ヴェルナー放出のライプツィヒ、代役にファン・ヒチャンをリストアップ

2020.06.12 13:39 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ライプツィヒが、ザルツブルクの韓国代表MFファン・ヒチャン(24)に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。

絶対的エースのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーのチェルシー行きが決定的となっているライプツィヒ。ブレーメンで今季10ゴールのコソボ代表FWミロト・ラシツァなど、様々な若手有望株が後釜候補に上がる中、ザルツブルクで印象的な活躍を残すファン・ヒチャンもトップターゲットと見られているようだ。

今年1月にリバプールに移籍した日本代表MF南野拓実の同僚だった同選手。2015年からザルツブルクの下部組織に在籍し、ハンブルガーSVへのレンタルを経て迎えた今季は南野や、同じく1月にドルトムントに移籍したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドらと共にゴールとアシストを量産。オーストリア・ブンデスリーガで20試合9ゴール9アシスト、チャンピオンズリーグでも6試合で3ゴール5アシストの成績を残している。

2021年で契約が切れるファン・ヒチャンには、ウォルバーハンプトンが2300万ユーロ(約28億円)の移籍金で獲得に迫ったが、上述したように南野とハーランドを失っていたことから、なんとか慰留に務めたようだ。

ライプツィヒとザルツブルクといえば、共にレッドブル・グループの傘下クラブであるが、どのように移籍交渉に影響していくのだろうか。


関連ニュース
thumb

マドリーが来夏のエンクンク獲得を目指す! 移籍金は約82億円か

レアル・マドリーが来夏にライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)獲得を目指すようだ。 エンクンクはパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身。2019年夏にライプツィヒ入りし、昨季は公式戦51試合で32得点20アシストと大暴れ。多くのビッグクラブが関心を寄せる人気選手となった。 そんななか、今年6月にライプツィヒとの契約を2026年まで延長。今季の残留は濃厚と考えられるが、スペイン『Fichajes』によると、マドリーが来夏の獲得を画策。6000万ユーロ(約82億6000万円)強の金額で獲得できるチャンスがあるという。 ライプツィヒは9日、チェルシーからドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの復帰と来夏のスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)加入を相次いで発表。選手層の拡充ができたことにより、エンクンク移籍の可能性は少なからず大きくなったようだ。 なお、バイエルンもエンクンクを注視しているとのこと。来夏は欧州屈指の名門が火花を散らす争奪戦となるのだろうか。 2022.08.10 14:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーが完全移籍でライプツィヒ復帰

RBライプツィヒは9日、チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によれば2000万ユーロ(約27億6000万円)+アドオンとのことだ。 ヴェルナーは2020年夏にライプツィヒから5300万ユーロ(約72億8000万円で)の移籍金でチェルシーに加入。新たなエースとしての期待が寄せられていたが、イングランドではブンデスリーガで見せていたほどの決定力を発揮できず。昨シーズンはプレミアリーグで21試合出場4ゴール1アシストの成績にとどまるなど、不本意なシーズンを過ごした。 一時はユベントスやニューカッスルへの移籍も取り沙汰されたたが、古巣復帰となった。 なお、ヴェルナーはライプツィヒ在籍期間に156試合90ゴール40アシストと圧倒的なスタッツを叩き出していた。 2022.08.10 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目の大型FWシェシュコ、来夏ザルツブルクからライプツィヒへ移籍

RBライプツィヒは9日、姉妹クラブであるレッドブル・ザルツブルクのスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)の加入内定を発表した。2023年7月1日に正式加入となり、2028年夏までの5年契約を結ぶ。 昨季に公式戦36試合の出場で10得点7アシストとブレイクを遂げ、昨年6月にスロベニア代表デビューのシェシュコ。身長も190cm台とサイズも申し分なしの19歳を巡っては複数クラブとのリンクが取り沙汰され、注目度を高めていた。 最近もマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが争奪戦に名乗りと報じられたが、既報通り、エスカレーター式にライプツィヒ行きが決定。ザルツブルク側の要求もあり、加入は来シーズンからとなるが、シェシュコは移籍に満足感を示しながらも、新シーズンに集中していることを強調した。 「2023年にライプツィヒに移籍できること、すでにそれが決まっていることをとても嬉しく思っているよ。ライプツィヒはドイツのトップクラブの一つであり、ヨーロッパでの地位も徐々に確立しつつある。わずか数年の間に特別なサクセスストーリーが描かれたんだ」 「若い選手に焦点を当て、魅力的で攻撃的なサッカーをするこのクラブは僕にぴったりだと思う。ライプツィヒの街、スタジアム、そしてインフラ全体、さらにクラブの指導者たちとの交流によって、ライプツィヒへの移籍は絶対に正しい選択であると確信したんだ」 「だけど、今はザルツブルクでのシーズンに完全に集中しているよ。さらに成長し、できる限りの成功を収めたい」 なお、すでにオーストリア・ブンデスリーガは開幕を迎えており、シェシュコは開幕節のウィーン戦で1ゴール1アシストと早速結果を出している。 2022.08.09 18:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ザルツブルクの新たな注目株シェシュコ、姉妹クラブのライプツィヒに23年加入で去就決着か

レッドブル・ザルツブルクのスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)はRBライプツィヒ行きが濃厚視されるようだ。 昨季に公式戦36試合の出場で10得点7アシストとブレイクを遂げ、昨年6月にスロベニア代表デビューのシェシュコ。身長も190cm台とサイズも申し分なしの19歳を巡っては複数クラブとのリンクが取り沙汰され、沸々と注目度を高めている。 最近もマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが争奪戦に名乗りと報じられたが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、ザルツブルクの姉妹クラブとしても知られるライプツィヒが2023年の獲得で迫っているという。 ザルツブルク側は今夏の移籍を求めるオファーを拒否しており、シュシュコが今季もチームに残るのに満足感を示している模様。今週中にも成立に至る可能性があるとのことだ。 2022.08.09 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、ライプツィヒからDFアンヘリーニョをレンタルで獲得

ホッフェンハイムは8日、RBライプツィヒからスペイン人DFアンヘリーニョ(25)をレンタル移籍で獲得した。背番号は11を着用する。 マンチェスター・シティでプロキャリアをスタートしたアンヘリーニョは、複数のクラブへのレンタル、PSVへの完全移籍などを経て、2020年1月にシティからライプツィヒにレンタル移籍。その翌シーズンもレンタル期間延長で在籍していた中、昨年2月に完全移籍へ移行した。 ライプツィヒではここまで左のサイドバック、ウイングバックを主戦場に98試合12ゴール28アシストをマーク。昨シーズンはジェシー・マーシュ、ドメニコ・テデスコという2人の指揮官の下でも主力としてプレーしていた。 しかし、クラブは今夏の移籍市場でドイツ代表でも左サイドの主力を担うDFダビド・ラウムをホッフェンハイムから完全移籍で獲得。これにより、スペイン人DFは2番手に序列を下げる可能性があり、同クラブからの退団を希望していた。 ホッフェンハイムへのレンタルが決まったアンヘリーニョは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「3週間前、僕がホッフェンハイムのジャージーを着ることは予想外だった。だけどいまはここに来て、本当にワクワクしているよ」 「今シーズン、ホッフェンハイムが掲げるモダンで攻撃的、そして刺激的なサッカーを実現するために貢献したいと強く思っているよ。さあ行こう!」 2022.08.09 06:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly