ローマのフーリガンに襲撃されたリバプールサポーターが2年ぶりに自宅へ戻る

2020.03.22 15:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
試合観戦に訪れた際に相手サポーターの襲撃に遭っていたサポーターが、2年ぶりに自宅に帰ることができた様だ。イギリス『BBC』が伝えた。事件は2018年4月26日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプールvsローマの一戦の裏で起こっていた。

試合前に暴徒化したローマサポーターがリバプールファンを襲撃。スポーツパブを襲った一部のサポーターがベルトやハンマーを振り回し、53歳のショーン・コックスさんが病院へ緊急搬送。男性を襲ったとされる2人の男は殺人未遂で逮捕されていた。

その後、このコックスさんは危篤状態となり1週間が経過しても意識が戻らない危険な状態となっていた。

コックスさんの意識が戻ったのは7月のこと。地元ダブリンのボーモント病院へ転院した後のことだった。

その後は厳しいリハビリ生活を送っていたコックスさんには、リバプールが治療費として15万ユーロ(約2000万円)を寄付。加えて、2019年11月には、ユルゲン・クロップ監督とアンフィールドで面会するなど、クラブもサポートを続けていた。

そんな中、コックスさんは深刻な脳損傷を受けてから2年が経過。ついに自宅に戻ったことを妻のマルティナさんが自身のフェイスブックで明かした。

「これは家族として私たちが長い間待ち望んでいた日です」

「ショーンにはまだ長い道のりがありますが、家族と一緒に家に帰ることはとても重要なステップでした」

「過去2年間、ショーンをサポートしてくれた人々に、十分な感謝はできていません。皆さんのサポートが、この日を可能にしたことは疑いの余地がありません」

「特に、ルーカン(アイルランドの街)のマリーマウント・ケアセンターの素晴らしいスタッフに、過去数カ月にわたってショーンに与えてくれたケアとサポートに感謝したいと思います」

「家にいることは、私たち全員にとって新しい意味を持ちますが、ショーンが他に望む場所はここ以外にないということです」

昨年にはアイルランドにあるアビバ・スタジアムでチャリティマッチが開催され、74万8000ユーロ(約9000万円)が集まったとのこと。そして、11月にアンフィールドに招待していた様だ。

なお、コックスさんを襲ったシモーネ・マストレッリ容疑者は、暴行罪を認め3年半の実刑判決を受けている。

関連ニュース
thumb

目標金額は1500万円! イニエスタの銅像建立へ神戸がクラウドファンディング実施

ヴィッセル神戸は17日、「みんなでノエスタを日本の聖地に ―イニエスタ銅像プロジェクト―」について発表した。 このプロジェクトは、神戸の本拠地であるノエビアスタジアム神戸を日本サッカーの聖地にすることを目指し、クラブに所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの銅像建立や、スタジアムに隣接する御崎公園への遊具寄贈を目標としたもの。クラウドファンディングを用いて実現を目指している。 2018年にバルセロナから神戸に加入して以降、プレーだけでなくその人間性も含めてJ リーグ及び日本サッカー界に大きな貢献をもたらしているイニエスタへの感謝の想いをカタチにするというものだ。 目標金額は、イニエスタの銅像建立が1500万円。公園への遊具寄贈とイニエスタキッズエリアの開設が3000万円となっている。クラウドファウンディングの期間は、1月18日11時から2月28日23時59分とおよそ1カ月半にわたって募集される。 イニエスタの銅像に関しては、そのポーズは支援をした人の投票で決定するとのこと。目標金額を達成しなくても建立される予定で、スタジアムのエントランス前に建てられるということだ。 なお、返礼品には、「除幕式参加権(110万円)」やイニエスタ監修の「メモリアルウォッチ(50万円)」、「除幕式プロデュース権(11万円)」、「銅像プレート刻銘権(5万円)」、「イニエスタボブルヘッド(5000円)」、そして「銅像のポーズ投票権(1100円)」が用意されている。 <span class="paragraph-title">【関連】イニエスタの銅像イメージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/-aAgAtKGQ2A?start=129" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.01.17 16:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラMFサンソンがユナイテッド戦交代後の悪態を謝罪…蹴り上げたボトルがスタンドへ…

アストン・ビラのフランス人MFモルガン・サンソンが、マンチェスター・ユナイテッド戦での交代直後の自身の振る舞いを謝罪した。 アストン・ビラは15日、本拠地ビラ・パークで行われたプレミアリーグ第22節のユナイテッド戦を2-2のドローで終えた。 ユナイテッドMFブルーノ・フェルナンデスの2ゴールによって2点を先行される苦しい展開となったビラだったが、これがデビュー戦となったMFフィリペ・コウチーニョが2点に絡む見事な活躍をみせ、最終的に難敵相手に2点差を追いついての勝ち点1奪取となった。 コウチーニョの活躍を含め、チームにとってはポジティブな要素が多く出た一戦と言えるが、その一方で物議を醸したのが、サンソンの交代直後の振る舞いだ。 交代直前に2失点目に絡むバックパスのミスを犯していたサンソンは、自身に対する苛立ちか、ベンチに下がる際にドリンクボトルを強く蹴り上げるなど悪態をついていた。また、蹴り上げたドリンクボトルが不運なことに観客席に飛んでしまったことも、騒ぎを大きくする一因となっていた。 その後、冷静さを取り戻したサンソンは自身の過ちを深く反省し、自身の公式SNSを通じてビラファンへ謝罪を行った。 「素晴らしいリアクションを示したチームを祝福します。ただ、(相手の)2点目に関して個人として申し訳なく思っています」 「それ以上にスタンドに飛んでしまった(ドリンク)ボトルに関する自分の振る舞いに対して、心から謝罪します。もちろん、あれは自発的(故意)ではありませんでした」 「明らかに、あれは0-2の状況でピッチを去ることに対する自分自身の大きな欲求不満によるものでした。あの振る舞いに関してすべての人に心から謝罪したいと思います」 「そして、今は頭を上げて自分の仕事に戻ります。すべてのサポートに感謝しています」 サンソンの振る舞いは決して褒められたものではないが、自身のミス絡みの失点直後の交代というタイミングもあって、多くのビラサポーターは同選手が愚行に至った経緯を理解しているだろう。同時に今回の潔い謝罪を受け入れ、再び出番が訪れた際には変わらぬサポートを見せてくれるはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】自身への苛立ちから豪快にドリンクボトルを蹴り上げる</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Morgan Sanson angry reaction <a href="https://t.co/kaCHK1r7R0">pic.twitter.com/kaCHK1r7R0</a></p>&mdash; FOOTBALL LOKAM (@footballlokam__) <a href="https://twitter.com/footballlokam__/status/1482446108760875008?ref_src=twsrc%5Etfw">January 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.01.16 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシをディズニーキャラに例えるなら?診断結果にファンは「確かに王子様だ」

サッカー選手たちをディズニーのキャラクターに例えたら誰になるのか。今回はパリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが挑戦した。SNS専門メディアの『433』が伝えている。 『433』が投稿したのは、家族とともに過ごすメッシの姿。次男のマテオくんと寄り添い、とてもリラックスした様子だ。 スマホの画面を覗くメッシは、インスタグラムのストーリーズで利用できる「which disney are you」のエフェクトを使用。このエフェクトは、AR(拡張現実)カメラの技術を使用しており、顔の特徴から似ているディズニーキャラクターを診断してくれるというものだ。 気になるメッシの診断結果は、『ターザン』に登場する王子。結果が出ると、子供たちは笑みをこぼし、「王子だ」と反応していた。 この映像自体は1年以上前のものだが、『433』の投稿には、「カバーニの方が似てるな」、「確かに王子様だ」、「いい家族」、「マテオ可愛い」とファンから様々な反応が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】似ている?メッシが診断された『ターザン』の王子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CYjuKFYB-JF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CYjuKFYB-JF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CYjuKFYB-JF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.15 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが元カノと復縁、学生時代から8年交際も去年破局

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(24)が、以前交際していたルシア・ロイさん(24)と復縁したようだ。イギリス『サン』が伝えている。 2人は学生時代に知り合い、15歳の頃から交際。ラッシュフォードがコロナ禍において貧困問題の改善のために自身の寄付を含めて尽力し、大英帝国勲章を授与された際にはルシアさんもPR担当として携わるなど公私ともにパートナーであったが、2021年5月に同棲を解消していた。 『サン』によると、2人は2021年のクリスマス前に復縁。ロイさんのインスタグラムでもラッシュフォードの存在を示すような投稿がされているという。 昨シーズンは公式戦57試合に出場して21ゴール15アシストを記録するなど主軸の一人として活躍したラッシュフォード。しかし、今シーズンは肩の負傷により出遅れると、ここまで公式戦15試合の出場で3ゴール1アシストと調子が上がり切っていない状況だ。 伴侶の支えを得ることで再びの活躍となるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】学生時代からの付き合い!ラッシュフォードと復縁したルシア・ロイさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Marcus Rashford&#39;s girlfriend Lucia Loi supports beau in Three Lions shirt <a href="https://twitter.com/hashtag/CROENG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CROENG</a> <a href="https://t.co/AxdSwmyEfo">https://t.co/AxdSwmyEfo</a> <a href="https://t.co/kKMJEQ8p34">pic.twitter.com/kKMJEQ8p34</a></p>&mdash; Daily Express (@Daily_Express) <a href="https://twitter.com/Daily_Express/status/1017139967338909696?ref_src=twsrc%5Etfw">July 11, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

前回対戦時は冨安を巡ってバトル!クロップ&アルテタの“気まずそう”な抱擁シーンをファンは見逃さず「やらされてる感すごい」

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われた。 リバプールFW南野拓実はフル出場、アーセナルDF冨安健洋はベンチ外となったこの試合、アーセナルのMFグラニト・ジャカが24分に一発退場となり、リバプール優位と思われながらも、90分には南野が決定機を逃してしまう場面もあり、0-0のドローに終わっている。 そんな中、大きな注目を集めているのが、両指揮官による抱擁のシーンだ。 リバプールのユルゲン・クロップ監督とアーセナルのミケル・アルテタ監督の2人は、前回対戦時の2021年11月、冨安とFWサディオ・マネが接触した際にバトル。激しくやり合い、どちらにもイエローカードが提示されていた。 そんないざこざがあっただけに、今も2人の間には気まずさが残っているのかもしれない。『Bleacher Report』の公式ツイッターが投稿した抱擁シーンの写真では、2人は互いに抱き合いながらも、目を合わせることはなく、全くの無表情だ。 『Bleacher Report』が「とても気まずそう」というコメントとともに投稿した1枚にはファンも笑いを隠せなかった模様。「やらされてる感すごい」、「喧嘩後の兄弟みたい」、「アルテタもクロップも死んだ魚の目」、「これ好き」と思い思いの反応をしている。 アーセナルホームで開催される2ndレグは1週間後の20日に開催されるが、そこでも2人の挨拶シーンに注目したい。 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督とアルテタ監督の気まずすぎる1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So awkward <a href="https://t.co/CGL8MOaOTw">pic.twitter.com/CGL8MOaOTw</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1481762786346741760?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly