リヨン、会長が漏告したCLユーベ戦の8月7日開催日を否定

2020.05.11 00:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンは10日、ジャン=ミシェル・オラス会長が前日に漏告したチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのユベントス戦の開催日が確定していないと発表した。オラス会長はラジオ『RTL』に出演した際「ユベントスとの試合は、8月7日にトリノで観客を入れずに開催すると確認された」と漏告していた。

しかしリヨンは公式サイトにて「CLのユベントス戦の日程が確定していないことを明確にしたい」と声明を発表。クラブの会長の発言を否定した。

なお、2月26日にホームで行われた1stレグは、MFリュカ・トゥザールの決勝点でユベントスを下したリヨンが先勝している。
コメント
関連ニュース
thumb

国内無双を誇った黄金期のリヨンが美しいワンタッチパスの応酬でインテル守備陣を翻弄【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元ブラジル代表FWソニー・アンデルソン氏がリヨン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆黄金期のリヨンがインテルディフェンスを翻弄<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3QUNMYjFiTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジルでのデビューを経て欧州に渡ったアンデルソン氏はマルセイユやモナコ、バルセロナでのプレーを経て1999年夏にリヨンに加入。2001-02シーズンのリーグ初優勝を皮切りにリーグ7連覇を果たした黄金期のリヨン一員として活躍した。 チャンスを確実にものにする決定力を武器に各クラブで得点を量産したアンデルソン氏だが、2002年10月22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのインテル戦では、華麗な連携からゴールを決めている。 0-0で迎えた22分、センターサークル付近でボールを受けたMFエリック・カリエールがダイレクトでボールをMFマハマドゥ・ディアッラに落とす。ディアラはこのパスをダイレクトで前線のアンデルソンに送ると、アンデルソンがまたもダイレクトで中央のスペースに走るカリエールにパスを送る。 カリエールはこのパスをさらにダイレクトでアンデルソンに返し、華麗なワンツーから抜け出したアンデルソンがボックス内に侵入すると、シュートをゴール左にしっかりと沈め、流れるような連携から先制ゴールを奪ってみせた。 その後シーソーゲームになったこの試合は結局3-3のドローに終わっている。 2020.11.12 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨン会長、デパイの今季残留を保証「メンフィスは残る。私のメッセージは明確だ」

リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が、オランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)の去就について言及した。フランス『フット・メルカート』が伝えている。 今夏にバルセロナ行き直線まで迫っていたものの、財政上の問題もあり、最後までリヨンが移籍を認めず残留となったデパイ。だが、バルセロナのロナルド・クーマン監督は「再トライするつもり」と1月のデパイ獲りを示唆するコメントを残している。 そんな中、先日「守れるかどうかもわからない約束はしたくない」と去就について濁したデパイに対し、オラス会長はフランス『RMCスポーツ』で今季終了まで同選手がリヨンに残留することを保証。絶対に成功させなければならないシーズンであるとし、主力選手の冬の放出を否定した。 「各ポジションに代表選手がいる。キャプテンであるメンフィスも含めてね。彼は皆が望む次元へリヨンを連れて行ってくれると信じている」 「アプリオリ的に、我々は契約満了(2021年6月30日)まで彼を残しておけないが、私は最初から彼はバルセロナに行かないと言っていた。誰もその言葉に耳を傾けることはしなかった。彼らは退団するものだと思い込んでいたからだ」 「それはメンフィスだけでなく、フセム・アワールもムサ・デンベレもそう。だが私は最初からこう言っている。我々はヨーロッパカップを不当に奪われたこのシーズンは、絶対に成功させなければならない。だから彼が去ることはないと」 「メンフィスは残る。私のメッセージは明確だ」 2020.11.11 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ行き取り沙汰されるデパイ、来年1月の去就は? 「守れるかわからない約束はしたくない」

リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)がフランス『Telefoot』で、シーズン途中に活躍の場を移す可能性を否定しなかった。 今夏にバルセロナ行きの見方が強まったものの、実現しなかったデパイ。今季からロナルド・クーマン監督を招へいしたバルセロナは指揮官から続くオランダ代表で指導した教え子の獲得要望に応えるべく、来年1月に再びアタックするものとみられる。 これまでも幾度かにわたり、来年1月の去就に考えを示してみせるデパイは8日に本拠地で行われたリーグ・アン第10節のサンテチェンヌ戦後、改めてその類の質問を応じると、濁した。 「君たち(メディア)は僕にこの質問を何度も聞いてくるよね。でも、守れるかどうかもわからない約束はしたくない」 「リヨンは今の僕がここにいるのを最大限に活用すべきで、僕もここにいるのを最大限に生かしていく必要がある」 「それこそ今の僕が日々、やろうとしていることだ」 「僕の周りにいる人に聞いてみると良い。僕は練習が好きで、毎日をポジティブに過ごすように心がけているんだ」 なお、クーマン監督は先月、オランダ『AD』で今夏にデパイの獲得を求めた事実を認め、今年1月の再挑戦意向も明らかに。デパイとリヨンの契約は今季終了後に失効する。 2020.11.10 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨンが圧倒的な縦への速さを見せて決めた美しいカウンターアタック【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はリヨンのコートジボワール代表FWマクスウェル・コルネが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コルネが決めた美しいカウンター<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXbFdCNVRHYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> メスでキャリアをスタートさせたコルネは、2015年1月に名門リヨンに加入。徐々に頭角を現し、レギュラーに定着している。 突破力のあるドリブルと豊富な運動量でチームに貢献するコルネだが、2016年11月18日に行われたリーグ・アン第13節のリール戦では、華麗な連携からゴールを決めている。 開始早々の3分、ハーフウェイライン付近まで降りてきてボールを受けたFWアレクサンドル・ラカゼットが、自らが釣りだしたDFの裏のスペースに走るMFコランタン・トリソにパスを出し、一気に攻撃のペースを上げる。 トリソがMFジョルダン・フェリにスルーパスを出し、相手ディフェンスを鮮やかに崩すと、ボックス内で飛び出してきたGKをフェリがかわし、中央へパス。完全にフリーで待つコルネが無人のゴールにシュートを流し込み、いきなりの先制点を挙げた。 開始早々のこの得点がこの試合唯一の得点となり、試合はリヨンがこのまま1-0で勝利した。 2020.11.10 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ゴール前の落ち着きが光るリヨン時代の元仏代表FWゴミスが決めたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、サウジアラビアのアル・ヒラルに所属のするフランス代表FWバフェティンビ・ゴミスがリヨン時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆フランス屈指のストライカー、ゴミスが決めたハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxaFBtUDNSZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ゴミスはサンテチェンヌ下部組織出身の強靭なフィジカルが魅力のストライカーで、トロワ、リヨン、スウォンジー、マルセイユ、ガラタサライでプレー。2018年夏からアル・ヒラルに活躍の場を移した。 国内屈指のストライカーとしてフランスでの活躍が印象的なゴミスだが、リヨン時代の2012年11月28日に行われたリーグ・アン第10節のマルセイユ戦では、国内のライバルクラブ相手に見事なハットトリックを記録している。 強豪同士の対戦となったこの試合で、ゴミスが魅せる。まずは開始早々の3分、自らがペナルティーエリアで倒されて獲得したPKを冷静にゴール左上のコースに沈める。 さらに34分、味方からのクロスをボックス内で受けたゴミスは、見事なトラップでボールをコントロールすると、飛び出して来たGKを冷静にかわし、左足でシュートを叩き込む。 そして3-0として迎えた72分、サイドアタックからチャンスを作ったリヨンは、ボックス右サイドの深部まで侵入したDFアントニー・レヴェイエールが中央へマイナスのパスを出す。絶妙のポジショニングでこのパスをフリーで受けたゴミスは、コンパクト振りから素早くシュートをゴール左に決め、ビッグマッチで見事なハットトリックを記録した。 その後マルセイユが意地の反撃で1点を返すも、大量4得点のリヨンが4-1で勝利している。 2020.11.09 22:00 Mon
twitterfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly