地味にすごい?! マウントが自宅で壁あてリフティングを披露

2020.04.05 14:51 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントが技術の高さを披露している。

新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出に制限がかけれられている昨今。選手達にとっては、すでに何週間もサッカーから離れ、オフシーズンとは異なり旅行なども楽しめない未曾有の状況が続いている。

それでも、自主トレーニングに励む姿や、家庭の仕事を手伝う様子をSNSにあげる選手もいて、サッカーファンは普段ではなかなかお目にかかることの出来ない側面を楽しんでいる。

そんな中、今季チェルシーでブレイク中のマウントがインスタグラムを更新。自宅の庭のような場所で壁当てリフティングをしているのだが、それが何とも正確なボールタッチで、マウント自身は最初の立ち位置からほとんど離れることなくリフティングを続けている。

しかも使っているのはインステップのみ。簡単に見えるが地味に凄いと話題となっている。チェルシーも公式ツイッターで“ウォールチャレンジ”と称し絶賛。

いずれはイングランド代表を背負って立つと期待されるマウントの才能を垣間見た瞬間だった。
コメント
関連ニュース
thumb

3位浮上のランパード監督、好調両ウイングを絶賛!

チェルシーのフランク・ランパード監督が、辛勝だったクリスタル・パレス戦を振り返った。チェルシー公式が伝えている。 7日にプレミアリーグ第34節でクリスタル・パレスと対戦したチェルシー。試合は開始6分に先制すると、27分にはMFクリスチャン・プリシッチのゴールでリードを広げた。しかし、そこから打ち合いとなり、最終的にアウェイで2-3で勝利。前節のワトフォード戦からの連勝で、順位を3位に上げた。 これでコロナ明け5試合で4勝としたチェルシーだが、とりわけプリシッチは、この5試合は3ゴールと2つのPK奪取の活躍で、ワトフォード戦後には昨シーズンまで同クラブでプレーしたベルギー代表FWエデン・アザールとの比較まで飛び出すほど。ランパード監督もいよいよ本領発揮のアメリカ代表MFのパフォーマンスには満足しているようで、安定してチームの攻撃を牽引し続けるMFウィリアンも含めた両ウイングを絶賛した。 「クリスチャンは非常に重要な存在だ。彼には素晴らしい才能がある。ここに来た当初は休む間もなくてコンディション調整になかなか苦労していたが、今では本当に良くなった。ひとつ上のレベルに達したと感じているよ。周りに合わせるだけでなく、得点にも絡むようになった」 「世界トップクラスの選手たちというのは安定してゴールやアシストを記録しチームを勝利に導く。今は彼がそうだね。とても嬉しいよ」 「ウィリアンの影響力は計り知れないね。クリスチャンも彼も我々にとって心強い存在だ。ウィリアンは毎試合その存在感を示してくれる。スピード、ドリブル、そしてクオリティ。卓越した選手だよ」 「だが、今日は60分まであまり良くなかった。我々は他の試合のようにスムーズにボールを運べず、少し持ちすぎてしまっていた。ビリー・ギルモアはかなり良くやってくれたと思うが、中盤の出来に関しては全体的に満足のいくものではなかった」 また、この試合で決勝点を上げたFWタミー・エイブラハムにも言及。リーグ戦では第22節以来のゴールとなった若きストライカーを称えている。 「彼は喉から手が出るほどゴールを欲していたから、このゴールは重要な意味を持つことになるだろう。しばらくゴール出来ないのはストライカーにはよくあることだが、これが自信につながってくれればと思う。状態は良いよ。選択肢にもなっている。FW陣には満足しているんだ」 2020.07.08 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパード監督、先制点に繋がった元同僚ケイヒルの負傷シーンに「同情するが我々はプレーを続けるべきだった」

チェルシーのフランク・ランパード監督が、元同僚であるクリスタル・パレスの元イングランド代表DFギャリー・ケイヒルの負傷シーンについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは、7日に敵地で行われたプレミアリーグ第34節のクリスタル・パレス戦を3-2で勝利し、2連勝で3位に浮上した。 試合は6分にFWオリヴィエ・ジルーが先制点を記録すると、27分にもFWクリスチャン・プリシッチが個人技から追加点。その後、前半のうちに1点を返されて試合を折り返すも、71分に途中出場のFWタミー・エイブラハムが3点目を奪取。その直後に再び失点を喫したが、このまま逃げ切りに成功した。 苦しみながらも3位浮上に繋がる重要な勝利に満足感を示すランパード監督だが、チームの先制点に繋がる形となったケイヒルの負傷に関しては複雑な思いを抱いている。 前述のジルーの先制点の場面ではDFリース・ジェームズが右サイドのMFウィリアンに向けてフィードを送った際、対応にあたったケイヒルが左ハムストリングを痛めて追走できず。そして、フリーの状態でボックス右まで抜け出したブラジル代表MFの折り返しをゴール前のジルーが難なく押し込んでいた。 試合後、ランパード監督は「確かに彼に同情する。ギャリーのことはよく知っているし、我々は友人だ。あの場面を見れば、大きなケガをしたことはすぐにわかった」と、元同僚の負傷について言及。 その一方で、元キャプテンの負傷にもプレーを止めることなくゴールを奪ったピッチ上の選手たちの判断は正しいものだったと振り返っている。 「しかし、我々は最後までプレーしてアクションを終わらせなければいけなかった。あのような状況では誰でもピッチの外にボールを蹴り出すことはないだろう。ただ、ギャリー個人に対して、気の毒に思う。頭の負傷であれば、プレーは常に止まるが、あのような場合のケガでは止まらない。それは明確だ」 「あの状況ではどのチームもプレーを続けると思う。ウィリアンはゴールに向かっていた。あれがプレーを止めるべき状況と判断されるならば、試合はいつもストップしてしまう。それがレフェリーに判断を委ねている理由だ」 2020.07.08 10:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパード采配的中のチェルシーがC・パレスとの打ち合いを制す!《プレミアリーグ》

チェルシーは7日、プレミアリーグ第34節でクリスタル・パレスとアウェイ対戦し3-2で勝利した。 前節のワトフォード戦を3-0で完勝した4位チェルシー(勝ち点57)は、中2日での一戦に向けて先発メンバーを1人変更。カンテに代えてギルモアを先発で起用した。 リーグ戦3連敗中の14位クリスタル・パレス(勝ち点42)に対し、立ち上がりからボールを保持するチェルシーは6分に最初のチャンス。R・ジェームズのロングパスで右サイドを抜け出したウィリアンがボックス右深くまで切り込むと、マイナスの折り返しをゴール前のジルーが流し込んだ。 先制を許したクリスタル・パレスは、直前のプレーで右ハムストリングを痛めてピッチに倒れ込んだケイヒルがプレー続行不可能となり、メディカルスタッフの肩を借りてピッチを後にした。 その後も試合をコントロールするチェルシーは、クーリングブレイクが明けた直後の27分に追加点を奪う。ウィリアンのパスをボックス左で受けたプリシッチが、縦への突破から左足を振り抜くと、GKグアイタのニアサイドを破るシュートがゴールネットを揺らした。 リードを広げられたチェルシーだが、34分にクリスタル・パレスの反撃を受ける。味方のパスミスのこぼれ球を拾ったザハがチェルシー陣内中央から右足一閃。強烈なロングシュートにGKケパも触ることが出来ず、ボールはそのままゴールネットに突き刺さった。 迎えた後半は立ち上がりから一進一退の展開に。そんな中、チェルシーは54分にR・ジェームズの右クロスからジルーがヘディングシュートでクリスタル・パレスゴールに迫るが、これはわずかにクロスバーの上に外れた。 膠着状態が続く中、チェルシーは65分にジルーとバークリーを下げてエイブラハムとロフタス=チークを投入。すると71分、中央をドリブルで持ち上がったロフタス=チークがチップキックで相手DF2人の間を通すと、ボックス右に抜け出したエイブラハムがダイレクトシュート。これが左ポストを当たりながらもゴールネットを揺らした。 途中出場の2人で追加点の奪ったチェルシーだったが、直後に失点する。72分、マッカーサーのパスをボックス左で受けたファン・アーンホルトが縦への仕掛けからクロスを供給。これをゴール前のベンテケに流し込まれた。 再び1点差とされたチェルシーは86分、右サイドからダイアゴナルなドリブルで仕掛けたウィリアンのラストパスからマウントが左足でシュート。これがゴール左隅を捉えたが、シュートはGKグアイタの好セーブに阻まれた。 チェルシーは後半アディショナルタイムにピンチを迎える。95分、ボックス左から仕掛けたザハのクロスをゴールエリア右のダンがヘディングシュート。角度のない位置からのシュートは左ポストを叩き、難を逃れた。 結局、試合はそのまま3-2でタイムアップ。打ち合いを制したチェルシーが暫定3位に浮上し、アーセナル戦を控えるレスター・シティにプレッシャーをかけることに成功した。 2020.07.08 04:10 Wed
twitterfacebook
thumb

前節負傷交代のカンテ、今節欠場へ

チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテは今節を負傷欠場するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 カンテは4日に行われたプレミアリーグ第33節のワトフォード戦に先発したが、78分に交代。3-0の快勝で飾り、猛追してくる5位マンチェスター・ユナイテッドから4位の座を死守したチェルシーだが、フランク・ランパード監督は試合後、「少しハムストリングを痛めてしまった。明日にも検査を受けさせ、どれぐらい悪いものなのかを確認しなければならない」と語っている状況だった。 <div id="cws_ad">◆カバー範囲は“地球の3割”!? 世界最高峰DMFエンゴロ・カンテ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5bTEzcXlkYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そのワトフォード戦から中2日で、7日に敵地で行われる第34節のクリスタル・パレス戦に挑むランパード監督。試合に先駆けた会見でカンテの出場可否について、「カンテはスカッドに入ってこないだろう。ハムストリングを痛めて、復帰まで1週間ほどかかる。シェフィールド・ユナイテッド戦のメンバーに含まれれば、幸いだ」と述べ、今節の欠場を主張した。 そうなれば、気になる代役だが、ここ数試合にわたり、先発から遠ざかるイタリア代表MFジョルジーニョの起用に関して、明言を避けた。 「私が人選する上で、個人的な部分やポジション、戦術面の詳細に触れたくない。私は自分がベストだと思うチームを選ばないとならないだけ。彼は非常にプロフェッショナルで、全ての選手と同じように、プレーしたいと思っている。私の仕事で最も難しいのは選手にプレーしない旨を伝えること。長丁場のシーズンで大事なのはいなくなった選手をサポートする選手の存在だ」 2020.07.07 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ランパードがゴール遠ざかるエイブラハムを語る 延長交渉難航との関係なしを強調

チェルシーを率いるフランク・ランパード監督がイングランド代表FWタミー・エイブラハム(22)について、最近のゴール欠乏と契約交渉難航の関係なしを主張した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ランパード新体制発足の今季、新たなゴールゲッターとしてブレイクを遂げたエイブラハム。ここまでプレミアリーグ29試合に出場して13得点4アシストの数字を残し、ブルーズのストライカーへ名乗りを上げている。 <div id="cws_ad">◆エイブラハムがスウォンジーで見せた大器の片鱗<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2dEVxUG9KbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、1月11日に行われた第22節のバーンリー戦以降はゴールなし。最近において、一時移籍が取り沙汰されたフランス代表FWオリヴィエ・ジルーに先発を奪われる試合も増えている。 一部では2022年まで残す契約の延長交渉がパフォーマンス低下の要因として報じられているが、ランパード監督はその憶測を否定。7日に行われるプレミアリーグ第34節クリスタル・パレス戦前の記者会見で、こう語っている。 「タミーの契約について、我々は危機的なレベルにはないと思う。私は彼とクラブに任せている。それついてはいずれ話し合うことになるだろう。今、彼の頭の中にはっきりと浮かぶものではないと思うし、少なくともあるべきじゃない。今、彼の頭の中に必要なのはスタメン、サブに関係なく、どれだけピッチ上でチームに貢献できるかだ」 また、エイブラハムに対して、トレーニングでハードワークを続けるよう促している。 「彼は本当に良いシーズンを過ごしてきたが、後半戦はあまり得点できていない。しかし、若手にこのような時期があるときはそこから抜け出す方法は1つしかない。それはトレーニングでの努力と繰り返しだ」 「今のタミーはその状況にいる。契約は彼とクラブの間でうまくまとまると思う。彼はシーズン序盤のようなパフォーマンスを発揮するために集中する必要がある」 「彼は試合中、相手DFの問題となり、定期的に得点を決めていた。それは全て彼がどのようにトレーニングし、努力していたかの結果だ。彼が常に維持していかなければならないことだ」 2020.07.07 16:20 Tue
twitterfacebook