金子劇的決勝弾! 清水が磐田とのダービーを土壇場逆転勝利《トレーニングマッチ》

2020.03.28 13:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
新型コロナウイルスの感染拡大によるJリーグの延期に伴い、清水エスパルスとジュビロ磐田がトレーニングマッチとして、28日にIAIスタジアム日本平で激突。清水が静岡ダービーを3-2の白星で飾っている。

クラモフスキー新体制の清水は3バックを試み、最後尾に入るネト・ヴォルピの前に右から岡崎、ファン・ソッコ、福森を配置。中盤に奥井、中村、竹内、六平を並べ、3トップに金子、ティーラシン、後藤を起用した。

一方、フベロ体制2年目のシーズンとなる磐田は4バックの布陣を用い、GK八田の前に小川大貴、大井、藤田、宮崎を起用。中盤に松本、上原、山本、大森が入り、三木と小川航基の2トップを送り出した。

静岡勢の一戦は清水がボールの主導権争いで優位に立つ戦況になる。その清水は6分に細かいパスワークから崩しにかかり、ティーラシンが立て続けにシュート。いずれも相手GKの牙城に崩せなかったが、攻撃のイニシアチブを握った戦いを講じる。

相手の時間が長く、守勢が続く磐田だが、35分に自陣サイドでボールをカットした宮崎が味方とのパス交換で持ち上がり、相手最終ラインで駆け引きを演じる小川航基にラストパス。相手GKをも交わして、無人のゴールにボールを沈め、磐田が先制した。

続く42分にもカウンターが磐田の得点機となり、左サイドの小川航基が中央に出したグラウンダーのクロスから三木が対面のDFをフェイントで剥がしてフィニッシュ。追加点のチャンスを逸したが、清水の反撃を無失点で抑え込み、リードして試合を折り返す。

前半終了間際にファン・ソッコの負傷交代に見舞われ、エリックをスクランブル投入した清水は、1点を追う展開でも変わらず、ボールの主導権を握り続けるが、磐田のブロック攻略に苦慮。逆に、小川航基の裏抜けからピンチを迎えるなど後手に回ってしまう。

それでも、互いに交代のベンチワークが活発化するなか、清水が追いつく。磐田のパスワークが際立ち、足が止まり始めた清水だったが、65分に右サイドの奥井が中央にクロスを送ると、ファーサイドの中村がヘッド。この折り返しを右ポスト前の後藤が頭で合わせた。

小川航基の負傷交代直後に追いつかれた磐田だが、ポゼッションで相手を上回る攻撃に転じると、80分に途中出場のルリーニャが右サイドからクロスを供給。ゴール前のスペースにドフリーで潜り込んだ途中出場の伊藤がヘディングシュートを決め、磐田が勝ち越した。

再び追いかける展開を強いられた清水だったが、86分に竹内が左サイドのスペースを突き、左足でクロスボール。ボックス左のスペースに侵攻した後藤が1点目と同じく頭で合わせると、これが磐田のゴールマウスに吸い込まれ、2-2のイーブンに戻してみせる。

すると、後半アディショナルタイム1分、中盤での組み立てから竹内が前線に浮き球パスを出して、金子がこれに反応。ボックス左で追いつき、飛び出した相手GKの頭上を越すループシュートを決めてみせ、追う展開が続いた清水が土壇場で逆転に成功して競り勝った。

清水エスパルス 3-2 ジュビロ磐田
【清水】
後藤優介(後15)
後藤優介(後36)
金子翔太(後45+1)
【磐田】
小川航基(前35)
伊藤洋輝(後35)


関連ニュース
thumb

清水DF井林章が全治3カ月…途中交代の浦和戦で右ヒザ負傷

清水エスパルスは5日、DF井林章の負傷を報告した。 今年6月に出場機会を求め、サンフレッチェ広島から加入した井林は11月27日に行われた明治安田生命J1リーグ第37節の浦和レッズ戦で負傷。右ヒザ関節の関節内骨折で全治まで3カ月を要する見込みだ。 清水入り後は明治安田生命J1リーグ16試合に出場。第23節の横浜F・マリノス戦から負傷交代した第37節の浦和戦まで先発出場が続くなど、主力としてプレーした。 2021.12.05 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「ベストヤングプレーヤー賞」対象選手18名が発表! 2桁得点の鹿島MF荒木遼太郎や湘南の日本代表GK谷晃生ら

Jリーグは5日、2021シーズンの「ベストヤングプレーヤー賞」の対象選手18名を発表した。 当該シーズンの12月31日時点で21歳以下で、シーズン19試合以上の出場選手であり、過去に同賞および新人王を受賞していない選手が今回の候補メンバーとなった。 上位陣では3位のヴィッセル神戸DF小林友希、4位の鹿島アントラーズのMF荒木遼太郎、MF松村優太がノミネートしている。 「ベストヤングプレーヤー賞」は、J1の全20クラブの監督・選手による投票を基に選考委員会にて決定。ブック型楯と賞金50万円が渡されることとなる。 ◆ベストヤングプレーヤー賞 対象選手(18名) MF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ/19歳) 36試合10得点:2291分 MF松村優太(鹿島アントラーズ/20歳) 22試合2得点:759分 FW細谷真大(柏レイソル/20歳) 28試合3得点:1090分 MF安永玲央(横浜FC/21歳) 27試合1得点:1741分 GK谷晃生(湘南ベルマーレ/21歳) 34試合0得点:3060分 DF畑大雅(湘南ベルマーレ/19歳) 22試合0得点:1413分 MF田中聡(湘南ベルマーレ/19歳) 36試合2得点:2669分 MF鈴木唯人(清水エスパルス/20歳) 33試合2得点:2005分 MF松岡大起(清水エスパルス/20歳) 36試合0得点:3177分 MF奥野耕平(ガンバ大阪/21歳) 26試合0得点:1385分 DF西尾隆矢(セレッソ大阪/20歳) 31試合2得点:2556分 DF小林友希(ヴィッセル神戸/21歳) 22試合0得点:1509分 FW鮎川峻(サンフレッチェ広島/20歳) 19試合1得点:603分 MF東俊希(サンフレッチェ広島/21歳) 35試合3得点:2475分 FW宮代大聖(徳島ヴォルティス/21歳) 32試合7得点:2556分 MF藤田譲瑠チマ(徳島ヴォルティス/19歳) 28試合1得点:1473分 DF大畑歩夢(サガン鳥栖/20歳) 30試合0得点:1768分 DF中野伸哉(サガン鳥栖/18歳) 34試合0得点:1790分 2021.12.05 12:43 Sun
twitterfacebook
thumb

「期待を大きく裏切る結果」3連勝締めでJ1残留掴んだ清水が声明「強いエスパルスの再建を」

最終節でJ1残留を決めた清水エスパルスが、シーズンを終えて声明を発表した。 今シーズンはミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を迎えて臨んだシーズンだったが、チームは多くのケガ人を出すなど低迷。夏には外国人を中心に補強に動くも成績は好転せず、そのロティーナ監督はシーズン終盤に解任され、2シーズン続けて平岡宏章コーチが指揮を執ることとなった。 すると、残留争いで崖っぷちに立たされていた中、ラスト3試合でシーズン初の連勝を含む3連勝を達成。順位も1つあげ、14位でJ1残留を果たしていた。 清水は山室晋也 代表取締役社長名義で声明を発表。不甲斐ないシーズンになったことを謝罪するとともに、チームの再建を図るとした。 「本日、セレッソ大阪とのホームゲームを終え、今シーズンが終了となりました」 「昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響により、ご満足のいくような試合運営ができず、ご不便をおかけすることも多かったことと存じますが、ご来場いただいた皆様には快くご理解、ご協力を賜り、ありがとうございました」 「また、パートナーの皆様、地域の皆様、そしてファン・サポーターの皆様のご支援により、今シーズンも無事全日程を終えることができましたことを感謝申し上げます」 「新監督にロティーナ氏を迎え、また戦力の充実を図って、皆様からの大きな期待を背に今シーズンに臨みました。しかしながら相次ぐ主力選手の怪我などもあり、ロティーナサッカーの浸透に時間を要すこととなり、昨シーズンに続いて平岡宏章コーチに指揮を託す形となってしまいました」 「ここ数年の低迷から脱却すべき、強い決意のもと臨みましたが、皆様のご期待を大きく裏切る結果となってしまったことを深くお詫び申し上げます」 「平岡新監督の手腕とサブを含めた選手、スタッフの一体感、そして何よりエスパルスを応援していただいている皆様からの後押しにより、来シーズンもJ1の舞台で戦うことができます。クラブ創設30周年を迎えるシーズンだからこそ、クラブの歴史の重みを噛み締めつつ、もう一度原点に立ち返り、強いエスパルスの再建を目指して参りたいと存じます」 「まだコロナ禍の影響は続いておりますが、皆様におかれましては、感染予防に十分ご留意いただき、ご自愛ください。そして、また来シーズンも元気にスタジアムでお会いできることを心よりお待ちしております」 「清水エスパルスを引き続きご支援、ご声援を賜りますようよろしくお願いいたします」 2021.12.04 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

西澤の逆転弾でリーグ3連勝の清水がJ1残留!C大阪は大久保嘉人のリーグ戦ラストマッチを勝利で飾れず【明治安田J1最終節】

明治安田生命J1リーグ最終節、清水エスパルスvsセレッソ大阪が4日にIAIスタジアム日本平で行われ、ホームの清水が2-1で勝利した。 前節の浦和レッズに勝利し、今節は引き分け以上の結果でJ1残留が確定する清水は、負傷の井林に代えてヴァウドを起用した以外、スタメンの変更はなし。システムは変わらず[4-4-2]を採用しており、サンタナと鈴木唯人が2トップを組む形となっている。 対するは、前節名古屋グランパス相手に勝利を収めたC大阪。前節からスタメンを1枚変更しており、山田に代わり加藤が入った。システムは [4-4-2]から変わらず、今季限りでの引退を表明した大久保嘉人にとってはこれが現役でのラストマッチとなる。 立ち上がり、絶対に負けられない清水が早速チャンスを作る。右サイドの鈴木唯人から上げられたクロスは相手守備にクリアされるも、こぼれ球に反応した竹内が強烈なミドルシュートを放つ。これは惜しくも枠の外に外れたが、3分には左サイドを突破した鈴木唯人のクロスに西澤が飛び込み、さらに一連のプレーで得たCKにヴァウドが頭で合わせるなど、立て続けにゴールに迫った。 ただ、その後は拮抗した展開に。やや受け身な入りとなっていたC大阪は短いパスをつなぎながらリズムを作ろうとするも、清水の集中した守りやイージーなミスもあり、なかなかチャンスには結びつかない。一方の清水も松岡を中心に激しいプレッシャーでボールを奪ってからのカウンターを試みたが、最後のところで精度を欠くシーンが目立った。 なかなかシュートを打てていなかったC大阪だが、34分に左のバイタルエリアでボールを持った加藤が強烈なミドルシュートを放つ。これは右ポストを直撃したが、続く35分に左のCKをボックス右で待ち構えていた大久保が右足でボレーシュート。ボールの軌道はゴールを外れていたが、竹内に当たりコースが変わるとネットに吸い込まれオウンゴールとなった。 どうしても勝ち点が欲しい清水は失点にも気落ちすることなくインテンシティを維持すると、アディショナルタイムに得た左サイドのFKから同点に追いつく。西澤がインスイングのボールを入れると、ボックス内でうまくマークを外した鈴木義宜がゴール左隅に蹴り込んだ。 後半、開始早々にスコアが動く。51分にボックス内でサンタナの上げたクロスはクリアされるも、右サイドでボールを拾った西澤がカットインの動きを見せると、ボックス手前から巻いたシュートを放つ。GKキム・ジンヒョンが一歩も動けないままゴール左上にボールが吸い込まれ、清水が逆転に成功した。 57分には右サイドの原のクロスに片山が飛び込むなど、リードした後でも清水の攻勢は緩まず。C大阪は前半から引き続き丁寧につなぐサッカーで前進を試みるも、清水の激しいプレッシャーにより思うように運べない。それでも63分には左サイドの崩しからボックス中央手前でボールを受けた大久保がシュートを放つが、枠の上へ外れた。 64分にはドリブルで中央を突破した西澤が逆転ゴールと同じような左足での強烈ミドルを放つも、これはバー直撃。試合は徐々にオープンな展開となり、両者がゴール前でチャンスを作っていく。76分には右サイド坂元からのクロスに抜け出した大久保がヘディングシュートを放ったが、GK権田のファインセーブに防がれた。 追い付きたいC大阪は足の止まり始めた清水を押し込み始め、清武や坂元を中心にチャンスメイクを狙う。しかし、清水は8人の選手がボックス内にポジションをとるなど、徹底した守備固めを敢行。C大阪はサンタナを下げてセンターバックの立田を投入するなど徹底していた清水を最後まで攻略することはできず、そのままタイムアップとなった。 最終節に勝利を飾った清水は、J1残留が決定。平岡監督が就任してからの4試合で3勝1分けの好成績を収め、J2降格の危機を脱することとなった。 清水エスパルス 2-1 セレッソ大阪 【清水】 鈴木義宜(前47) 西澤健太(後6) 【C大阪】 OG(前35) 2021.12.04 16:31 Sat
twitterfacebook
thumb

最終節を前に叫びたい!!「アゲンスト・オール・オッズ!!」!? の巻/倉井史也のJリーグ

あれ? なんかさ、1カ月ぐらい前に残留争いを取り上げましょうって言ってた編集長の視点って正しかったわけ? 今回もメチャクチャ厳しい最終節になってるじゃないですか。対象はこの3チーム。 15位:清水 vs 11位:C大阪 13位:G大阪 vs 16位:湘南 17位:徳島 vs 12位:広島 でもって 15位:清水(勝点39)得失点差-18 16位:湘南(勝点36)得失点差 -5 17位:徳島(勝点36)得失点差-19 じゃあ、これを2005年から2020年のJ1リーグのうち、2シーズン制だった2015年、2016年を除いて最終節のデータから考えてみちゃうぞ、みないな。まずこの対戦の中で気になるのは、湘南が唯一のアウェイってこと。最終節って、ホームチームのセレモニーがあるんで、なかなか気合いが入るんですよね。で、調べてみると全126試合のうち、 ホーム勝ち:51試合 引き分け:31試合 アウェイ勝ち:44試合 むむむ、やっぱりホームチームが有利って感じですね。でもじゃあそれが通常のリーグ戦とどれくらい違うかって気になりませんか? ちなみに今季のここまでのJ1リーグ全370試合では、 ホーム勝ち:159試合 引き分け:90試合 アウェイ勝ち:121試合 これを比較すると ホーム勝ち:通常43.0%→最終節40.5% 引き分け:通常24.3%→最終節24.6% アウェイ勝ち:通常32.7%→最終節34.9% なんと!! 最終節はアウェイチームが通常よりも有利!! で、ここで気になるのは、33節終了時点の順位。15位から17位のチームはこれまでどんな成績を残しているのでしょうか!! 1)これまで15位で最終節のホームゲームを迎えたチームは、1勝5分3敗、ちなみにその1勝は2019年清水1-0鳥栖 2)これまで16位で最終節のアウェイゲームに挑んだチームは、1勝2分3敗、ちなみに2分は2019年松本1-1湘南、2020年仙台0-0湘南 3)これまで17位で最終節のホームゲームを戦ったチームは、6勝2分1敗、なお徳島に17位で採取説を迎えた経験なし さらに言うと!! 最終節で相手との順位差がどれくらい影響するかというと、 4)清水のように33節時点の順位で相手が4上回る場合のホームゲームは、2勝1分1敗 5)湘南のように33節時点の順位で相手が3上回る場合のアウェイゲームは、1勝4分1敗 6)徳島のように33節時点の順位で相手が5上回る場合のホームゲームは、4勝0分2敗 なな!! なんてことだ!! 頑張れ!! 頑張るんだ!! 湘南!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.12.04 14:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly