マルセイユ、シーチケホルダーらに中止となった残り試合の払い戻し放棄を要請

2020.05.09 13:37 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユが今シーズンのシーズンチケットホルダーに対して、財政面での協力を要請しているようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。

アンドレ・ビラス=ボアス新監督の下、今シーズンのリーグ・アンで16勝8分け4敗の見事な戦績を残したマルセイユ。そして、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でシーズン打ち切りが決定した中、最終順位が2位で確定し来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に成功した。

ただ、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるクラブは、欧州サッカー連盟(UEFA)から調査を受けていることもあり、財政面がひっ迫している。

その状況の中でクラブは2019-20シーズンのシーズンチケットホルダー、マッチデーチケットの所有者に対して、財政面での協力を要請しているようだ。

リーグ・アンが打ち切りとならなかった場合、マルセイユはパリ・サンジェルマンとの“ル・クラスィク”という超人気カードを含め、ディジョン、ニース、モナコ、メスとのホームゲーム5試合を戦う予定だった。そして、当然のことながら中止となった試合に関してはチケットの払い戻し義務が生じる。

そこでマルセイユは現在、シーズンチケットホルダー、マッチデーチケットの所有者に対して、2つの選択肢を提案しているという。

そのひとつは払い戻し対象のチケットをクーポンという形で2020-21シーズンに繰り越すという、一般的な選択肢だ。

ただ、もうひとつの選択肢は払い戻しを放棄するという選択肢だ。マルセイユはその提案の中で、「この厳しい時期にマルセイユをサポートして頂ければ、クラブにとって非常に大きな助けとなります」と、窮状を訴えている。
コメント