アトレチコ・ミネイロが鹿島DFブエノの加入を正式発表、2021年6月までのレンタル

2020.06.28 19:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレチコ・ミネイロは27日、鹿島アントラーズからブラジル人DFブエノ(24)が加入することを発表した。2021年6月30日までのレンタル移籍となる。

ブエノはアトレチコ・ミネイロの公式サイトを通じて、ファンへ挨拶をした。

「こんにちは、マッサ・アトレチカーナ。僕はこのクラブに加入できてとても嬉しく思っています。素晴らしい仕事を一緒にするため、サポートを期待しています」
ブエノは、ルイス・アントニオFCやボタフォゴFCなどでのプレーを経て、千葉国際高校(現:翔凜高等学校)に留学。卒業後の2014年8月に清水エスパルスへ入団しプロキャリアをスタートさせると、ヴィッセル神戸への期限付き移籍を経て、2016年に鹿島入りした。

2018年には徳島ヴォルティスへの期限付き移籍を経験。2019シーズンは鹿島に復帰すると、明治安田生命J1リーグで17試合に出場し1得点を記録。通算ではJ1で27試合1得点、リーグカップで5試合1得点、天皇杯で8試合に出場していた。

ブエノはブラジルでのプロキャリアはなく、今回が初めてのこととなる。なお、この中断期間では4人目の新加入選手となっている。

関連ニュース
thumb

アルメリアがマルセイユからコロンビア代表FWルイス・スアレスを獲得!

アルメリアは5日、マルセイユからコロンビア代表FWルイス・スアレス(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スアレスは2017年7月にコロンビアのレオネスからワトフォードへ完全移籍。その後は、レアル・バジャドリーB、ヒムナスティック・タラゴナ、レアル・サラゴサへのレンタル移籍を経験。その後、2020年9月にグラナダに加入した。 グラナダでは在籍2シーズンで公式戦73試合14ゴール5アシストを記録。昨シーズンのラ・リーガでは37試合8ゴール4アシストの数字を残したが、チームは無念のセグンダ降格となると、今夏に5年契約でマルセイユへ加入。 しかし、マルセイユではイゴール・トゥドール監督の信頼を得られておらず、ここまで公式戦11試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するも、先発出場はわずか3試合にとどまっていた。 なお、スアレスは年内のラ・リーガには出場できず、2023年初戦となる第16節のレアル・ソシエダ戦から出場できるとのことだ。 2022.12.06 06:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ガーナ、オットー・アッド監督の退任を正式に発表!「またGFAで働く機会があるかもしれない」

ガーナサッカー協会(GFA)は5日、ナナ・オットー・アッド監督(47)が同代表指揮官を退任したことを正式発表した。 アッド監督は今年2月、ミロバン・ライェバツ監督の解任を受けて暫定監督に任命された。その後、カタール・ワールドカップのアフリカ予選のプレーオフでナイジェリアを下し出場権を獲得。今年末まで契約を延長した。 そして本戦では、初戦でポルトガルに惜敗したものの、2戦目の韓国に勝利し、2位の好位置で最終戦へ。勝てば地力突破、引き分けでもその可能性が高かった中でウルグアイに敗戦。結局、グループ最下位で大会を後にすることになった。 大会終了後に退任を表明していたオットー・アッド監督は、5日にGFAが公式ツイッターで公開したビデオの中で「もしかしたら、またGFAで働く機会があるかもしれない。だが、次の2年半はドルトムントと契約しており、私はそれを尊重するつもりだ」とコメント。 今後は古巣であるドルトムントに戻り、人材育成コーチを務めることを明かした。 2022.12.06 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスが19歳のイングランド人MFと長期契約! デビュー3試合で2アシストの逸材

ユベントスが、U-20イングランド代表MFサミュエル・イリング・ジュニア(19)と2027年まで契約を延長した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 チェルシーのアカデミー出身のイリング・ジュニア。ドルトムントやバイエルンも関心を持っていた逸材で、2020年夏にユベントスへ移籍。プリマベーラでは58試合で14ゴール15アシストを記録している。 今年10月に行われたセリエA第11節のエンポリ戦でトップチームデビューを果たし、その4日後にはベンフィカ戦でチャンピオンズリーグにも初出場し1アシストを記録。さらに、続くレッチェ戦では0-0で迎えた72分に投入されると、わずか1分後に決勝点をアシスト。ここまではその3試合のみの出場だが、鮮烈な印象をファンに植え付けている。 2022.12.04 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ノッティンガム・フォレスト、冬の補強第一号! 元ブラジル代表の肩書を持つ28歳司令塔

ノッティンガム・フォレストは4日、元ブラジル代表MFグスタボ・スカルパ(28)をパルメイラスから獲得したことを発表した。契約は2026年夏までとなる。 トップ下を主戦場とするスカルパ。しなやかなボールタッチと左足の精度の高いキックが特長で、かつ中盤のポジション全域をカバーできるユーティリティ性も併せ持つ。 元フルミネンセMFは2018年1月からパルメイラスでプレーしており、2022年は公式戦60試合に出場し13ゴール15アシストを記録。クラブ・ワールドカップではチェルシーと決勝で対戦した。 同クラブでは通算211試合37ゴール51アシストを数える中で、2度のブラジルリーグ制覇をはじめ、コパ・リベルタドーレスも2度、コパ・スダメリカーナも1度優勝している。 2017年に一度ブラジル代表で試合に出たこともあるスカルパ。フォrスト加入は夢だったとし、新たな挑戦に喜びをあらわにした。 「ここに来るのは夢だったからとても嬉しいよ」 「新しい挑戦だ。待ちきれないね。ヨーロッパでプレーすることは小さい頃からの野望で、プレミアリーグは夢の舞台だった」 「僕はテクニカルなプレイヤーだけど、ここ数年で守備力も上がっている。それにとても献身的でハードワークも惜しまない。早くプレーするところを見せたいよ」 2022.12.04 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼが準主力FWサクセスと契約延長

ウディネーゼは3日、元ナイジェリア代表FWイサーク・サクセス(26)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 母国のクラブからウディネーゼのプリマヴェーラに加入した後、ポッツォ家が保有していたグラナダやワトフォードへのレンタルを繰り返していたサクセス。その後、2021年夏にワトフォードからウディネーゼに完全移籍で帰還を果たした。 パワーと強さ、テクニックを持ち合わせたストライカーは、昨シーズンの公式戦24試合で3ゴール9アシストを記録。今シーズンも準主力として公式戦17試合1ゴール4アシストの数字を残している。 なお、ナイジェリア代表では2013年のU-17ワールドカップや2015年のU-20ワールドカップも経験しているが、近年招集から遠ざかるA代表では4試合の出場にとどまっている。 2022.12.04 00:31 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly