サンプドリア、元パラグアイ代表MFバレットとの契約を双方合意の下で解除

2020.05.28 08:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアは27日、元パラグアイ代表MFエドガル・バレット(35)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。

パラグアイ代表として60試合の出場歴を持つバレットは、レッジーナ、アタランタ、パレルモを経て2015年夏にサンプドリアに加入。サンプドリアでは公式戦110試合に出場して5ゴール4アシストを記録。セリエAでは通算264試合に出場して11ゴール17アシストを記録した。

しかし今季は負傷の影響もあり、セリエAでわずか2試合の出場に留まっていた。


コメント
関連ニュース
thumb

【セリエA第6節プレビュー】3連勝に貢献の吉田がジェノヴァ・ダービー出場へ、ナポリvsサッスオーロの上位対決も

前節行われたミランvsローマの好カードはミランが3度のリードを生かせず3-3の引き分けに終わり開幕からの連勝が4で止まった。ナポリ、インテル、ラツィオが勝利を収めた一方、ユベントスがヴェローナに引き分けて2戦連続ドローと躓いている。迎える第6節、アタランタ撃破に貢献したサンプドリアのDF吉田がジェノアとのダービーに挑む。 アタランタ戦では前半にFWラマースを、後半から出場したFWサパタを封じる役割を果たした吉田。ラツィオ戦に続く強豪相手の快勝劇に貢献した吉田は先発予想となっているが、3試合ゴールのない地元のライバルを撃破し、サンプドリアを4連勝に導けるか。7月に行われた昨季後半のダービーでは敗れているだけにリベンジを果たしたい。 また、今節は勝ち点11で並ぶナポリvsサッスオーロの上位対決が開催される。ナポリは前節ベネヴェント戦をFWインシーニェ兄弟のゴールの共演があった中、2-1と逆転勝利して4勝1敗とした。ユベントス戦の不戦敗がなければ全勝と最高のスタートを切っている中、ナポリの14ゴールを上回るリーグ最高の16ゴールをマークしているサッスオーロとの上位対決を制すことはできるか。 FWイブラヒモビッチがドッピエッタ、FWレオンが2アシストと活躍したものの、ローマに粘られて引き分け、開幕5連勝を逃したミランはウディネーゼとのアウェイ戦に臨む。木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)のスパルタ・プラハ戦では主力を半数程温存した中で快勝とし、コンディション面で不安はない。1勝4敗と苦しいスタートとなっているウディネーゼを下して首位キープとなるか。 FWルカクの3戦連発弾でジェノアを退けてリーグ戦3試合ぶりの勝利を飾ったインテルは、パルマとのホーム戦に臨む。火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦では優勢に試合を進めながらもゴールレスドローに終わった。CL2戦連続ドロースタートと躓いた中、1勝1分け3敗のパルマに勝利してリーグ戦連勝としたい。 前節ヴェローナ戦ではVARにも泣かされ、格下相手に2戦連続引き分けと躓いているユベントスは、2勝3分けスタートとなった。スタートダッシュに失敗し、不安が募るピルロ体制下のユベントスは、水曜に行われたCLバルセロナ戦では0-2と完敗。良いところなく敗れ、ピルロ監督への懐疑的な目が益々強まる中、1勝2分け2敗スタートの昇格組スペツィア相手には必勝が求められる。 CLを戦っている影響もあってか、完敗でリーグ戦2連敗となったアタランタ。火曜に行われたCLではアヤックス相手に2点のビハインドを負った中、FWサパタの2ゴールで引き分けに持ち込んだ。そのアタランタは1分け4敗スタートのクロトーネ相手にリーグ戦3戦ぶりの勝利を目指す。 ゴールが取り消されるVARにも泣かされ、ラツィオに惜敗して3連敗となったボローニャ。リーグ戦38試合連続失点を喫し、5大リーグにおける不名誉記録を更新してしまった中、冨安はカリアリ(2勝1分け2敗)相手に連続失点と連敗を止められるか。 一方、ボローニャに勝利して開幕節以来となる勝利を飾ったラツィオはトリノとのアウェイ戦を、ミランの連勝を止めたローマはフィオレンティーナとのホーム戦を戦う。 ◆セリエA第6節 ▽10/31(土) 《23:00》 クロトーネvsアタランタ 《26:00》 インテルvsパルマ 《28:45》 ボローニャvsカリアリ ▽11/1(日) 《20:30》 ウディネーゼvsミラン 《23:00》 スペツィアvsユベントス トリノvsラツィオ 《26:00》 ローマvsフィオレンティーナ ナポリvsサッスオーロ 《28:45》 サンプドリアvsジェノア ▽11/2(月) 《28:45》 ヴェローナvsベネヴェント 2020.10.31 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!誰も予想できない天才カッサーノのイマジネーション

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月26日にご紹介するのは、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏がサンプドリア時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆カッサーノの天才ぶりが分かる予想外なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKOTU5eVhleiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! ゴールキックからわずか4タッチ目でのスーパーゴール。悪童の閃きが光るアイデアに関心です。 ◆誰も予想できない天才の発想 カッサーノ氏のデビューは1999年。当時セリエAだったバーリでプロデビューを果たし、1年半後にセリエAチャンピオンだったローマに引き抜かれました。そこからスターダムを駆け上がるかと思われましたが、度重なる問題行動で多くのクラブを転々とすることになります。 それでもそのスキルは本物。サンプドリア時代の2010年3月21日に行われたセリエA第29節のユベントス戦では、見事なゴールを決めています。 ゴールレスで迎えた77分、サンプドリアはGKマルコ・ストラーリのゴールキックをMFダニエレ・マンニーニが落とし、これにカッサーノが反応します。ギリギリのところでボールを拾い、やや体勢を立て直すと、そのまま相手の意表を突くロングシュートを。これを相手GKアントニオ・キメンティが手に当てるもボールはそのままゴールに吸い込まれました。 ゴールキックからわずか4タッチでのこのゴールが決勝点となり、カッサーノがその才能をまじまじと見せつけました。なお、ユベントスのGKキメンティはこの失点への怒りから試合後に拳でテーブルを殴り、右手の指を骨折してしまうというエピソードもありました。 2020.10.26 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 後半AT土壇場での同点弾!セリエA時代のブルーノ・フェルナンデスのボレーに釘付け

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月25日にご紹介するのは、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがサンプドリア時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ブルーノ・フェルナンデスの豪快かつ正確なボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJicnAwS3kwSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 後半アディショナルタイムにチームを救う豪快なボレーシュート。男でも惚れちゃうようなシーンでのスーパーゴールです。 ◆今やユナイテッドの中心となったブルーノ・フェルナンデスのイタリア時代 B・フェルナンデスは2020年1月にスポルティング・リスボンからユナイテッドに加入すると、すぐさまチームの中心選手となり、ここまでの公式戦27試合で15ゴール11アシストという圧巻の数字を残しています。 スポルティング以前は主にイタリアでプレーし、ウディネーゼやサンプドリアに所属していたB・フェルナンデスですが、サンプドリア時代の2016年10月2日に行われたセリエA第7節のパレルモ戦では、当時22歳のB・フェルナンデスがその潜在能力を示しています。 1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイム、相手を押し込んだサンプドリアは、敵陣左サイド深くからクロスを上げます。このボールは相手DFに頭でクリアされるものの、そのこぼれ球がワンバウンドしながらボックス外で待ち構えていたB・フェルナンデスのもとへ。 シュートモーションに入ったB・フェルナンデスは、狙いすまして右足を振り抜くと、抑えの利いたシュートは、ややアウト回転がかかりながらドライブしてゴールネットに突き刺ささり、土壇場での貴重な同点弾となりました。 B・フェルナンデスはボールをミートするまで、視線をボールから全く離しておらず、その上手さの秘訣が分かるゴールでした。 2020.10.25 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のサンプドリアが強豪アタランタを下して3連勝!《セリエA》

セリエA第5節、アタランタvsサンプドリアが24日に行われ、1-3でサンプドリアが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節ナポリ戦ではまさかの4失点完敗を喫し、開幕からの連勝が3で止まったアタランタ。ただ、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではミッティラン相手に自慢の攻撃力が炸裂して4-0の快勝を飾った。そのアタランタはミッティラン戦のスタメンから7選手を変更。D・サパタやゴセンズ、ハテブールにフロイラーら主力がベンチスタートとなった。 対するサンプドリアは前節ラツィオ戦を3-0と快勝し2連勝。連勝に貢献した吉田は3試合連続スタメンとなった。 [3-5-2]で臨んだアタランタは2トップにイリチッチとラマース、トップ下にアレハンドロ・ゴメスを据えた。 そのアタランタが押し込む展開としていたが、サンプドリアが13分に先制する。カウンターの流れからダムスゴーアのパスを受けたクアリアレッラがボックス左に侵入し、DFを外してシュート。左足で放たれた強烈なシュートがネットを揺らした。 引き続き押し込むアタランタは21分にイリチッチが枠内シュートを放つも、自陣に引くサンプドリアを崩すことができない。 すると41分、ダムスゴーアがボックス右から折り返したクロスがモヒカの手に当たると、VARの末にハンド判定となり、サンプドリアにPKが与えられる。しかし、キッカーのクアリアレッラが枠の左上を狙ったシュートはGKスポルティエッロに止められ、サンプドリアは前半を1点のリードで終えた。 迎えた後半、アタランタは3枚替えを敢行する。D・サパタ、ゴセンズ、トロイと主力を投入。吉田はD・サパタとのマッチアップとなった。 そのアタランタの攻勢を受け止めるサンプドリアは59分に加点する。ボックス手前右のヤンクトのクロスをゴールエリア左に飛び込んだトールスビーがダイビングヘッドで押し込んだ。 集中した守備でアタランタに付け入る隙を見せずにいたサンプドリアだったが、76分にPKを献上する。サパタに対してケイタの足が身体に入ってしまった。 このPKをサパタが決めて1点差に詰め寄ったアタランタだったが、追加タイムにヤンクトがダメ押しゴールを奪ったサンプドリアが勝利し、3連勝としている。一方のアタランタはリーグ戦2連敗となった。 2020.10.24 23:54 Sat
twitterfacebook
thumb

キレキレの天才カッサーノがサンプドリアで決めた単独突破ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノ氏がサンプドリアで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆“悪童”カッサーノが決めた圧巻のソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjMUUyT2Z6cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バーリでのデビューを経て、2001年に加入したローマで大ブレイクし、若き天才として名を馳せたカッサーノ氏。2006年1月にはレアル・マドリーに移籍を果たしたものの、素行の悪さや不摂生がたたり、その後は多くのクラブを転々とした。 ムラこそあったものの、天性のフットボールセンスでスーパーゴールを多く決めたカッサーノ氏だが、2009年1月28日に行われた、セリエA第21節のラツィオ戦では圧巻のソロゴールを決めている。 前半に両チームにゴールが生まれ、1-1で迎えた51分、左サイド深くでカッサーノがボールを受ける。素早くプレスに来た相手DFと1vs1の駆け引きになるものの、左右への大きな振りと細かいターンで鮮やかに相手をかわし、ボックス内に侵入。 続いてプレスに来た別のDFも鋭いターンで簡単にかわすと、ゴール左の角度の厳しい位置から豪快なシュートを放つ。右足のシュートはゴール右のサイドネットに突き刺さり、単独突破でのゴールを決めてみせた。 このゴールで勝ち越しに成功したサンプドリアは、さらに1点を加え、3-1で勝利している。 2020.10.22 15:00 Thu
twitterfacebook