パルチザン浅野拓磨が1G1Aの活躍で再開初戦の勝利に貢献!《セルビア・スーペルリーガ》

2020.05.31 05:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パルチザン・ベオグラードに所属する日本代表FW浅野拓磨がゴールをマークした。新型コロナウイルスのパンデミックが収まりつつある中、セルビアでも29日に無観客でリーグが再開。セルビアリーグでは16チームがホーム&アウェイの計30試合を戦った後、上位8チームと下位8チームに分けてプレーオフ・ラウンドを行う方式を取っているが、今回の事態を受けて、セルビアサッカー連盟(SFF)はリーグ戦のみの結果で優勝や降格を決めることを発表していた。

パルチザンは30日、セルビア・スーペルリーガ第27節でムラドストとホームで対戦。浅野は前半のみプレーした。

試合が動いたのは12分、味方の縦パスでボックス中央から侵入した浅野が相手DFを引きつけると、ヒールで絶妙なラストパスを供給。これを左から走り込んだマルコビッチが流し込んだ。

先制点で勢いづくパルチザンは、19分にもナトホのパスをボックス内で受けた浅野が飛び出したGKを冷静にかわしゴールネットを揺らした。その後、23分にムラドストに1点を返されたが、パルチザンがリードを保ち前半を終えた。

迎えた後半、パルチザンは浅野を下げてステファノビッチを投入。後半も主導権を握るパルチザンは、62分にサディクがPKを決めて3点目を奪うと、70分にもペナルティーアーク内まで切り込んだステファノビッチがゴールネットを揺らした。結局、試合は4-1で終了。浅野の1ゴール1アシストなどでパルチザンが再開初戦を勝利で飾った。

なお、首位のツルヴェナ・ズヴェズダが前日の試合で勝利したことにより、3試合を残して同クラブのリーグ3連覇が決定。2位のパルチザンは今後、3位以内に与えられる来季のヨーロッパリーグ予選出場権の確保が目標となる。
コメント
関連ニュース
thumb

森岡、浅野が共に先発の日本人対決はレザエイの芸術FKでシャルルロワに軍配!《EL予選》

ヨーロッパリーグ予選3回戦のシャルルロワvsパルチザンが24日に行われ、2-1でシャルルロワが勝利した。シャルルロワのMF森岡亮太はフル出場、パルチザンのFW浅野拓磨は111分までプレーした。 昨季のベルギーリーグで3位となり予選3回戦から登場したシャルルロワと、予選2回戦でスファンツル・ゲオル(モルドバ)を下したパルチザンにより一戦。 森岡と浅野が共にスタメンとなり日本人対決となった中、先手を取ったのはシャルルロワ。10分、森岡の右CKをボックス中のレザエイが右足で合わせると、相手GKの弾いたボールをデソレイルが流し込んだ。 先制を許したパルチザンだが、後半立ち上がりに試合を振り出しに戻す。53分、マルコビッチのパスをボックス右で受けた浅野が縦への仕掛けから折り返しを供給。これを中央でフリーのソウマーがワンタッチで流し込んだ 結局、互いに勝ち越しゴールを奪うまでには至らず、プレーオフ進出を懸けた一戦は延長戦に突入。迎えた延長戦、先にスコアを動かしたのはシャルルロワだった。 107分、スルーパスに反応したフォールの突破を阻もうとしたオストイッチがスライディングタックルの際にハンドを犯し、シャルルロワはボックス左手前でFKを獲得。レザエイの直接FKは左ポスト内側を叩きながらも、そのままゴールネットに吸い込まれた。 結局、これが決勝点となり2-1で勝利したシャルルロワがプレーオフ進出を決めた。なお、シャルルロワはプレーオフでポーランドのレフ・ポズナンと対戦する。 2020.09.25 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

浅野所属のパルチザン、ミロシェビッチ監督が判定巡り大暴れ…収音マイクを破壊

FW浅野拓磨が所属するパルチザン・ベオグラードのサヴォ・ミロシェビッチ監督が、8月30日に行われたヴォイヴォディナ戦で大暴れを見せた。イギリス『CAUGHT OFFSIDE』が伝えている。 現役時代に名ストライカーとして活躍したミロシェビッチ監督は、その一方で熱血漢としても知られている。そして、2-3で敗れたヴォイヴォディナ戦ではその熱血漢ぶりを発揮することに。 前半終盤に小競り合いが起きて自軍の選手が1人退場を強いられるなど、荒れ模様の試合展開の中で完全に頭に血が上っていたミロシェビッチ監督は、後半半ばに怒りが爆発。 FWウマル・サディクが突破しかけたところを相手DFにファウル気味に止められるも、主審がノーファウルで流すと、ピッチサイドにいた同監督はドリンクボトルをピッチに投げ込む暴挙に出る。その後、チームスタッフに宥められるも主審からは退席処分を言い渡された。 これで完全に我を忘れたミロシェビッチ監督は、ピッチサイドを離れる際にも中継用の収音マイクを豪快に蹴り上げて破壊。悪態を付きながらロッカールームへと引き上げていった。 現時点でリーグ機構側からの処分は明かされていないが、少なくとも数試合単位のベンチ入り禁止と高額な罰金処分が待っているはずだ。 <div id="cws_ad">◆豪快なキックで収音マイクを破壊<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Savo Milosevic completely loses it after a foul is not called and throws his water bottle at the referee and kicks a mic on his way out. <br><br>Partizan went on to lose 3-2 to Vojvodina in stoppage time. <br><br>Possibly his final match as Partizan manager. <a href="https://t.co/FxBbBtQLFA">pic.twitter.com/FxBbBtQLFA</a></p>&mdash; Serbian Football (@SerbianFooty) <a href="https://twitter.com/SerbianFooty/status/1300144402724257794?ref_src=twsrc%5Etfw">August 30, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.01 17:41 Tue
twitterfacebook
thumb

パルチザン浅野拓磨がハットトリック! 開幕5試合で6ゴールと絶好調《セルビア・スーペルリーガ》

パルチザン・ベオグラードの浅野拓磨が絶好調だ。 パルチザンは22日に行われたセルビア・スーペルリーガ第5節でインジャと対戦。開幕から4試合で3得点をマークする浅野は5試合連続で先発入りした。 目下3戦連発中の浅野はこの試合でも磨きがかかる得点力を遺憾なく発揮。1点リードの48分に味方とのワンツーで抜け出してボックス内に抜け出すと、左足の浮き球シュートでゴールネットを揺らして、チーム2得点目を記録した。 さらに3点リードの65分にも縦パス1本を起点にしたカウンターから味方の相手GKを交わすラストパスに左足シュートで合わせて、自身2点目。続く76分にはボックス左からの折り返しを左足で押し込み、ハットトリックを達成した。 結局、パルチザンは5-0の快勝。82分にピッチを退いた浅野はチームの3連勝に大きく貢献した。 パルチザン・ベオグラード 5-0 インジャ 【パルチザン】 ナトホ(前20[PK]) 浅野拓磨(後3、後20、後31) ズェラー(後15) 2020.08.23 09:35 Sun
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨先発のパルチザン、ツルヴェナ・ズヴェズダとのダービー制しカップ戦決勝進出!《セルビアカップ》

パルチザン・ベオグラードは10日、セルビアカップ準決勝でツルヴェナ・ズヴェズダと対戦し、1-0で勝利。決勝進出を決めた。 浅野拓磨が所属するパルチザンとツルヴェナ・ズヴェズダによる“ベオグラード・ダービー”となった準決勝。浅野はこの試合で先発出場した。 序盤から積極的な攻勢を見せたのはパルチザン。浅野も積極的なドリブルからのシュートを見せていた。 後半に入るとツルヴェナ・ズヴェズダも攻勢を強めるが、先制したのはパルチザンだった。 58分、ボックス内左でサディク・ウマルがドリブルを仕掛けると、相手DFをかわし中央へパス。浅野が待ち構えたが、その後ろに現れたビブラス・ナトホが押し込み、パルチザンが先制する。 その後はツルヴェナ・ズヴェズダが積極的に攻め込むも、パルチザンが集中した守備でゴールを許さず。オープンな展開になるもゴールは生まれず試合終了。1-0でパルチザンが勝利し、ヴォイヴォディナが待つ決勝へ駒を進めた。 2020.06.11 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

セルビアリーグ、ツルヴェナ・ズヴェズダの3連覇が決定! 最多31回目の優勝に

セルビア・スーペル・リーガの第27節が29日に行われ、3試合を残してツルヴェナ・ズヴェズダの優勝が決定した。 新型コロナウイルスのパンデミックが収まりつつある中、セルビアでも29日に無観客でリーグが再開した。 通常、セルビアリーグは16チームがホーム&アウェイの計30試合を戦った後、上位8チームと下位8チームに分けてプレーオフ・ラウンドを行う方式を取っている。しかし、今回の事態を受けて、セルビアサッカー連盟(SFF)はリーグ戦のみの結果で優勝や降格を決めることを発表。その再開初戦となる第27節が各地で行われた。 FW浅野拓磨が所属する2位のパルチザンと勝ち点差「11」で首位に立っていたツルヴェナ・ズヴェズダは、15位のラド・ベオグラードと対戦。前半24分にMFミルコ・イバニッチのPKで先制すると、前半だけで3点のリードを得る余裕の展開に。後半には、元横浜F・マリノスのMFミロシュ・デゲネクもゴールを決めて、アウェイで0-5の快勝を収めた。 これで、30日に試合を控えるパルチザンとの勝ち点差をキープし、3試合を残して優勝が決定。3連覇及び、自己記録更新となる最多31回目のリーグ優勝を達成した。 2020.05.30 14:55 Sat
twitterfacebook