ボーンマス、ハリー・ウィルソンの短期契約延長を発表!今季は7ゴールをマーク

2020.06.09 08:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーンマスは8日、リバプールからレンタル中のウェールズ代表MFハリー・ウィルソン(23)の契約期間を今シーズン終了まで延長したことを発表した。新型コロナウイルスの影響でシーズン終了が後ろ倒しになった欧州各国リーグでは契約上の問題が発生。通常は選手とクラブ間の契約は6月30日までとなっているため、シーズン終了が7月や8月にもつれ込んだ場合、クラブは当該選手を起用できなくなる。

その対策として、実質的な今季終了までの短期契約延長という特例が認められており、ウィルソンもその対象だった。

昨夏にレンタル移籍で加入したウィルソンは、今シーズンのプレミアリーグで27試合に出場しチーム2番目の7ゴールを記録している。残留を争うチームでキープレーヤーとなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

冬にはユナイテッドが獲得失敗、ボーンマスがFWキングへのウェストハムからのオファーを拒否

ボーマンスは、ノルウェー代表FWジョシュア・キング(28)に対するウェストハムからのオファーを拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 10月5日でヨーロッパの夏の移籍市場が閉幕した中、イングランドではプレミアリーグとEFLのクラブ(イングランド2部~4部)のクラブ間での移籍は16日まで認められている。 そんな中、ウェストハムがチャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスに所属するキングに興味。1300万ポンド(約17億9000万円)のオファーを出していた。 キングとボーンマスの契約は今シーズン限りで満了を迎えるため、適正なオファーであれば売却に応じるとみられていた。 ボーンマスは昨シーズンまでプレミアリーグに所属。キングは、2019-20シーズンのプレミアリーグで26試合に出場し6ゴール4アシストを記録。左ウイングを中心に、前線のあらゆるポジションで起用できることも興味を持たれる要因となった。 しかし、ボーンマスはキングに対しては1800万ポンド(約24億8000万円)のオファーを望んでいるとされている。 1年でのプレミアリーグ復帰を目指すボーンマスとしては、戦力をとどめたいところ。今夏キングには複数クラブが興味。今年1月にはマンチェスター・ユナイテッドが獲得に失敗していたほどだ。 まだ締め切りまで時間がある中で、ウェストハムがオファー額を上げるのかに注目が集まる。 2020.10.11 23:05 Sun
twitterfacebook
thumb

F・アンデルソンを放出したハマーズ、ボーンマスFWキング獲得に動くか?

ウェストハムはチャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスに所属するノルウェー代表FWジョシュア・キング(28)の獲得を目指しているようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が報じている。 ハマーズは6日、元ブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(27)をポルトに1年間のレンタルで放出。現在、[5-4-1]の布陣を採用する中、1トップ2シャドーの形を取る前線ではFWマイケル・アントニオ、FWジャロッド・ボーエン、MFパブロ・フォルナルスの3選手が好調を維持。さらに、ターゲットマンタイプのFWセバスティアン・アラー、技巧派MFマヌエル・ランシーニらもベンチに控えるが、全体的に選手層の薄さは否めなく補強が求められるところ。 そういった中、プレミアリーグの国際移籍期間は10月5日に閉幕したが、国内限定の移籍期間は10月16日まで開いており、チャンピオンシップからの補強が見込まれる。 当初はブレントフォードに所属するアルジェリア代表FWサイード・ベンラーマ(25)にも興味を示していたハマーズだが、2500万ポンド(約34億円)という高額な移籍金が障害となっている。 そこで、ボーンマスとの契約が残り1年を切り、より安価で獲得できることに加え、プレミアリーグでの実績、複数のポジションでプレー可能なキングに照準を合わせているようだ。なお、ボーンマスは移籍金として、1000万~1500万ポンド(約13億7000万~20億5000万円)を要求しているようだ。 昨シーズンのプレミアリーグ26試合で6ゴール4アシストを記録し、今年1月には古巣マンチェスター・ユナイテッド移籍の噂も囁かれたキング。本人はチャンピオンズリーグ(CL)に出場できるクラブを熱望し、今夏にはトッテナムやパリ・サンジェルマン(PSG)からの関心も伝えられたが、ここまで具体的なオファーは届かず。今後の去就が不透明な状況だ。 なお、同紙によると、ハマーズはF・アンデルソン放出に加えて、週給10万ポンド(約1360万円)の高給を受け取っていた元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(28)との契約解除により、財政面に余裕が出てきたという。 そのため、今後キング獲得に向けたオファーを準備すると共に、デイビッド・モイーズ監督の求めるDFの獲得に動き始める可能性があるようだ。 2020.10.08 21:44 Thu
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、昨季アトレティコでトップデビューのMFリケルメをレンタル!

ボーンマスは1日、アトレティコ・マドリーからスペイン人MFロドリゴ・リケルメ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アトレティコのカンテラ出身のリケルメは、昨年9月に行われたエイバルとのラ・リーガの一戦でトップチームデビュー。その後、今年1月のコパ・デル・レイのクルトゥラル・レオネッサでもプレーした。 右ウイングを主戦場に創造性と足元の技術に長けたドリブラーは、先月にトップチーム昇格が決定していた。 ただ、十分な出場機会を与えたいクラブの考えもあり、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスへ武者修行に出ることになった。 2020.10.01 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがデラップ&フォーデン弾でボーンマスを撃破!4回戦ではバーンリーと激突《EFLカップ》

マンチェスター・シティは24日、EFLカップ3回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するボーンマスと対戦し、2-1で勝利した。 21日に新シーズンの初戦となるプレミアリーグ第2節でウォルバーハンプトンを撃破したシティは、その試合から先発メンバーを8人変更。マフレズやロドリ、ウォーカーらに加え、フォーデンやデラップら多くの若手が先発。また、新戦力のフェラン・トーレスを初先発となった。 立ち上がりからボールを握って押し込むシティは18分、フォーデンのパスで相手DFの裏に抜け出したデラップがボックス内まで持ち上がりシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、シティが先制に成功した。 追加点を狙いたいシティだったが22分、ドリブルで持ち上がったブルックスのパスをペナルティアーク左のゴスリングがワンタッチで流すと、ボックス内で受けたサリッジがベルナベをかわしシュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、試合は振り出しに戻った。 追いつかれたシティは34分にアクシデント。左足を負傷したベルナベがプレー続行不可能となり、メンディが緊急投入された。ハーフタイムにかけてもシティが主導権を握ったが、追加点は奪えず。前半は1-1で終了した。 後半もボールを支配するシティだが、守備時に5枚のディフェンスラインを組み固いブロックを敷くルートンに苦戦。アタッキングサードでのアイデアも足りず、決定機まで持ち込めない時間が続いた。 痺れを切らしたシティは、61分にロドリを下げてデ・ブライネ、67分にドイルを下げてスターリングと立て続けに主力を投入。 すると75分、ボックス内のフォーデンとパス交換で中央に切り込んだマフレズがボックス手前からシュート。相手DFにディフレクトしたシュートは、右ポストを叩いたが、跳ね返りをフォーデンが押し込み、シティが勝ち越しに成功した。 結局、これが決勝点となり2-1で勝利したシティが4回戦進出を決めた。なお、シティは4回戦でバーンリーと対戦する。 2020.09.25 05:50 Fri
twitterfacebook
thumb

カラム・ウィルソン獲得のニューカッスル、ボーンマス退団のフレイザーをフリーで獲得!

ニューカッスルは7日、ボーンマスを退団していたスコットランド代表MFライアン・フレイザー(26)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの5年間となっている。 フレイザーは2013年1月にボーンマス加入以降、主力として活躍。2018-19シーズンにはプレミアリーグで7ゴール14アシストの印象的なパフォーマンスを披露していた。昨シーズンはリーグ戦28試合1ゴール4アシストと、18位で降格となったチーム同様に苦しいシーズンを過ごしたものの、リーグ屈指の快足ウイングとして高い評価を集めている。 そのフレイザーに対し、アーセナルやトッテナムへの加入が取り沙汰され、ここ最近ではクリスタル・パレス、ウェストハムといずれもロンドンのクラブへの移籍が噂されていたが、新天地はタインウェアとなった。 なお、ニューカッスルでは同日、ボーンマスでフレイザーの同僚だったイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)を2000万ポンド(約28億2200万円)で獲得していた。 2020.09.08 02:00 Tue
twitterfacebook