019シーズン開幕戦までのホームゲーム全85試合において、Jリーグへ虚偽報告を行なっていたとのこと。これにより罰金400万円が課されていた。 Jリーグは、公式な入場者数の取り扱いについて議論。記録がないことから、ゼロにするという話も挙がった中、実際に観客は動員していたために断念。その後調査を進めた上で、実際にカウンターで計測した人数に関して、クラブ役員が4年間70試合分をメモに記録していたことを見つけたとのこと。筆跡やペンの種類など現地で調査し、一定程度の信憑性があると判断し、公式入場者数にすることを決めたようだ。 秋田は2014シーズンに「4578人」、2015シーズンに「5410人」、2016シーズンに「4687人」、2017シーズンに「4711人」、2018シーズンに「5803人」の虚偽報告をしていたことになり、2019シーズンの開幕戦と合わせ、5シーズンと1試合で 合計「2万5654人」を水増ししていたこととなった。 2020.09.24 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ハリウッドスターが英5部に所属する世界3番目に古いレクサムFCの買収

ハリウッドスターであるカナダ人俳優のライアン・レイノルズが、ウェールズのクラブを買収しようとしている。 レイノルズは、『ブレイド3』や『グリーン・ランタン』、『デッドプール』、『名探偵ピカチュウ』など数多くの作品に出演。2016年公開の『X-メン』のスピンオフ映画『デッドプール』では、主人公の傭兵デッドプールを演じ、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネートしていた。 最近ではNEtflixオリジナル映画の『6アンダーグラウンド』で主演を務め、人気テレビドラマ『ゴシップガール』で主役を務めたアメリカ人女優のブレイク・ライヴリーの夫としても知られている。 そのレイノルズが買収に動いているのが、ウェールズのレクサムFC。レイノルズの他、アメリカ人俳優であり、監督やプロデューサー、脚本家でもあるロブ・マクエルヘンニーも共同で買収に動いているとのことだ。 レクサムは、2011年以来ファンがクラブを所有。そのクラブに200万ポンド(約2億7000万円)の投資を行う予定のようだ。クラブはサポーターズトラストメンバーに対して特別総会を実施。97.5%(1223人)が賛成に投票したため、今回の買収相手が公表されることとなった。 レクサムはイングランド5部に当たるナショナル・リーグに所属している。なお、世界で3番目に古いプロフットボールクラブだ。 2020.09.24 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

黒幕は?スアレスのイタリア語テストで不正発覚!問題漏えいに加え、合格が約束

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスがまさかの不正行為をしていたことが発覚した。イタリア『ラ・レプブリカ』が報じた。 バルセロナの新指揮官に就任したロナルド・クーマン監督から構想外であることを告げられ、今夏の退団が濃厚とされるスアレス。先日にはユベントス移籍が合意に達していたとされていた中、イタリアのパスポートが必要となり17日にイタリア語の試験を受けていた。 スアレスはペルージャ外国人大学でイタリア語の試験を受け、見事に合格。しかし、パスポート発行には時間を要することもあり、アンドレア・ピルロ監督も「難しい」と獲得を断念する事態となっていた。 ウルグアイからヨーロッパに渡り、アヤックス、リバプール、バルセロナでプレーしてきたスアレス。イタリア語に触れる機会などほとんどなかったはずにも関わらず、しっかりと合格したことには驚きの声もあった。 報道によると、ペルージャの財務警察が今年2月からペルージャ外国人大学に対して捜査を実施。その中で、今回の試験においてスアレスが不正を働いていたことが発覚したのだ。 スアレスは、試験合格に向けて必要なイタリア語の基礎を勉強。公用語であったスペイン語とは同じラテン語ということもあり、他言語を学ぶ中でも近しいものがあったものの、実は事前に合格が伝わっていたとのことだ。 今回の不正発覚は、担当のステファニア・スピナ氏とロレンツォ・ロッカ氏の会話を盗聴した捜査によるもの。「彼は合格しなければならないし、合格する。1000万ユーロ(約12億2700万円)の年俸の選手が、B1(イタリア語レベル)がないために不合格にするわけにはいかない」と話しており、実際は「A1(基本レベル)」であり「動詞の活用もできない」と会話していたようだ。 なお、スアレスは事前に試験問題の内容を伝えられていたとのこと。イタリアのパスポートを取得するという国家が関わる大事なテストでの不正は、この先も捜査が行われるとのこと。務警察の警察官は、大学のオフィスで書類を入手し捜査を続けているとのことだ。 不正をしてまで試験に合格したスアレスだが、結局ユベントスへの移籍は破談。新天地探しも大事だが、今回の不正関与によりそれ以上の大きな問題を抱えることとなった。 2020.09.22 19:47 Tue
twitterfacebook