オリンピアコスが3年ぶり45回目のリーグ優勝! ここまで30戦無敗を維持

2020.06.29 14:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オリンピアコスは、28日に行われたギリシャ・スーパーリーグのAEKアテネ戦を2-1で勝利し、3年ぶり45回目のリーグ優勝を決めた。

直近2シーズン、AEKアテネ、PAOKテッサロニキにリーグ王者の座を譲ってきたギリシャ屈指の名門は、捲土重来を期す今シーズンを圧倒的な強さで駆け抜けた。

26試合制で行われるレギュラーシーズンを20勝6分けという見事な戦績を残し首位で終えた。そして、上位6チームで争われるチャンピオンシップラウンドでは、ここまでの全4試合に勝利し、レギュラーシーズンから続く連勝を9試合に更新。3年ぶりの王座に返り咲くことになった。

また、チャンピオンシップラウンドは6試合残っており、優勝決定した今後は無敗優勝を目指すことになる。

なお、オリンピアコスに関しては今年4月に過去の八百長疑惑により2部降格と罰金処分の可能性が報じられていたが、現時点で即時の処分が科される可能性はないようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

オリンピアコスに八百長発覚か! 2部降格及び会長に永久追放の可能性

オリンピアコスが5年前の八百長疑惑により、2部降格の危機に瀕していることが分かった。ギリシャ『SDNA』が報じている。 オリンピアコスによる八百長は2015年2月のオリンピアコスvsアトロミトス(2-1)でも問題となった。当時もギリシャサッカー協会が調査に及んだが、証拠不十分で空中分解。 ところが粘り強い調査の結果、同じシーズンに他にも八百長があったことが発覚。アトロミトス戦を含むオリンピアコスの3試合と、パナシナイコスの1試合など計6試合が対象に上がっている。 それらの八百長を扇動したのはクラブの会長兼オーナーのエヴァンゲロス・マリナキス氏。有罪となった場合、ノッティンガム・フォレストのオーナーも務める同氏はスポーツ界からの永久追放が言い渡される見込みで、オリンピアコスにも300万ユーロ(約3億5000万円)の罰金と、2部降格の処分が科せられる可能性がある。 ギリシャ屈指の名門として知られるオリンピアコスは、国内最多の44回のリーグ優勝を誇る。八百長があったとされる2014-15シーズンも含めて、10-11シーズンから7連覇しており、チャンピオンズリーグの常連でもある。 もし2部降格となれば、クラブ史上初となるトップリーグからの都落ちとなる。 2020.04.25 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコが新GK狙う? 今季24試合でクリーンシートのポルトガル代表GK

アトレティコ・マドリーが新たな守護神の獲得に動くようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 アトレティコはスロベニア代表GKヤン・オブラクが正守護神の座に君臨し、第2GKのアントニオ・アダンは今シーズン限りで契約が切れるため、夏の移籍市場で退団する可能性が噂されている。 その中で後釜として名前が浮上しているのが、オリンピアコスのポルトガル代表GKジョゼ・サ(27)とのことだ。 ジョゼ・サは、今シーズンの公式戦41試合に出場。わずか27失点しかしておらず、24試合でクリーンシートを達成。キャリア最高のシーズンを過ごしており、ヨーロッパリーグではラウンド32でアーセナル撃破にも貢献していた。 ジョゼ・サは、ポルトガル『Remate Digital』で移籍の噂について「そのことは何も知らない」としながらも「僕は嬉しい。彼らが僕について話し、この仕事を認められるのは良いこと」と語った。 ジョゼ・サに関しては、アトレティコだけでなくレアル・ベティスも狙っているとのこと。ジョルジ・メンデス氏が代理人を務めるジョゼ・サはステップアップすることになるだろうか。 2020.04.05 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ノッティンガム・フォレスト&オリンピアコスのオーナーが新型コロナ感染から回復…医師たちを称賛「緑と白のコートを着たヒーロー」

オリンピアコスとノッティンガム・フォレストのオーナーである、エヴァンジェロ・マリナキス氏が、新型コロナウイルスから回復したことを明かした。 マリナキス氏は、3月10日に新型コロナウイルスの検査を実施。陽性反応が出ていることが発表された。これは、チャンピオンシップ(イングランド2部)を戦うノッティンガム・フォレストとミルウォールの試合を観戦するためにノッティンガムを訪れてから4日後のことだった。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGMmFDRmZmeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> また、オリンピアコスはヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32でアーセナルと対戦。発症するまでの2週間以内に試合が行われており、アーセナルの選手やスタッフが接触したことがわかったため、3月11日に予定されていたマンチェスター・シティとのプレミアリーグの試合が急遽延期となっていた。その後、アーセナルのミケル・アルテタ監督が陽性反応を示したが、マリナキス氏との接触は関係ないことが発表されていた。 マリナキス氏は、自身の回復に貢献してくれたギリシャの医師と医療制度への感謝の気持ちをノッティンガム・フォレストの公式サイトで声明として発表している。 「医師の指示を2週間守り、2度目の検査を受けて、結果が陰性であることが判明しました」 「私は家に居て、友人や親戚の多くと連絡を取り、たくさん本を読み、テレビを何時間も見たり、音楽を聞いたり、何時間もインターネットサーフィンをしました」 「これら全ては、私が隔離された世界で何が起こっているかを理解し、我々の地球がどれほど壊れやすいものなのかを再認識することに役立ちました」 「ギリシャの国立健康システムの医師たちのケアとアドバイスに感謝します。仲間、人々のために24時間年中無休で対応する緑と白のコートを着たヒーローたち、全ての私の友人、一人一人、彼らの無限の愛、何千ものメッセージ(またはポエム)と利己的ではないサポートに感謝します」 「これらの重要な時期に、私の短い冒険を体験することによって刺激されたメッセージに取り組む義務を感じている。自分自身と親族を守るために、家にいる価値があります」 「家にいることで自分自身を守り、我々のコミュニティ、多くの公衆衛生を守り、ウイルスの蔓延を抑えます」 「したがって、不注意や利己的である余地はありません。政府および科学者と完全に手を組み、規律を保つ必要があります」 「これらのことは、ギリシャの偉大な詩人であるニコス・カザンザキス氏の言葉を思い出させました。『石、鋼、鉄は耐えらない。人々はできる』。我々が耐えなければならないことを認識してください。我々は個人的に強くなり、イギリスは国として強くなります。健康を保つのは我々次第です。みんな、健康で力強く過ごせますように」 2020.03.25 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

UEFAがフランス、ギリシャでの2試合の無観客を発表

欧州サッカー連盟(UEFA)は9日、新型コロナウイルス(COVID-19)による無観客試合の適応を発表した。 今回対象となっているのは2試合。チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)でそれぞれ1試合となっている。 CLではパリ・サンジェルマンvsドルトムントの一戦が、ELではオリンピアコスとウォルバーハンプトンの一戦が対象となる。 なお、先週の時点でCLのバレンシアvsアタランタ、ELのインテルvsヘタフェが無観客試合になることが発表されていた。 また、UEFAユースリーグではインテルvsスタッド・レンヌが中止となり、今後対応を決定するとしている。 ◆チャンピオンズリーグ ラウンド16・2ndレグ ▽3月10日(火) バレンシア vs アタランタ ▽3月11日(水) パリ・サンジェルマン vs ドルトムント ◆ヨーロッパリーグ ラウンド16・1stレグ ▽3月12日(木) インテル vs ヘタフェ オリンピアコス vs ウォルバーハンプトン 2020.03.10 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

元フランス代表MFヴァルブエナがオリンピアコスと契約延長! 今季8ゴール21アシストの大暴れ

オリンピアコスは6日、元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナ(35)と1年間の契約延長を発表した。同選手は来シーズン終了まで同クラブでプレーすることになる。 マルセイユで活躍した“小さな巨人”は、マルセイユ退団後、ディナモ・モスクワやリヨン、フェネルバフチェと国内外のクラブで活躍。そして、フランス代表として通算52試合8ゴールの記録を残す名アタッカーは、昨夏にオリンピアコスに加入。 今シーズンここまでは公式戦31試合で8ゴール21アシストの圧巻のスタッツを記録し、リーグ首位を快走するチームの攻撃を牽引。また、先日のヨーロッパリーグ(EL)ではアーセナル撃破に貢献していた。 2020.03.07 13:55 Sat
twitterfacebook