ユーベがレッチェに4発快勝! サッリ「きつい試合だった」

2020.06.27 10:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督がセリエA第28節のレッチェ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。首位のユベントスは26日に降格圏に沈むレッチェと対戦。53分に記録したFWパウロ・ディバラの先制点を皮切りに、62分にFWクリスティアーノ・ロナウド、83分にFWゴンサロ・イグアイン、85分にDFマタイス・デ・リフトがゴールを決め、4-0の完勝を収めた。

暫定ながら2位のラツィオとの勝ち点差を「7」に広げたサッリ監督。試合後、コンディション面で最も難しかった試合だと認め、以下のように語っている。

「フィジカル的にも非常にきつい試合だった。序盤に問題があったが、前半の最後には何とか力を出せるようになった。3日おきの試合があり、似たようなアプローチになる。数的優位により、後半は相手も疲れていて主導権を握れた」

「最後まで攻撃を続ける良いメンタリティが見られた。継続してこの結果を出していかなければいけない。中盤の選手は非常に高い位置で非常によくやった。今はチームとしてうまく守れている。(マタイス・)デ・リフトはレベルの高いプレーをしている。最初は中盤にフィジカル面で苦しんだ。(ロドリゴ・)ベンタンクールは最初に反応した選手の1人で、(ミラレム・)ピャニッチは時間の経過とともに良くなっていった」

また、交代策についても言及。ケガからの復帰戦でゴールを決めたイグアインにも満足感を示している。

「(アドリアン・)ラビオの交代はサイドの幅が必要だと思ったからだ。ドウグラス・コスタがベンチにいるのは相手が疲れているとき、特に大きな武器になってくる。イグアインは個人的な状況と世界的な状況で難しい時期を過ごした。新型コロナウイルスは彼に多くの打撃を与えたし、軽傷も負っていた。復帰戦でゴールを決めてくれて嬉しいよ。このシーズン終盤に重要な存在になってくれるはずだ」
コメント
関連ニュース
thumb

元同僚C・ロナウドと仲睦まじくリフティング! 4年ぶりにユベントス復帰のモラタがトレーニングに参加

4年ぶりにユベントスに復帰したスペイン代表FWアルバロ・モラタが、初のチームトレーニングに参加した。 22日、買い取りオプション付きのレンタルでユベントスへと復帰を果たしたモラタ。今夏退団した元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインに代わるストライカーとしての期待が懸かっている。 <div id="cws_ad">◆ユベントス復帰のモラタがトレーニング!C・ロナウドとリフティングしあう姿も<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJMYXF1VzJCWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 4年ぶりの復帰となったモラタだが、24日に行われた全体練習に参加。レアル・マドリー時代にも同僚であったエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと仲睦まじくリフティングをしあう姿や、故障から全体練習に復帰したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラと談笑する姿も見られた。 ユベントスは27日に行われるセリエA第2節のローマ戦に向けて、強度の高いトレーニングも実施。モラタも中に混じり、汗を流した。 アンドレア・ピルロ監督新体制のもと、セリエA開幕節でサンプドリアに3-0で勝利したユベントス。セリエA10連覇を目指し、開幕2連勝を狙う。 2020.09.25 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

悩めるストライカー、モラタ 4年ぶりのユベントス復帰は輝きを取り戻すこれ以上ないチャンス

アトレティコ・マドリーから、ユベントスへの買い取りオプション付きの移籍が発表されたスペイン代表FWアルバロ・モラタ(27)。2016年以来、4年ぶりとなるユベントス復帰となった。 モラタにとって、これが2014年夏のレアル・マドリーからユベントスへの移籍から数えて直近6シーズンで5度目の移籍となった。このところ移籍したどのチームでも完全には信頼を得られず、自身も実力を完全に発揮させせられたとは言えなかったモラタだが、この流れを断ち切るには、過去に一番輝いていたユベントスの復帰こそが最適なチームなのではないだろうか。 <div id="cws_ad">◆モラタがユベントスで見せた輝き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpNFlRN1llYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーの下部組織で育ったモラタは、同クラブで将来を嘱望されながらも、2014年夏、レギュラーとしての出場機会を求めてユベントスにマドリーの買い戻しオプション付きで加入。すぐに主力に定着すると、キャリアの中でも一番の輝きを見せていた。 ユベントスでの初シーズンとなった2014-15シーズン、当時のマッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で、モラタは公式戦46試合に出場。15ゴール7アシストを記録して、ユベントスのセリエA制覇とコッパ・イタリア優勝の2冠に貢献し、チャンピオンズリーグ(CL)でも決勝のバルセロナ戦で得点を決めるなど、3冠まであと一歩のところまでチームを導いた。 続く2015-16シーズンも公式戦47試合に出場し12ゴール11アシストをマーク。セリエA制覇に加え、コッパ・イタリアでのミランとの決勝でも、延長後半に決勝点を決めるなど、タイトル獲得へつながる重要な場面で活躍をしてみせた。 モラタのキャリアの中でも、指揮官からここまでの信頼を得て、自らも活躍し、タイトルの獲得に貢献できていた時期はないだろう。 ユーロ2016でも輝きを放っていたモラタは、レアル・マドリーの買い戻しオプションの行使に伴い、マドリー復帰を余儀なくされる。育ちのクラブへと舞い戻ったモラタは、買い戻し後に他クラブへと放出されるという噂もあった中、残留して開幕を迎える。 2016-17シーズンにはシーズン20ゴールとキャリアハイの数字を残しているものの、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWカリム・ベンゼマの控えとしてのポジションは変わらず。公式戦42試合に出場しながらも、フル出場した試合はわずか6試合に留まった。 マドリーへの復帰について後のイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でのインタビュー中でも「契約上の合意を尊重しなければならず、本当に落胆した。全てが振り出しに戻った」、「イタリアを絶対に離れるべきではなかった」とモラタは明かしている。 その後、2017年に移籍したチェルシーでは、開幕6試合で6ゴールを決めるなど、スタートダッシュに成功。しかしチームが調子を落とすと、自身も背中のケガにも苦しみ、モラタのパフォーマンスは落ちていった。 高額な移籍金も相まって、ファンからチームの不調のスケープゴートにされてしまったモラタは、チェルシーでの時間について「自分への自信を失ってしまった」、「イングランドのファンの僕に対する意見はとてもがっかりしている。僕は全てにおいて板挟みにされてしまった」と語っており、成功とは言い難かった。 そして、2019年1月に加入したアトレティコ・マドリーでは、16ゴール4アシストを記録して、2019-20シーズンのチーム得点王となりながらも、後半戦にかけてはFWジエゴ・コスタにレギュラーの座を譲ることに。ディエゴ・シメオネ監督からの信頼を完全に掴むことはできなかった。また、モラタの妻であるアリス・カンペッロさんが母国であるイタリアでの生活を強く望んでいることも今回のユベントス移籍の一因となったようだ。 不運や環境の問題があったものの、ユベントスを離れて以来、本来の力を出し切れずにいるモラタ。しかし、ユベントスに復帰したことで、環境面に関してはポジティブな要素が多い。 獲得に失敗したウルグアイ代表FWルイス・スアレスの“プランB”とはいえ、現役時代にチームメイトとしてもプレーしたアンドレア・ピルロ新監督は、モラタの実力を買って獲得に乗り出しているはずであり、既に一定の信頼を得ていると言っても過言ではない。さらに、在籍した2シーズンでの活躍を知るユベントスサポーターは、モラタを温かく迎え入れてくれるだろう。 監督の信頼、そしてファンからの愛情。最後に必要なのは、モラタ自身が結果を出すことだ。キャリアの中でも最も輝いていたユベントスへの復帰は、モラタにとって、これ以上ない再ブレイクのチャンスとなるはずだ。 2020.09.24 22:57 Thu
twitterfacebook
thumb

おしゃれすぎるジャンピングヒール!若きデル・ピエロが決めた驚愕のゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がユベントスで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デル・ピエロが決めたおしゃれすぎるジャンピングヒール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVSjJrVTN2ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ユベントスの象徴的な存在として長きに渡って活躍したデル・ピエロ氏。才能あふれるファンタジスタとして数々のスーパープレーで観客を魅了した。 ユベントスでは通算290ゴールという圧倒的な数字を残しているが、2002年11月17日に行われたセリエA第10節トリノ戦では、おしゃれすぎるスーパーゴールを決めている。 0-0の6分、相手ボックス左でユベントスがFKのチャンスを得る。するとキッカーのMFパベル・ネドベドが低めのボールをニアサイドに入れる。 これに飛び込んだデル・ピエロは、ボールより前に走り込んでしまったものの、空中で背を向けたまま左足ヒールで合わせ、わずかにボールの軌道を変えると、見事なゴールをニアポストに決めてみせた。 これで先制ゴールを奪ったユベントスは、4-0の大勝を収めている。 2020.09.24 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ディバラが復帰に近づく! 全体練習に復帰

ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが復帰に近づいているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 ディバラは7月26日に行われたセリエA第36節のサンプドリア戦で左足太ももを負傷。その後、8月7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16・2ndレグのリヨン戦に強行出場も、投入から10数分後にプレー続行不可能となり、以降約1カ月半に渡って戦列を離れていた。 その後、アンドレア・ピルロ監督は先日、「ゆっくり回復している」と、同選手の状態を説明していた。 そして、『トゥットスポルト』が伝えるところによれば、その指揮官の言葉通り、ディバラは23日に行われたトレーニングセッションにおいて、チームメイトとともにすべてのメニューをこなしたという。 ただ、負傷箇所が筋肉系だけに実戦復帰に向けてはもうしばらく時間を要する見込みだ。 また、アトレティコ・マドリーから加入したスペイン代表FWアルバロ・モラタは、新型コロナウイルスのプロトコルにのとって個人でのトレーニングを開始しているという。 なお、セリエA開幕節でサンプドリアに3-0で勝利し、ピルロ体制初陣を勝利で飾ったユベントス。27日に行われる第2節でローマとのアウェイゲームに臨む。 2020.09.24 17:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ストラーリが古巣ユーベの下部組織GKコーチに就任

ユベントスは23日、マルコ・ストラーリ氏(43)を下部組織のGKコーチに任命したことを発表した。 2010年夏から2015年夏にかけてユベントスに在籍していた元GKのストラーリは、ユベントスで4度のセリエA優勝、1度のコッパ・イタリア優勝を経験。2018年夏にミランで現役引退していた。セリエAでは通算189試合に出場した。 ユベントスはストラーリの復帰について「プロ選手を目指す選手の才能を伸ばすため、新たな役割と重要なタスクを担ってもらうためにユーベに復帰してもらった」と声明を発表している。 2020.09.24 02:00 Thu
twitterfacebook