吉田途中出場で日本人対決実現!冨安ボローニャに軍配!《セリエA》

2020.06.29 04:33 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第28節、サンプドリアvsボローニャが28日に行われ、1-2でボローニャが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也は74分から出場し、ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。再開後のインテル戦、ローマ戦と連敗し、降格圏の18位レッチェと1ポイント差の16位サンプドリア(勝ち点26)は、吉田が4試合ぶりにベンチスタートとなった。

一方、再開初戦となったユベントス戦に敗れた11位ボローニャ(勝ち点34)は、ユベントス戦でもC・ロナウド相手に好プレーを見せた冨安が引き続き右サイドバックで先発となった。

立ち上がりはボローニャがボールを持つ展開となったが、徐々にホームチームのサンプドリアが盛り返したことで、一進一退の攻防が続いていく。

膠着状態が続く中、34分にサンプドリアに決定機。しかし、浮き球パスに抜け出したラ・グミナのボレーシュートはGKスコルプスキの好守に阻まれた。結局、前半のチャンスはこの1シーンのみと堅い試合展開のままゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半、サンプドリアが引き続き押し込む展開となった中、64分にはヴィエイラのミドルシュートでゴールに迫った。

しかし、劣勢が続いていたボローニャが70分にPKを獲得する。カウンターに転じた流れからボックス右に侵入したオルソリーニがムッルに倒された。このPKをバロウが決めたボローニャが先制した。

失点後、トネッリの負傷を受けて吉田が投入されたサンプドリアだったが、直後の75分にボローニャが加点する。バロウがドリブルでボックス左に侵入してクロスを上げ、オルソリーニが頭で押し込んだ。

終盤の88分、サンプドリアが反撃の狼煙をあげる1点をボナッツォーリが挙げるも、ボローニャが逃げ切り。中断を挟んで5試合ぶりの勝利を飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ボローニャがハーツから18歳の逸材SBヒッキーを獲得! クラブ史上初のスコットランド人選手に

DF冨安健洋が所属するボローニャは24日、スコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)からU-19スコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 ハーツとセルティックの下部組織に在籍経験があるヒッキーは、2019年5月にハーツでトップチームデビューを飾った両利きのサイドバック。昨シーズンは左サイドバックを主戦場に、公式戦30試合1ゴール1アシストの数字を残すなど、17歳とは思えない存在感を放っていた。 なお、イギリス『Daily Record』が伝えるところによれば、ボローニャ史上初のスコットランド人プレーヤーとなったヒッキーの移籍金は、170万ポンド(約2億3000万円)程度になったという。 2020.09.24 22:46 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチのドッピエッタで冨安ボローニャに完勝のミランが白星発進!《セリエA》

セリエA第1節のミランvsボローニャが21日にサン・シーロで行われ、2-0でミランが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 昨季セリエAを6位で終えたミランは、17日に行われたヨーロッパリーグ予選2回戦でアイルランドのシャムロック・ローヴァーズを2-0で撃破。中3日での一戦に向けてピオリ監督は、イブラヒモビッチやレビッチ、チャノハノールら昨季の主力をスタメンで起用した。 一方、昨季セリエAを12位で終えたボローニャは、パラシオやオルソリーニ、ソリアーノ、ダニーロといった主力に加え、新戦力のデ・シルベストリがスタメンとなった。なお、冨安はセンターバックでスタメンに名を連ねている。 試合は開始早々の2分にボローニャがチャンスを迎えるベナセルのクリアをボックス左手前のドミンゲスがブロックすると、こぼれ球をボックス中央のソリアーノが右足で合わせたが、シュートはわずかに枠の左に外れた。 対するミランは12分、カラブリアとのパス交換でボックス右に侵入したイブラヒモビッチがマークの冨安をかわし素早くシュート。28分にもスルーパスでボックス左深くに抜け出したイブラヒモビッチがターンで冨安をかわしクロス。GKスコルプスキの弾いたボールをベナセルが詰めたが、共にシュートはゴール左に逸れた。 時間の経過とともに攻勢を強めるミランは35分に先制する。テオ・エルナンデスの左クロスをイブラヒモビッチが豪快なヘディングでシュートをゴール右に突き刺した。 迎えた後半、ミランはカスティジェホを下げてサレマーカーズを投入。すると47分、敵陣中盤でボールを奪ったサレマーカーズがボックス右まで持ち上がり中央へラストパスを供給。これを走り込んだイブラヒモビッチが右足ダイレクトで合わせたが、これはGKスコルプスキの好セーブに防がれた。 決定機を逃したミランだったが49分、左クロスのこぼれ球に反応したベナセルがオルソリーニにボックス付近で倒されると、VAR判定の結果、ミランがPKを獲得。このPKをイブラヒモビッチがゴール右上に突き刺し、幸先良く追加点を奪った。 後半も主導権を握ったミランは、63分にカウンターからチャンス。相手CKのセカンドボールを奪ったチャノハノールがサレマーカーズとのパス交換で右サイドを突破。相手DFを引きつけラストパスを送ったが、GKとの一対一を迎えたイブラヒモビッチのシュートはゴール左に外れた。 リードを広げられたボローニャは79分、バロウのロングスルーパスでボックス右まで駆け上がったスコフ・オルセンがカットインからシュート。さらに84分にはボックス左手前でパスを受けたサンソーネが縦へ持ち上がり左足を振り抜いたが、共にシュートはGKドンナルンマの好セーブに阻まれた。 徐々に盛り返しを見せたボローニャだったが88分に、ドリブルで持ち上がろうとしてたサレマーカーズの腕を引っ張ってしまったダイクスがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。 その後、数的不利となったボローニャは90分にサンソーネのFKをゴール前の冨安がヘディングシュートで合わせたが、これはGKドンナルンマの正面を突いた。 結局、試合はそのまま2-0で終了。イブラヒモビッチのドッピエッタでボローニャを下したミランが白星スタートを切った。 2020.09.22 05:50 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安所属のボローニャがミハイロビッチ監督の愛弟子である元イタリア代表DFデ・シルベストリを獲得

ボローニャは17日、トリノを退団していた元イタリア代表DFロレンツォ・デ・シルベストリ(32)の獲得を発表した。契約期間は発表されていないが、イタリア『Tuttomercatoweb』によれば2年契約にサインした模様だ。 186cmの大型右サイドバックであるデ・シルベストリはフィオレンティーナ、サンプドリア、トリノで現ボローニャ指揮官のシニシャ・ミハイロビッチ監督の指導を受けてきた愛弟子だ。昨シーズンは公式戦37試合に出場するなど、右ウイングバックの主力を務めていた。 昨季、右サイドバックのレギュラーを務めていたDF冨安健洋としてはポジションを争うライバルになるかもしれない。 2020.09.17 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ツルヴェナ・ズヴェズダがボローニャからイタリア人FWファルチネッリをレンタルで獲得

セルビアのツルヴェナ・ズヴェズダは10日ボローニャからイタリア人FWディエゴ・ファルチネッリ(29)をレンタル移籍で獲得した。 インテルの下部組織出身のファルチネッリは、2009年に当時セリエBに所属していたサッスオーロでプロデビュー。2010年の夏にセリエCに所属するフォリーニョへ完全移籍したが、翌年にサッスオーロへ復帰。その後は、ペルージャやクロトーネ、フィオレンティーナへのレンタル移籍を繰り返し、2018年の夏にボローニャへ完全移籍。 ボローニャでは加入初年度にセリエA15試合に出場したが、昨季はセリエBのペルージャへレンタル移籍。セリエBで25試合に出場し3ゴールをマークしたが、ペルージャはセリエB16位でシーズンを終え、セリエCに降格が決定した。 2020.09.11 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャがハーツから18歳の逸材SBヒッキーを獲得へ!

DF冨安健洋が所属するボローニャがスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)に所属するU-19スコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(18)の獲得に成功した。 イギリス『BBC』が伝えるところによれば、バイエルンやセルティックも関心を示した逸材は、150万ポンド(約2億1000万円)の移籍金でボローニャに加入することになるという。 ハーツとセルティックの下部組織に在籍経験があるヒッキーは、2019年5月にハーツでトップチームデビューを飾った両利きのサイドバック。昨シーズンは左サイドバックを主戦場に、公式戦30試合1ゴール1アシストの数字を残すなど、17歳とは思えない存在感を放っていた。 なお、すでにボローニャ入りし、10日にメディカルチェックを受診予定のヒッキーは、イギリス『デイリー・レコード』で、「イタリアに行くことは本当にエキサイティングだし、ボローニャがセリエAのビッグクラブであることも忘れてはならないよ。監督のシニシャ・ミハイロビッチは素晴らしい人だし、クラブは本当に家族のような雰囲気だったよ」と、新天地への好印象を語っている。 2020.09.10 18:50 Thu
twitterfacebook