【セリエA第28節プレビュー】吉田サンプと冨安ボローニャの日本人対決!

2020.06.26 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
月曜から水曜にかけて行われた再開初戦となった前節、首位ユベントスがDF冨安所属のボローニャに勝利し、首位をキープした。そして2位ラツィオはアタランタとの上位対決を戦い、2-3で痛恨の逆転負けを喫してユベントスとのポイント差が4に広がった。また、3位インテルもサッスオーロに引き分け、取りこぼしてしまった。迎える第28節は、冨安ボローニャ(11位で勝ち点34)とDF吉田の所属するサンプドリア(16位で勝ち点26)の日本人対決が行われる。

再開初戦となったユベントス戦ではFWロナウドと初めてマッチアップした冨安。前半こそ一対一で翻弄される場面があったものの、後半は仕事をさせず現地からも高い評価を得た。チームは0-2で敗れたが、冨安としては大きな自信を得られた一戦となったはずだ。今節は日本代表の先輩である吉田の所属するサンプドリアとの試合となるが、セリエAで成長した姿を見せつけることができるか。

一方、再開後のインテル戦、ローマ戦と強豪との連戦をスタメンでプレーした吉田。インテル戦では強力2トップの前に幾つもの決定機を許し、現地の評価は二分した。そしてローマ戦ではFWジェコとの格の違いを見せつけられ、見事なボレーシュートを2本決められた。いずれもスコアは1-2と僅差での敗戦だが、ピンチの多さを考慮すれば敗戦は妥当な結果だった。守備が機能しているとは言えない中、残留争いをしているチームを吉田は統率することができるか。

コッパ・イタリア優勝を逃したもののリーグ再開初戦となったボローニャ戦では、C・ロナウドが復調を感じさせるパフォーマンスを発揮し、白星リスタートを切った首位ユベントス(勝ち点66)。ラツィオが敗れたこともあり9連覇に一歩近づいた中、金曜に18位レッチェ(勝ち点25)とのホーム戦に臨む。ボローニャ戦では勝利したが、負傷のDFアレックス・サンドロに代わって先発したDFデ・シリオが負傷し、さらに代わって入ったDFダニーロが退場と、一気にサイドバックの枚数に問題を抱えることになった。おそらくレッチェ戦ではMFマテュイディが左サイドバックで起用されるものと思われるが、奮闘に期待したい。

アタランタ相手に2点を先行しながらもセリエA最強の攻撃力を誇るアタランタの前に痛恨の逆転負けを喫したラツィオ(勝ち点62)は、13位フィオレンティーナ(勝ち点31)とのホーム戦に臨む。これ以上離されないためにも必勝が求められるが、MFリベリが復帰したヴィオラを下せるか。

打ち合いに持ち込まれサッスオーロに引き分けに持ち込まれた3位インテル(勝ち点58)は、7位パルマ(勝ち点39)とのアウェイ戦に臨む。サッスオーロ戦ではFWラウタロ・マルティネスら一部主力をスタメンから外したが、勝ち切ることはできなかった。さらにDFシュクリニアルが退場し、3試合の出場停止処分を食らってしまった。悪い流れを止めるためにもパルマ戦はラツィオ同様必勝が求められる。

ラツィオ相手に自慢の攻撃力で2点差をまくって見せた4位アタランタ(勝ち点54)は、15位ウディネーゼ(勝ち点28)とのアウェイ戦に臨む。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位の座をがっちりと守った中、連勝としたい。

そしてそのアタランタを追う8位ミラン(勝ち点39)と5位ローマ(勝ち点48)による好カードも組まれている。ミランは再開初戦となったレッチェ戦を攻撃陣揃い踏みの4発快勝リスタートを切り、対するローマもサンプドリアに逆転勝利し、同じく白星リスタートとした。CL出場に望みをつなげるためにも互いに勝ち点3を求めるオープンな試合が期待できそうだ。

◆セリエA第28節
▽6/26(金)
《28:45》
ユベントスvsレッチェ

▽6/27(土)
《24:15》
ブレシアvsジェノア
《26:30》
カリアリvsトリノ
《28:45》
ラツィオvsフィオレンティーナ

▽6/28(日)
《24:15》
ミランvsローマ
《26:30》
サンプドリアvsボローニャ
サッスオーロvsヴェローナ
ウディネーゼvsアタランタ
ナポリvsSPAL
《28:45》
パルマvsインテル
コメント
関連ニュース
thumb

シーズン45試合23ゴール!パッツィーニの全盛期を象徴するハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。 この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ヴェローナの元イタリア代表FWジャンパオロ・パッツィーニがサンプドリア時代に決めたハットトリックだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆絶好調パッツィーニがサンプを勝利へ導く<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGRFRlU3FweiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2010年11月21日に行われたセリエA第13節のレッチェ戦。1トップで先発出場したパッツィーニはまず8分、左サイドを抜け出したDFレト・ツィークラーのクロスに反応すると、相手GKとDFの間で何とかボールを拾い、体を倒しながらゴールへと流し込んだ。 さらに41分にはPKをしっかりと決め、2点目を挙げる。 サンプドリアはその後2-2と追いつかれるが最後に決めたのはやはりパッツィーニだった。試合終了間際の88分、MFダニエレ・マンニーニの絶妙なヒールパスに、オフサイドラインぎりぎりで抜け出すと、ゴール左上に豪快に叩き込んだ。 絶好調のパッツィーニはこのシーズン公式戦45試合23ゴールを記録。シーズン終了後にインテルへとステップアップを果たしている。 2020.07.10 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

冨安ボローニャのミハイロビッチと吉田サンプのラニエリが次節ベンチ入り禁止

セリエA懲戒委員会は9日、DF冨安健洋が所属するボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督と、DF吉田麻也の所属するサンプドリアのクラウディオ・ラニエリ監督が次節ベンチ入り禁止となることを発表した。 ミハイロビッチ監督は8日に行われたセリエA第31節サッスオーロ戦で、82分にDFミシェル・ダイクスに対して出されたイエローカードを巡って主審に抗議し、一発レッドカードを提示されていた。退席する際に主審へ暴言を吐いていたミハイロビッチ監督には1万5000ユーロ(約180万円)の罰金も科されている。ボローニャは次節、パルマとの中位対決を戦う。 また、ラニエリ監督は8日に行われたセリエA第31節アタランタ戦で、66分に2枚目のイエローカードを受けて退席していた。サンプドリアは次節、ウディネーゼとの残留争いに臨むが、指揮官不在となる。 2020.07.10 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アタランタが吉田フル出場のサンプを下して9連勝!次節はユーベ戦《セリエA》

セリエA第31節、アタランタvsサンプドリアが8日に行われ、2-0でアタランタが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節SPALとの残留争いを制して2連勝とし、残留に大きく近づいた14位サンプドリア(勝ち点33)は、吉田が4バックの右センターバックで3試合連続先発となった。 一方、前節カリアリに辛勝して8連勝とした4位アタランタ(勝ち点63)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位ローマに15ポイント差を付けている中、アレハンドロ・ゴメスやD・サパタら主力が先発に戻った。 開始2分、ボックス左からムッルが際どいシュートを浴びせたサンプドリアだったが、地力に勝るアタランタがサンプドリア陣内で試合を進める。 すると29分にはD・サパタがミドルシュートでオンターゲットを記録。続く38分にはロングボールに抜け出して吉田の背後を取ったD・サパタがGKと一対一に。しかし、アウデーロの好守に阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も守備に徹するサンプドリアに対し、アタランタが攻撃を仕掛ける展開で推移していく。 すると75分にアタランタが先制した。マリノフスキーの右CKからファーサイドのトロイが頭で合わせた。 さらに85分、CKの流れからルーズボールを拾ったムリエルがペナルティアーク中央からコントロールシュートでゴール左に蹴り込み、アタランタが加点。 そのまま2-0で勝利したアタランタが9連勝を飾り、次節ユベントス戦に臨むこととなった。 2020.07.09 06:51 Thu
twitterfacebook
thumb

「疲れたけど気持ち良い」吉田麻也が残留争いライバル相手の連勝を喜ぶ

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、SPAL戦を振り返った。 サンプドリアは5日、セリエA第30節で再開のSPALと対戦。吉田麻也は先発フル出場を果たした。 <div id="cws_ad">◆サンプドリア吉田麻也のトレーニングにフォーカス<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzdTc0V3Z2VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 試合は12分にカロル・リネティのゴールで先制すると、45分にマノロ・ガッビアディーニが直接FKを決めて2点目。さらに、前半アディショナルタイム3分にはリネティが2点目を決めて、3-0と勝利した。 前節のレッチェ戦に続き、残留を争う直接の相手との対戦で連勝した吉田は自身のツイッター(@MayaYoshida3)を更新。イタリア語で「疲れたけど気持ち良い」とし、続けて日本語で「デカイ勝利!」と綴った。 この連勝でサンプドリアは勝ち点6を積み上げ、残留ラインと7ポイント差に。残り8試合で残留を目指す。 2020.07.06 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のサンプ、残留争い連戦で2連勝!《セリエA》

サンプドリアは5日、セリエA第30節でSPALをホームに迎え、3-0で勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節レッチェとの残留争いを制した16位サンプドリア(勝ち点29)は、降格圏の18位レッチェと4ポイント差とした中、吉田が4バックの右センターバックで先発となった。 残留を争う19位SPAL(勝ち点19)に対し、サンプドリアは12分に先制する。クロスのルーズボールを拾ったボックス手前のリネティがミドルシュートを突き刺した。 その後は守勢に回ったサンプドリアだったが、吉田を中心にはね返すと、前半終盤に2ゴールを加える。まずは45分、ゴール正面やや右、約25mの位置からガッビアディーニが直接FKを決めると、追加タイム3分にはリネティに2点目。 左サイドからのガストン・ラミレスのクロスが流れ、ファーサイドのリネティが受けてシュートを蹴り込んだ。 3点をリードして迎えた後半、58分のピンチをアウジェッロが好守で凌いだサンプドリアは、無失点で乗り切り3-0で快勝。 残留を争う相手との連戦を連勝し、残留に大きく近づいている。 2020.07.06 04:34 Mon
twitterfacebook