ELは8月一杯で残り試合を実施か? 決勝は8月27日のプラン

2020.04.20 10:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)の残り試合は、8月に行われる可能性があるようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、世界中でストップしているサッカー活動。各国リーグに加え、ヨーロッパの大会も当然ながらストップしている。

欧州サッカー連盟(UEFA)は、各国リーグのシーズンを優先的に終了させる考えがある中、チャンピオンズリーグ(CL)、ELの両大会を8月に開催するプランがあるという。

ELは中断前の時点でラウンド16の1stレグを開催。しかし、新型コロナウイルスの感染がイタリアとスペインで急速に拡大したことを受け、インテルvsヘタフェ、セビージャvsローマの2試合は1stレグも行われていない状況だ。

『スカイ・スポーツ』によると、この1stレグの残り試合から8月で再開するプランがあり、8月2日、3日に1stレグの残り試合を。そこから3日おきに試合を行うプランが上がっているようだ。

内容は、8月6日に2ndレグを行い、10日と13日に準々決勝、17日と20日に準決勝、そして27日に決勝を開催するというものだ。

なお、CLに関しても8月7日に再開し、29日に決勝を行うプランがあるとされている。
コメント
関連ニュース
thumb

ルカク&バレッラ弾のインテルがレバークーゼン撃破でベスト4進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝、インテルvsレバークーゼンが10日にドイツで行われ、2-1でインテルが勝利した。 ラウンド16でヘタフェとの一発勝負を制して勝ち上がったインテルと、レンジャーズに2戦合計スコア4-1と快勝して勝ち上がったレバークーゼンによる準々決勝屈指の好カード。 5日前に行われたヘタフェ戦と同じスタメンで臨んだインテルに対し、4日前に行われたレンジャーズ戦のスタメンから3選手を変更したレバークーゼンは、アランギス、ヴィルツ、S・ベンダーに代えてデミルバイ、バウムガルトリンガー、ターを起用した。 レバークーゼンがボールを持つ展開となった中、インテルが15分に先制する。ルカクのシュートのルーズボールをボックス手前右で拾ったバレッラが、右足アウトの巧みなシュートでゴール左に蹴り込んだ。 さらに20分、L・マルティネスの右クロスにバレッラがダイレクトで合わせる決定機を得たインテルは、直後に加点する。ボックス中央でヤングのパスを受けたルカクがタプソバを背負いながら反転し、倒れ込みながらシュート。ルカクのパワーを象徴するようなゴールでリードを広げたインテルは、23分に3点目のチャンス。 しかし、ここはルカクがGKフラデツキーとの一対一を止められると、24分にレバークーゼンが1点差に詰め寄る。フォラントとのパス交換でボックス右に抜け出したハフェルツが右足で決めきった。 続く26分にはボックス内でシンクフラーフェンがハンドを犯したとしてインテルにPKが与えられかけるが、VARの末に判定が覆りPKは取り消しに。 ハーフタイムにかけては一転して膠着状態となり、インテルが2-1とリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半、オープンな展開で立ち上がった中、開始5分にインテルに決定機。しかし、ヤングの左クロスに合わせたガリアルディーニのシュートはゴール前のルカクに当たってしまう。 対するレバークーゼンは59分にベイリーを入れた中、61分にデミルバイがGK強襲の枠内シュートを放つ。 その後、L・マルティネスに代えてサンチェスを投入したインテルは66分に決定機。しかし、ボックス内からのサンチェスのシュートはGKフラデツキーの守備範囲だった。 終盤にかけてはインテルが3点目に迫った中、90分には再びPKを獲得しかけるも、VARの末に無効に。それでも2-1で試合をクローズしたインテルがレバークーゼンを下してベスト4進出を決めている。 2020.08.11 05:56 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル史上最も素晴らしいゴールの1つ!”スネーク”ジョルカエフが決めた衝撃のオーバーヘッド【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表MFユーリ・ジョルカエフ氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジョルカエフが決めた衝撃のオーバーヘッド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqOEplZGN2WCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 元フランス代表のジャン氏を父に持つジョルカエフ氏は、フランスの複数クラブで結果を残し、1996年にインテルへと移籍。移籍初年度から11ゴールを決め、1997-98年にはUEFAカップのタイトル獲得に貢献した。 その中でも衝撃的だったのが、1997年1月5日に行われたセリエA第15節のローマ戦で魅せたオーバーヘッドシュートだ。 インテル1点リードで迎えた39分、FWマウリツィオ・ガンツがボックス外からミドルシュートを放つ。これはローマGKジョルジオ・ステレキレにセーブされ、こぼれ球を相手DFファビオ・ペトルッツィがクリアする。 しかし、クリアしたボールは高々と上がり、ボックス内にいたジョルカエフの元へ。落下点に入ったジョルカエフは、大きくジャンプすると、完璧なオーバーヘッドシュートをゴール左へと叩き込んだ。 試合はその後、両チームともに1点を加え、インテルが3-1で勝利。ジョルカエフのスーパーゴールを勝利で祝った。 2020.08.10 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ELレバークーゼン戦のインテル守護神、相手は「守備に隙あり」

インテルのスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチがヨーロッパリーグ(EL)ベスト8突破を目指した。クラブの公式サイトが伝えている。 ELラウンド16でヘタフェを下して、ドイツで集中開催となる準々決勝に駒を進めたインテル。10日に行われるそのベスト8の戦いで、レバークーゼンと激突する。インテルの絶対的守護神に君臨するハンダノビッチは試合に先駆けた会見で、ここ公式戦5試合連続で無失点が続く守備面の安定が自信に繋がっていると述べた。 「毎試合での無失点は自信を漲らせてくれる。より奮い立たせてくれ、より強くさせてもくれるんだ。それはチームワークにかかっている。これまでの試合だと、同じようにうまくいっていても、相手の1stシュートで失点してしまったりすることがあった」 そう語ると、ベスト4進出をかけて相対するレバークーゼンの印象について「彼らはクオリティがあり、前線にスピードもあって、多くのチャンスを作り出せる。ただ、守備に隙がある」と分析。2010-11シーズンを最後に主要タイトルから遠ざかっている現状に触れ、EL制覇を意気込んだ。 「僕らはしばらくトロフィーを掲げていない。全力を尽くして、可能な限り高みを目指すべく、ここにいる。誰もが優勝を夢見ているが、まずは目の前の試合に勝たないとね」 「今の僕らは準決勝進出が全てで、重要なテストになる。ここから先の試合は今までで最も重要なものばかりだ。準備はできている。レバークーゼン戦のピッチに立つ瞬間が待ち遠しいぐらいだ。どっちが有利とかなんてない」 2020.08.10 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ピーター・ボス、インテルに敬意も「一発勝負だ、何でも起こりうる」

レバークーゼンを率いるピーター・ボス監督が、ヨーロッパリーグ(EL)・準々決勝のインテル戦に向けたコメントを残している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。 先日、5カ月ぶりの再開に漕ぎ着けたEL。レバークーゼンはラウンド16のレンジャーズ戦2ndレグを戦った。3月に行われた1stレグでは1-3で勝利していたレバークーゼンは、今回のホーム戦でも優勢に試合を進め、FWムサ・ディアビのゴールで勝利。合計スコア4-1でベスト8進出を決めた。 その相手は強豪インテル。ボス監督は今季のセリエA2位のチームに敬意を示しつつ、準々決勝から一発勝負となる今大会では「何でも起こりうる」と前向きな姿勢を見せた。 「セリエAの2位が悪いチームであるはずがない。インテルは今大会の優勝候補だ。ヘタフェ戦で示したように偉大なチームだ。だが、我々も前進したことは明らかだ。一発勝負の試合、何が起こっても不思議ではない」 なお、ボス監督は2016-17シーズンにアヤックスを率いてELに参戦。決勝まで進んだもののマンチェスター・ユナイテッドに敗れた。今大会で決勝まで進めばユナイテッドと対戦する可能性があるが、ボス監督は全く意識していないことを強調した。 「今の私はレバークーゼンの監督だ。それは別のクラブでの過去の話。一方と他方の間に全く関係はない。レバークーゼンは大きな目標を掲げている。だが、まずはインテル戦だ。今日はそれ以外のことは考えない」 2020.08.10 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

コンテ監督、ELレバークーゼン戦を警戒「カウンターに注意しなければ」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)・準々決勝のレバークーゼン戦に向けたコメントを残している。 新型コロナウイルスの影響で5カ月もの中断を強いられていたELは、先日ラウンド16の途中から再開。1stレグも延期となっていたインテルは、中立地ドイツでヘタフェとの一発勝負に望み、FWロメル・ルカクと途中出場のMFクリスティアン・エリクセンのゴールで勝利した。 本格的に一発勝負となる準々決勝の相手はレバークーゼン。前線のタレントを生かした鋭い攻撃が特徴のドイツ屈指の強豪だが、コンテ監督に油断はないようだ。イタリア『スカイ」の取材で語った。 「彼らはカウンターが得意なチームだ。スペースを与えるとその脅威が増してしまう。注意が必要だ」 「インテルに求められるのはコンパクトに保つこと。そして、ポゼッションにおいてもノンポゼッションにおいても準備してきたことを活かすことだ。こういった一発勝負の試合はディテールが勝敗を分かつ。気をつけなければならない」 「準々決勝や準決勝の試合に有利も不利もない。ヘタフェ戦の前にも言ったように、我々が準決勝に値するチームであることを証明しなければないらない。ヘタフェ戦では準々決勝に進出するチームであることを示した」 「今は準決勝へ進めるチームであることを証明するときだ。ここまでの道のりには満足しているよ」 2020.08.10 14:31 Mon
twitterfacebook