ボーンマスFWアイブが散髪姿投稿でソーシャル・ディスタンス違反…挑発的な文言も?

2020.05.21 17:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーンマスに所属するイングランド人FWジョーダン・アイブがイギリス政府が要請する外出禁止、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)のガイドラインに違反した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が深刻化しているイギリス。その中で政府は外出禁止やソーシャル・ディスタンスのガイドラインの徹底を求めている。

その中でアイブは20日、自身の公式『インスタグラム』にプレミアリーグのプレーヤー御用達の有名美容師に散髪してもらっている自身の姿を写した画像を投稿した。

アイブ、美容師共にマスクを着用し、美容師は感染防止策として手袋も着用していたが、イギリスでは美容室の営業再開は7月4日以降となっており、出張カットの場合でもソーシャル・ディスタンスのガイドライン違反となるため、今回の投稿は物議を醸した。

さらに、アイブが散髪時に着用していたガウンには、「Breaking the Rules and Changing the Game(ルールを破り、ゲームを変えよう)」という文章が書かれており、この文言がイギリス政府の各種規制を揶揄する目的ではないのかとの指摘もある。

その後、アイブは各方面からの非難を受けて当該投稿を削除。さらに、「思慮のない行動を謝罪したい。ガイドラインに違反するつもりはなかった」と、謝罪と主に釈明を行った。

しかし、ボーンマスのスポークスマンは、クラブがアイブの行動を問題視しており、クラブ内部で調査を開始したことを認めている。

なお、散髪を巡る問題に関してはアイブ同様にトッテナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエが、自身の『インスタグラム』に散髪に行ったことを伝える写真を投稿し、批判を浴びていた。

その後、「僕も美容師も陰性が確認されている。だから、必要以上に騒ぎ立てることではないよ。逆に、トレーニング場で写真を撮る際にはマスクや手袋を忘れないでほしいね」と、メディアの過剰な反応に不快感を示している。
コメント
関連ニュース
thumb

降格のボーンマス、ハウ監督の右腕・ティンダル氏を監督に招へい

チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスは8日、新監督にジェイソン・ティンダル氏(42)が就任することを発表した。3年契約を結んだとのことだ。 ティンダル氏は、現役時代はチャールトンやボーンマス、ウェイマスFCなどでプレー。2011年1月に現役を引退すると、現役時代からエディ・ハウ監督の右腕としてアシスタントマネージャーを務めていた。 2012年10月にボーンマスに復帰すると、チームのプレミアリーグ昇格を含めて多くの成功をハウ監督とともに経験してきた。 ティンダル氏は「このような素晴らしいクラブの監督になることは名誉であり、特権である」とコメント。自身がハウ監督のようにチームを導くと意気込んだ。 「過去12年間のクラブの成功を考えると、エディが担当し、私は彼のそばにいた。私が率いるからといって、全てを引き裂き、再建するつもりはない。それをするのは馬鹿げている」 「しかし、私も自分自身の考えを持つ一個人であり、トレーニングの現場に戻れば、すぐに実行することを目指している」 「チャンピオンシップがとてもタフなリーグであることは理解しているが、目標はクラブをプレミアリーグに戻すことだ」 「準備ができていると感じている課題であり、楽しみだ」 2015-16シーズンにクラブ創設125年で初の1部リーグ昇格。5年間にわたりプレミアリーグに所属していたが、今シーズンは18位で降格となっていた。 2020.08.08 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

降格のボーンマス、リバプール下部組織出身のオーストラリア代表DFスミスが退団

ボーンマスは5日、オーストラリア代表DFブラッド・スミス(26)の契約満了を発表した。 スミスは、リバプールのアカデミー出身で2016年1月にファーストチームに昇格。左サイドバックを主戦場としていたが、公式戦11試合の出場にとどまり、2016年7月にはボーンマスに完全移籍で加入していた。 ボーンマスでは公式戦で11試合の出場にとどまり、近年はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズやカーディフへレンタル移籍を経験。なお、シアトル・サウンダーズでは2019シーズンのMLSカップで優勝を果たしていた。 2020.08.06 11:47 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、フェラン・トーレスに続きオランダ代表DFアケを獲得! 2025年までの5年契約を締結

マンチェスター・シティは5日、ボーンマスに所属するオランダ代表DFナタン・アケ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 また、詳細な移籍金は明かしていないがボーンマスはクラブ史上最高額の移籍金とだけ発表。イギリス『BBC』は、移籍金は4000万ポンド(約55億円)と報じている。 フェイエノールトやチェルシーの下部組織出身者として知られるアケは、チェルシー時代にレンタルで加入していたボーンマスに2017年夏に完全移籍。加入初年度から定位置を確保すると、元々のポテンシャルに経験値が追加され、プレミアリーグ屈指のセンターバックに成長。今シーズンは公式戦30試合に出場して2得点2アシストの数字を残した。 マンチェスター・シティへの移籍が決まったアケは、クラブの公式サイトで以下のコメントを残している。 「シティに加入することは僕にとって夢だった。このチームはどこを見ても、国際的なビッグネームがいるんだ。ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)は世界中で称賛されている監督だ。彼がこれまで成し遂げてきた成功は信じられないほどのもので、彼の求めるスタイルは僕にとって本当に魅力的なんだ」 「ここで試合に出るためには、たくさんの努力しなければならないことは分かっているが、僕はそのためにここに来たんだ。僕はチームがタイトルを獲得するためできる限りのことをするつもりだ」 2020.08.06 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、エディ・ハウ後任にジョン・テリー指名か

ボーンマスが来季の新監督にジョン・テリー氏(39)を検討しているようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 先日、エディ・ハウ監督との契約解消を発表したボーンマス。ハウ監督は2012年10月に就任し、当時3部に属していたクラブをプレミアリーグに昇格させると、5シーズン連続で残留に導く手腕を発揮。8年に及ぶ長期政権を築いたが、今季の降格決定を受けて袂を分かっていた。 8月17日に予定しているプレシーズン突入前に新指揮官を決めたいボーンマスは、アストン・ビラでアシスタント・コーチを務めるテリー氏をリストアップ。2018年夏に同クラブで現役を引退し、そのままディーン・スミス監督の右腕として指導者キャリアを歩み始めた。 シーズンオフの現在はポルトガルで休暇を過ごしているテリー氏。イギリスの規制上、帰国後は14日間の隔離が強制されるが、去就に影響はあるだろうか。 なお、先月にブリストル・シティの監督を解任されたリー・ジョンソン氏や、元ブライトン指揮官のクリス・ヒュートン氏も候補に挙がっているようだ。 2020.08.03 21:21 Mon
twitterfacebook
thumb

元ポーランド代表GKボルツ、古巣レギア・ワルシャワに凱旋 今季限りでボーンマスと契約満了

レギア・ワルシャワは1日、元ポーランド代表GKアルトゥール・ボルツ(40)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月30日までの1年間となる。 ボルツは母国クラブでプロデビュー後、セルティックやフィオレンティーナ、サウサンプトンを渡り歩き、2014年からボーンマスでプレー。2014–15シーズンのプレミアリーグ昇格に貢献するなど、長らく守護神を務めた。 しかし、2017–18シーズンから序列を下げ、チームのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)降格が決定した今季は出番なしで終了。契約満了に伴い、今季限りでボーンマスを去り、フリーの状況だった。 古巣レギア・ワルシャワに15年ぶりの凱旋となるボルツはクラブ公式サイトで「僕の心はここにある。これまでも何度か戻るチャンスがあったが、実現しなかった。迅速に話がまとまり、すごく満足しているよ」と話した。 2020.08.02 11:30 Sun
twitterfacebook