ロナウドが亡くなった恩師シモーニ氏を追悼「単なる監督ではなかった」

2020.05.23 06:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブラジル代表FWロナウド氏が22日に亡くなった元インテル指揮官のルイジ・シモーニ氏を追悼した。自身のインスタグラムでシモーニ氏への想いを語った。シモーニ氏とはバルセロナからインテルに移籍した初年度に師弟関係にあったロナウド。その1997-98シーズンはUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝を成し遂げ、セリエAでは2位となった。そして自身もそのシーズンは全コンペティションを合わせて34ゴールを挙げ、キャリアでも最高のシーズンを過ごした。

「ジジ・シモーニは私にとって単なる監督ではなかった。彼は賢く、良い人間だった。何かを強いることはなかったし、一方で何が重要かを説いてくれた。私は彼を先生のように感じていた。または指揮者で選手たちがオーケストラのような関係だったかな。彼の笑顔や穏やかな声、貴重なアドバイスを覚えている。我々はもっと勝つことができたと思うが、共に戦って勝つ、これが大事だと我々にいつも説いていた。監督には感謝している。想像以上のことを教えてくれたんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントスに勝利のインテルMFにさらなるおめでた!23歳にして第三子が誕生!

インテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(23)に第三子が誕生した。妻であるフェデリカ・シベニン(30)さんが自身のインスタグラムで報告している。 バレッラは、17日に行われたセリエA第18節のユベントス戦に先発出場。優勝候補同士の一戦でゴールを決めるなど、殊勲の活躍を見せ、2-0の勝利に貢献した。 そして、ユベントス戦のおよそ7時間後には、第三子となるマチルダちゃんが誕生したようだ。 フェデリカさんのインスタグラムには「ようこそ、私たちの心のマチルダ」というコメントとともに、マチルダちゃんの小さい手を握る写真が投稿されていた。 2018年に結婚した2人には、3歳のレベッカちゃんと1歳のラヴィーニャちゃんという姉妹がおり、マチルダちゃんの誕生でめでたく3姉妹となった。 <div id="cws_ad">◆美人妻フェデリカさんとバレッラの幸せショット<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CI2lAngHofD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CI2lAngHofD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CI2lAngHofD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Federica Schievenin(@fede_schievenin)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.01.19 19:04 Tue
twitterfacebook
thumb

「インテルは優勝候補」完璧な試合でユベントス撃破のインテル、コンテ監督が賞賛「正しい方向に進んでいる」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、ユベントス撃破を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 インテルは17日、セリエA第18節でユベントスと対戦。立ち上がりからペースを握ると、アルトゥーロ・ビダル、ニコロ・バレッラがゴールを奪い2点をリードする。 絶対的な王者ながら今シーズンは調子の上がらないユベントスを尻目に、インテルは高いパフォーマンスを披露。そのまま2-0で勝利を収めた。 上位対決を制したインテルは、暫定ながら首位のミランと勝ち点が並んだ状況。熾烈な優勝争いの最中にいるが、コンテ監督は完璧な試合だったとユベントス戦を振り返った。 <div id="cws_ad">◆インテルが完璧な試合を見せてユベントス撃破<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=15vp4c44jn8a513ieg6o8exasu" async></script></div> 「ユベントスのようなチームに勝つには、完璧に近い試合をする必要がある。今夜は本当に良い試合をしたが、結果を超えて上手く準備できていた」 「最大の満足は、ピッチでトレーニングで準備した状況に対応し、相手をやり込めたことだ。準備した試合ができた」 「こういった勝利は自尊心を与え、歩んでいる道が正しいものであることを理解させるので、選手たちは満足している」 「1年半前に歩み始めた道は重要な実を結んでいる。彼らはいつだって懸命に働いてきたので、みんなを祝福したい。差を埋めるために、正しい方向に進んでいる」 ここまで18試合を終えて勝ち点40で2位につけるインテル。ミランは1試合未消化ながら勝ち点40で首位、ユベントスは「36」で3位、ローマが「34」、ナポリが「33」、アタランタが「32」と続いている。 ここ数年はユベントスにスクデットを独占されていた中、今シーズンは優勝候補だと自信を見せた。 「インテルは優勝候補だ。これは1年半仕事をしてきて、最大の満足だ。クラブは国内外でその信頼を取り戻すことができた。それはヨーロッパの大会で決勝に進まなければ評価に値しない」 「チャンピオンズリーグでの敗退はまだ失望している。もっと多くのことができたはずだが、選手たちはそれを理解している。失望からでも、改善するカギとなるものを見つけなければならない」 2021.01.18 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 2-0 ユベントス《セリエA》

セリエA第18節、インテルvsユベントスのイタリア・ダービーが17日に行われ、2-0でインテルが完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/Get20210118_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 6.0 終盤のキエーザのシュートを好守で凌いだ DF 37 シュクリニアル 6.0 対人の強さを発揮して相手2トップを封じる 6 デ・フライ 6.5 ラインをしっかりと統率し、守備を締めた 95 バストーニ 6.5 終始安定したプレーで守備を締め、正確なロングフィードで追加点をアシスト MF 2 ハキミ 6.5 スピードを生かした突破でカウンターの起点に 23 バレッラ 7.5 先制点をアシストし追加点を挙げる 77 ブロゾビッチ 6.0 つなぎのプレーでミスが少なくビルドアップを助けた 22 ビダル 7.0 古巣相手に先制ゴール。ゴール前への飛び出しが利いていた (→ガリアルディーニ -) 15 ヤング 6.0 守備に重点を置いてキエーザの突破を封じる (→ダルミアン -) FW 9 ルカク 6.5 キエッリーニ相手に大きく上回った 10 L・マルティネス 6.0 ルカクの生み出したチャンスを抜け目なく狙った (→サンチェス -) 監督 コンテ 6.5 古巣ユベントスに完勝。隙が全くなかった ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/Get20210118_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 5.0 2失点とも仕方なかったが、好守もなかった DF 13 ダニーロ 5.0 失点場面ではビダルに付ききれなかった 19 ボヌッチ 5.5 正確なフィードで起点になるも、肝心の守備で統率に至らず 3 キエッリーニ 5.0 ルカクの屈強なフィジカルに苦戦 38 フラボッタ 4.5 バレッラとハキミに狙われた。2失点に関与 (→ベルナルデスキ 5.5) 不慣れな左サイドバックに入ってのプレー MF 22 キエーザ 5.0 スペースがなく動きを制限された。ヤングに突破を封じられる 25 ラビオ 5.0 守備への切り替えが遅く穴に (→マッケニー 5.5) 前線への関与が期待されたが、物足りず 30 ベンタンクール 5.5 ゲームを作れず、カウンターへの対応も甘かった 8 ラムジー 5.0 中寄りのプレーでアクセントを付けにかかるも、効果はなかった (→クルゼフスキ 5.5) 右からの仕掛けで打開を狙った FW 9 モラタ 5.0 ディバラに代わってスタメンもボールが足に付いていなかった 7 C・ロナウド 5.0 ミラン戦に続いてビッグマッチ不発 監督 ピルロ 5.0 攻守にインテルを大きく下回った。妥当な完敗 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! バレッラ(インテル) ビダルと共に攻守に大きく貢献。インテンシティを高く保ちハイパフォーマンスを発揮。ビッグマッチで輝いた。 インテル 2-0 ユベントス 【インテル】 ビダル(前13) バレッラ(後7) 2021.01.18 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

躍動インテルがユベントスに完勝、イタリア・ダービーを制す《セリエA》

セリエA第18節、インテルvsユベントスのイタリア・ダービーが17日に行われ、2-0でインテルが完勝した。 前節ローマ戦を2-2の引き分けに持ち込まれた2位インテル(勝ち点37)は、4日前に行われたコッパ・イタリアのフィオレンティーナ戦では延長戦までもつれ込んでしまった中、ルカクの決勝弾で勝利した。ややコンディション面で不安がある中、フィオレンティーナ戦のスタメンから6選手を変更。ルカクやデ・フライ、ブロゾビッチら主力が先発に戻った。 一方、前節サッスオーロ戦を10人となった相手に大苦戦を強いられた中、後半終盤の2発で何とか勝利した4位ユベントス(勝ち点33/1試合未消化)は、同じくコッパ・イタリアではジェノア相手に延長戦までもつれ込んだ中、ラフィアのデビュー弾で勝ち上がった。そのジェノア戦のスタメンから8選手を変更。モラタ、キエッリーニ、ベンタンクールのみ引き続きスタメンとなった。 立ち上がりの主導権争いを経て11分、ユベントスに最初のチャンス。ラビオのミドルシュートがGKハンダノビッチを強襲した。しかし13分、インテルが最初のチャンスを生かして先制する。右サイドのバレッラが左足で上げたインスウィングのクロスにファーサイドのビダルがヘディングで叩き込んだ。 ビダルの恩返し弾で先手を取ったインテルが流れを引き寄せる中、23分に追加点のチャンス。カウンターからルカクがGK強襲のシュートを浴びせ、ルーズボールにラウタロが詰めるもシュートは枠を捉えきれなかった。 続く32分にはルカクの力強い突破を起点に再びラウタロがシュートに持ち込んだインテルがユベントスを牽制すると、38分にもビッグチャンス。バレッラが右サイドを持ち上がってクロスを送り、ルカクがオンターゲットのシュートを放った。 インテルペースで進んだ前半を終えて迎えた後半、52分に追加点が生まれる。バストーニのロングフィードに抜け出したバレッラがボックス右に侵入してそのままシュートを決めきった。 2点を追う展開となったユベントスは3枚替えを敢行。ラビオ、ラムジー、フラボッタに代えてマッケニー、クルゼフスキ、ベルナルデスキを投入した。 しかし、インテルが引き続きユベントスに何もさせずに時間を進めていく。そして87分のキエーザの決定的なシュートをGKハンダノビッチが好守で凌いだインテルが2-0で完勝。イタリア・ダービーを制し、明日試合を行う首位ミランに勝ち点で並んでいる。 2021.01.18 06:42 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル時代のセードルフが決めたアンストッパブルなスーパーゴール2連発【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 クラレンス・セードルフ(当時25歳) 国籍:オランダ 所属:インテル ポジション:MF 身長:176cm 1992年に名門アヤックスでデビューしたセードルフ氏は、レアル・マドリー、インテル、ミランなどビッグクラブでプレー。豊富な運動量と攻撃センスからピッチ上の支配者として記憶に残る素晴らしいパフォーマンスを見せてきた。 【試合詳細】 日程:2002年3月9日 大会:セリエA第26節 対戦相手:ユベントス 時間:前半6分(0-0)、後半46分(1-2) <div id="cws_ad">◆セードルフのアンストッパブルなゴール2連発<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYaW5pMHlGRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2位インテルが3位ユベントスをホームに迎えたこの試合では、開始早々セードルフが見せる。6分、味方がボックス内へボールを入れるもこれはユベントスDFが難なくクリア。しかし、このこぼれ球に反応したセードルフはボックス手前左から豪快なボレーシュート。火を噴くような強烈なシュートは、ゴール右隅に突き刺さった。 これで先制したインテルだったが、前半と後半に1点ずつ返され、1-2と逆転を許してしまう。しかし敗戦が濃厚となった91分、再びセードルフがチームを救う。左サイドを攻めた味方のクロスボールが相手に跳ね返ると、これをセードルフが敵陣中央で拾う。そのまま体勢を整えると、右足一閃。またも強烈なシュートはゴール右隅に一直線。GKジャンルイジ・ブッフォンの手の届かない完璧なコースに叩き込んだ。 これで2-2と引き分けに持ち込み、2位を守ったインテル。セードルフのアンストッパブルなシュート2本により救われた形となった。 2021.01.17 20:00 Sun
twitterfacebook