ポルトガル代表、サントス監督と2024年まで契約延長! ユーロ&UNL初制覇に導いた名将

2020.06.17 08:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガルサッカー連盟(FPF)は16日、同国代表を率いるフェルナンド・サントス監督(65)との契約を2024年まで延長したことを発表した。

サントス監督の現行契約は2020年6月末となっていたが、今回結んだ長期契約により、来夏に1年延期されたユーロ2020、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)に加え、ユーロ2024までポルトガル代表を指揮することになった。

これまでポルト、スポルティング・リスボン、ベンフィカと国内の名門3クラブの指揮官を歴任したサントス監督は、2014年9月にパウロ・ベント前監督の解任を受けてポルトガル代表監督に就任。2016年に行われたユーロ2016では同国に初優勝をもたらした。

2018年のロシアW杯はベスト16敗退となったものの、2018-19シーズンに新設されたUEFAネーションズリーグでは、再び初代王者に導く見事な手腕を発揮。ここまでの通算戦績は45勝12敗14分けとなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、フェラン・トーレスに続きオランダ代表DFアケを獲得! 2025年までの5年契約を締結

マンチェスター・シティは5日、ボーンマスに所属するオランダ代表DFナタン・アケ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 また、詳細な移籍金は明かしていないがボーンマスはクラブ史上最高額の移籍金とだけ発表。イギリス『BBC』は、移籍金は4000万ポンド(約55億円)と報じている。 フェイエノールトやチェルシーの下部組織出身者として知られるアケは、チェルシー時代にレンタルで加入していたボーンマスに2017年夏に完全移籍。加入初年度から定位置を確保すると、元々のポテンシャルに経験値が追加され、プレミアリーグ屈指のセンターバックに成長。今シーズンは公式戦30試合に出場して2得点2アシストの数字を残した。 マンチェスター・シティへの移籍が決まったアケは、クラブの公式サイトで以下のコメントを残している。 「シティに加入することは僕にとって夢だった。このチームはどこを見ても、国際的なビッグネームがいるんだ。ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)は世界中で称賛されている監督だ。彼がこれまで成し遂げてきた成功は信じられないほどのもので、彼の求めるスタイルは僕にとって本当に魅力的なんだ」 「ここで試合に出るためには、たくさんの努力しなければならないことは分かっているが、僕はそのためにここに来たんだ。僕はチームがタイトルを獲得するためできる限りのことをするつもりだ」 2020.08.06 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ロコモティフ・モスクワがペルー代表FWファルファンの退団を発表…

ロコモティフ・モスクワは5日、ペルー代表FWジェフェルソン・ファルファン(35)が今シーズン限りで退団することを発表した。 2017年1月にフリートランスファーで加入したファルファンは、ロコモティフ・モスクワで公式戦69試合に出場し25ゴール12アシストを記録。移籍後2シーズンは主力としてプレーしていたものの、その後はケガの影響もあって出場機会が激減。 今季もシーズン前の昨年6月に行われたコパ・アメリカ2019で左ヒザを負傷すると、シーズンの大半を棒に振り公式戦3試合の出場にとどまっていた。 2020.08.06 03:30 Thu
twitterfacebook
thumb

シュウォロー流出のフライブルク、カールスルーエ退団のGKアップホッフを獲得

フライブルクは5日、カールスルーエを退団していたドイツ人GKベンジャミン・アップホッフ(26)を獲得したことを発表した。契約期間は発表されていない。 これまでニュルンベルクやシュツットガルトに在籍した経歴を持つアップホッフは、2017年夏から3部に在籍していたカールスルーエでプレー。移籍初年度から正GKとして活躍し、2018-19シーズンに2部昇格に貢献。2019-20シーズンは2部リーグでフルタイム出場を果たしていた。 フライブルクでは守護神を務めていたドイツ人GKアレクサンダー・シュウォロー(28)がヘルタ・ベルリンに移籍していた。 2020.08.06 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ブレーメン退団のベテランFWバルテルスが13年ぶりに古巣に復帰!

ブンデス2部に所属するホルシュタイン・キールは5日、ブレーメンのドイツ人FWフィン・バルテルス(33)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 キールの下部組織で育ったバルテルスは、2005年にトップチームデビューを果たすと、2007年まで活躍。その後は、当時1部に所属したハンザ・ロストックやザンクト・パウリでのプレー経て、2014年からブレーメンに完全移籍。 中盤から前線にかけて幅広いポジションでプレーできるユーティリティ性を武器に、ブレーメンでは在籍6シーズンで公式戦131試合に出場し24ゴール22アシストを記録。近年はケガに悩まされ、今シーズンは公式戦17試合の出場にとどまっていた。 13年ぶりに古巣復帰を果たしたバルテルスは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「故郷のクラブに戻ってこられてとても満足している。クラブやこの街との繋がりは決して切れることのないものだ。キールの活躍については常にチェックしていたし、自分にかかる期待も理解している。私はこれまで培った経験を活かしてキールの成功に貢献できるように努めていきたいと思っている」 2020.08.06 00:16 Thu
twitterfacebook
thumb

降格レッチェ、今季14Gの主将MFマンコースと2023年まで契約延長

レッチェは5日、イタリア人MFマルコ・マンコース(31)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 カリアリでプロデビューを飾った攻撃的MFのマンコースは、エンポリやベネヴェントを経て、2016年夏にカゼルターナからレッチェに移籍。 レッチェではこれまで公式戦147試合に出場して42ゴール20アシストを記録。一昨シーズンからは主将を務め、2018-19シーズンはセリエBで13ゴール6アシストを記録してレッチェのセリエA昇格に貢献していた。そして2019-20シーズンはセリエAで33試合に出場して14ゴール2アシストを記録するも、チームは最終節で降格の憂き目に遭っていた。 2020.08.05 23:30 Wed
twitterfacebook