プレミア得点王争いに名乗り! 2ゴールのイングスをサウサンプトン指揮官が称賛

2020.06.29 22:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、クラブのエースである元イングランド代表FWダニー・イングスを称賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。サウサンプトンは28日に行われたプレミアリーグ第32節でワトフォードに3-1で勝利。この試合で2ゴールを決めたイングスは、今シーズンのプレミアリーグで18ゴール目を記録した。

18ゴールは、得点王争いトップを走るレスター・シティの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの19ゴールに次ぐ2位となっており、得点王の座も目指せる状況だ。

ワトフォード戦後、インタビューに応えたハッセンヒュッテル監督は、イングスがいかに重要であるか述べた上で、リーグ得点王も可能であると称賛を送った。

「イングスが我々にとって非常に重要な選手であることは誰も否定できないだろう」

「(得点王争いについて)まだ多くの可能性が残っている。残りの6試合でも彼は試合に出るし、チャンスが来れば、彼の決定力がいかに素晴らしいものであるか分かるだろう」

「状態も今まで一番良さそうだし、ロックダウン(都市封鎖)中もよくトレーニングをしていた。それによってフィジカル面のコンディションは素晴らしいものになっている」

「彼は本当に素晴らしいクオリティを持った選手で、決めるゴールはみな素晴らしいものばかりだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ソン・フンミンの圧巻4発にケインが1G4A! スパーズが今季初勝利!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、サウサンプトンvsトッテナムが20日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが5-2で快勝した。 エバートンとの開幕戦を0-1で落としたトッテナムは、ミッドウィークに行われたEL予選のロコモティフ・プロヴディフ戦を辛勝し今季の公式戦初勝利。その一戦から中2日での一戦に向けては先発3人を変更。ムサ・シソコ、ロ・チェルソ、ベルフワインに代わってウィンクス、エンドンベレ、ルーカス・モウラを起用。前日にレアル・マドリーから加入したベイル、レギロンはベンチ外となり、ここ最近去就問題が伝えられるデレ・アリが公式戦2試合連続でメンバー外に。 共に今季リーグ戦初勝利を目指す両者は積極的な入りを見せる。まずは3分、左サイドのスペースに抜け出したソン・フンミンからのクロスを、ボックス右のドハーティが頭で折り返す。これをゴール前のケインが見事なボレーシュートで叩き込む。だが、VARの介入の結果、ソン・フンミンの抜け出しの場面でオフサイドを取られ、電光石火の先制点は認められず。 すると、10分にはサウサンプトンに決定機。相手陣内左サイドで得たFKの流れからゴール前でルーズボールに反応したチェ・アダムズが強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKロリスが圧巻のワンハンドセーブで阻止した。 その後、互いに相手の背後のスペースを取り合う攻防を見せる中、ホームチームが立て続けに決定機を創出。16分にはオフサイドラインをかいくぐったイングスがGKとの一対一を制すが、ここはトラップ際のハンドを取られてノーゴール。20分にはボックス左ゴールライン際でのジェネポの見事な仕掛けからゴール前のアダムスに絶好機も、ここはDFベン・デイビスの決死のブロックに阻まれた。さらに、26分にはセットプレーの二次攻撃からジェネポが左ポストを掠める場面も。 前半半ばを過ぎてもシュートを1本も打てない苦しい展開が続くトッテナムは、ついに耐え切れずに先制点を奪われる。32分、右サイドバックのウォーカー=ピータースからのフィードに絶妙なタイミングで抜け出したイングスがボックス右で右足アウトを使った巧みなファーストタッチからすかさず右足を振り抜き、ゴール左下隅の完璧なコースに流し込んだ。 その後もサウサンプトンに攻守両面で圧倒される低調なアウェイチームだったが、1点ビハインドで折り返し目前の前半終了間際に個の力でゴールをこじ開ける。前半アディショナルタイム2分、ハーフウェイライン付近で見事なボールキープを見せたエンドンベレから左サイドでフリーのケインへ斜めのパスが通る。ここでケインがすかさず中央をスプリントするソン・フンミンへワンタッチのラストパス。これはやや右サイドに流れるもボックス右で回収した韓国代表FWがニアを消しにきたGKの逆を突くファーポストへのシュートを決め切り、この試合最初のシュートを同点ゴールに結び付けた。 迎えた後半、最後に大きな仕事を果たしたエンドンベレを下げてロ・チェルソをハーフタイム明けに投入すると、この交代がいきなりハマる。立ち上がりの47分、ロ・チェルソからの縦パスを収めたケインがすかさず背後のスペースを狙うソン・フンミンにラストパスを通すと、相手DFを振り切った韓国代表FWが左足のシュートを流し込み、トッテナムが後半最初のシュートをいきなり逆転ゴールに結びつける。 その後は前半同様にオープンな攻防が続くが、ハーフタイムの修正、ロ・チェルソの投入で相手の守備網をかいくぐれるようになったアウェイチームは、ここから世界最高峰のストライカー2人が圧巻の働きを見せる。 まずは64分、ダビンソン・サンチェスからの縦パスをハーフウェイライン付近で収めたケインが絶妙なスルーパスを中央のスペースで送ると、左サイドから斜めのランニングで抜け出したソン・フンミンがGKとの一対一を制してプレミアで初のハットトリックを達成。さらに、73分にはロ・チェルソからの縦パスを受けて右サイドに流れたケインからのクロスに反応した背番号7が冷静にシュートを流し込み、ケインの4つのお膳立てをすべてゴールに変えてみせた。 その後、82分にはラメラのシュートのこぼれ球をケインが冷静にタップインし、試合を決定付ける5点目とした。そして、今季初ゴールに4アシストと全ゴールに絡む活躍を見せたエースをベンチに下げたアウェイチームは、ハンドで与えたPKをイングスに決められたものの、敵地で5-2の大勝。 前半の不出来からは想像だにできない見事な逆転勝利で待望の今季リーグ戦初勝利を手にした。 2020.09.20 22:34 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ケインのバックアップにイングス狙うもセインツに売る気なし

イングランド代表FWダニー・イングス(28)を狙うトッテナムだが、所属先のサウサンプトンに断られたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 先日、ジョゼ・モウリーニョ監督からイングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーの必要性が伝えらえたトッテナム。レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(31)が加入秒読みと報道されているが、ストライカーの補強は引き続き議論されているようだ。 イングスへの関心は以前から報じられていたが、サウサンプトンに交渉を持ちかけたところ門前払いに遭ったとのこと。同クラブは2022年までとなっているイングスの契約を更新する準備をしているとのことで、売却の意思は全くないようだ。 トッテナムは、その他にトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(26)を候補に挙げていたが、移籍金の高さから難色を示しているという。 2020.09.18 16:19 Fri
twitterfacebook
thumb

ケインに続くストライカーを狙うスパーズ、セインツ主砲イングスに関心か

トッテナムがサウサンプトンのイングランド代表FWダニー・イングス(28)を注視しているようだ。 今夏の移籍市場でデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュルク、アイルランド代表DFマット・ドハーティ、元イングランド代表GKジョー・ハートを獲得して、新シーズンの開幕を迎えたトッテナム。しかし、今季で指揮2年目となるジョゼ・モウリーニョ監督はプレミアリーグ開幕節のエバートン戦に先駆けた会見で、イングランド代表FWハリー・ケインに続くストライカーの獲得希望を明らかにしており、さらなる補強を匂わせている。 イギリス『ロンドン・フットボール』によると、そんなトッテナムは買い取りオプションが付随したレンタルでの獲得を好みつつ、あらゆる可能性も視野に入れ、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティや、ナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクら欧州各国のクラブに属する数選手に目を光らせるなか、サウサンプトンの主砲として昨季のプレミアリーグで22得点をマークしたイングスにも関心を抱いているという。 しかし、『ロンドン・フットボール』はプレミアリーグが開幕した今、この取引を成立させるのは難しいと指摘。また、ケインのバックアップとして出場時間の減少が見込まれてのトッテナム入りという立ち位置も取引を難しくさせると記している。 2020.09.14 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

セインツ、キャリアハイの22ゴールで代表復帰のイングスに新契約をオファー

サウサンプトンがエースのイングランド代表FWダニー・イングス(28)の契約更新に動いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 イングスは2018年夏にリバプールからのレンタル移籍でアカデミー時代を過ごした古巣に復帰。加入1年目に24試合7ゴールの数字を残したことで、昨夏には2000万ポンド(約28億2000万円)の移籍金での完全移籍を勝ち取った。 迎えた2019-20シーズンはプレミアリーグ全38試合に出場し、キャリアハイの22ゴールをマーク。レスター・シティの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディに1点差及ばず、得点王獲得を逃したものの、チームのレベル、PKによるゴールがわずか1ゴールだったことを考えれば、より多くの称賛に値する活躍だった。 この活躍が認められ、先日にはUEFAネーションズリーグ2020-21に臨むイングランド代表に5年ぶりに選出され、今やセインツを代表するプレーヤーとなっている。 そのエースストライカーに関しては週給6万5000ポンド(約916万円)と言われる現行契約が2022年となっており、現時点では契約延長を急ぐタイミングではない。 しかし、今後国内外から獲得オファーが届く可能性があるため、クラブはエース流出阻止に向けて、条件面を改善した新たなオファーを掲示し、慰留に努める構えだ。 2020.08.31 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

昇格組フルアムがサウサンプトンからMFリード、MFレミナを補強

フルアムは30日、サウサンプトンからイングランド人MFハリソン・リード(25)を完全移籍で獲得。また、ガボン代表MFマリオ・レミナ(26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 リードは、サウサンプトンのアカデミー出身で、ノリッジやブラックバーンなどへのレンタル移籍を経験。2019-20シーズンはフルアムへとレンタル移籍し、チャンピオンシップ(イングランド2部)で25試合に出場。プレーオフも3試合出場し、チームのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 レミナは、ロリアンの下部組織出身で、マルセイユやユベントスへの移籍を経て、2017年8月にサウサンプトンへ完全移籍。2019-20シーズンはガラタサライへとレンタル移籍していた。ガラタサライではスュペル・リグで20試合に出場。チャンピオンズリーグでも4試合に出場していた。 なお、リードは2024年夏までの4年契約を結び、1年間の延長オプションがついているとのこと。レミ名は、1年間のレンタル移籍となる。 2020.08.31 10:10 Mon
twitterfacebook