PSGが42歳のブラジル代表MFと契約延長! 東京五輪目指す女子サッカー界のレジェンド・フォルミガと1年契約

2020.05.08 11:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)が42歳のMFと契約延長を発表した。

今回PSGが契約を延長したのは、ブラジル女子代表MFフォルミガ。2021年6月30日まで1年間の契約延長を締結した。

フォルミガは、サンパウロやポルトゥゲーザ、サントスなど南米でプレー。その後は様々なクラブを転々とすると、2017年1月に38歳でPSGへと加入した。

PSGでは公式戦77試合に出場し4ゴールを記録。2017-18シーズンはカップ戦優勝に貢献していた。

また、女子チャンピオンズリーグではラウンド16のブラガ戦でゴールを記録。41歳193日でのゴールとなり、歴代最年長記録を樹立した。

ブラジル女子代表としても198試合に出場し、女子ワールドカップは7大会に出場。オリンピックにも6度出場しており、2020年の東京オリンピックでブラジル女子代表のキャリアを終えようとしていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて1年延期となり、2021年の東京オリンピック出場を目指すという。
コメント