大ケガを乗り越えたキエッリーニが現役続行の意思を示す「ユーロ2020に出場できるよう願っている」

2020.06.15 19:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(35)は、自身のキャリアやプロとしての心構え、そして今後のキャリアについて語っている。キエッリーニは昨年8月、トレーニング中に右ヒザ前十字じん帯を損傷し約6カ月にわたって離脱。現在は戦列に復帰しているが、キャリア終盤での大ケガということもあり、引退が囁かれることもあった。

しかし、キエッリーニは様々な経験を積んだからこそ、大ケガも乗り越えることができたと、イタリアでテレビの司会者などを務めているマルティナ・コロンバーリ氏とのインスタグラムのライブ配信で語った。

「10年前に起こっていたら、平穏な精神ではいられなかっただろう」

「35歳になった今、全ての経験があるので、これは通過点であることを認識し、復帰するためのエネルギーに変えることができる」

「僕は自身のメンタルを全体的に改善した。若い頃は怒ることでたくさんのエネルギーを消費していた。僕は恵まれた人生を送っている。だから上手くいかない時期には苛立つのではなく、幸せであることを思い出す」

そんなキエッリーニは、経営学の修士号を取得するほどのインテリプレーヤーでもある。その秘訣は時間があったからだとし、地に足をつけてプレーすることが、長くプロ生活を送る秘訣であると明かした。

「19歳の時、セリエBでプレーしていたので勉強することができなかった。自由時間があったとき、なぜプレイステーションをやるのだろうか?と思っていた。計画的に学んだおかげで、僕は別のことをし、なんとか3年の学位を4年で終えることができた」

「17歳でとても強いプレッシャーがかかっている人がいる。彼らのキャリアを台無しにするほど、多くの期待がかかることがある。ユベントス、インテル、ミランでトライアルを行えたことに感謝しているけど、リボルノは僕を残すことを強く要求していた。なぜなら、僕が普通の青年期を迎えることを意味するからだ」

「僕の見解では、プロのサッカー選手になることは2つの本当に難しいことがある。1つは地に足をつけ、もう1つは孤独に耐えることだ。それらの暗い部分が現れるので、内面に精神的な強さが必要だ。ビジネスの観点でより独りよがりになる時、家族も助けてくれる。家に帰って、普通の世界に連れ戻してもらえる」

キャリアの終わりも見え始めたキエッリーニは、ユベントスと契約延長合意に達したという報道も出ている。しかし、現時点で公式発表はまだなく、今シーズンいっぱいでユベントスとの契約が満了を迎える。

キエッリーニ本人は、まだ引退は考えていないと口にしており、来るユーロ2020を見据えて現役を続行する意思があるようだ。

「もう1年プレーして、それから自分の調子や足の状態を見ようと思う。来年の夏に引退するかもしれないし、その後にもう1シーズンプレーするかもしれない」

「僕はフットボール界に居続けたいと思っているよ。恐らくは、フロントよりも監督などを目指すことになるだろう。でも、人生は解らないものだ」

「延期したユーロ2020に出場できるよう願っているし、才能豊かな若い選手たちの面倒を見ることもできるだろう。そうやって循環していくんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

この角度こそデル・ピエロの十八番!CLで見せた美しいロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がユベントスで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デル・ピエロが見せたお得意の美しいロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJbkw1Y2s0YiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1993年から2012年まで19シーズンを過ごしたユベントスのアイコンとして長年活躍したデル・ピエロ氏。公式戦706試合に出場し、クラブ最多となる290ゴールを挙げるなど、名実ともにクラブを象徴するレジェンドとなっている。 左45度からのロングシュートを得意とし、このエリアは“デル・ピエロゾーン”とも呼ばれたが、2008年8月13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦のアルトメディア(現・ペトルジャルカ)との1stレグでは、まさにその角度からゴールを決めている。 試合はユベントスが先制し、1-0で迎えた26分、センターサークルのMFクリスティアン・ポウルセンからのパスを敵陣中央やや左でデル・ピエロが受ける。これを前線のFWダビド・トレゼゲに一旦預けたデル・ピエロは、トレゼゲからの落としをダイレクトシュート。 右足から放たれたシュートは、美しい弧を描きながらGKの手が届かないゴール右上に決まり、見事な追加点となった。 このゴールでリードを広げたユベントスは、その後もさらに点を重ね、4-0で大勝を収めている。 2020.10.01 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

華麗過ぎるフリック!ビダルが技ありファーストタッチから決めたスーパーアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はインテルに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルがユベントス時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ビダルが見せた華麗なフリックからの好アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiUm1zTmlFUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チリでのデビューを経て、レバークーゼンでブレイクしたビダル。2011年にユベントスへ加入した後、バイエルン、バルセロナでプレーし、今シーズンからはインテルに加入している。 中盤の汗かき役として攻守でチームに貢献するビダルだが、2015年1月6日に行われたセリエA第17節のインテル戦では、テクニカルなプレーから味方のゴールをアシストしている。 前半開始早々の5分、ユベントスが右サイドのスペースを突いてインテルを攻める。すると、右サイドに開いてボールを受けたFWフェルナンド・ジョレンテがボックス内のビダルにパスを送る。 ビダルはファーストタッチで華麗なフリックを行い、マークに来たDFを見事に外すと、ボックス深部からゴール前のFWカルロス・テベスにラストパス。これをテベスがしっかりと流し込み、瞬く間に先制ゴールを奪ってみせた。 ビダルのスーパーアシストから先制したユベントスだったが、その後追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.09.30 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

攻守に光るダイナミズム MFケディラが頭で決めたユベントス初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元ドイツ代表MFサミ・ケディラがユベントスで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ケディラが決めたユベントス初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJma0ZvcnduaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> シュトゥットガルトでプロキャリアをスタートさせたケディラは、2010年夏にレアル・マドリーに移籍。主力として活躍した後、2015年夏にユベントスに移籍している。 ボックス・トゥ・ボックスタイプのMFとして攻守に良さを見せるケディラは、ここまでユベントスで公式戦145試合21ゴール13アシストを記録している。その記念すべき初ゴールは、2015年10月4日に行われたセリエA第7節のボローニャ戦で決めたゴールだった。 前半早々にリードを許しながらも、2-1と逆転に成功して迎えた63分、左サイドを攻めたユベントスにチャンスが訪れる。 ボックス左手前でボールを受けたFWアルバロ・モラタがインスイングのクロスを上げると、このボールに後方からの攻撃参加で前線に上がってきていたケディラがファーポストでヘディングを合わせ、見事なユベントス初ゴールを決めた。 相手を突き放す3点目を奪ったユベントスは、そのまま3-1で試合に勝利している。 2020.09.30 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリに痛手…ユベントスとの大一番を前にインシーニェが戦線離脱

ナポリは29日、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが負傷したことを発表した。 インシーニェは27日にセリエA第2節のジェノア戦(6-0で勝利)に先発出場するも、20分に左モモ裏を押さえてピッチに倒れると、メディカルスタッフの治療を受けたがそのままエルマスとの交代を余儀なくされた。 クラブの発表によれば、精密検査を受けたインシーニェは左ハムストリングにグレードⅠの損傷が見られたことが判明。現時点でクラブは離脱期間を明かしていないものの、フランス『レキップ』は最低でも20~30日の離脱になると報じている。 なお、ナポリはインターナショナルブレーク前に王者ユベントス(10月4日)との大一番を控えており、絶対的主力の一人であるインシーニェの離脱は大きな痛手となる。 2020.09.30 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、最終ライン強化に向けルガーニ&フォイスの獲得を画策

バレンシアが残り少なくなった今夏の移籍市場でイングランドとイタリアからセンターバック2選手の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena COPE』が伝えている。 今夏、バレンシアでは財政難によるチーム崩壊が進んでおり、マンチェスター・シティに移籍したFWフェラン・トーレスをはじめ、MFフランシス・コクランやMFダニエル・パレホ、FWロドリゴ・モレノを売却せざるを得ない事態に陥っている。 特に最終ラインではアタランタへレンタル移籍したDFクリスティアーノ・ピッチーニやレンタルバックとなったDFアレッサンドロ・フロレンツィら5選手がチームを離れており、今夏での補強が急務となっていた。 そこで白羽の矢が立ったのが、ユベントスに所属するイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(26)とトッテナムに所属するアルゼンチン代表DFフアン・フォイス(22)だ。 ルガーニは2015年の冬にエンポリからユベントスに加入。ユベントスでは在籍5年半で公式戦101試合の出場しているが、近年では熾烈なレギュラー争いに苦しみ、マウリツィオ・サッリ前監督が就任した昨季はセリエAで10試合の出場にとどまっていた。 また、すでに開幕した今季もアンドレア・ピルロ新監督の構想外となっており、放出候補に名前が挙げられている。 一方、2017年夏にエストゥディアンテスからトッテナムに加入したフォイス。2018-19シーズンは同胞マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下、公式戦17試合に出場。しかし、更なる飛躍が期待された昨シーズンは公式戦7試合の出場にとどまっていた。 とりわけ、昨年11月に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を勝ち取れず、今シーズンもここまでベンチ外が続いている。 2020.09.29 00:47 Tue
twitterfacebook