横浜FMがユース所属のFW津久井匠海とプロ契約、持ち味は「推進力と得点能力」

2020.06.25 15:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜F・マリノスは25日、ユースに所属するFW津久井匠海(18)とプロ契約を結ぶことを発表した。契約は2020年7月1日からとなる。

津久井は、群馬県出身で江南南サッカー少年団、クマガヤサッカースポーツクラブでプレーしたのち、横浜FMユースに加入。2017年にはクラブユース選手権で得点王になると、2018年にはU-16日本代表、2019年にはU-17日本代表、U-18日本代表に召集されていた。

津久井はプロ契約を結ぶにあたり、クラブを通じてコメントしてる。

「この度、プロ契約を結ばせていただいた津久井匠海です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手を伝統のある横浜F・マリノスでスタート出来る事を誇りに思います。今まで支えてくださった家族や指導者の方々など全ての人に感謝し、日頃の練習から全力で取り組んで行きます」

「自分の持ち味である推進力と得点能力を武器にチームの勝利に貢献できるように常に向上心を持ちプレーしたいと思います」

「1日でも早くピッチに立って、サポーターの皆様に応援していただけるよう、頑張りたいと思います。応援の程宜しくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

采配的中! 同時投入の天野、水沼、オナイウが3点に絡み横浜FMが今季初白星、湘南は3連敗《J1》

8日、明治安田生命J1リーグ第3節の横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレがニッパツ三沢球技場で行われ、3-2で横浜FMが今シーズン初勝利を挙げた。 4カ月ぶりの再開となった前節、横浜FMは浦和レッズとアウェイで対戦し0-0のゴールレスドロー。今期初勝利を逃していたが、その一戦からは、スタメンを5名変更。小池龍太、實藤友紀、ティーラトン、天野純、遠藤渓太の5名に代わり、松原健、伊藤槙人、高野遼、マルコス・ジュニオール、エジガル・ジュニオを起用した。 対する湘南は、ベガルタ仙台を相手に0-1で敗戦。開幕2連敗となった試合からは、同様に5名変更。大岩一貴、福田晃斗、松田天馬、石原直樹、タリクに代えて、大野和成、金子大毅、山田直輝、指宿洋史、中川寛斗を起用した。 互いに前節から中3日で迎えた一戦。ターンオーバーを採用した両チームは、ピッチ内に吹く強風の影響でロングボールの精度が下がり、互いに探りながらの入りとなる。 湘南は前線からのプレスを掛けて横浜FMのボールを奪いに。横浜FMはサイドを使った攻撃で湘南ゴールを目指す。 最初にチャンスを掴んだのは横浜FM。17分、ボックス右から仲川がアーリークロス。これに走り込んだエジガル・ジュニオがダイビングヘッドで飛び込むも、GK富居がセーブ。こぼれ球をエリキが拾うが、シュートにはいけない。 湘南は横浜FMに攻め込まれながらもサイドでの対人守備と、最終ラインの統率がうまく行き、決定機をそれほど作らせない。 攻撃面では、指宿をターゲットに、中川がセカンドボールを拾う展開に。左サイドどの鈴木、右の石原とウイングバックも有効に使い、横浜FMゴールを目指して攻め込んでいく。 31分には、仲川が折り返したところを大野がボックス内でハンド。しかし、これはPKとはならない。 湘南は38分、左サイドで得たFKから鈴木がクロス。坂がファーサイドで落とすと、齊藤がボックス内でシュートもGK梶川がセーブする。 前半アディショナルタイムに横浜FMは左サイドから攻め立てると、エリキのクロスに扇原が飛び込むも、わずかに合わない。 ゴールレスで終えた前半。湘南は指宿に代えて松田を投入し攻撃の形を変える。すると迎えた51分、湘南は自陣でのボール奪取からカウンター。スルーパスに対して齊藤が飛び出したGK梶川をかわし、無人のゴールへ流し込むだけだったが、高野がうまくカバーし、得点を許さない。 しかし、その流れで迎えた51分、岡本のクロスをファーサイドで石原が折り返すと、フリーの中川がボックス内で押し込み湘南が先制する。 先制を許した横浜FMは63分に3枚替え。エリキ、マルコス・ジュニオール、扇原に代えて、水沼、オナイウ阿道、天野を投入する。すると65分、ドリブルで持ち出した天野がGKの位置を見てロングループシュート。これがGK富居の頭上を越えて、横浜FMが同点に追いつく。 73分、横浜FMは畠中が自陣でパスミス。湘南はここからボールをつなぎ、タリクがボックスに侵入。クリアボールが山田に渡ると、山田がボックス内からシュートもGK梶川がなんとかセーブする。 同点に追いついてから攻勢を強めた横浜FMは77分、ボックス手前でエジガル・ジュニオとのワンツーでリターンを受けた天野がドリブルで相手DFをかわしてボックス内に侵入。最後は豪快に左足を振り抜き、逆転ゴールを記録する。 逆転を許した湘南だったが79分、DFラインの裏に抜け出た岡本がダイレクトでグラウンダーのクロス。これを逆サイドを上がった鈴木がダイレクトで左足で蹴り込み湘南が同点に追いつく。 点の取り合いとなった試合は85分、左サイドからティーラトンがクロス。これをオナイウ阿道が落とすと、拾った天野がドリブルでボックス内を仕掛けると相手に倒されたかと思いきや、自身でバランスを崩してチャンスを逸する。 それでも87分、右サイドでボールを回した横浜FMは、水沼がボックス手前からクロス。これをボックス中央でオナイウ阿道がフリーで合わせ、横浜FMがまたしてもリードを得る。 またしてもリードを許した湘南は90分、ドリブルでボックス内に侵入した鈴木が左足一閃。しかし、GK梶川が触りシュートはクロスバーを直撃する。 その後は横浜FMが最後まで湘南ゴールに迫り、タイムアップ。打ち合いは横浜FMが3-2で勝利し初勝利。湘南は3連敗となった。 横浜F・マリノス 3-2 湘南ベルマーレ 【横浜FM】 天野純(後21、後32) オナイウ阿道(後42) 【湘南】 中川寛斗(後7) 鈴木冬一(後34) 2020.07.08 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第3節:横浜FMvs湘南】出遅れた両者、“神奈川ダービー”で初白星を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第3節】 2020年7月8日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス vs 湘南ベルマーレ [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆つまづいた王者、ダービーで初勝利へ【横浜F・マリノス】 昨シーズンのJ1王者である横浜FMだが、開幕から2試合で勝利なし。前節は浦和レッズを相手に持ち前の攻撃力を発揮したものの、GK西川周作の好パフォーマンスもありノーゴール。0-0のゴールレスドローに終わった。 試合では中断期間中に加入したDF小池龍太、DF實藤友紀、MF天野純がいきなり先発。完全にフィットはしていないものの、アンジェ・ポステコグルー監督が求めるサッカーへの適応は問題なさそうだ。 しかし、試合を重ねるごとに精度を上げていった昨シーズンのことを考えれば、4カ月も中断していたことは大きなマイナスだろう。実際に、浦和戦でも細かなズレが散見。横浜FMが取り組むサッカーには致命傷となる。 まずは今季初勝利へ。リモートマッチの“神奈川ダービー”となるが、ニッパツを熱くさせる勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[4-2-1-3] GK:梶川裕嗣 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、扇原貴宏 MF:天野純 FW:仲川輝人、エリキ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆守備で耐え、ゴールをこじ開けることができるか【湘南ベルマーレ】 昨シーズンは参入プレーオフの末になんとか残留した湘南。しかし、新たに迎えたJ1のシーズンも連敗スタートと苦しい状況となっている。 開幕戦は浦和レッズとの打ち合いとなったが、一転して再開初戦はベガルタ仙台との対戦で0-1と敗戦。守備面では一定のパフォーマンスを発揮したが、やはり得点力という点ではまだまだ課題を解決できてはいないようだ。 前節は1失点に抑えたが、今節の相手は屈指の攻撃力を誇る横浜FM。まずはゼロで抑えつつ、前掛かりになった横浜FM守備陣のスペースを突き、カウンターでゴールを奪いたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:富居大樹 DF:岡本拓也、坂圭祐、大岩一貴 MF:石原広教、福田晃斗、鈴木冬一 MF:齊藤未月、松田天馬 FW:タリク、石原直樹 監督:浮嶋敏 2020.07.08 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

王者・横浜FMは初勝利ならず 浦和の守り崩せず0-0ドロー《J1》

再開初戦となる明治安田生命J1リーグ第2節の浦和レッズvs横浜F・マリノスが埼玉スタジアム2002で行われ、0-0の引き分けに終わった。 2月21日に開幕したJ1だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断。約4カ月が経過し、リモートマッチでついに再開となった。 湘南ベルマーレとの開幕戦を制した浦和は、その一戦からスタメンを4名変更。トーマス・デンがセンターバックの一角に入り、ベンチ外となったレオナルドの代わりに杉本を起用したほか、青木と長澤をチョイスした。 一方、ガンバ大阪との開幕戦を落とした横浜FMは5名入れ替え。ロケレンから加入した天野と小池が名を連ね、チアゴ・マルチンスがベンチスタートとなったセンターバックの一角に實藤を抜擢した。 先に決定機を迎えたのはホームの浦和。6分、ボックス左外でボールを受けた汰木がカットインから右足シュートを放つも、GK梶川の好セーブに遭ってしまう。 前半の半ばにかけてポゼッションを高めていく横浜FM。サイド攻撃からゴールに迫るも、仲川と遠藤が供給するクロスは浦和DFのブロックに遭ってしまい、待ち構えるエリキや天野には繋がらない。 43分に小池のスルーパスを受けたエリキがボックス右からゴールに迫った横浜FMに対し、カウンターを仕掛けた浦和は44分に汰木がボックス手前から右足のコントロールシュート。だが、わずかゴール左に外れてしまう。 ゴールレスで試合を折り返すと、横浜FMは48分、敵陣左サイドの深い位置で遠藤からのパスを受けたエリキが対峙したDFをかわして、ボックス内に侵攻。GK西川と一対一の局面を迎え、右足シュートを放つも、ゴールネットは揺らせない。 さらに、横浜FMは80分にも決定機。マルコス・ジュニオールがエジガル・ジュニオからリターンパスを受けて、GK西川と一対一になる。しかし、またしてもGK西川のビッグセーブに阻まれ、1点が遠い。 後半アディショナルタイムにも、横浜FMはエジガル・ジュニオがボックス左からシュートまで持ち込むも、GK西川が片手一本で立ちはだかる。この直後に試合終了の笛が鳴り、1-1で試合終了。猛攻を耐え抜いた浦和は開幕からの無敗をキープした一方、王者の横浜FMは未勝利が続くことになった。 浦和レッズ 0-0 横浜F・マリノス 2020.07.04 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCのDF田代真一、MF武田英二郎が強みを語る「平均年齢が高いのはマイナスではない」

横浜FCのDF田代真一とMF武田英二郎が、横浜F・マリノスのユース出身をルーツにもつ6名が立ち上げたプロジェクト「ROOTS.」やクラブについて語った。 新型コロナウイルスによる中断期間中に、田代、武田に加え、森谷賢太郎(愛媛FC)、長谷川アーリアジャスール(名古屋グランパスエイト)、山岸純平(法政大学体育会サッカー部出身)、齋藤陽介(元横浜F・マリノス)の6名で立ち上げた「ROOTS.」。期間中には、小学生を対象にオンラインでのトークイベントを実施していた。 イベント後、今回の「ROOT.」発足についてや、当時の仲間との思い出、また横浜FCやシーズン再開について語ってもらった。 ──今回、ユース時代の仲間と共に立ち上げた「ROOTS.」のキッカケは? 田代:この状況の中、もともとこの6人というのはLINEで連絡を取っていて、話しているうちに何かできることはあるんじゃないかということで、自分たちが楽しみながら、みんなが楽しめる場所を作っていけたらということで、作りました。 武田:サッカーができない中で、普段色々な人に支えられていたんだなというのを感じたりして、直接的に恩返しができるか分からないですが、少なくとも周りにいる人や、自分たちに興味を持ってくれる人に、僕たちも楽しみながら、その人たちも楽しませて、ちょっとでも恩返しや社会でもちょっとよくできればと思って始めました。 ──昔からの仲間とこういったプロジェクトを行うことは、また違った意義があると思いますが 武田:一番良いところは、信頼しあえている仲間なので、なんでも言いあえます。喧嘩をするとかではないですけど。大人になってから知り合った人だと、気にしてしまうことも、この6人だったら全く気にせず、空気を読まないで言いやすいので、全員が納得した上で活動できるのは強みだと思います。もともと仲が良かったので、引退後だと考えていましたけど、何かを一緒にやりたいなと思っていて、それがこの機会でやることができました。仕事ではないですが、この活動ができることは非常に楽しみです。 田代」6人みんなが違って、個性があるので、言うこともみんな違いますし、お互い尊重し合っている部分もあります。ユースの時から個性があるメンバーだと思っていましたけど、こうやって話をして、腹割って話せる仲というのは、良い仲間と一緒にできることは嬉しいです。 ──お2人は横浜FCでユース時代以来となるチームメイトになりました。その時の心境は? 武田:僕が先に横浜FCにいて、田代が半年後に来たんですけど、凄く僕に電話で相談してきたので、僕は「来い」って言いました。来てくれたら楽しいだろうと思ったし、戦力になるか分からないですけど(笑)、来たら楽しいと思っていたので、誘っていました。長谷川とも湘南ベルマーレで一緒にやっていて、森谷とも横浜FMで一緒にやっていて、色々なメンバーとプロでも一緒にやっていますけど、ユースの時と全然変わらないです。誰かと一緒だと楽しいです。 田代:凄く嬉しかったです。何回か移籍していますが、英二郎もいたので、最初の方は英二郎ばっかりでしたね。そういったところではとても助けてもらったので、ありがたかったです。 武田:ユースの選手と同じチームになると、一緒にやる選手が成長している分、自分も成長しないといけないという気持ちになりますね。俺もしっかり成長したところを見せたいなって思っていましたね ──今回の新型コロナウイルスによる中断期間はどのように捉えて、どう過ごされていましたか? 武田:「ROOTS.」をやるキッカケにもなりましたが、一度サッカーを忘れられるというか、良い意味でプレッシャーから解放されたので、そういった意味では自分たちのサッカーがどう成り立っていたかを考えて、結果がこういった活動になったと思います。良い期間だったと思いますし、そういったことを気付けたので、良い勉強ができたなと思っています。 田代:開幕戦を終えての中断に入ったので、僕自身久々のJ1ということもあって悔しい部分もありました。でも、絶対に再開すると思っていましたし、どれだけ良いパフォーマンスを出せるかということを考えて過ごしていました。 ──昨シーズンはJ2で2位となりJ1昇格を掴みました。昨シーズンの強さはどこにあったと思いますか? 田代:横浜FCは上の選手もいて、若い選手もいます。去年は特にそういった部分が上手く噛み合った年かなと思います。下の選手も上の選手になんでも聞ける環境があるので、伸び伸びできていたのかなと思いますし、チーム力というのは今年もそうですが、勝負強さにも繋がったと思います。 武田:ベテランが多くて、カズさんや中村俊輔さん、松井大輔さん、南雄太さんといるので、昇格が懸かった大事な試合でも結構落ち着いていました。今週めちゃくちゃ大事だぞ、やらないといけないぞという空気にならなかったです。第1節も、第42節も同じテンションで1試合を消化できたかなと思います。この1試合に懸けるというより、全試合に同じ力で臨めたことが大きかったですね。最後はめちゃくちゃ緊張感があったはずなのに、42分の1として過ごせたのはベテランのお陰だと思います。 ──後半戦をわずか1敗で乗り切ったのもベテラン選手の存在が大きかったでしょうか? 武田:下平監督になって積み上げてきたものが形になったということも当然ありますが、僕は終盤、昇格が見えてきたときに他のチームよりも経験値が高かったので、平均年齢が高いというのはマイナスに捉えられることが多いですが、去年は全く逆でした。経験ある選手が多かったので、みんなが落ち着いていつも通りのプレーができたことが良かったと思います。 田代:目の前の試合に1つずつ勝つって口で言うのは簡単ですが、なかなかそれができるということは難しいと思うので、目の前の試合を1つずつ戦って勝っていったので、それを支えてきたのはベテランの選手なのかなと思います。 ──ベテラン選手の中には、横浜FMの大先輩である中村俊輔選手もいます。影響はありますか? 田代:もちろんそれは大きなものでしたね。気が引き締まるというか。 武田:俊輔さんが終盤の東京ヴェルディ戦(第38節)でミドルシュートを決めたんですけど、そこからチーム、ファン・サポーターを含めて、あのシュートから上向いた感じがします。あのシュートから5連勝したことで、改めて影響力があるなと思います。 ──いよいよ再開が近づいています。改めて、ファン・サポーターに見てもらいたいプレーをお聞かせください 田代:みなさんが楽しみに待ってくれていたと思いますし、僕自身も楽しみにしています。その中で、見ている人たちの気持ちの部分を少しでも掴めるような試合、楽しめる試合をできるように良い準備をしたいと思います。 武田:もちろん全力で頑張って、自分の100%を出すのはベースの話で、それを見てファン・サポーターの方が喜んでくれることはベースにあります。チームのために自分の仕事を全力ですることしかできないですし、開幕戦と気持ちは変わらず、サッカーを全力でやるということだけなので、それをしっかり貫いて、何かを感じてもらいたいと思います。 2020.07.04 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:浦和vs横浜FM】再開初戦で浦和が苦手の王者をホームに迎え撃つ!

4日、2020シーズンの明治安田生命J1リーグが約4カ月の中断期間を経て再開する。 今シーズンの開幕カードを戦った浦和レッズは、ホームに昨シーズン王者の横浜F・マリノスを迎える。 【明治安田生命J1リーグ第2節】 2020年7月4日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ vs 横浜F・マリノス [埼玉スタジアム2002] ◆苦手克服へ! 新システムで連勝なるか 【浦和レッズ】 今シーズンから導入した[4-4-2]の新システムが功を奏し、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断前は公式戦2試合で8ゴールと攻撃陣が絶好調だった浦和。なかでも、アルビレックス新潟から加入した昨季のJ2得点王であるFWレオナルドは周囲との息もあっており、2試合で3ゴールと早々にフィットしている。さらに練習試合とはいえど、新加入のDFトーマス・デンがFC町田ゼルビア戦でそのポテンシャルを発揮しており、期待が膨らむところだ。 しかし、再開初戦の相手となる横浜FMには直近3年間のリーグ戦で1勝5敗と苦手にしている。さらに、リモートマッチ(無観客試合)となるため、サポーターの声援がなく、ホームでありながら後ろ盾がないことが不安材料になりそうだ。 ★予想スタメン GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、岩波拓也、山中亮輔 MF:関根貴大、柏木陽介、柴戸海、汰木康也 FW:レオナルド、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆J屈指の選手層で今季リーグ戦初勝利なるか【横浜F・マリノス】 J1リーグ連覇を目指す横浜FMは、開幕戦でアタッキングフットボールを披露したものの、守備陣のミスが相次いでガンバ大阪に1-2で敗北。さらに、中断期間の6月中旬に守護神のGK朴一圭が2カ月の長期離脱を強いられるなど、早くも暗雲が立ち込めている。 一方で右第5中足骨骨折を負っていた守備の要であるDFチアゴ・マルチンスが練習復帰。さらに、アンジェ・ポステコグルー監督が掲げるアタッキング・フットボールを知るベルギー2部のロケレンへレンタルしていたMF天野純が復帰し、攻撃的サイドバックのDF小池龍太が完全移籍で加わった。 また、今季のJリーグでは試合方式が変更され最大5名の選手交代が可能に。この措置は、Jリーグ屈指の選手層を誇るJ1王者にはプラスに働きそうだ。 ★予想スタメン GK:梶川裕嗣 DF:松原健、實藤友紀、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、扇原貴宏 MF:マルコス・ジュニオール FW:仲川輝人、エジガル・ジュニオ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.07.03 21:20 Fri
twitterfacebook