昨季を富山で過ごした田中智大が29歳で現役引退 「ここ数年は怪我に悩まされ…」

2020.06.26 14:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カターレ富山が26日、FW田中智大(29)の現役引退を発表した。

福岡県出身の田中はアビスパ福岡U-18、福岡大学、FC岐阜SECONDを経て、2014年にトップチームのFC岐阜に昇格。ガイナーレ鳥取へのレンタルを経て、2016年からブラウブリッツ秋田に移り、2017年に明治安田生命J3リーグ15得点の活躍でチームのJ3優勝に貢献した。

昨季からレンタルで富山に活躍の場を移して、J3リーグ8試合に出場して4得点を記録したが、シーズン終了後に両クラブから契約満了が発表。所属先が決まっていない状況だった。

田中は昨季まで在籍した富山の公式サイトでスパイクを脱ぐ旨を報告。ケガを引退決断の理由に挙げ、感謝の言葉を寄せた。

「昨シーズン限りでプロサッカー選手を引退することを決めました。ここ数年は怪我に悩まされ、自分の可能性に限界を感じ決断しました。私のサッカー人生は順風満帆ではなかったですが、秋田でのJ3優勝はサッカーの醍醐味を強く感じましたし、頑張って良かったと思える一瞬でした」

「ここまでサッカーをやってこれたのも、関わってくれたチームメイト、スタッフ、サポーター、スポンサーの方々、サッカー関係者の皆様、そして家族がいたからこそだと思っており、とても感謝しております。これからは立派な社会人になれるよう頑張りますのでよろしくお願いします! 本当にありがとうございました!」
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪U-23が唐山&市丸&川崎弾で讃岐に逆転勝利、富山vs長野はドロー《J3》

28日、明治安田生命J3リーグ開幕節の2試合が行われた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2020シーズンのJ3リーグは3月の開幕が延期に。約3カ月半後の時を経て、リモートマッチ(無観客試合)で開幕を迎えた。 ◆復活の椎名が2季ぶりのゴールも、東のゴールで長野が追いつく 昨シーズンは4位で終えたカターレ富山と9位で終えたAC長野パルセイロの一戦は、1-1の引き分けに終わった。 リモート応援システムが導入された試合となり、会場でもファン・サポーターの声援がスピーカーを通して流れる試合となった。 2分、富山がいきなりミスからピンチに。バウンドしたボールをDFがGKにヘディングでバックパスするとこれがズレ、長野FW吉田が詰めていくが、なんとかGK齋藤がキープする。 富山は9分、右サイドからのスローインからボックス内で混戦となると、こぼれ球を拾った佐々木がシュート性のクロスを送るも、流れていく。 右サイドを中心に攻め立てた富山は16分、ボックス右でパスを受けた椎名がカットインから左足シュート。これがニアサイドを抜けて決まり、富山が先制する。椎名は2018年10月7日のSC相模原戦以来のゴールとなった。 前半は互いに攻め手を欠いていたものの、後半のスタートから富山が押し込む。CKやFKなどセットプレーから椎名が精度の高いキックを見せるも、長野守備陣が防いでいく。 なかなか攻め手が見つからない長野だったが、富山のミスを突く。57分、最終ラインで今瀬がバックパス。これが短くなると、プレスを掛けていた東が拾いそのままシュート。長野が相手のミスを生かして同点に追いつく。 同点に追いついてからは長野がペースを徐々に掴み始めるが、なかなかシュートチャンスを生み出せない。富山も途中出場の大野を生かし、サイドを中心に攻勢をかけ、長野ゴールを目指す。すると88分左サイドでパスを受けた大野がカットインからボックス内でシュート。しかし、これは相手DFにブロックされる。 アディショナルタイム1分、長野は相手陣内でボールを奪うと、持ち込んだ岡がボックス手前から右足一閃。しかし、シュートはわずかに枠の左に外れる。 アディショナルタイムは5分と表示され、このタイミングで両チームは大きく選手交代。最後まで互いにゴールを目指したが、そのままタイムアップ。1-1の引き分けに終わった。 ◆川崎修の逆転弾で讃岐とのシーソーゲームを制す 昨シーズンは14位で終えたカマタマーレ讃岐と、昨シーズンは17位で終えたガンバ大阪 U-23の一戦は、点の取り合いとなり2-3でG大阪U-23が制した。 リモートマッチとなった一戦。静かな中始まった試合だが、序盤にペースを握ったのはG大阪U-23だった。 昨シーズンはリーグ2位タイの54ゴールを記録したG大阪U-23は6分、ボックス手前ゴール正面から川崎修がミドルシュートを放つも、わずかに右に外れる。 押し込まれていた讃岐だが一発で決定機を作る。12分、自陣でのFKから前線にフィードを送ると、クリアボールを拾った神谷がトラップからすぐシュート。しかし、わずかにクロスバーの上を越えていく。 讃岐は19分に左サイドを崩すと、川崎一からのクロスをつなぎ、最後は栗田が浮き球をヘッド。しかし、GK猿田がしっかりキャッチする。 20分にはボックス内での混戦から最後は塚元がミドルシュート。これはわずかにサイドネットへ。しかし、これで得たCKから、クロスをファーサイドで唐山がヘッドで合わせ、G大阪U-23が先制する。 先制を許した讃岐は22分、右CKからのクロスをボックス中央で松本がドンピシャヘッド。しかし、DF山口がライン上で体を張ってブロックし、得点を許さない。 後半に向けて讃岐は神谷に代えて重松を投入。すると49分、重松が右サイドへ展開。フリーで受けた渡辺がクロスを上げるが、飛び込んだ栗田にはわずかに合わない。 讃岐は54分、左CKを獲得するとクロスをボックス内で竹内がヘッド。シュートは枠に飛ぶが、ライン上で市丸がクリアし、再び得点を許さない。 それでも64分、栗田マークアジェイがGKにプレスをかけると、ミスキックを拾った川崎一が無人のゴールへ蹴りこみ同点に。直後の65分には左サイドを突破した薩川のグラウンダーのクロスを、ボックス内に走り込んだ栗田が合わせて一気に逆転に成功する。 ミスから連続失点となったG大阪U-23だが、75分に左サイドから市丸がゴール前にクロス。裏に抜け出した唐山が競り合いながら飛び込むと、そのまま通り抜けたクロスがゴールに吸い込まれ同点に追いつく。 さらに80分には、勢いに乗るG大阪U-23の川崎修が相手陣内でボールを奪うと、そのままドリブルで持ち込みボックス手前からフィニッシュ。これが決まり、G大阪U-23が逆転に成功する。 ◆明治安田生命J3リーグ開幕節 ▽6月28日(日) カターレ富山 1-1 AC長野パルセイロ カマタマーレ讃岐 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ガンバ大阪U-23</span> ▽6月27日(土) いわてグルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ブラウブリッツ秋田</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">福島ユナイテッドFC 2</span>-0 ヴァンラーレ八戸 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 2</span>-1 藤枝MYFC SC相模原 0-0 Y.S.C.C.横浜 FC岐阜 0-0 FC今治 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ロアッソ熊本 3</span>-2 鹿児島ユナイテッドFC セレッソ大阪U-23 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ガイナーレ鳥取</span> 2020.06.28 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

富山、2022年加入内定のMF松本雄真が特別指定選手に…背番号は「25」

カターレ富山は10日、新潟医療福祉大学から2022年に加入が内定しているMF松本雄真(20)が特別指定選手として承認されたことを発表した。 松本は、千葉県柏市出身で、福島県の尚志高校から 新潟医療福祉大学へと進学していた。富山はプレーの特徴を「基本技術が高く、様々なポジションをこなせるユーティリティープレイヤー」と紹介している。 富山は1月22日に松本の加入内定を発表していた。なお、「25」をつけることとなる。 2020.04.10 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

富山FW髙橋駿太、左ヒザ負傷で全治約8カ月の大ケガ

カターレ富山は15日、FW髙橋駿太の負傷を発表した。 高橋は4日のトレーニング中に負傷。検査で左ヒザ前十字じん帯損傷および内側半月板損傷の診断が下り、全治約8カ月の見込みだ。 高橋は2007年にモンテディオ山形でプロキャリアをスタートさせ、栃木ウーヴァFC、FC琉球、AC長野パルセイロ、ザスパクサツ群馬を経て、2019年に富山入り。明治安田生命J3リーグ24試合5得点4アシストを記録した。 2020.02.15 15:31 Sat
twitterfacebook
thumb

富山退団のDF代健司、新天地はJFLのテゲバジャーロ宮崎に

カターレ富山は7日、昨シーズン限りで退団したDF代健司(30)が日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャーロ宮崎に完全移籍することを発表した。 代は水戸ホーリーホック、愛媛FC、レノファ山口FCでのプレーを経て、2016年に富山入り。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに19試合出場したが、シーズン終了後に契約満了となっていた。 宮崎入りが決まった代は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「はじめまして。テゲバジャーロ宮崎に加入することになりました代健司です。宮崎を熱く、そして皆さんを魅了し笑顔にできるよう精一杯頑張ります! ともに闘いましょう! よろしくお願いします!」 2020.02.07 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

GK榎本哲也が18年の現役生活に終止符…横浜FM、浦和、富山でプレー

カターレ富山は7日、GK榎本哲也(36)が昨シーズン限りで現役を引退することを発表した。 小学3年生の時に入団した横浜F・マリノスのアカデミーで育ち、2002年にトップチーム昇格を果たした榎本。実力者たちとのレギュラー争いのなか、2007年には背番号を「1」に変更し、守護神として活躍する。2009年からは再び出場機会が減少するも、2013年には5年ぶりにレギュラーの座を奪還。公式戦46試合に出場し、天皇杯優勝に貢献した。 その後、2017年からは浦和レッズ、2019年からは富山でプレー。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに27試合出場していた。 キャリア通算ではJ1リーグ238試合、リーグカップ戦59試合、天皇杯24試合、AFCチャンピオンズリーグ7試合、J3リーグ27試合に出場した。 18年間の現役生活に終止符を打った榎本は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私、榎本哲也は2019シーズンをもちまして現役を引退します。カターレ富山から契約更新のお話や他クラブからオファーを頂きましたが、身を引く決断をしました。2002シーズンに横浜F・マリノスでプロキャリアをスタートさせてもらい、浦和レッズ、カターレ富山で計18年間プレーさせていただきました」 「横浜F・マリノス、浦和レッズ、カターレ富山で携わってくださった選手・監督・スタッフ・ファン・サポーターの皆さんには心から感謝しています。ありがとうございました。夢であったサッカー選手になるために全力でサポートしてくれた両親、自分の決断を尊重してくれ常に近くで支えてくれた妻、いつも全力で応援し続けてくれた娘たち、家族のサポートがあったからここまで頑張ることができました」 「ありがとう! 最後になりますが、18年間携わってくださった全ての皆さま本当にありがとうございました」 2020.02.07 13:30 Fri
twitterfacebook