ピッポのベネヴェント、来季のセリエA昇格決定! 7節残して優勝《セリエB》

2020.06.30 10:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベネヴェントが来季のセリエA昇格を決めた。今季から就任したフィリッポ・インザーギ監督が率いるベネヴェントは今季のセリエBを好スタートで切り、新型コロナウイルスによる延期前の段階で2位クロトーネに20ポイント差をつける21勝6分1敗の首位。再開後も無敗を続け、29日にホームで行われた第31節のユーベ・スタビア戦も1-0の白星で飾った。

この結果、2位以下と勝ち点24差に広がり、7試合を残しての優勝が決定。見事にセリエA昇格を果たしている。なお、ベネヴェントのセリエA挑戦は2017-18シーズン以来2度目となる。

F・インザーギ監督はイタリアトップリーグ返り咲きを果たした試合戦後、『DAZN』のインタビューで「会長やディレクターが私を信じてくれて嬉しい。選手たちもスタッフと同じように期待以上の働きぶりだった。歴史に残るようなことをやってのけるなんて思ってもいないかったよ」と喜びの心境を明かした。
コメント
関連ニュース
thumb

イリチッチ躍動のアタランタがベネヴェントに快勝、ここ7戦で5勝目《セリエA》

アタランタは9日、セリエA第17節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、4-1で快勝した。 3日前に行われた前節パルマ戦を3-0と快勝してここ6試合で4勝目を挙げた7位アタランタ(勝ち点28)は、2選手を変更。ムリエルとジムスティに代えてサパタとロメロを起用した。 10位ベネヴェント(勝ち点21)に対し、サパタ、イリチッチ、ペッシーナの前線で臨んだアタランタが立ち上がりから攻勢に出る。開始2分にゴセンズが決定的なボレーシュートに持ち込むと、12分にはゴセンズがGK強襲のシュートを浴びせた。 そして19分にサパタが際どいヘディングシュートでゴールに迫ったアタランタは30分、ボックス右で仕掛けたイリチッチがカットインシュートを決めきった。 先制したアタランタは続く42分、FKの流れからイリチッチのミドルシュートが左ポストに直撃した中、1点のリードで前半を終えた。 しかし、迎えた後半開始5分に同点とされる。左サイドからのパスティナのアーリークロスをファーサイドのサウにボレーで流し込まれた。 同点とされたアタランタはペッシーナに代えてマリノフスキーを投入。すると70分に勝ち越した。 右サイドからカットインしたイリチッチがロメロとのワンツーでボックス右に侵入。シュートはGKに弾かれるも、ルーズボールをトロイが押し込んだ。 そして1分後には3点目。ボックス右角からのイリチッチのクロスをファーサイドのサパタが左足ボレーで蹴り込んだ。 一気に突き放したアタランタはサパタとゴセンズをお役御免とし、ムリエルらを投入。すると86分にはそのムリエルにもゴールが生まれて4-1で快勝。 イリチッチが3ゴールに絡んだアタランタがここ7試合で5勝目を挙げている。 2021.01.10 00:54 Sun
twitterfacebook
thumb

10人のミランがベネヴェントに苦戦も辛勝で首位キープ《セリエA》

ミランは3日、セリエA第15節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 2020年最終戦となった前節ラツィオ戦を3-2と競り勝って首位をキープしたミラン(勝ち点34)は、テオ・エルナンデスが出場停止となった一方、負傷していたケアーが公式戦7試合ぶりにスタメンとなった。 フィリッポ・インザーギ監督率いる10位ベネヴェント(勝ち点18)に対し、最前線にレオン、2列目に右からディアス、チャルハノール、レビッチと並べたミランは4分にディアスのミドルシュートでゴールに迫ると、14分にPKを獲得する。相手ボックス内でレビッチがトゥーイアに倒された。このPKをケシエが決めてミランが先制する。 しかし20分にR・インシーニェに右ポスト直撃のシュートを浴びせられると、33分にはVARの末、トナーリがヨニツァを蹴ったとして一発退場となってしまう。 10人となったミランはディアスに代えてクルニッチを投入。37分にはレティツィアのミドルシュートが枠を捉えたが、ここはGKドンナルンマが好守で凌ぎ、1点をリードしたまま前半を終えた。 すると迎えた後半開始4分、ミランに追加点が生まれる。カウンターの流れからレビッチのパスを受けたレオンがボックス左に侵入。飛び出したGKの隙を突き、見事なシュートを決めきった。 2点のリードとしたミランだったが、60分にPKを献上してしまう。クルニッチがボックス内でカプラーリを倒してしまった。しかし、キッカーのカプラーリはシュートを枠の左に外してミランは助かった。 さらに69分のラパドゥーラのシュートもGKドンナルンマが好守で凌いだミランは、2点のリードを保って終盤へ。 チャルハノールとケシエのミドルシュートが左ポストに直撃するチャンスを生み出した中、10人のミランがベネヴェントの反撃を凌いでシャットアウト勝利。首位キープとして3日後に行われる次節ユベントス戦に挑むこととなった。 2021.01.04 03:58 Mon
twitterfacebook
thumb

2度目のインザーギ兄弟対決は1-1のドロー! 勝者は引き分け望んだ両親に《セリエA》

セリエA第13節、ベネヴェントvsラツィオが15日にスタディオ・チーロ・ヴィゴリートで行われ、1-1のドローに終わった。 15位のベネヴェントを率いるフィリッポと、9位のラツィオを率いるシモーネのインザーギ兄弟の指揮官対決に注目が集まった一戦。 試合は地力で勝るラツィオが押し込む状況が続くが、序盤はベネヴェントの効果的なカウンターが嵌りホームチームがよりフィニッシュのシーンを増やしていく。 それでも、徐々に試合を落ち着けることに成功したアウェイチームは21分、ルイス・アルベルトの鋭いシュートでゴールに迫るもクロスバーを叩く。だが、25分には右サイドに流れてボールを受けたミリンコビッチ=サビッチの正確なクロスに反応したインモービレが一瞬のスピードで相手DFの前に入り、右足の絶妙なダイレクトボレーを流し込んだ。 このゴールによって一気にラツィオが追加点を奪う形となるかに思われたが、ベネヴェントが前半終盤にかけて盛り返していく。そして、前半終了間際の45分には左CKの二次攻撃からボックス内で味方が競ったこぼれ球に反応したスキアッタレッラの左足のダイレクトシュートがゴール右隅に決まった。 迎えた後半は一進一退の攻防が続く。ボールを握るラツィオが押し込んで遅攻からゴールを狙えば、ベネヴェントも鋭いカウンターを幾度も仕掛けていく。65分すぎにはルイス・アルベルトが続けて際どいシュートを放つが、ゴールをこじ開けられない。 戦力差や順位を考えれば、より勝ち点3がほしいラツィオは80分に後ろの枚数を削ってアンドレアス・ペレイラ、切り札カイセドをピッチに送り込む。直後の83分にはそのペレイラの左からのクロスに反応したミリンコビッチ=サビッチがゴール前に抜け出してヘディングシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーの上。 試合終盤にかけては前がかるラツィオに対してベネヴェントのカウンターが嵌り、ディ・セリオ、インプロータと途中出場の2選手が続けて決定的なシュートを放ったが、いずれもGKレイナのビッグセーブに阻まれた。 その後、危険なファウルでスキアッタレッラが一発退場となるアクシデントもあったが、試合はこのまま1-1でタイムアップ。前回対戦では弟シモーネに軍配が上がったインザーギ兄弟対決は1-1のドローに終わり、勝者は2人の息子を同様に愛する両親となった。 2020.12.16 06:55 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド温存のユベントス、好調モラタ弾も格下ベネヴェントに低調ドロー《セリエA》

ユベントスは28日、セリエA第9節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節カリアリ戦をC・ロナウドの2発で勝利した4位ユベントス(勝ち点16)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではフェレンツヴァーロシュ相手に好調を維持するロナウドとモラタのゴールで辛勝とし、決勝トーナメント進出を決めた。リーグに集中できる環境となった中、フェレンツヴァーロシュ戦のスタメンから5選手を変更。C・ロナウドが招集外となった中、ディバラとモラタの2トップで臨んだ。 14位ベネヴェント(勝ち点9)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは、右にキエーザ、左にラムジーを据えた。 そのユベントスがボールを持つ流れとなる中、22分に先制した。決めたのは好調モラタ。キエーザのロングフィードを受けた左サイドのモラタがボックス左に侵入し、左足でゴール右へシュートを蹴り込んだ。 続く26分にはディバラに決定機があったものの決めきれなかったユベントスは、徐々に攻撃が停滞し、ベネヴェントの反撃を受けてしまう。 すると追加タイム3分には大ピンチ。スキアッタレッラのミドルシュートでゴールに迫られ、ここはGKシュチェスニーが好守で凌ぐも、直後のCKから同点とされた。アルトゥールのクリアが中途半端になると、ボックス右のレティツィアにボレーシュートを決められた。 1-1で迎えた後半、52分にユベントスは勝ち越しのチャンス。だが、ボックス左に抜け出したキエーザの折り返しをモラタが頭で合わせるもシュートは枠を捉えきれなかった。 攻めあぐねるユベントスは62分にラムジーに代えてクルゼフスキを、69分にキエーザに代えてベルナルデスキを投入。 終盤にかけてもなかなかギアが上がらずにいたユベントスだったが、86分にようやく決定機。フラボッタがボックス左からクロスを入れ、ディバラがダイレクトでシュート。だが、GKモンティポの好守に阻止された。 結局、1-1のまま終了。ユベントスは格下に引き分け、勝ち点1を積み上げるに留まった。 2020.11.29 04:04 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナム下部組織出身の元U-17日本代表MFサイ・ゴダードがインドのムンバイ・シティへレンタル

インド・スーパーリーグのムンバイ・シティは27日、ベネヴェントから元U-17日本代表MFサイ・ゴダード(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 イギリス人の父親と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、2013年にトッテナムのアカデミーに入団し、U-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていた。しかし、トップチームへの昇格は叶わず、2018年夏にベネヴェントへ完全移籍していた。 2018-19シーズンはセリエBでわずか2試合の出場に終わり、シーズンを通して18分間の出場にとどまっていた。2019-20シーズンはキプロスのパフォスへとレンタル移籍。そしてムンバイ・シティへと移籍することとなった。 U-16、U-17と日本代表に招集されていたサイ・ゴダード。東京五輪世代であり、かつてはアジアの有望な若手トップ10にも選ばれていた逸材。インドへの移籍についてコメントしている。 「インドだけでなく、インド・スーパーリーグについてもたくさんの素晴らしい話を聞いた。ムンバイ・シティに来る機会が来た時、僕はインドにきて、自分の才能を披露し、試合で披露したいと思っていた」 「僕はセルヒオ・ロベラ監督とここでの哲学を知っています。そして、それは僕が好きなサッカーのスタイルとあっています」 「ファンがいない中、この独特のコンディションでプレーしなければいけないのは残念ですが、クラブを助け、サポーターに良い思い出を作るために必要なことを全て出します」 2020.10.27 18:40 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly