ハマン氏がハフェルツに去就の助言! ユナイテッドよりもチェルシー推す

2020.06.13 22:33 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ドイツ代表MFのディトマール・ハマン氏が、レバークーゼンに所属する同代表MFカイ・ハフェルツ(21)に去就に関する助言を行っている。イギリス『ミラー』が伝えた。

今夏のステップアップが噂されるハフェルツに関しては、バイエルンやレアル・マドリーに加え、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなど錚々たるビッグクラブ行きの可能性が取り沙汰されている。

そんななか、現役時代にバイエルンやリバプールで活躍したハマン氏は、ドイツ『スカイ』でドイツ代表の後輩に対して去就に関するアドバイスを送っている。

そして、元マンチェスター・シティMFは、ここ最近有力な候補に挙がるユナイテッドとチェルシーを引き合いに出し、後者への移籍を薦めている。

「ユナイテッドは近年、魅力を失っている。彼らは長年にわたって様々な基準となってきたし、今でもイングランドで最大のクラブだ。しかし、内部に大きな問題を抱えている」

「以前であれば、(有望な)選手が市場に出てきた場合、マンチェスター・ユナイテッドが最初にコンタクトを取るクラブだった。しかし、もはやそうではないと思っている」

「カイ・ハフェルツのような選手がクラブを変え、どこかのクラブと5年契約を結ぶ場合、クラブとしての長期的な計画こそ、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権よりも重要なものとなる」

「彼は今後、数週間で決断を迫られるかもしれない。7月末か8月初旬まで続くイングランドのシーズンが終わるまで待つことはできない」

「将来の見通しは選手にとって重要なものであるが、ユナイテッドはここ何年にも渡って空白状態といえる」

「一方、チェルシーに関しては、選手としてクラブのために素晴らしい仕事をしたフランク・ランパードが監督を務めている。そして、個人的にブルーズが再び成長を遂げていくと思っている」

「久しぶりにファンが本当にアイデンティティを持てるチームができあがっている。ティモ・ヴェルナー、あるいはカイ・ハフェルツが加わるとしたら、信じられないほどエキサイティングで興味深い物語になるだろう」

「私がプレーヤーだとして幾つかのクラブを見ているとしよう。その中で現在の立ち位置、2、3年後を考えたとき、チェルシー行きの決断は比較的簡単なものだと思う」
コメント
関連ニュース
thumb

レンジャーズを下したレバークーゼン、準々決勝はインテルと激突!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、レバークーゼンvsレンジャーズの2ndレグがバイ・アレーナで行われ、1-0で勝利したレバークーゼンが合計スコア4-1で準々決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの影響で3月の開催を最後に中断していたEL。当カードは、レンジャーズのホームに乗り込んだレバークーゼンが1-3で勝利した1stレグでストップ。それからおよそ5カ月ぶりの再開となった。 この間にレバークーゼンはブンデスリーガで5位となり来季のEL出場権を獲得。レンジャーズはスコティッシュ・プレミアシップが打ち切りとなり暫定順位の2位でフィニッシュ。そして早くも2020-21シーズンが開幕しており、第1節ではアバディーンに0-1で勝利している。 静かな立ち上がりとなった2ndレグ。ホームのレバークーゼンが主導権を握る中、初めてチャンスを迎えたのは16分のことだった。右サイドのクロスから、ボックス右のハフェルツがクロスバー直撃の強烈な左足のシュートを見舞う。23分にはパラシオスのスルーパスで飛び出したハフェルツが再びゴールに迫るが、ボックス左からのシュートは右に逸れた。 43分にもチャンスシーンを作ったレバークーゼンは後半開始早々の51分、アランギスのロングパスに反応したディアビがスピードを落とさない丁寧な胸トラップでボックスへ侵入。そのままゴールを陥れた。 これで合計スコアを4-1としたレバークーゼン。ベスト8進出が濃厚となった中、71分の相手のFKの場面では、ゴールドソンのヘディングシュートをタプソバがライン上でクリアするファインプレーで失点を回避。 その後は隙を与えない試合運びでクローズしたレバークーゼンが勝利を収め、インテルの待つベスト8進出を決めた。ここからは中立地ドイツでの一発勝負となる。 2020.08.07 04:01 Fri
twitterfacebook
thumb

初戦快勝もレバークーゼン指揮官に油断なし! 「簡単にはいかない」

レバークーゼンのピーター・ボス監督は、初戦での大きなアドバンテージにも関わらず、ヨーロッパリーグ(EL)ベスト8進出を懸けたレンジャーズとの第2戦が難しいものになると考えている。ドイツ『キッカー』が伝えている。 レバークーゼンは、今年3月に行われたELラウンド16の1stレグにおいて、敵地で3-1の快勝を収めた。そして、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、約5カ月ぶりのリターンマッチとなるホームでの2ndレグが6日に行われる。 この一戦に向けた前日会見に出席したボス監督は、1stレグでの大きなアドバンテージにも関わらず、今回の一戦が非常に難しいものになると気を引き締めている。 「もちろん、我々はとても良いスタートポジションに立っている。アウェイで3-1で勝利していれば、そう言わざるを得ない。しかし、そう簡単にはいかない」 「これまでのトレーニングマッチの結果を見ると、レンジャーズは4試合すべてで勝利し、失点はゼロだ。それも、ニースやリヨンのような良いチームに対してだ。もし、彼らが悪い状態であれば、そうはならない。良い状態にあるということさ。彼らはこの準備期間にそれを証明している。したがって、明日のゲームは簡単にはいかないはずだ」 また、今大会は新型コロナウイルスの影響で大幅なレギュレーションの変更を余儀なくされており、準々決勝以降は感染が比較的抑えられているドイツでの一発勝負形式のトーナメントに変更となった。 番狂わせが起こりやすい一発勝負への変更、実質ホームとも言えるドイツでの開催により、レバークーゼンにも優勝のチャンスが出てきた。だが、ボス監督は、あくまで目の前のレンジャーズ戦に集中している。 「(準々決勝以降のドイツ開催のアドバンテージは?)長距離の移動がないことはもちろんアドバンテージだ。ただ、それ以外にアドバンテージはない。デュッセルドルフのスタジアムは我々のホームスタジアムではないし、我々のファンが来れるわけでもない。他のチーム同様にトーナメント終了までホテルに滞在する必要があるしね」 「レンジャーズに勝てなければ、トーナメントに勝つことはできない。我々はこのゲームに完全に集中する必要がある。現時点で先のことを考えていても意味がない。確かなことは、あと4試合勝てば優勝できるということだけだ。ただし、レンジャーズに勝つことが前提だ。選手たちに対しては、まずこの試合に集中するよう伝えるだけだ」 最後に、今大会終了後の移籍の可能性が取り沙汰される若きエース、ドイツ代表MFカイ・ハフェルツに関しては、「彼はプレーすることになるし、100%ここでの試合に集中している」と、去就問題がパフォーマンスに影響を与えることはないとしている。 2020.08.06 18:51 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンMFアミリがEL2試合を欠場…コロナ陽性者と接触し現在は隔離措置に

レバークーゼンは4日、ドイツ代表MFナディエム・アミリがミッドウィークのゲームを欠場することを発表した。 ヨーロッパリーグ(EL)ベスト16・1stレグでレンジャーズに3-1で先勝したレバークーゼン。新型コロナウイルスの影響により約5カ月の中断を経て、6日に再開される2ndレグでレンジャーズをホームに迎える。 そんな中、クラブの発表によれば、アミリは先週の土曜日に新型コロナウイルスの陽性反応が確認された人物と短時間だが接触していたことが発覚。その後に実施した新型コロナウイルスの検査では陰性と判断されたが、クラブは念のためアミリを1週間に渡って隔離するとのことだ。 これにより、6日のレンジャーズ戦に加え、10~11日に開催が予定されている準々決勝のメンバーからも外れることとなった。なお、すでに準々決勝の抽選会は行われており、レバークーゼンが勝ち進んだ場合は、インテルとヘタフェの勝者と対戦する。 2020.08.05 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

英2部降格ノリッジ、ゴッドフリーにも欧州複数クラブの視線

ノリッジ・シティのイングランド人DFベン・ゴッドフリー(22)に対して、国外から視線が注がれているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ゴッドフリーは2016年にヨーク・シティからノリッジ入りした183cmのセンターバック。昨季のチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で最終ラインの主軸としてチームを優勝に導き、プレミアリーグ昇格の今季も公式戦33試合に出場した。 しかし、ノリッジはプレミアリーグ最下位に終わり、1年でのチャンピオンシップ降格が決定。U-21イングランド代表DFマックス・アーロンズを巡り、バイエルンの関心が取り沙汰されるなど、有望株に相次いで今夏移籍の憶測が浮上している。 そのなか、ゴッドフリーにも国外複数クラブの関心がああり、ドルトムントやRBライプツィヒに続いて、レバークーゼンとミランも加わっての争奪戦に発展する可能性。ミランは先週末のセリエA最終節前に先んじて選手代理人と会談した模様だ。 一方で、ノリッジはゴッドフリーに関して、評価額を3000万ポンド(約41億6000万円)程度に設定。将来的にイングランド代表のレギュラーを射止めるだけのポテンシャルを秘めた選手だと確信しており、その額の要求を譲らない姿勢だという。 昨夏にマンチェスター・ユナイテッドOBの元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が古巣に獲得を進言したことでも知られるゴッドフリー。ノリッジとは2023年まで契約を残しているが、果たして…。 2020.08.04 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー移籍噂のハフェルツ、もう将来決めた? レバークーゼン指揮官が示唆

レバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)はすでに将来に関して、1つの決断を下しているのかもしれない。 今季の公式戦43試合に出場して17得点9アシストの数字を収め、今夏の移籍が噂されるハフェルツ。レバークーゼンが移籍金として1億ユーロ(約124億6000万円)を求めるなか、レアル・マドリーら欧州複数クラブの関心が指摘され、熾烈な争奪戦の様相を呈している。 そうしたなか、ハフェルツの指導にあたるピーター・ボス監督がドイツ通信社『DPA』のインタビューに応対。ここにきてチェルシーがポールポジションに立っているとの見方も強まっている若きドイツ人アタッカーの将来について、こう述べた。 「彼のビジネスなのだから、私からとやかく言うつもりはない。カイとは彼の思いを認識するためによく話をする。カイが毎日のように飛び交う移籍の噂にすごくうまく対処している。彼と話をするたびにそう思わされるほどにね」 「彼が(今季限りで現役を引退した元ドイツ代表MFアンドレ・シュールレのように)29歳で辞めるとは思わない。彼が何をしたがっているのか把握しているが、無論、私から言うべきことじゃない。彼次第だ」 「何とも言えない。ひょっとしたら今日か、来週にも決定的な決断が下されるかもしれないし、もしかしたら何もないかもしれない」 2020.08.02 13:25 Sun
twitterfacebook