D・シルバ、代理人がミランと会談! Jリーグなしか

2020.04.08 12:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』がマンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)に対するミランの接触を報じた。2010年にマンチェスター・シティに加入以降、公式戦通算424試合74ゴール137アシストの数字を誇り、14個のタイトル獲得に貢献してきたダビド・シルバ。契約失効となる今季限りでシティの退団意向を明らかにしており、新天地としてJリーグのヴィッセル神戸や、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミ、そして、レアル・ベティスが浮上している。

しかし、ダビド・シルバは最後の経験として新たにハイレベルな大会に身を投じたい思いや、古くからの夢だというイタリアでプレーしたい考えがある模様。そうしたなか、ミランのテクニカルディレクター(TD)のパオロ・マルディーニ氏やスポーツディレクター(SD)のリッキー・マッサーラ氏らが昨年のクリスマス後、クラブのオフィスでダビド・シルバの代理人と会談したという。

いわく、ミランが獲得する場合、600万~800万ユーロ(約7億円~約9億4000万円)の選手年俸が高額だが、フリートランスファーでの加入になるため、金銭面に問題ないとのこと。イタリア勢のなかで、最初に具体的な動きをみせたというミランだが、ダビド・シルバ獲得なるか。
コメント
関連ニュース
thumb

ミランがユナイテッドDFダロトに着眼 買取OP付きレンタルの1stオファー

ミランがマンチェスター・ユナイテッドのU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)を狙っているようだ。 イタリア『スカイ』によると、守備陣の強化を目論むミランは新たなセンターバックとしてサンテチェンヌのフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)を注視する一方で、サイドバックとしてもダロトをリストアップしているという。 そんなミランは買取オプション付きのレンタルという条件の1stオファーをすでに打診。しかし、ユナイテッドは完全売却しか求めておらず、ミラン陣営は新たなオファーを出すか、違う選手にシフトするかの検討を迫られている模様だ。 ダロトは2018年にポルトから加入すると、鋭いクロスが武器の右サイドバックとして初年度から公式戦23試合に出場。しかし、昨季はイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカの加入などもあり、11試合の出番とプレー機会を減らした。 2020.09.30 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨン、ブラジル代表MFパケタ獲得でミランとクラブ間合意! 移籍金は約26億円

リヨンがブラジル代表MFルーカス・パケタ(23)の獲得に向けてミランと合意に至ったようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 カカの後継者とも評されるパケタは、2019年1月にフラメンゴから3840万ユーロ(約47億6000万円)でミランへ加入すると、ブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にすぐにレギュラーの座を掴み、昨季はセリエAで13試合に出場し1ゴール3アシストをマーク。 昨季もセリエAで24試合に出場し1アシストを記録しているが、そのほとんどが途中出場だった。また、パケタはミランでの生活に多くの不安やストレスを感じており、今夏での退団を希望しているとの噂も報じられていた。 『スカイ』が伝えるところによると、ここ数週間でパケタ獲得に向けてミランと交渉していたリヨンは、移籍金2100万ユーロ(約26億3500万円)の金額で合意に至ったと模様。 また、ミランは今回の契約に同選手が将来的に移籍した際、移籍金の数%を受け取れる条項も盛り込んだという。 なお、すでにミラネッロ(ミランのトレーニングセンター)で使用していたロッカーを片付けたパケタは、チームメイトにも別れを告げ、父親と共にフランスへ出発したという。 同紙によれば、パケタは今後数時間のうちにPCR検査を受けた後、メディカルチェックを受診。問題がなければリヨンと正式契約を結ぶとのことだ。 2020.09.30 01:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランFWレビッチに左ヒジ脱臼の診断結果 10月代表ウィーク明けのミラノ・ダービーで復帰か

ミランがクロアチア代表FWアンテ・レビッチの負傷を報告した。 レビッチは27日に敵地で行われたセリエA第2節のクロトーネ戦に先発出場。新型コロナウイルス感染の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが欠場するなかで開幕から2試合連続のスタメン入りだったが、試合中に左ヒジを痛め、58分にピッチを後にした。 そうした状況を受けて、一部メディアで様々な見方が指摘されたが、ミランが公表した28日実施のCT検査結果によると、幸いにも左ヒジに骨折や神経へのダメージはなく、脱臼のみを確認。10日後に再検査を受ける予定だという。 現時点で全治などの詳細こそ不明だが、これを追って報じたイタリア『スカイ』によると、回復までそう時間を要さないとみられるが、復帰戦は代表ウィーク明けの10月17日に敵地で行われるセリエA第4節のインテルとのダービーマッチが予想される模様だ。 なお、ミランは今後、10月1日にリオ・アヴェとのヨーロッパリーグ(EL)プレーオフを戦い、続く4日に行われるセリエA第3節でスペツィアと対戦する。 2020.09.29 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安健洋にミランが関心? 最終ラインの補強候補の1人に浮上

移籍市場のタイムリミットが迫っている中、守備陣の補強に動いているミラン。その候補の中に、ボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)の名前があるようだ。 移籍市場に精通し、イタリア『スカイ・スポーツ』のジャーナリストとしても活躍しているジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が自身のサイト『GIANLUCADIMARZIO.com』で報じたものだ。 センターバックの補強に動いているミランは、ブラジル代表MFルーカス・パケタ(22)の売却が前提とされながらも、2人の候補を検討しているとのこと。第一候補は、サンテチェンヌのフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)だが、第二候補が冨安だという。 フォファナはU-17フランス代表歴のある若手CBで、2019-20シーズンにファーストチーム昇格。リーグ・アンで14試合に出場し1ゴール、ヨーロッパリーグでも2試合に出場していた。 しかし、若手の才能を手放したくないことに加え、将来への投資の意味合いが強いフォファナに対し、冨安は2019-20シーズンのセリエAで29試合に出場し1ゴール3アシスト。主に右サイドバックとしてプレーしたが、今シーズンは開幕から2試合をCBでフル出場しており、イタリアでの経験値では優っている状況だ。 また、ミランはマンチェスター・ユナイテッドのU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)に対してもオファーを出したという。こちらの移籍は、買い取りオプション付きのレンタル移籍となりそうだが、お互いの要求が折り合っていない状況とのことだ。 いずれにしても残りわずかな時間で最終ラインの補強を目指すミラン。果たして誰がロッソネロのユニフォームに袖を通すだろうか。 2020.09.29 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ディアスの移籍後初弾などで昇格組クロトーネに快勝のミランが開幕2連勝!《セリエA》

ミランは27日、セリエA第2節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 冨安所属のボローニャにイブラヒモビッチのドッピエッタで勝利したミランだったが、そのイブラヒモビッチが新型コロナウイルスに感染して欠場となった中、代役にはレビッチが起用され、トナーリとディアスが初スタメンを飾った。 開幕戦のジェノア戦を1-4と完敗した昇格組のクロトーネに対し、2列目に右からサレマーカーズ、チェルハノール、ディアスと並べたミランが立ち上がりから攻勢に出ていく。 8分にチャルハノールのミドルシュートでゴールに迫ると、14分にはディアスが枠内シュートを浴びせた。 さらに20分、CKからケアーのヘディングシュートがバーを直撃したミランが一方的に押し込む展開とすると、前半終了間際の45分にPKを獲得する。 ディフェンスライン裏を突いてロングボールを受けたレビッチがボックス内に侵入。マッローネに倒されPKを獲得した。このPKをケシエが決めてミランが1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半開始5分、ディアスの移籍後初ゴールでミランがリードを広げる。ボックス右に侵入したサレマーカーズの折り返しにチャルハノールが潰れ、ルーズボールをディアスが蹴り込んだ。 その後、53分にドラグジュに決定的なボレーシュートを許したミランは、58分に左肩を脱臼したレビッチがプレー続行不可能となりコロンボが投入される。 そして63分にはトナーリをお役御免としたミランは、終盤にかけてはクロトーネにポゼッションを譲って時間を消化。イブラヒモビッチ不在を感じさせず、快勝での2連勝スタートとした。 2020.09.28 03:15 Mon
twitterfacebook