ゼニトの熱狂的サポがコロナに対する壮大なコレオを披露!

2020.06.28 19:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ゼニトの熱狂的なサポーターが新型コロナウイルス(COVID-19)に対する、壮大なコレオグラフィーを披露した。

ヨーロッパにおいてコロナウイルスの影響を強く受けているロシアだが、今月19日に3月中旬から中断していたロシア・プレミアリーグを再開。また、同リーグでは上限付きで観客動員が認められている。

そういった中、強豪ゼニトは26日、ホームでクリリヤ・ソヴェトフと対戦。すると、同国屈指の熱狂的なサポーターは試合前、愛するフットボールにダメージを与えるコロナウイルスへの宣戦布告ともとれる、壮大なコレオグラフィーを披露した。

以前から意趣を凝らしたコレオグラフィーに定評があるゼニトは今回、防護服に身を包んだ人物が緑色のコロナウイルスを模した物体を抱えるコレオグラフィーをゴール裏に掲げた。

その後、コロナウイルスと同じ緑色のスモークが焚かれると、その裏で新たなコレオグラフィーが現れ、防護服の人物が抱えていたコロナウイルスがサッカーボールに入れ替わった。

そして、ゼニトサポーターは、壮大なコレオグラフィーを通じてフットボールは何よりも強いという強いメッセージを発した。

なお、ゼニトサポーターは、リーグ中断前にも、「俺たちは全員フットボールに感染している。そして、ゼニトのためなら死ねる」とのバナーを掲げていた。

ちなみに、サポーターから大きな後押しを受けたゼニトは2-1でクリリヤ・ソヴェトフを下している。

◆壮大なコレオグラフィーを披露
コメント
関連ニュース
thumb

ロシアの新皇帝、アンドレイ・アルシャビン【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元ロシア代表FWアンドレイ・アルシャビン氏だ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ゴールの後は口に人差し指を当てるお決まりのパフォーマンス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5ajQ4cXhlcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ソビエト連邦のレニングラードで生まれたアルシャビン氏は、7歳の頃からサッカーを始め、国内屈指の強豪ゼニトの下部組織へと加入する。 172cmと小柄ながら、テクニックを武器に2000年8月にトップチームデビューを果たすと、2001-02シーズンからレギュラーとしての地位を確立し、2006-07シーズンにリーグ最優秀選手賞を受賞。また、UEFAカップ(現・ヨーロッパリーグ)優勝に貢献した。 アルシャビン氏がその名を一気に知らしめたのはロシア代表として臨んだユーロ2008での活躍だ。特に準々決勝のオランダ戦では、アルシャビン氏の力で勝利したといっても過言ではない。 それを受け、2009年2月に引き抜かれる形でアーセナルに移籍した。アーセナルでは2009年4月のリバプール戦で1試合4ゴールの圧巻のパフォーマンスを披露しサポーターのハートを一気に掴むと、シーズン後半だけの出場、またプレミアリーグ初挑戦ながら公式戦15試合で6得点9アシストという驚異的な数字を残した。 その後、出場機会を失ったアルシャビン氏はゼニトに復帰を果たすも、私生活の乱れもあり、2014-15シーズン終了後に契約満了で退団。クバン・クラスノダールでのプレーを経て、2016年に加入したカザフスタンリーグのカイラトで現役を引退した。 アルシャビン氏は、ゼニト時代からバルセロナへの憧れを口にしており、移籍の噂もあったが、結局実現することはなかった。しかし、アルシャビン氏の息子アーセニー君が現在モスクワにあるバルセロナのアカデミーに所属しており、父の夢を息子が叶えようとしている。 ちなみに、「アーセニー(Arseny)」という名前はアーセナル時代の恩師であるアーセン・ヴェンゲル氏からつけているそうだ。 2020.07.10 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ゼニト優勝の立役者イラン代表FWアズムンのキャリア初ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。 この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ゼニトのイラン代表FWサルダール・アズムンが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆イラン代表FWアズムンのキャリア初ハットトリック<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzMEhCcnVwZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020年3月14日に行われたロシア・プレミアリーグ第22節のウラル戦でアズムン含むゼニト攻撃陣が爆発する。 口火を切ったのはやはりアズムン。8分にMFマゴメド・オズドエフのシュート性のボールをボックス内でトラップすると、反転し、GKの逆を突いたシュートをゴール左へ決めた。 さらに15分、相手GKのキャッチミスを逃さずボールを奪うと、無人のゴールに決めきる。 そして61分、MFマウコムが相手守備陣を切り裂くと、アズムンへお膳立て。これをしっかりと決めきり、アズムンにとってプロキャリア初となるハットトリックを達成した。 さらにゴールを重ねたゼニトはこの試合を7-1と圧勝。シーズンでは、一時は5位に転落するなど調子を落とした時期はあったものの、2年連続7度目のリーグ優勝を果たした。 2020.07.09 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ゼニトがロシア・プレミアリーグ連覇! ジューバ&アズムンの強力2トップがけん引

ゼニトは6日に行われたロシア・プレミアリーグ第26節、FCクラスノダール戦を4-2で勝利した。この結果、4節を残して2年連続7度目のリーグ優勝を果たした。 セルゲイ・セマク体制2年目でリーグ連覇を目指したゼニトは今シーズン、開幕3連勝と幸先の良いスタートを切った。その後、一時は5位に転落するなど調子を落とした時期はあったものの、第11節のロコモティフ・モスクワ戦の敗戦を最後に15戦無敗(12勝3分け)と見事な復調をみせた。 他国と同様に新型コロナウイルスによる中断を経て、6月半ばにリーグが再開されると、きっちり4連勝。2位のロコモティフ・モスクワとの勝ち点差を「13」とし、4節を残してのリーグ連覇を決めた。 個人に目を向けると、ロシア代表FWアルテム・ジューバがリーグ最多の16ゴール13アシスト、イラン代表FWサルダル・アズムンが13ゴール6アシストと2トップの活躍が印象的だった。 <div id="cws_ad">◆2年連続7度目のリーグ優勝!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ru" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/%D0%9C%D1%8B%D0%9A%D0%BE%D0%BC%D0%B0%D0%BD%D0%B4%D0%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#</a> <a href="https://t.co/MMSdijGaif">pic.twitter.com/MMSdijGaif</a></p>&mdash; (@zenit_spb) <a href="https://twitter.com/zenit_spb/status/1279870456305238021?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.08 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ゼニト、チーム再建のセマク監督と2年+1年の契約延長を発表

ゼニトは1日、セルゲイ・セマク監督(44)との契約延長を発表した。契約は2年間となり、1年間の延長オプションがついている。 セマク監督は、CSKAモスクワやパリ・サンジェルマン、ルビン・カザンなどでプレーし、現役最後のクラブにゼニトを選択。2013年7月に引退していた。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKNFU5UXR2QiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> ロシア代表としても65キャップを記録しているセマク監督は、引退後はゼニトでアシスタントコーチに就任。2016年12月にウファの監督に就任するも、2018年5月にゼニトへ監督として復帰していた。 2018-19シーズンはロシア・プレミアリーグでチームを優勝に導く手腕を見せており、今シーズンも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断前の時点で、22試合を終えて勝ち点50の首位に立っていた。 2020.06.02 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシア・プレミアリーグが6月21日から再開! 国内感染者はヨーロッパ最多の26万人…

ロシア・プレミアリーグは15日、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中断を強いられているリーグ戦を6月21日から再開することを発表した。 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。ロシアでは感染者数が26万人以上、死者数が2418人程度と伝えられている。国内感染者が依然増加しているロシアだが、ウラジーミル・プーチン大統領は11日にロックダウン(都市封鎖)を段階的に解除することを発表していた。 これを受け、RFUは3月中旬から延期されていたロシア・プレミアリーグを6月21日から再開する方針を決定。試合は無観客で行われ、交代枠は5人となるとのこと。また、残り8節となっているシーズンは7月22日の終了を見込んでいるようだ。 なお、準々決勝(残り1試合)まで進んでいるロシアカップの再開も決定しており、決勝戦は7月25日に開催される。 ヨーロッパでは、ベルギー、オランダ、フランスがリーグ打ち切りになった一方で、ブンデスリーガが16日から再開決定。また、イングランド、スペイン、イタリアではピッチを使った個別トレーニングも再開している状況だ。 2020.05.15 23:30 Fri
twitterfacebook