ニース、バイエルンからU-19オーストリア代表DFを獲得!

2020.06.19 15:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニースは18日、バイエルンからU-19オーストリア代表DFフラヴィウス・ダニリウク(19)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。

バイエルンの下部組織加入前に母国ラピド・ウィーンやレアル・マドリーのアカデミーに在籍していたダニリウクは、センターバックを主戦場に左サイドバックや守備的MFでもプレー可能な188cmのDFだ。

トップチームデビューは果たしていないが、U-19チームではキャプテンを務めるなど主力として活躍していた。

なお、ニースと長期契約を締結したダニリウクは、当面リザーブチームが主戦場となる模様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ニース、生え抜きの逸材CBマラン・サールが退団…

ニースは8日、U-21フランス代表DFマラン・サール(21)の退団を発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 ニースとの契約が先月末に終了していたサールは、すでに今年4月の時点で今季限りでの退団を明言していた。しかし、コロナ禍でサポーターとの別れの場を設けることができなかったこともあり、クラブの公式SNSを通じて改めて別れのメッセージを残した。 「僕はこれからも一生涯、ニースのプレーヤーであり続けるよ。それは当然のことさ」 「僕はここでキャリアをスタートし、これまでずっとこの土地で暮らしてきた。ニースは僕にとって故郷のクラブであり、心のクラブなんだ。そして、永遠に心の中にあり続けるよ」 2016年夏に智将ルシアン・ファブレ監督(現ドルトムント)の下、17歳でトップチームデビューを飾ったサール。左サイドバックでもプレー可能なスピードと、高精度の左足のキックを武器に、すぐさまセンターバックの主力に定着。ここまで公式戦119試合に出場していた。また、4月30日に打ち切りが発表された今シーズンのリーグ・アンでは19試合に出場していた。 なお、現時点で新天地は不明だが、フリーで獲得可能な逸材DFにはナポリやRBライプツィヒ、チェルシー、アーセナル、パリ・サンジェルマンなどのビッグクラブ行きの可能性が噂されている。 <div id="cws_ad">◆生まれ育ったクラブに別れ…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Arrivé en fin de contrat, Malang Sarr quitte l’OGC Nice. Enfant de la ville et du club, il a tenu à s&#39;adresser aux Niçois avant de partir. Comme à son habitude : avec classe. <br><br> Bonne route Malang ! <a href="https://t.co/5bsvwsrK3R">pic.twitter.com/5bsvwsrK3R</a></p>&mdash; OGC Nice (@ogcnice) <a href="https://twitter.com/ogcnice/status/1280758518317043714?ref_src=twsrc%5Etfw">July 8, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.08 17:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ニース、リヨンの逸材FWグイリを獲得! 移籍金は700万ユーロに

ニースは1日、リヨンからU-20フランス代表FWアミーヌ・グイリ(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 リヨンの発表によると、移籍金は700万ユーロ(約8億5000万円)となるという。さらに、グイリが今後他クラブに移籍した際の移籍金の15%がリヨンに支払われることになる。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆フランスの新星、アミーヌ・グイリ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTR3dVZ2JudSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> リヨンの下部組織出身のグイリは、2017年に17歳でトップチームデビューを飾った逸材FW。2017年に行われたFIFAU-17ワールドカップで大会5ゴールを挙げる活躍をみせ、一躍国内外のスカウトの注目を集める存在に。 ただ、好アタッカーが揃うリヨンのトップチームではなかなか出番がなく、今シーズンここまでは公式戦5試合の出場にとどまっていた。 2020.07.02 16:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ニース、エバートンの元フランス代表MFシュナイデルランを獲得

ニースは23日、エバートンの元フランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(30)の獲得を発表した。移籍金や契約期間は発表されていない。 2017年1月に2400万ポンドの移籍金でマンチェスター・ユナイテッドからエバートンに加入したシュナイデルランは、エバートンでは通算88試合に出場して1ゴール2アシストを記録。移籍初年度こそ主力としてプレーしたものの、直近2シーズンは中盤のバックアッパーに甘んじていた。 母国ストラスブールでプロキャリアをスタートしたシュナイデルランにとっては12年ぶりの母国復帰となる。 2020.06.23 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ニース、元仏代表MFシュナイデルラン獲得でエバートンと合意か

ニースが元フランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(30)の獲得に向けてエバートンと合意に至った模様だ。フランス『Nice-Matin』が報じている。 母国ストラスブールでプロキャリアをスタートしたものの、サウサンプトン、マンチェスター・ユナイテッド、エバートンとキャリアのほとんどをイングランドの地で送ってきたシュナイデルラン。 2017年1月に2400万ポンド(約32億3000万円)の移籍金で加入したエバートンでは2017-18シーズンにリーグ戦30試合に出場するなど、レギュラーを担ってきた。だが、直近2シーズンはリーグ戦15試合程度の出場に留まり、中盤のバックアッパーに甘んじている。 エバートンとの現行契約が2021年夏までとなっているシュナイデルランに関して、両クラブは700万ユーロ(約8億4000万円)から交渉をスタートしたものの、最終的に200万ユーロ(約2億4000万円)+ボーナスという条件で合意に達したようだ。 なお、シュナイデルランは12年ぶりの母国復帰に向け、来週中にも現地入りし、メディカルチェックを受診する予定だという。 2020.06.13 13:22 Sat
twitterfacebook
thumb

ニース、アトレチコ・パラナエンセからU-23ブラジル代表DFを獲得

ニースは5日、ブラジルのアトレチコ・パラナエンセからU-23ブラジル代表DFロブソン・バンブ(22)を獲得することで合意に至ったことを発表した。 10歳でサントスの下部組織に加入したのバンブは、186㎝の長身を生かした対人守備とスピードに定評のあるセンターバック。2018年にサントスのトップチームに昇格すると、翌年にアトレチコ・パラナエンセへ完全移籍。 アトレチコ・パラナエンセでは、在籍1年半で公式戦11試合に出場。今シーズンはコパ・リベルタドーレス2試合に出場していた。また、U-20からブラジル代表に選出されてきたバンブは、2020年1月にU-23代表デビューを飾るとこれまで3試合に出場している。 なお、バンブは6月初旬にフランス入りを果たしており、すでにメディカルチェックに合格。6月15日のトレーニングから参加するとのことだ。 2020.06.06 02:20 Sat
twitterfacebook