6月のカタールW杯予選、タジキスタン戦&キルギス戦が延期…森保一監督「この決断は当然」《カタールW杯アジア2次予選》

2020.04.01 17:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は1日、6月に開催が予定されていたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選兼アジアカップ中国2023予選の2試合を延期することを発表した。国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)は3月9日、3月と6月に予定されているインターナショナルマッチウィークに開催される予選に関して、原則延期とすることを発表。各サッカー協会間で合意した場合のみ、開催することが認められていた。

すでに3月に予定されていたミャンマー代表戦とモンゴル代表戦の延期が発表されていたが、タジキスタンサッカー連盟、キルギスサッカー連盟と協議した結果、試合に関わる全ての方々の健康を最優先に考え、延期することを決定したとしている。

いずれの試合も日本で開催される予定で、タジキスタン戦は6月4日(木)に兵庫県のノエビアスタジアム神戸、キルギス代表戦は6月9日(火)に大阪府のパナソニックスタジアム吹田で行われる予定だった。

また、7月17日(金)に予定されていた U-23日本代表のキリンチャレンジカップ2020も中止にすることが発表されている。対戦相手は決まっていなかった。

日本代表、U-23日本代表を率いる森保一監督はJFAを通じてコメントしている。

「6月に予定されていたFIFAワールドカップ予選の延期が決定しました。今、世界に拡大している新型コロナウイルスの感染状況を考えると、この決断は当然と考えています。これからの活動については、どの時期に再開しても、そのときに力を発揮できるよう、今できることに全力で取り組み、しかるべきときに向けて準備をしていきたいと考えています」

「そして、東京オリンピックの延期にともない、大会直前に兵庫で予定していたU-23日本代表のキリンチャレンジカップ2020も中止することになりました。東京オリンピックは、2021年7月の開幕が正式に決まりました。今後の活動はSAMURAI BLUE同様、状況を見ての判断になると思います。オリンピック開幕も新型コロナウイルス感染症が収束していることが大前提です。我々が目指す金メダル獲得に向けて、次の活動を心待ちにしながら、選手、スタッフそれぞれが今できることに取り組んでいきます」

「このウイルス感染をこれ以上拡大させないために、みんなが団結するときだと思います。こうした苦境で発揮される日本人の規律を守る心、団結力、組織力を私は信じています」
コメント
関連ニュース
thumb

カタールW杯の試合日程が発表! 開幕は11月21日、決勝は12月18日

国際サッカー連盟(FIFA)は15日、2022年にカタールで予定されているワールドカップの大会スケジュールを発表した。 ちょうど2年前、2018年7月15日はロシア・ワールドカップ決勝の日。フランス代表vsクロアチア代表の一戦は、4-2でフランスが勝利し、2度目の世界王者となった。 <div id="cws_ad">◆イニエスタ、2010W杯決勝ゴール&コメント<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDdEJja2pUciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> それから2年、2022年に行われるカタール・ワールドカップのマッチスケジュールが発表。開幕戦は11月21日に行われ、12月18日に決勝が行われることとなった。 今大会は32カ国が出場。グループステージは各国が最適な休息を得るため、12日間にわたって開催。1日に4試合が行われることとなる。ラウンド16以降は1日に2試合ずつとなり、準決勝以降は1日1試合となる。なお、ラウンド16までは連続して開催され、準々決勝までに2日、準々決勝と準決勝の間も2日、準決勝と3位決定戦の間も2日の休暇が与えられる。 また、会場は8つに分かれるものの、コンパクトな大会となり、会場間を移動するのに飛行機の使用は必要ない環境となっている。 キックオフ時間に関しては、グループステージは日本時間の19時、22時、25時、28時となり、ラウンド16と準々決勝は24時と28時、準決勝は28時、3位決定戦と決勝は24時となる。 なお、組み合わせ抽選会は2022年3月のインターナショナルマッチウィークの後に実施。その後に対戦カードに対してキックオフ時間を割り当てることとなる。 ◆カタール・ワールドカップ日程 【グループステージ】 ▽2022年11月21日(月) グループA1 vs グループA2 グループA3 vs グループA4 グループB1 vs グループB2 グループB3 vs グループB4 ▽2022年11月22日(火) グループC1 vs グループC2 グループC3 vs グループC4 グループD1 vs グループD2 グループD3 vs グループD4 ▽2022年11月23日(水) グループE1 vs グループE2 グループE3 vs グループE4 グループF1 vs グループF2 グループF3 vs グループF4 ▽2022年11月24日(木) グループG1 vs グループG2 グループG3 vs グループG4 グループH1 vs グループH2 グループH3 vs グループH4 ▽2022年11月25日(金) グループB1 vs グループB3 グループB4 vs グループB2 グループA1 vs グループA3 グループA4 vs グループA2 ▽2022年11月26日(土) グループD1 vs グループD3 グループD4 vs グループD2 グループC1 vs グループC3 グループC4 vs グループC2 ▽2022年11月27日(日) グループF1 vs グループF3 グループF4 vs グループF2 グループE1 vs グループE3 グループE4 vs グループE2 ▽2022年11月28日(月) グループH1 vs グループH3 グループH4 vs グループH2 グループG1 vs グループG3 グループG4 vs グループG2 ▽2022年11月29日(火) グループA4 vs グループA1 グループA2 vs グループA3 グループB4 vs グループB1 グループB2 vs グループB3 ▽2022年11月30日(水) グループC4 vs グループC1 グループC2 vs グループC3 グループD4 vs グループD1 グループD2 vs グループD3 ▽2022年12月1日(木) グループE4 vs グループE1 グループE2 vs グループE3 グループF4 vs グループF1 グループF2 vs グループF3 ▽2022年12月2日(金) グループG4 vs グループG1 グループG2 vs グループG3 グループH4 vs グループH1 グループH2 vs グループH3 【ラウンド16】 ▽2022年12月3日(土) グループA・1位 vs グループB・2位-[49] グループC・1位 vs グループD・2位-[50] ▽2022年12月4日(日) グループB・1位 vs グループA・2位-[51] グループD・1位 vs グループC・2位-[52] ▽2022年12月5日(月) グループG・1位 vs グループH・2位-[53] グループE・1位 vs グループF・2位-[54] ▽2022年12月6日(火) グループH・1位 vs グループG・2位-[55] グループF・1位 vs グループE・2位-[56] 【準々決勝】 ▽2022年12月9日(金) [49]勝者 vs [50]勝者-[57] [53]勝者 vs [54]勝者-[58] ▽2022年12月10日(土) [51]勝者 vs [52]勝者-[59] [55]勝者 vs [56]勝者-[60] 【準決勝】 ▽2022年12月13日(火) [57]勝者 vs [58]勝者-[61] ▽2022年12月14日(水) [59]勝者 vs [60]勝者-[62] 【3位決定戦】 ▽2022年12月17日(土) [61]敗者 vs [62]敗者 【決勝】 ▽2022年12月18日(日) [61]勝者 vs [62]勝者 2020.07.15 23:07 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユのビラス=ボアス監督が日本代表監督に興味? かつてはチェルシーやトッテナムを指揮

日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督(42)が、日本代表監督就任の希望を明かした。フランス『le10sport』が伝えた。 ポルトやチェルシー、トッテナム、ゼニト、上海上港などで指揮を執ってきたビラス=ボアス監督は、2019年7月にマルセイユの監督に就任。今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、途中で打ち切られることとなったが、パリ・サンジェルマン(PSG)に次ぐ2位につけていた。 ビラス=ボアス監督は2021年夏までマルセイユと契約を結んでいるものの、それを延長するつもりはないとのこと。11日にポルトガルで記者会見を行った際に、将来のプランを明かした。 「次のステップを明確にすることは難しいが、代表チームを指揮し、ワールドカップに出場できればと思っている。2022年のカタール・ワールドカップだ」 契約上、2021年6月にマルセイユを退団すればワールドカップには間に合う状況だ。 加えて、フランス『レキップ』のコラムでビラス=ボアス監督が日本代表に興味があると明かしていた。 「私はいつもワールドカップに挑戦したかった。日本に魅力を感じている。それは私が臨む仕事であり、彼らの選択肢にも近かった」 日本代表は森保一監督が東京オリンピック代表チームとの兼任で指揮。東京オリンピックも1年延期され2021年に開催予定。ワールドカップ出場を目指すA代表をメインに指揮することが発表されたが、今後の動向にも注目したい。 2020.07.14 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

引退後カタールで暮らすエトーが2022年W杯を語る「今後100年の中でも最高の大会になる」

元カメルーン代表のスーパースター、サミュエル・エトーがカタール・ワールドカップ(W杯)について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 レアル・マドリー、バルセロナ、インテル、チェルシーなど数々のビッグクラブを渡り歩き、カメルーン、そしてアフリカ大陸を代表する選手として長年活躍したエトー。ロシア、トルコなどでのプレーを経て2018年8月にカタールSCへ移籍し、2019年9月に同国で現役を引退していた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1TE5JTTdpciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 現在はカタールとミラノの家を行き来する生活をしているエトーだが、『マルカ』のインタビューで、2022年に開催予定のカタールW杯について言及。これまでにない素晴らしい大会になると太鼓判を押した。 「(ドーハに新しく建設されたスタジアムは)建設中の頃は見に行っていたけど、完成してからはパンデミックのせいで見に行けていないね」 「ただ写真ではスタジアムの様子を見ることはできた。またスパイクを履いてプレーしたいと思わされるほどスゴかったよ。今では自分の庭でサッカーをするだけで5分も持たないけどね。だからW杯はファンとして楽しむ予定だ」 「インフラについては本当に最高のものになる。多くの人がカタールでの開催を非難していたが、2022年のW杯は今後50年か100年の中でも最高の大会になると思う」 「観客や選手はこの大会以上のものを経験することはないと思う」 大会招致の際の汚職疑惑やスタジアム建設の劣悪な労働環境など、様々な問題が付きまとうカタールW杯だが、カメルーンのレジェンドは成功を確信しているようだ。 2020.06.12 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

AFCが5月、6月の主催試合の無期限延期を発表…

アジアサッカー連盟(AFC)は14日、5月と6月に予定されていたAFC主催のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)、カタールW杯アジア2次予選など全試合の無期限延期を発表した。 中国で流行り、世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス(COVID-19)は、これまでに12万人以上命を奪っている。感染者もおよそ193万人と、未曽有の大災害としてサッカー界にも大きな影響を与えている。 依然として新型コロナウイルスの終息が見えない状況が続く中、AFCは公式サイトで以下のような声明を発表した。 「今回の決定は選手、参加チーム、役員、ファンなどすべての関係者の健康と安全基準を確保するというAFCの取り組みにより決定された」 また、3月、4月に続き再延期となったACLについては「AFCの加盟協会との交流と協議を継続し、ACLとAFCカップのグループステージを終わらせるために可能なあらゆるオプションを検討していく」と、大会再開に向けた意志を表明している。 2020.04.15 02:05 Wed
twitterfacebook
thumb

南米サッカー連盟、カタールW杯南米予選の再延期をFIFAにリクエスト

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に関して、国際サッカー連盟(FIFA)へ延期を申し出ることを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が急速に拡大し、世界中で感染者が急増。国内リーグの他、代表チームの活動や国際試合についても全てが延期している状況だ。 3月に予定されていた代表チームの試合も全て延期され、南米ではこの3月からスタートする予定だったカタールW杯予選が延期に。6月に開催することが予定されていた。 しかし、CONMEBOLは常に健康を最優先とすることを目的とし、9月からのスタートに延期してもらうよう、FIFAに提案することで合意したと発表した。 今年はユーロ2020に加え、コパ・アメリカも延期。アフリカ・ネーションズカップ予選やカタールW杯アジア予選も延期となっている。 2020.03.21 11:55 Sat
twitterfacebook