クリロナ、得意の腹筋で昨年サッカー選手に転身したあのアスリートに敗れる

2020.04.08 13:43 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ中断中もトレーニングを怠ることのない鉄人クリスティアーノ・ロナウドが「新たなチャレンジを君たちに用意した」と、インスタグラムに動画を投稿した。自身のスポンサーである『ナイキ』とのタイアップの一環として投稿された当動画は“リビングルーム・カップ”と評して同選手が腹筋の限界にチャレンジ。45秒の制限時間の中で回数を競い合う輪を広げていくことを目的に、ロナウドはさすがの142回という記録を出した。

「さあ、僕の記録を超えることが出来るかな?」と2億人のフォロワーに挑戦状を叩きつけると、これに反応したのがユベントスでチームメイトのブレーズ・マテュイディだった。

マテュイディは先月17日に新型コロナウイルスに感染したことが判明。現在も隔離状態が続いているが、そんな中でロナウドの記録を抜く144回の新記録を打ち立てた。

しかし、この2人を軽々超える者が現れた。元陸上女子王者のキャスター・セメンヤだ。主に800mの金メダリストとして知られる南アフリカ出身のセメンヤも、このチャレンジに乗じて腹筋を披露。そして叩き出した記録はなんと176回。ロナウドもマテュイディも面目が立たない記録をサラッと出しておきながら、「いい日曜日になったわ」とドライに振る舞っている。

なお、セメンヤは昨年9月に母国のJVWという女子サッカーチームに入団し、プロサッカー選手としてのキャリアを歩み始めている。

コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア、最終ライン強化に向けルガーニ&フォイスの獲得を画策

バレンシアが残り少なくなった今夏の移籍市場でイングランドとイタリアからセンターバック2選手の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena COPE』が伝えている。 今夏、バレンシアでは財政難によるチーム崩壊が進んでおり、マンチェスター・シティに移籍したFWフェラン・トーレスをはじめ、MFフランシス・コクランやMFダニエル・パレホ、FWロドリゴ・モレノを売却せざるを得ない事態に陥っている。 特に最終ラインではアタランタへレンタル移籍したDFクリスティアーノ・ピッチーニやレンタルバックとなったDFアレッサンドロ・フロレンツィら5選手がチームを離れており、今夏での補強が急務となっていた。 そこで白羽の矢が立ったのが、ユベントスに所属するイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(26)とトッテナムに所属するアルゼンチン代表DFフアン・フォイス(22)だ。 ルガーニは2015年の冬にエンポリからユベントスに加入。ユベントスでは在籍5年半で公式戦101試合の出場しているが、近年では熾烈なレギュラー争いに苦しみ、マウリツィオ・サッリ前監督が就任した昨季はセリエAで10試合の出場にとどまっていた。 また、すでに開幕した今季もアンドレア・ピルロ新監督の構想外となっており、放出候補に名前が挙げられている。 一方、2017年夏にエストゥディアンテスからトッテナムに加入したフォイス。2018-19シーズンは同胞マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下、公式戦17試合に出場。しかし、更なる飛躍が期待された昨シーズンは公式戦7試合の出場にとどまっていた。 とりわけ、昨年11月に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を勝ち取れず、今シーズンもここまでベンチ外が続いている。 2020.09.29 00:47 Tue
twitterfacebook
thumb

スアレスの不正疑惑、ユベントスの責任者は潔白を主張

ユベントスのフットボール部門の最高責任者であるファビオ・パラティチ氏が、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス の不正行為を否定した。 今夏にバルセロナを退団し、アトレティコ・マドリーに移籍したスアレス。27日に行われたラ・リーガ第3節のグラナダ戦では、途中出場から2ゴール1アシストの鮮烈デビューを果たした。 だが同選手は以前にユベントス移籍が報じられており、実際にパスポート発行に必要なイタリア語試験にも合格していた模様。しかし、そのパスポート発行に時間を要することもあり、アンドレア・ピルロ監督も「難しい」と獲得を断念していた。 だが問題はここで終わりではなく、その試験でスアレスが不正を働いていたと各メディアに伝えられた。情報によれば、スアレスは試験内容を事前に知らされていたばかりではなく、受ける前から合格が決まっていたという。 現在も調査が行われている中、パラティチ氏はスアレスの潔白を主張。ユベントスに対する訴訟の可能性もあったがクラブは調査対象外にあるとしている。 「我々は何も不正はしていない。スアレスがバルセロナを離れる機会があり、我々はルールの範囲内で青天白日の下に行動してきた。何も心配することはない」 「私は裁判官でも警察でもないため、どういった状況なのかわからないし、彼らがどのように調査に取り組んでいるかなんて考えてもいない」 2020.09.28 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

王者に善戦もフォンセカ監督は不満「勝てる試合だった」

ローマのパウロ・フォンセカ監督は、ユベントス戦の結果に満足していないようだ。 ローマは27日、セリエA第2節で王者ユベントスを本拠地スタディオ・オリンピコに迎え撃った。開幕ヴェローナ戦はMFアマドゥ・ディアワラの未登録起用の違反により敗戦扱いとされた中、この日はMFジョルダン・ヴェレトゥのPKで先制する展開に。 その後、ローマもPKを献上してしまい、FWクリスティアーノ・ロナウドに同点とされるものの、前半アディショナルタイムに再びヴェレトゥがゴール。1点リードで試合を折り返す。 後半には相手MFアドリアン・ラビオが2枚目のイエローカードで退場し、ローマは数的優位に。しかし、69分にまたもC・ロナウドの得点を許し2-2のドローに終わった。 王者ユベントスと互角以上に渡り合ったローマだが、イタリア『スカイ』のインタビューでフォンセカ監督は勝てる試合だったと結果に不満を漏らした。また、ユベントス移籍が噂されながらも先発出場したFWエディン・ジェコにも言及した。 「我々は良い試合をしたと思う。だが、結果には満足していない。チャンスを作り出し、勝てる試合をしていたからね」 「ジェコは集中し、モチベーション高く、一生懸命チームに貢献していた。ゴール前でのミスはあったが、全員にも言えること。今夜はよくやってくれたよ」 「(移籍の可能性について)私はクラブを完全に信頼している。新しい会長はまだここに来たばかりで、このチームにとっての最善の解決策について定期的に話し合っているところだ。ジェコは我々が把握している通常の状況に置かれている。我々は取るべきアプローチについて合意しているよ」 フォンセカ監督は加えて、5人の交代が許可されているにもかかわらず、ユベントス戦の交代を2人に留めた理由も説明した。 「チームは快適でソリッドな守備でユーベにそれほどチャンスを与えていなかった。ロレンツォ・ペッレグリーニは疲れが見えたから交代させたんだ」 「確かに5人まで交代可能だが、チームが上手くいっていると感じれば、それは必要ないことだ。ヘンリク・ムヒタリアンやペドロ、ジェコには交代するかどうか尋ねたが、彼らは揃ってノーと答えた。それなら交代はいらないだろう」 2020.09.28 14:51 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ戦で2発のC・ロナウド、チームの成長に自信「改善している」

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、チームの今後の成長に自信を示している。クラブ公式サイトが伝えた。 27日に敵地で行われたセリエA第2節でローマと対戦したユベントスは、1点ビハインドの44分にC・ロナウドがPKを成功させて同点。またしてもリードを許した69分にDFダニーロからのクロスをC・ロナウドがこの日2点目を決めて、2-2の引き分けに終わった。 MFアドリアン・ラビオの退場もあり、数的不利となりながら2ゴールの活躍でチームを救ったC・ロナウドは試合後、今後チーム戦術がハマると自信を見せている。 「リードされて難しい試合になったけど、なんとか重要なポイントを獲得できた。僕たちはまだシーズンが始まったばかりで、いろいろなアイディアを持つ新監督がいるが、チームには素晴らしい未来が見えている」 「リーグ戦は競争が激しく、チームは強化され、より難しくなるが、徐々にスタイルが定まるだろう。チームは改善している。僕はより幸せで笑顔でハードワークできている」 2020.09.28 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕連勝ならずのピルロ監督、ローマとのドローに「解決策を見つけられなかった」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督がローマの守備にてこずったことを認めた。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは27日に敵地で行われたセリエA第2節でローマと対戦。MFジョルダン・ヴェレトゥの2ゴールで2度のリードを許し、MFアドリアン・ラビオの退場により、数的不利になりながらも、FWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールで同点に持ち込み、2-2で引き分けた。 開幕連勝を逃したピルロ監督は試合後、ローマの堅守の前に攻撃の糸口が掴めなかったと反省。今後数試合でその解決策を探していきたいと話している。 「多くの選手を使って攻撃をしてくるチームと対戦したが、サンプドリア戦とは異なる試合だった。我々はラインをタイトに保ち、中盤の選手にプレスをかけて、一対一の攻撃を仕掛けたかった。堅守のチームと対戦して、困難だとわかっていたが、解決策を見つけられなかった」 「中盤の選手は2人でプレーするのに適しており、選手の特徴を最大限活かせるように努めなければいけない。我々はまだ構築している最中のチームであり、プレシーズンに多くの解決策を試す時間がなかった。今後の数試合でそういった形を見つけていきたい」 また、この試合で2ゴールを記録したFWクリスティアーノ・ロナウドについて、「彼はゴールするためにトレーニングをしているが、我々が10人になってもたくさん走ってくれた。チームメイトにとっては良いことだ」と言及している。 2020.09.28 12:11 Mon
twitterfacebook