バルサ移籍のピャニッチがユーベファンに別れの挨拶「恋に落ちるのに時間は必要ない」

2020.06.30 16:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナ移籍が決定したユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(30)がユベントスサポーターたちに別れの挨拶をしている。

2016年夏にローマからユベントスへ渡ったピャニッチ。プレースキックの精度や長短織り交ぜたパスを武器に、加入初年度から主力に定着し、ここまで公式戦通算171試合に出場してきた。

しかし、29日にブラジル代表MFアルトゥール(23)とのトレードに近い形でバルセロナ移籍が決定。今シーズンいっぱいはユベントスに残るピャニッチだが、自身のインスタグラム(miralem_pjanic)でサポーターたちにメッセージを送った。

「深呼吸しろ、これは僕が試合の決定的な瞬間に頭の中で繰り返し唱えるマントラだ」

「そして今、自分が感じていることを書こうとしているので、今もそれを唱えている」

「僕は4年前にここにやってきて、すべてを勝ち取ろうとした。なぜなら、仮にそれができなくともユベントスの選手ならば常にそうすべきだからだ」

「この4年間で、偉大なプロであり本当の友人たちと勝利や記録を共有してきたが、敗北も経験してきた」

「僕が男として、そして父親として成熟した数年だった。この街は、エディン(息子)が育ち、初めてファンになった街であり、家族と一緒に私たちは人生の最高の思い出を築いてきた」

「どれだけ感謝してもそれが十分とは思えない。アニェッリ・ファミリーに感謝している。この旅を僕と共有してくれたチームメイト全員に感謝している。成長を助けてくれたすべての従業員とスタッフに感謝している。毎日特別に感じさせてくれたファンに感謝している」

「僕がひとつ学んだことがあるとすれば、恋に落ちるのに時間は必要ないということだ。結局のところ、それは非常に簡単だ。このジャージを第二の肌のように着用し、常にすべてのもの与えれば、間違いはない」

「今の僕たちにはあまり時間はないが、シーズンの終わりまでにたくさん勝たなくてはならない」

「そして、深呼吸する。今日はとても悲しそうに見えるかもしれないが、明日からは一生忘れない素晴らしい思い出になるだろう」

この投稿をInstagramで見る

Respira Mire, questo è il ritornello che mi ripeto nella mente, nei momenti decisivi di una partita. Ed è quello che continuo a ripetermi ora, mentre provo a scrivere quello che sto provando in questo momento. Sono arrivato quattro anni fa per provare a vincere tutto. Perché anche quando non ci riesci, questo è ciò che deve provare a fare sempre un calciatore della @Juventus. Sono stati 4 anni intensi, vissuti al fianco di grandi professionisti ma soprattutto di amici veri, con i quali ho condiviso vittorie e record, ma anche amare sconfitte ad un passo dal traguardo. Sono stati anni in cui sono maturato come uomo e come padre. Questa è la città dove Edin è cresciuto, diventando il primo tifoso di questa squadra, e dove con la mia famiglia abbiamo costruito i più bei ricordi della nostra vita. Penso che non si dica mai a sufficienza grazie, e quindi: Grazie alla Famiglia Agnelli Grazie a tutti i compagni che hanno condiviso con me questo percorso Grazie a tutti i dipendenti ed i membri dello staff, che mi hanno aiutato a crescere Grazie ai tifosi che ogni giorno mi hanno fatto sentire speciale. Perché se c’è una cosa che ho imparato, è che non esiste un tempo minimo per innamorarsi. Alla fine è molto semplice: indossa questa maglia come una seconda pelle, dai sempre tutto e, non sbaglierai mai. Ora però abbiamo poco tempo da perdere e molto da andare a vincere fino al termine delle stagione. E quindi respira Mire, Perché quello che oggi ti sembra così triste, da domani sarà uno splendido ricordo che porterai nel cuore per tutta la vita. Miralem #FinoAllaFine

Miralem Pjanić(@miralem_pjanic)がシェアした投稿 -

コメント
関連ニュース
thumb

【セリエA第30節プレビュー】トリノ・ダービーやラツィオvsミランの好カード開催!

ミッドウィークに行われた前節、首位ユベントスと2位ラツィオが揃って勝利し、両チームの4ポイント差が維持された。迎える第30節は土曜にトリノ・ダービーとラツィオvsミラン、月曜にナポリvsローマの太陽ダービーが組まれ、好カード満載となっている。 3試合連続のC・ロナウド&ディバラのアベック弾でジェノアに快勝した首位ユベントス(勝ち点72)は、2連敗中の14位トリノ(勝ち点31)とのダービーに挑む。再開後のリーグ戦3連勝と、9連覇へ向けて勝負強さを見せつけているユベントスは、絶好調のディバラと試合毎に調子を上げているC・ロナウドのコンビで地元のライバル撃破といきたい。 続いてトリノ・ダービー後に行われるラツィオvsミラン。トリノに逆転勝利し、2戦連続での逆転劇となってユベントスを追走する2位ラツィオ(勝ち点68)。難しい展開を強いられながらも勝ち切っているここ2試合を見れば、地力が付いていることを証明している。ミランを下し、更なる勢いに乗れるか。 一方、最下位SPALに何とかドローに持ち込む形となった7位ミラン(勝ち点43)は、イブラヒモビッチが途中出場で復帰。カスティジェホの負傷は痛いが、戻ってきた大黒柱がチームに勝利をもたせるかに注目だ。 サンチェスの躍動などで6発圧勝とした3位インテル(勝ち点64)は、冨安ボローニャとのホーム戦に臨む。前節ブレシア戦ではルカクやエリクセンをベンチスタートとした中、余裕の圧勝劇を飾った。首位ユベントスとは8ポイント差とまだまだ逆転スクデットへの望みがある中、圧勝の勢いを持続できるか。 対する11位ボローニャ(勝ち点38)は前節カリアリとの中位対決を1-1で引き分けた。ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランとの5ポイント差は維持したが、何とか勝ち点を持ち帰り、欧州カップ戦出場の望みをつなぎたい。冨安としてはインテルの強力2トップをいかに抑え込むかがポイントとなる。 レッチェとの残留争いをフル出場で勝利に貢献したサンプドリアの吉田。そのサンプドリアは今節も19位SPALとの残留争いに臨む。降格圏の18位レッチェと4ポイント差を付けた中、今節も残留を争う相手を下して一気に安全圏に浮上したいところ。吉田の守備の統率に期待だ。 最後に月曜に行われる5位ナポリvs6位ローマ。4位アタランタが好調で、共にCL出場権獲得が難しい状況となっているが、打ち合いの好ゲームを期待したい。 ◆セリエA第30節 ▽7/4(土) 《24:15》 ユベントスvsトリノ 《26:30》 サッスオーロvsレッチェ 《28:45》 ラツィオvsミラン ▽7/5(日) 《24:15》 インテルvsボローニャ 《28:45》 サンプドリアvsSPAL ブレシアvsヴェローナ カリアリvsアタランタ パルマvsフィオレンティーナ ウディネーゼvsジェノア ▽7/6(月) 《28:45》 ナポリvsローマ 2020.07.04 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

まるで優雅なダンス! フェイント1つで3人を抜くジダンのエレガントゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆3人を騙すジダンのエレガントな切り返し<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBSGhBZnliViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カンヌでのデビュー後、ボルドーで頭角を現したジダン氏は、1996年から、レアル・マドリーへと移籍する2001年までユベントスでトップ下として活躍。在籍5年で公式戦212試合に出場し31ゴール36アシストを記録している。 いくつもの名ゴールを決めているジダン氏だが、2000年の1月23日に行われたセリエA第18節のレッジーナ戦でのゴールも圧巻だった。 1-0とユベントス1点リードの64分、ユベントスは敵陣左サイドでスローインを得る。スローインを受けたジダンは、ダイレクトでFWアレッサンドロ・デル・ピエロに渡し、そのままワンツーで抜け出す。 ペナルティアーク付近まで侵入したジダンは、シュートフェイントで3人のDFを一気にかわすと、左足に持ち替え、ボックス内へと侵入。最後は左足でゴール左上に強烈なシュートを叩き込んだ。 3人を騙したシュートフェイントはもちろん、その後の持ち替えやフィニッシュもすべてがワールドクラスで、これぞジダンというエレガントなゴールだった。 2020.07.04 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、ユーベからFWマヴィディディを獲得! 今季レンタル先のディジョンで8ゴール

モンペリエは2日、ユベントスからイングランド人FWステフィー・マヴィディディ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「19」に決定したが、契約期間に関する詳細は明かされていない。 なお、ユベントスの発表によると、移籍金は630万ユーロ(約7億6000万円)となった。 アーセナルのアカデミー出身のマヴィディディは、2017年のFIFA U-17ワールドカップにU-17イングランド代表として出場経験もある身体能力とテクニックに優れた183cmのセンターフォワード。アーセナルでのトップチームデビューは叶わず、幾つかのレンタル先で武者修行を積んだ中、2018年にユベントスへ完全移籍。 セリエCに所属するユベントスU-23で主力として活躍すると、昨年4月に行われたセリエAのSPAL戦では待望のトップチームデビューも飾っていた。 今シーズン、1年間のレンタル移籍で加入したディジョンでは公式戦28試合に出場し8ゴール2アシストの数字を残していた。 2020.07.02 21:07 Thu
twitterfacebook
thumb

セリエA首位を走るユーベ、ベンタンクールが手応え! 「監督の要求どおりのことがやれた」

ユベントス所属のウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールが試合を振り返っている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ユベントスは30日に行われたセリエA第29節でジェノアと対戦し、FWパウロ・ディバラ、FWクリスティアーノ・ロナウドの3試合連続となるアベックゴールもあり、3-1と快勝。2位ラツィオとの勝ち点差4を維持したまま首位をキープしている。 この試合にフルタイム出場して勝利に貢献後、イタリア『スカイ』のインタビューに応じたベンタンクール。まだ改善すべき点があると認識しつつ、マウリツィオ・サッリ監督のもとでうまくチームがまとまっていると感じているようだ。 「僕らは素晴らしいゲームをした。ここで自分たちの歩みを振り返ってみよう。かなりうまくいっているけど、まだ改善すべき点がある。チームのパフォーマンスにはとても満足だけどね」 「今日の僕らは監督の要求どおりのことをやった。今季は試合を重ねるごとに調子が上がっている。それはチームの努力であって、誰か1人の賜物というわけじゃない。僕らはとても良くやっていると思うよ」 ベンタンクールは今季のここまでリーグ戦22試合に出場して7アシストの活躍を披露。攻守においてチームに貢献している。 2020.07.01 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

快勝を喜ぶユーベ指揮官、3試合連続アベック弾のC・ロナウド&ディバラは「相互に利益をもたらしている」

ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が、ジェノア戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 セリエAで首位に立つユベントスは、6月30日に第29節でジェノアと対戦。前半こそゴールレスで終えていたが、後半にFWパウロ・ディバラ、FWクリスティアーノ・ロナウドの3試合連続ゴールやMFドグラス・コスタのゴールで3-1と快勝した。 <div id="cws_ad">◆好調維持するディバラ、ボローニャ戦の技ありゴール<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtdXRnUlVRMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サッリ監督は試合を振り返り、「チームは上手く戦った。ボールも早く動いていた。大部分で、ゴールを与えずに最後まで戦い、良いチームパフォーマンスで3つの美しいゴールが決まった」とコメント。「コッパ・イタリアでの失望の後、我々はよく立ち直ったが、それはコンディションの問題だけだった」と語り、コンディションが上がったことで結果を残せるようになったと語った。 また、バルセロナへの移籍が決定したボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチはこの試合も先発出場したが、「ピャニッチ?彼はとても元気で、チームと上手く連携し、心配はない」とコメント。また、同じく先発したMFアドリアン・ラビオについては「この時期に成長しているラビオのパフォーマンスを評価する」とし、パフォーマンスの向上を称賛した。 また、3試合連続で共にゴールを記録したC・ロナウドとディバラについても言及。C・ロナウドの交代は事前から予定されていたものとし、両者のコンビネーションについても手応えを明かした。 「前半のクリスティアーノはまだゴールを決めていなかったが、とても危険な存在で、調子が良かった。最も多くプレーした選手であり、彼を入れ替えることにしたが、試合の前にそのことについては話し合っていた」 「彼とディバラは以前よりもずっとお互いを探しあい、相互に利益をもたらしている。トレーニングでそれを見ていて、テストはゴールを決めることだけと感じていた」 2020.07.01 13:15 Wed
twitterfacebook