スペイン中堅クラブ関心のアルゼンチン代表SBモンティエルにユベントスも?

2020.05.29 18:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーベルプレートに所属するアルゼンチン代表DFゴンサロ・モンティエル(23)がヨーロッパからの関心を集めているようだ。

同クラブの下部組織出身のモンティエル。攻撃的センスが魅力の右サイドバックで、クロスの精度も上々。昨年3月にはアルゼンチン代表デビューも果たした逸材だ。

すでに関心を寄せるクラブは多く、スペインではセビージャやバレンシア、ベティスといった中堅どころが、イタリアではローマやユベントスが目を光らせていると伝えられている。
『コリエレ・デッロ・スポルト』などのイタリアメディアによると、ローマが特に強い関心を持っているようで、FWディエゴ・ペロッティ、MFハビエル・パストーレ、DFフェデリコ・ファシオらアルゼンチン組を放出し、同胞の若手を呼び寄せる計画を立てているという。

リーベルプレートとの契約には1500万ユーロ(約18億円)の契約解除条項が設定されているが、ローマは1100万ユーロ(約13億円)の移籍金を用意していると見られている。

一方でスペインでは、セビージャやバレンシアの最も大きな壁となるのはユベントスになるだろうと推測している。


関連ニュース
thumb

幹部が総退陣のユベントス、アッレグリ監督はひとまず留任へ

クラブ幹部が総退陣となった激震のユベントスだが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はひとまず留任することになるようだ。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 クラブはすぐさまジャンルカ・フェレーロ氏を新会長に任命したが、クラブの今後が不透明ということもあり、アッレグリ監督の去就にも注目が集まるところ。 そういった中、同クラブの株式の過半数を所有する『Exor』の会長であり、アニェッリ家の血をひくジョン・エルカーン氏が、同監督の留任を発表した。 「アッレグリはユベントスプロジェクトの重要な部分であり、我々は彼が再び勝利することを信頼している」 一方、アッレグリ監督はエルカーン氏の声明後、『フットボール・イタリア』の取材に対して現時点での自身の考えを明らかに。ひとまずピッチの出来事だけに集中していると語った。 「株主からの親近感を感じることは常に非常にポジティブなことであり、ジョン・エルカーンがこのような言葉をかけてくれたことに感謝している」 「この数年間の仕事、情熱、そして勝利において、私は常にアンドレア・アニェッリのサポートに頼ることができた」 「アンドレアとジョンはユベントスという世界において参考人であり、我々全員が望む結果を得るために、ピッチでの日々の仕事に集中し続けなければならない」 エルカーン氏の前述の声明によると、アッレグリ監督は少なくとも今シーズンいっぱいはユベントスを指揮することが確実だが、今後の捜査次第では高額な罰金や強制降格の可能性まで、あらゆるリスクを抱えており、今夏にクラブを離れる可能性は十分にある模様だ。 2022.11.30 06:14 Wed
twitterfacebook
thumb

激震のユベントス、早くも新会長が決定! 「ユベントスに対する純粋な情熱を持っている」

ユベントスの新会長にジャンルカ・フェレーロ氏が就任する見込みとなった。同クラブの株式の過半数を所有する『Exor』が発表した。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 だが、間髪入れず後任が決まることに。フェレーロ氏は1963年にトリノで生まれ、1988年に経済学部を卒業。公認会計士や監査役など多くの肩書を持ち、様々な企業の取締役を務める敏腕ビジネスマンだ。 『Exor』は同氏について「確かな経験と必要な技術力、そしてユベントスというクラブに対する純粋な情熱を持ち、このポジションに最もふさわしい人物である」と太鼓判。来年1月18日に開かれる株主総会に先立って新会長を発表した。 なお、イタリア『メディアセット』によれば、そのほかの取締役会の新メンバー候補者は株主総会の25日前にリストが明かされるとのことだ。 2022.11.29 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

役員総辞職のユーベ、新体制発足は1月半ば…冬の補強は困難に

アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする役員の総辞職を発表したユベントス。1月の補強は不可能と見られている。 突如アナウンスされたユベントス重役らの総辞職。ここ最近のユベントスは、チームの成績不振に加え、契約や移籍などに関連する虚偽会計が問題視され、検察の調査対象に挙がっていた。 上層部に疑惑の目が向けられていた中、クラブはアニェッリ会長を筆頭にパベル・ネドベド副会長ら役員が辞任。「取締役会のメンバーは懸案の法的および技術的、会計的な問題の重要性と関連性を考慮し、ユベントスが問題に対処するために新たな取締役会の擁立が最善だと判断した」との声明を発表しており、激震が走ることになった。 今後はマウリツィオ・アリバベーネCEOが引き継ぎのためしばらくクラブに留まり、マウリツィオ・スカナビノ氏を新CEOとして上層部が再構成されていく。ただ、会長を含めた新たな取締役会は来年1月18日に発足される予定となっており、資金調達は不可能。そのため、冬の移籍市場での補強は現状では見込めないようだ。 また、問題視された虚偽会計が示すように、ユベントスはここ数カ月で記録的な損失を被っており、財政状態は火の車。以前の報道ではバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイやビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスの獲得を検討していると言われたが、そんな余裕はなさそうだ。 2022.11.29 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

激震のユベントス役員総辞職、OBマルキジオも驚愕「驚きを隠せない」

ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長をはじめとする役員の総辞職に、クラウディオ・マルキジオ氏が見解を示している。 突如アナウンスされたユベントス重役らの総辞職。ここ最近のユベントスは、チームの成績不振に加え、契約や移籍などに関連する虚偽会計が問題視され、検察の調査対象に挙がっていた。 上層部に疑惑の目が向けられていた中、クラブはアニェッリ会長を筆頭にパベル・ネドベド副会長ら役員が辞任。「取締役会のメンバーは懸案の法的および技術的、会計的な問題の重要性と関連性を考慮し、ユベントスが問題に対処するために新たな取締役会の擁立が最善だと判断した」との声明を発表しており、激震が走ることになった。 これを受け、アニェッリ政権の黄金期のメンバーだったマルキジオ氏も驚きを隠せなかった模様。イタリア『Il Principino』の取材で「明らかに驚くべきことだ。ただ、コメントする前に何が起こったのかを理解する必要がある」と、クラブOBとしては初めて言及した人物となった。 なお、同氏はユベントスで通算389試合に出場し、37ゴール42アシストを記録。7度のスクデットや3度のコッパ・イタリア優勝などに貢献した。 2022.11.29 16:55 Tue
twitterfacebook
thumb

虚偽会計などの疑惑がつきまとうユーベ、会長ら役員が総退陣…「新たな取締役会の擁立が最善」

ユベントスの重役が一斉辞任した。 ユベントスではここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に。アンドレア・アニェッリ会長をはじめ、役員に疑惑の目が向いている。 そのなか、ユベントスは28日に声明を公式サイトで発表。2021年6月30日時点の財務諸表が「会計処理の適用原則における範囲内」とした一方で、「慎重さを期すため、会計処理の変更」を決めたという。 また、同日の臨時総会には全役員が出席して会合が行われたとのことで、アニェッリ会長をはじめ、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職という、チーム内に激震が走る決断を明らかにしている。 「取締役会のメンバーは懸案の法的および技術的、会計的な問題の重要性と関連性を考慮し、ユベントスが問題に対処するために新たな取締役会の擁立が最善だと判断した」 「このため、アンドレア・アニェッリ会長の提案に基づいて、取締役会の刷新に関する決定をできるだけ早く株主総会に提議できるよう出席した役員全員が辞すると表明した」 ユベントスは長らくアニェッリ家の所有下にあり、パヴェル・ネドベド副会長らとともに総退陣を決めたアニェッリ氏は2010年5月から会長に。前人未踏のセリエA9連覇を含む19個のタイトルを手にしたほか、自前のスタジアム建設にも尽力した。 なお、最高経営責任者(CEO)のマウリツィオ・アリバベーネ氏も現職を放棄する一派に含まれているが、取締役会は維持を要請。ゼネラルマネージャー(GM)にはマウリツィオ・スカナヴィーノ氏が就くという。 2022.11.29 13:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly