【ブンデス最終節プレビュー】大迫ブレーメン降格回避なるか!? CL出場権獲得の行方は

2020.06.27 18:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先週行われた前節ではFW大迫が今季6ゴール目を挙げたものの、ブレーメンはマインツに敗れて自動降格圏を抜け出せず、運命の最終節を迎えることになった。そしてチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではレバークーゼンがヘルタ・ベルリンに敗れてCL圏外の5位に後退。一方、パーダーボルンに勝利したボルシアMGが4位に浮上した。土曜一斉開催で行われる最終節、17位ブレーメンは14位ケルンと、2ポイント差の16位デュッセルドルフは12位ウニオン・ベルリンと対戦する。前節マインツ戦を1-3と完敗したブレーメン。2連敗となった中、ケルン戦では勝利した上でデュッセルドルフが敗れれば逆転で残留プレーオフに回れることになる。また、4点差以上で勝利しデュッセルドルフが引き分けた場合も残留プレーオフに回れるが、いずれにしても勝たなければ残留への道は開けない状況だ。シーズン終盤にかけてゴールへの嗅覚が増している大迫は、チームを降格から救うゴールを最終戦でも奪うことはできるか。

続いて熾烈な戦いが続くCL出場権争い。最終節を前に4位返り咲きとなったボルシアMGは、10位ヘルタ・ベルリンとホームで対戦する。勝利すれば文句なしでCL出場となるが、前節レバークーゼンを葬ったヘルタを退けることはできるか。パーダーボルン戦ではMFシュティンドルがドッペルパックでチームの勝利に貢献。前々節のMFホフマンに続く中盤の選手たちの活躍で、負傷により不在のFWテュラム、FWプレアらの穴を埋められるかに注目だ。

一方、ヘルタに屈してボルシアMGに2ポイント差を付けられたレバークーゼンは、13位マインツとホームで対戦する。レバークーゼンとしては勝利するしかCL出場は果たせない状況となった。まずはマインツに勝利し、ボルシアMGがヘルタに敗れることを期待したい。

前節を出場停止により欠場したMF鎌田と、出場機会のなかったMF長谷部の所属する9位フランクフルトは、最下位パーダーボルンと最終節を戦う。共に先発復帰が予想される中、鎌田としては既に降格の決まっている相手からゴールに繋がる活躍を見せ、ヨーロッパリーグにつなげたいところだ。

◆ブンデスリーガ最終節
▽6/27(土)
《22:30》
ブレーメンvsケルン
フライブルクvsシャルケ
レバークーゼンvsマインツ
ボルシアMGvsヘルタ・ベルリン
ドルトムントvsホッフェンハイム
ヴォルフスブルクvsバイエルン
フランクフルトvsパーダーボルン
ウニオン・ベルリンvsデュッセルドルフ
アウグスブルクvsライプツィヒ
コメント
関連ニュース
thumb

ファンから屈辱の拍手を送られたFW大迫勇也をブレーメンの監督も擁護「彼はとても優れた選手」

ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が、改めて日本代表FW大迫勇也について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブレーメンは19日、ブンデスリーガ開幕戦でヘルタ・ベルリンと対戦。この試合で先発出場した大迫だったが、良いパフォーマンスを出せず前半のみで交代していた。 ファンは大迫のパフォーマンスに納得せず、交代を支持する拍手を送っていた。屈辱的な対応を受けた大迫だが、コーフェルト監督もファンの行為について言及。大迫のパフォーマンスが悪かったことは認識しながらも、評価が下がることはないと語った。 「(ファンの拍手は)好ましくなかった。そして、私はおそらくこのために再び多く叩かれることになるだろう。それでも私は言いたい」 「大迫勇也は、最初からここにいた。本当の姿ではなかった。理由はよく分からない。それでも、私の基本的な評価は、彼はとても優れた選手であるとうこと。そして、我々にとってクリエイティブな選手になることができるということだ。私は彼を守る」 一方で、シーズン序盤から大迫のパフォーマンスが上がっていないことも事実。コーフェルト監督は満足していないとし、足りないと思えばスタメンから外れることも示唆した。 「ユウヤは、イエナ戦も、ヘルタ・ベルリン戦も良いプレーをしなかった」 「拍手については認識している。しかし、それは彼に関する私の決定には何も影響しない」 「ただ、ユウヤは起用が確約されるような立場にはない。それでも、彼がこのチームにとって、良い選手になれるという確信がある」 ブレーメンは26日の第2節でシャルケと対戦する。大迫はベンチスタートになる可能性も大いにある状況だ。 「もちろんそうなる可能性はある。我々の仕事のほんの一部だ。上手く事が進めば、ポジティブな感情を取り戻す事ができる」 「土曜日に口笛を吹いたファンがそうすることは問題ない。それで良い。私からファンを批判することはない。ただ、ユウヤもそれに対処する必要がある」 2018年7月にケルンからブレーメンに加入した大迫は、これまで59試合に出場し14ゴール7アシストを記録。再びピッチで輝きを取り戻し、ファンから喝采の拍手を浴びる日が待ち遠しい。 2020.09.25 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「スケープゴートではない」交代時にはファンから屈辱の拍手、ブレーメンFW大迫勇也を同僚がフォロー

ブレーメンのU-21オーストリア代表DFマルコ・フリードルが、ファンからのブーイングを浴びた日本代表FW大迫勇也を擁護した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 ブレーメンは19日、ブンデスリーガ開幕戦でヘルタ・ベルリンと対戦。この試合で先発出場した大迫だったが、良いパフォーマンスを出せず前半のみで交代。その際、多くのファンが拍手をしていた。 ファンは大迫のパフォーマンスに納得せず、交代を支持する拍手を送ったが、フリードルはファンの行動を理解しながらも、大迫を擁護した。 「大迫はスケープゴートではない。僕たちはチームだ。ファンのことを理解できる。彼らは僕らにちゃんとしたパフォーマンスをしてもらいたいんだ。そうでない場合は、彼らは不快になる」 手厳しいファンの評価を受けた大迫だが、ブレーメンとしてはしっかりとフォローしている状況。フリードルもチームメイトとして助けるとし、大迫は問題ないと語った。 「僕たちは彼と話をする。誰かが不安定になっていると気づいたら、僕たちは彼のために一緒にいる。ただ、ユウヤはこの状況に対処する方法を知っているよ」 ブレーメンは26日の第2節でシャルケと対戦。開幕戦でバイエルンの8-0と屈辱の惨敗を喫し、デイビッド・ワグナー監督の首もかかったシャルケとの試合で、大迫は見返す活躍を見せられるだろうか。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "mV-66QDap08";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2020.09.24 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫先発もブレーメンがホームでの開幕戦で4失点を喫し完敗…《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは19日、ブンデスリーガ第1節でヘルタ・ベルリンと対戦し、1-4で敗戦した。大迫は前半のみ出場した。 昨季16位に終わるもハイデンハイムとのプレーオフを制してブンデスリーガ残留を決めたブレーメンが、昨季10位のヘルタをホームに迎えた開幕戦。 そのブレーメンは、[4-4-2]の布陣を採用。2トップに大迫とゼルケを起用し、左MFにサージェント、右MFにマンチェスター・ユナイテッドからレンタルで加入したチョンを配置した。 試合はブレーメンが立ち上がりから積極的な入りを見せたが、決定機を先に作ったのはアウェイチームだった。19分、右サイドでスローインの返しを受けたペカリークがダイレクトでクロスを供給。これをボックス中央のピョンテクが頭で合わせたが、シュートはクロスバーを叩いた。 対するブレーメンは31分、チョンのパスをボックス左で受けたサージェントが左足でニアサイド狙ったが、このシュートはGKシュウォローの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、ブレーメンは前半終盤にピンチを迎える。42分、左サイドをオーバーラップしたミッテルシュタットの高速クロスをファーサイドで反応したペカリークが流し込み、ヘルタが先制した。 さらにヘルタは45分、ドリブルで仕掛けたペカリークがボックス右深くでフリードルに倒されると、主審はPKを宣告。しかし、VARによる検証の結果、倒れた場所はボックスの外と判定され、PKは取り消された。 VARでピンチを脱したブレーメンだったが、前半終了間際にも失点する。中盤でボールを奪われるとダリダのスルーパスに反応したルケバキオがボックス左に抜け出しダイレクトシュートをゴールネットに突き刺した。 迎えた後半、2点を追うブレーメンは大迫を下げてビッテンコートを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはアウェイのヘルタだった。 62分、GKからのロングフィードを前線で受けたコルドバの落としをダリダが拾うと、ペナルティアーク手前まで持ち上がりラストパス。ボックス左で待ち構えたマテウス・クーニャのダイレクトシュートはGKパブレンカの手を弾き、そのままゴールネットに吸い込まれた。 リードを広げられたブレーメンは69分、オーバーラップしたアウグスティンションの左クロスをファーサイドのゼルケがヘディングシュートをニアサイドに叩き込み、1点を返す。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。すると90分、トゥザールのスルーパスで左サイドを抜け出したレッキーが右足アウトサイドでクロスを入れると、中央を駆け上がったコルドバが流し込み、ヘルタが試合を決定づける4点目を奪取。 結局、試合はそのまま1-4で終了。ホーム開幕戦で4失点を喫したブレーメンは、開幕黒星スタートとなった。 2020.09.20 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫の同僚DFトプラクがふくらはぎを負傷し開幕戦欠場が確定

ブレーメンは16日、元トルコ代表DFエメル・トプラクの負傷を発表。開幕戦を欠場することとなった。 ブレーメンの発表によると、トプラクは16日にダニエル・ヘルマン医師によるMRI検査を受けたとのこと。その結果、ふくらはぎの筋肉に損傷が確認された。 クラブは全治を明かしていないものの、リハビリの経過を見て、復帰時期を決定するとしている。 ブレーメンは19日に予定されている2020-21シーズンのブンデスリーガ開幕節でヘルタ・ベルリンを迎える。 トプラクは、2019-20シーズンはドルトムントからのレンタル移籍でブレーメンに加入したものの、ケガなどの影響もあり公式戦12試合の出場に留まることに。それでも、今シーズンは完全移籍し、DFBポカールのカール・ツァイス・イエナ戦にフル出場していた。 フロリアン・コーフェルト監督はトプラクの働きに期待を寄せていたが、しばらくは欠いて戦うことになりそうだ。 2020.09.17 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫先発のブレーメン、チョンの移籍後初弾などで2回戦進出《DFBポカール》

ブレーメンは12日、DFBポカール1回戦でイエナとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は前半のみの出場となった。 ブレーメンの新シーズン公式戦初戦。先発となった大迫は、[3-5-2]の左インサイドMFの位置でスタートした。 4部のイエナに対し、立ち上がりからボールを保持して押し込んだブレーメンは、18分にFKの流れからゲブレ・セラシェのボレーシュートが左ポストに直撃。 続く27分には大迫がゴール正面の位置からミドルシュートを狙うと、43分には決定機を演出。大迫のパスでボックス右へ抜け出したゼルケがシュートに持ち込んだがGKに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 後半から大迫に代えてマンチェスター・ユナイテッドからレンタルで加入のチョンを投入したブレーメンは開始2分、左CKからゲブレ・セラシェのヘディングシュートがバーに直撃。 それでも49分に先制する。左サイドからアウグスティンションの上げたクロスにサージェントが頭で合わせた。 その後もチョンやビッテンコートがゴールに迫ったブレーメンが追加点に近づいた中、イエナに反撃の隙を見せることなく時間を消化。 そんな中、84分のピンチをGKパブレンカが凌いだブレーメンは、88分に決定的な2点目。チョンがクラーセンのスルーパスに抜け出してGKとの一対一を制した。後半の2発で勝利したブレーメンが2回戦へ勝ち上がっている。 2020.09.13 05:42 Sun
twitterfacebook