マラドーナ監督がヒムナシア・ラ・プラタと2021年まで契約延長!

2020.06.04 06:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヒムナシア・ラ・プラタは3日、ディエゴマラドーナ監督(59)と2021年まで契約を延長したことを発表した。

マラドーナ監督は昨年9月にヒムナシア・ラ・プラタの指揮官に就任。アルゼンチン1部リーグ5試合を消化して1分け4敗の24チーム中最下位に位置していたチームを引き継いだ。一時は就任から2カ月半で退任する騒動もあったが、2日後に再任が決まった中、6勝5分け12敗の戦績を残し、チームは19位となっていた。



なお、アルゼンチンリーグは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により3月にシーズン中止が決定。降格チームを出さない方針を決め、2020-21シーズンは26チームで争われる。


関連ニュース
thumb

開幕2節メンバー外のグラスホッパーMF川辺駿、ついに労働許可が下りる

スイスのグラスホッパーは4日、日本代表MF川辺駿に労働許可が下りたことを発表した。 7月8日にサンフレッチェ広島から3年契約で加入した川辺。チームに合流しトレーニングを行なっていた。 クラブのインタビューでは英語で対応するなどし、「グラスホッパーのプロジェクトは、僕にとってエキサイティングでした。だから、このチームに加入することを決めました」と移籍の経緯を語り、「チームに早く適応しなければならないので、最善を尽くします」と意気込みを語っていた。 スイス・スーパーリーグは7月25日に開幕。すでに2節が終わり、バーゼル戦、ヤング・ボーイズ戦と川辺はメンバー外となっていた。 そんな中4日、グラスホッパーが声明を発表。「川辺駿の労働許可に関して、移民局から発行されたことをお知らせします」と、労働許可がやっと下りたことを発表した。 また「土曜日(7日)の夜に行われるローザンヌ・スポーツとのホームゲームに参加が可能となります」とし、「近いうちに川辺がピッチに立つのを楽しみにしています」と期待を寄せていた。 グラスホッパーは開幕戦のバーゼル戦に敗れたものの、第2節のヤング・ボーイズ戦は0-0のゴールレスドローに終わっていた。 2021.08.05 16:18 Thu
twitterfacebook
thumb

中島翔哉が悩みの種? ポルトで戦力外、具体的な行き先もなしの現状

夏の移籍市場が閉鎖するまで1カ月を切った中、ポルトには悩みの種があると現地で報道。その1つがMF中島翔哉(26)だという。 ポルトガル『Notícias Última Hora』によると、ポルトは3つの悩みの種があるとのこと。それが、中島、そして浦和レッズでもプレーしたMFエヴェルトン、DFジョアン・ペドロの去就とのことだ。 3選手ともにセルジオ・コンセイソン監督の構想からは完全に外れている状況。チームに残っても出番はなく、放出に向けてチームは動いているようだ。 ポルトガル『O Jogo』によれば、ジョアン・ペドロとエヴェルトンに関してはポルティモネンセが獲得に興味を示しているとのこと。それぞれブラジル、ポルトガルでトレーニングを積んでいる状況だ。 一方で、中島に関しては状況が異なるとのこと。ポルトガルに戻り、クラブと話をする段階だと言い、具体的な行き先はないという。 中島は今年1月にポルトからアル・アインへとレンタル移籍。しかし、デビューしたのもつかの間、トレーニング中に脛骨骨折とじん帯損傷の重傷を負い、アル・アインでは2試合でキャリアを終えていた。 イタリアやスペイン、日本からの興味があるとも言われた中島だが、果たしてどうなるのか。ポルトでも日本代表でも10番を奪われた中、再起を図る新天地が注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】中島翔哉、ポルトでのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4RTBqYmVacyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.05 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアのピッチに“珍客”現る…GKの表情が一変し試合が一時中断

すでに新シーズンが開幕しているロシア・プレミアリーグ。2日に行われた第2節のアフマト・グロズヌイvsソチの一戦では、思わぬ珍客によって試合が一時中断する事態になった。 試合開始5分、ソチが左サイドを突破し、ボックス内に侵入するもGKジョルジ・シェリアが果敢に飛び出し、ボールをキャッチする。ボールを抱え込んでピッチに突っ伏す格好となったシェリアだが、次の瞬間に怪訝な表情を見せると、急いで主審を呼びつける。 なんとボックス内に生きたヘビがいたようで、すぐさま警備員が到着。手袋と熊手を装備した警備員によって約2分後にヘビは無事保護された。 その後再開された試合はソチが1-2で勝利を収めたが、この試合はアフマト・グロズヌイにとって今シーズン初のホームゲーム。オフシーズンの間にスタジアムに棲みついたのかもしれない。 過去にも犬や鳥がピッチに乱入したことはあれど、ヘビはかなり珍しいのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】セーブしたら目の前にヘビ!スタッフに保護される瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKMkN3TXNEWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.05 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

元チェルシーのジェフリー・ブルマがトルコへ移籍

トルコのカスムパシャが4日、元オランダ代表DFジェフリー・ブルマ(29)をフリーで獲得したことを発表した。契約は1年の延長オプションが付いた2年となる。 かつてその才能が高く評価され、2007年夏にフェイエノールトからチェルシーの下部組織に入団したブルマ。2009年にトップチームデビューするも、定着できずにレスター・シティやハンブルガーSVへレンタルした後、PSVやヴォルフスブルクを渡り歩いた。 2013年夏にチェルシーから完全移籍したPSVでは、在籍3年で公式戦129試合に出場し主力として活躍。この間はオランダ代表としてもレギュラーを張っており、一度キャプテンを任されたことも。 2016年夏からはヴォルフスブルクでプレーしたが、ヒザのケガが祟って調子を落とし、シャルケやマインツをレンタルで転々。昨季は完全構想外となり、DFBポカール1試合の出場にとどまっていた。 2021.08.04 21:44 Wed
twitterfacebook
thumb

セルティック移籍を喜ぶハート「偉大なクラブに移籍できて、心から喜んでいる」

元イングランド代表GKジョー・ハート(34)が、セルティック移籍の喜びを語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ハートは2006年からマンチェスター・シティに守護神として君臨し、44シーズンぶりのプレミアリーグ優勝にも貢献した。しかし、2016年にジョゼップ・グアルディオラ監督が就任すると序列は低下。トリノ、ウェストハムへのレンタル移籍を経た後で、2018年8月にバーンリーへ完全移籍となった。 しかし、バーンリーでも守護神の座は得られず、2020年夏にトッテナムへ移籍。GKウーゴ・ロリスのバックアップとしてヨーロッパリーグ8試合を含む公式戦10試合に出場したが、今夏にイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニが加入したこともあり、3日にセルティック移籍が発表された。 セルティック加入に際し、ハートは歴史あるクラブに加われたことへの喜びを語り、少しでも早く熱狂的なファンの前でプレーがしたいと語っている。 「これは僕のキャリアにとって素晴らしい瞬間だ。セルティックのような偉大なクラブに移籍できて、心から喜んでいる」 「僕はこのクラブがどれほど大きな存在であるか、そしてどれだけファンから素晴らしいサポートを受けているのかを知っている。(本拠地である)セルティック・パークのファンの前でプレーするのが、今から待ち遠しいよ」 「新しいチームメイトと会うのを楽しみにしている。特に、他のゴールキーパーたちと一緒に仕事をするのが楽しみだ」 2021.08.04 12:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly