大ケガを乗り越えたキエッリーニが現役続行の意思を示す「ユーロ2020に出場できるよう願っている」

2020.06.15 19:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(35)は、自身のキャリアやプロとしての心構え、そして今後のキャリアについて語っている。キエッリーニは昨年8月、トレーニング中に右ヒザ前十字じん帯を損傷し約6カ月にわたって離脱。現在は戦列に復帰しているが、キャリア終盤での大ケガということもあり、引退が囁かれることもあった。

しかし、キエッリーニは様々な経験を積んだからこそ、大ケガも乗り越えることができたと、イタリアでテレビの司会者などを務めているマルティナ・コロンバーリ氏とのインスタグラムのライブ配信で語った。

「10年前に起こっていたら、平穏な精神ではいられなかっただろう」


「35歳になった今、全ての経験があるので、これは通過点であることを認識し、復帰するためのエネルギーに変えることができる」

「僕は自身のメンタルを全体的に改善した。若い頃は怒ることでたくさんのエネルギーを消費していた。僕は恵まれた人生を送っている。だから上手くいかない時期には苛立つのではなく、幸せであることを思い出す」

そんなキエッリーニは、経営学の修士号を取得するほどのインテリプレーヤーでもある。その秘訣は時間があったからだとし、地に足をつけてプレーすることが、長くプロ生活を送る秘訣であると明かした。

「19歳の時、セリエBでプレーしていたので勉強することができなかった。自由時間があったとき、なぜプレイステーションをやるのだろうか?と思っていた。計画的に学んだおかげで、僕は別のことをし、なんとか3年の学位を4年で終えることができた」

「17歳でとても強いプレッシャーがかかっている人がいる。彼らのキャリアを台無しにするほど、多くの期待がかかることがある。ユベントス、インテル、ミランでトライアルを行えたことに感謝しているけど、リボルノは僕を残すことを強く要求していた。なぜなら、僕が普通の青年期を迎えることを意味するからだ」

「僕の見解では、プロのサッカー選手になることは2つの本当に難しいことがある。1つは地に足をつけ、もう1つは孤独に耐えることだ。それらの暗い部分が現れるので、内面に精神的な強さが必要だ。ビジネスの観点でより独りよがりになる時、家族も助けてくれる。家に帰って、普通の世界に連れ戻してもらえる」

キャリアの終わりも見え始めたキエッリーニは、ユベントスと契約延長合意に達したという報道も出ている。しかし、現時点で公式発表はまだなく、今シーズンいっぱいでユベントスとの契約が満了を迎える。

キエッリーニ本人は、まだ引退は考えていないと口にしており、来るユーロ2020を見据えて現役を続行する意思があるようだ。

「もう1年プレーして、それから自分の調子や足の状態を見ようと思う。来年の夏に引退するかもしれないし、その後にもう1シーズンプレーするかもしれない」

「僕はフットボール界に居続けたいと思っているよ。恐らくは、フロントよりも監督などを目指すことになるだろう。でも、人生は解らないものだ」

「延期したユーロ2020に出場できるよう願っているし、才能豊かな若い選手たちの面倒を見ることもできるだろう。そうやって循環していくんだ」
関連ニュース
thumb

元ユーベのマルキジオがコロナ陽性に…妻がSNSで公表

元イタリア代表MFのクラウディオ・マルキジオ氏が新型コロナウイルス陽性判定を受けたようだ。 昨年から世界中で猛威を振るい、イタリアでも多くの感染者が確認されている新型コロナウイルス(COVID-19)。現役を引退したイタリア代表のレジェンドの中でも、これまでフランチェスコ・トッティ氏や、パオロ・マルディーニ氏、ダニエレ・デ・ロッシ氏らが陽性判定となったことを公表している。 そんな中、今回は元ユベントスのマルキジオ氏が家族と共に陽性となってしまったようだ。妻でモデルのロバータさんが自身のインスタグラム(@robysinopoli)で報告している。 「COVIDの検査を受け、次男のダビデを除いた家族3人がウイルスに感染にしていると判明しました」 「神に感謝します。私たちはもう元気になりました。今は再検査の結果を待っています」 「長男のレオとクラウディオは無症状でしたが、私は味覚と嗅覚を失っていました」 マルキジオ氏はユース時代からユベントスに所属し、2006年のトップチームデビューから2018年夏に退団するまで中盤の要として数多くのタイトル獲得に貢献。その後はゼニトで1年間プレーし、2019年10月に現役引退を表明した。 (edited) 2021.05.04 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

1チームに1人欲しかった“万能型サイドバック”、ジャンルカ・ザンブロッタ

現代サッカーにおいて、最も重要なポジションとも言われ、その重要性が高まっているのがサイドバックだ。 言わずもがな、4バック、または5バック時に最終ラインの両サイドに位置するポジション。3バックのシステムを採用するチームも増え、ウイングバックというポジションが増えたこともあるが、多くの役割を担うことが多いポジションだ。 かつてのサイドバックは、フルバックとも呼ばれ、守備を専門としてきた。そのため、高い技術や戦術眼よりも、上下動を繰り返せる持久力と、相手のウインガーに抜かれないための対人守備力が何よりも求められるポジションだった。 上手さよりも体力が求められたポジションだが、現代サッカーではそのイメージは全くと言っていいほどなくなった。むしろ、少し前のボランチが担っていたゲームコントロールをすることすら、サイドバックの選手が行うこともあるほど。戦術眼の高さが最も止められるポジションと言っても良いだろう。 時代の変遷とともに役割が変化してきたサイドバックだが、早い時期からチームに欠かせない役割を担っていた選手がいる。元イタリア代表のジャンルカ・ザンブロッタだ。 <span class="paragraph-title">◆今でこそ珍しくない両サイドバック</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/sega20210502zambrotta_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> イタリアのコモで生まれたザンブロッタは、地元のクラブであるコモで1994年にプロデビュー。1997年にはセリエAのバーリへと移籍する。右利きのザンブロッタだが、プロ当初のポジションは左のウイング。攻撃的なポジションではあるが、左サイドでプレーしていた。 1999年にユベントスへと移籍するが、加入当時は中盤のサイドでプレー。左右のサイドハーフでプレーを続けていた。転機は2002-03シーズン。日韓ワールドカップにも出場したザンブロッタは、W杯のケガで出遅れると、マルチェロ・リッピ監督によって左サイドバックにコンバートされた。 元々攻撃的なポジションをやっていたザンブロッタは、クロス精度には定評があり、中盤でも左サイドを担っていたこともありプレー面に大きな影響はなかった。さらに、当初は心配されていた守備面も徐々に慣れることで向上。攻守にわたってプレーできるサイドバックとして大きく成長していくこととなった。 さらに、2005-06シーズンには現在もユベントスでプレーするDFジョルジョ・キエッリーニが加入。その影響もあり、ファビオ・カペッロ監督の下では右サイドにコンバート。その後に移籍したミランでも当初は右サイドでプレーするが、再び左サイドバックにポジションを移すなど、キャリアを通して両サイドバックを担っていくこととなった。 <span class="paragraph-title">◆チームを支えたユーティリティ性</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/sega20210502zambrotta_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> そのザンブロッタは、左右の足が使える事はもちろんのこと、サイドバックとして必要な豊富な運動量を備え、対人守備も大きく成長した。何よりも、基本的なパフォーマンスが安定したことが最も重宝された理由だろう。 ユーティリティプレーヤーの中には、飛び抜けた才能がなく、器用が故に様々なポジションを務める選手もいる。主力にになりにくく、便利な控え選手という立ち位置で終わる選手も少なくない。 しかし、ザンブロッタはユーティリティという言葉以上に、万能という言葉が合う選手だろう。サイドバックだけでなく、1列前でもプレーが可能。どのポジションにおいても、遜色ないプレーを行える点は、チームにいてくれると助かる存在でありながら、チームの結果に寄与できる選手でもあった。 今ではマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が“偽サイドバック”としてサイドバックに置く選手を中盤でプレーさせる方式があるが、ザンブロッタもその役割を担えただろう。戦術眼、キックの精度、そしてそれを支える持久力もあった。 ミランの後に加入したバルセロナでは右サイドバックとしてプレー。キャリアを通しては最終的に右サイドでのプレーが多くなったザンブロッタだが、現代サッカーでも高い能力を発揮したレジェンドの1人と言えるだろう。 <div id="cws_ad"><hr>ユベントスやミラン、バルセロナとクラブチームで活躍し、イタリア代表としてもワールドカップを制したジャンルか・ザンブロッタが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>現役時代に魅せたユーティリティ性を『サカつくRTW』ででも再現。是非一度チェックしよう。</div> <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/4c7a9075" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/900/img/2021/sega20210428.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> <span class="paragraph-title">【動画】サイドバックとは思えない落ち着いた突破から左足ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCWGpUcGI1byIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> ユベントスやミラン、バルセロナとクラブチームで活躍し、イタリア代表としてもワールドカップを制したジャンルか・ザンブロッタが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場! 現役時代に魅せたユーティリティ性を『サカつくRTW』ででも再現。是非一度チェックしよう。 <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/4c7a9075" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/900/img/2021/sega20210428.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> 2021.05.03 18:50 Mon
twitterfacebook
thumb

エースの土壇場2発で勝利のユベントス、ピルロ監督はインテルを祝福も「次のサイクルが始まる」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、ウディネーゼ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ユベントスは2日にセリエA第34節でウディネーゼと対戦。開始10分で先制を許す展開となる。 その後も今シーズンを象徴するかのように、パフォーマンスが上がってこないユベントス。このまま敗戦かと思われたが、83分にPKをクリスティアーノ・ロナウドがしっかりと決めると、89分にもC・ロナウドがゴール。土壇場のエースのゴールで1-2と逆転勝利を収めた。 ピルロ監督は、試合を振り返り、最後まで諦めずに勝利を掴んだことを高く評価した。 「この勝利は努力と誇りを持って行われ、非常に重要なものだった。自分たちの不注意により難しい状況になったが、結果を持ち帰りたいという気持ちが最後まで見られ、それが最も重要だったと思う」 「なんとしてもチャンピオンズリーグ出場権を獲得しなければならないということはわかっていたが、グループは強力であり、目標達成のために戦っていたと思う」 「チームは団結しており、最後のハグがそれを示していた。しかし、これからまだ重要な試合が続くので、これは始まりに過ぎない」 また、2位のアタランタが引き分けたことでインテルの11年ぶりの優勝が決定したが、10連覇を阻まれたもののピルロ監督はインテルを祝福した。 「インテルとコンテを祝福する。彼らは素晴らしいシーズンを過ごしたし、ふさわしいと思う」 「我々にとって、9連覇のサイクルが終わったが、次のサイクルが始まり、再びスクデット争いに戻りたいと思う」 2021.05.03 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

終盤にC・ロナウドがドッピエッタ、低調ユーベが勝利をもぎ取り3位浮上《セリエA》

ユベントスは2日、セリエA第34節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 前節フィオレンティーナに何とか引き分けたものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内ぎりぎりの4位に後退したユベントス(勝ち点66)は、C・ロナウドとディバラの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 直前の試合でナポリが引き分けたため勝利すれば3位浮上となる中、11位ウディネーゼ(勝ち点39)に対し、守勢の入りとなったユベントスは11分に先制される。クイックリスタートでボックス右に侵入されたモリーナにシュートを蹴り込まれた。 まずい入りとなったユベントスは、その後も攻めあぐねる展開を強いられた中、34分にようやくディバラが右足のミドルでオンターゲットを記録したが、前半を1点ビハインドのまま終えた。 迎えた後半、前からプレスに行ったユベントスだったが、51分にアルスランに決定的なシュートを許してしまう。 前半同様に攻め手のないユベントスはベルナルデスキ、ディバラと下げ、クルゼフスキ、モラタを投入していった。 その後も低調なパフォーマンスが続いていたが、終盤の82分にPKを獲得する。C・ロナウドの直接FKが壁に入っていたデ・パウルのハンドを誘った。このPKをC・ロナウドが決めて同点としたユベントスは、89分に逆転する。 左サイドからのラビオのアーリークロスをファーサイドのC・ロナウドがヘッドでねじ込んだ。これが決勝点となってユベントスが勝利。低調な内容ながら勝利をもぎ取り、3位に浮上している。 2021.05.03 02:56 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣の上位争いに言及するアンチェロッティ監督、非難されている教え子・ピルロ監督については語らず

エバートンを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督が、今季のセリエAについて語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 アンチェロッティ監督は、現役時代にはパルマ、ローマ、ミランでプレー。引退後は、パルマ、ユベントス、ミラン、で指揮をしたのち、チェルシーやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、バイエルン、そしてナポリを指揮し、2019年12月からエバートンの監督を務めている。 今シーズンのセリエAでは、10連覇を目指したユベントスが早々に脱落。インテルが優勝に王手をかけた状態となっている。 一方で、トップ4争いが熾烈な状態となっており、古巣であるミランとユベントスが争っている状況。次節は直接対決を迎えることとなる。 アンチェロッティ監督は、今シーズンのセリエAについて「ここイギリスでも行われているように、素晴らしい競争だと思う」と語り、例年になく熾烈な上位争いが起きていることを好意的に受け止めている。 一方で、古巣の両クラブがトップ4を争っている中で、自身が2度のチャンピオンズリーグやセリエAを制したミランを推しているようだ。 「最高のチームが上位で終わることを願っている。そして、最高のチームがミランになることを願っている」 対して、自身がミラン指揮時代にチームの中心としてプレーしたアンドレア・ピルロ監督についても言及。「私は彼を愛している。あえて、彼を裁く様なことはしない」とし、方々から非難されている教え子を擁護。判断はしないと語った。 2021.05.02 22:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly