アトレティコがニュー・ファルカオに関心か…レンジャーズで今季29発

2020.03.21 23:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーが、レンジャーズに所属するコロンビア代表FWアルフレド・モレロス(23)に興味を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

母国のインデペンディエンテ・メデジンでプロデビューし、フィンランドのヘルシンキで欧州上陸を果たしたモレロスは、2017年夏にレンジャーズに加入。身長は177㎝と大きくはないものの、高い身体能力を生かしたプレーを武器に最前線で活躍するストライカーだ。

コロンビアではFWラダメル・ファルカオの再来とも言われ、“ニュー・ファルカオ”として評価を高めている。

レンジャーズでの3シーズン目の今季は、ここまでリーグ戦では25試合12ゴール、ヨーロッパリーグでは予選を含めて14ゴールと大舞台にも強いことを証明中。

そんなモレロスにスコットランドメディアはアトレティコが注目していると主張しているようだ。アトレティコには現在、FWアルバロ・モラタやFWジョアン・フェリックス、FWジエゴ・コスタといった点取り屋が存在するが、リーグ戦での総得点は「31」と、上位10チームの中では2番目に少ない数字だ。

プレースタイル自体が点を取って勝つタイプではないものの、かつて同クラブでもプレーしたファルカオの様な存在感を放つことが出来る選手は手に入れておきたい人材だろう。

なお、モレロスの市場価値は2500万ユーロ(約29億8000万円)から3000万ユーロ(約35億8000万ユーロ)。果たして今夏の移籍市場で獲得に動くことはあるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、再びGK史上最高額更新の移籍金でオブラク獲りへ?

チェルシーに対して、アトレティコ・マドリーに所属するスロベニア代表GKヤン・オブラク(27)の獲得に乗り出す動きがあるようだ。スペイン『アス』が報じている。 チェルシーは昨夏にアスレティック・ビルバオからGK史上最高額の移籍金8000万ユーロ(現レートで約97億7000万円)でスペイン代表GKケパ・アリサバラガを獲得したが、今季から指揮を執るフランク・ランパード監督の下で一時的に序列が低下。今や正守護神に返り咲いたが、ランパード監督はオブラクの獲得に執着しているという。 そのチェルシーがオブラク獲りに向けて準備しているという額はケパの獲得時に記録したGK史上最高額を上回る1億ユーロ(約122億2000万円)。しかし、アトレティコは国内の覇権争いや欧州のカップタイトルを手にするためにオブラクが不可欠な存在と認識しており、いかなる条件でも売却するつもりがなく、反抗姿勢のようだ。 なお、オブラクは昨年4月に2023年夏までアトレティコとの契約を更新。それに伴い、違約金も1億ユーロから1億2000万ユーロ(約146億7000万円)に引き上げられているが、すでにRBライプツィヒからドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを獲得するなど来季に向けた積極補強に動くチェルシーは新たな守護神の獲得も目指すのだろうか。 2020.07.15 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!7月15日は、“野獣”ジエゴ・コスタがプレミア上陸!/2014年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日7月15日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2014年7月15日。スペイン代表FWジエゴ・コスタが、アトレティコ・マドリーからチェルシーへの完全移籍を果たした日だ。 <div id="cws_ad">◆プレミアリーグでも高い得点能力を発揮するジエゴ・コスタ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmRzFnZ1lNUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆スペインで覚醒した“野獣”がプレミア上陸 ブラジル出身のジエゴ・コスタは、ポルトガルの名門ブラガでのプレーを経て2007年にアトレティコ・マドリーに加入。多くのレンタル移籍を経て2012年からレギュラーに定着し始めると、2013-14シーズンには、エースストライカーとしてリーグ戦27ゴールを記録し、クラブ史上18年ぶりとなるリーグタイトル獲得の原動力となった。 強靭なフィジカルとゴールへの嗅覚、そして試合に勝つ為にはラフプレーも厭わない強い闘争心から“野獣”と呼ばれたジエゴ・コスタは、2014年7月15日、当時ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられていたチェルシーへ完全移籍で加入した。 ◆プレミアでも発揮した野獣ぶり!しかし指揮官との確執も 活躍の場をプレミアリーグに変えても、その圧倒的な決定力とラフプレーの多さで賛否両論を生みながらも、野獣ぶりを発揮したジエゴ・コスタ。3シーズンをチェルシーで過ごしたジエゴ・コスタは、120試合で58ゴールをマークし、2度のプレミアリーグ優勝をクラブにもたらすなど活躍を果たした。 しかし2017年、当時のチェルシー指揮官であるアントニオ・コンテ監督との確執が表面化。監督から事実上の戦力外通告をテキストメッセージで知らされ、2017年9月に古巣のアトレティコ・マドリーに復帰した。 ◆シメオネ監督の下、再び輝きを取り戻せるか 古巣への復帰を果たしたジエゴ・コスタだが、チーム状況の変化もあり、以前のようなゴールハンターの素質をあまり見せられていない。契約切れが1年に迫っていることもあり、再び国外移籍の噂が経つ等、去就がやや不透明なところはあるが、ディエゴ・シメオネ監督の下再び輝きを取り戻すことができるのか、今後に注目だ。 2020.07.15 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコなど複数クラブが関心のノリッジMF「ここで幸せ」

複数クラブから注目を浴びるノリッジ・シティのアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディア(23)が去就に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 レアル・マドリー下部組織に在籍した経験を持つブエンディアはヘタフェ、レオネサでプレー後、2018年夏にノリッジへ加入。緩急のあるドリブルや、高水準のパスセンスを備えるアタッカーで、初挑戦となったプレミアリーグでは今季のここまで34試合1ゴール7アシストの数字を残している。 ノリッジが3試合を残して1年でのチャンピオンシップ降格が決定したが、そのブエンディアを巡ってはアトレティコ・マドリーや、バレンシアのスペイン勢に加えてプレミアリーグの複数クラブが注目。しかし、ブエンディアはノリッジで「幸せ」だと述べ、今季の全うに焦点を当てた。 「幸せだ。最初からみんなが僕を助けてくれた。ここと契約を結んでいる。クラブやファンができるだけ早くプレミアリーグに復帰できるのを望んでいる」 「僕らは来季や個人について考えるのではなく、シーズンを上手く終えられるように集中する必要があるね。僕らは終えなければいけない。明日(14日)も試合があるし、キャロウ・ロード(ノリッジのホームスタジアム)でも、もう1試合ある。リーグ戦で最高のパフォーマンスを出せるように準備しなければいけない」 2020.07.14 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

2年8カ月の懲役刑を受けているアルダ・トゥラン、古巣ガラタサライに復帰へ

現在無所属の元トルコ代表MFアルダ・トゥラン(33)は、古巣ガラタサライへ復帰するようだ。 補強禁止処分を受けた中で2015年7月にアトレティコ・マドリーからバルセロナへと完全移籍したアルダ・トゥラン。選手登録されても、アトレティコ時代のような結果を残せず。2018年1月にイスタンブール・バシャクシェヒルへ2年半のレンタル移籍をしていた。 しかし、イスタンブール・バシャクシェヒルでは、しかし、審判への侮辱や暴力、さらにはピッチ外での問題も発生し、16試合の出場停止処分や2年8カ月の懲役刑を言い渡され、1月に契約解除。バルセロナへ復帰したものの、試合には出場していなかった。 スペイン『アス』によると、アルダ・トゥランはガラタサライの事前契約にサイン。1試合プレーするごとに20万トルコリラ(約310万円)が支払われる契約のようだ。 加えて、ガラタサライがタイトルを獲得すれば390万トルコリラ(約6000万円)のボーナスを受け取るとのこと。契約期間は1年間となり、延長オプションが付いているようだ。 なお、『アス』によるとスュペル・リグの終了後3日以内に公式に契約を結ぶことになるようだ。 現在5年間の執行猶予中のトゥラン。新天地でも新たな問題を起こさないことを祈るばかりだ。 2020.07.13 17:03 Mon
twitterfacebook
thumb

2度のゴール取り消し&数的不利のアトレティコがジエゴ・コスタ弾で逃げ切り来季のCL出場権を獲得!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは11日、ラ・リーガ第36節でベティスとホームで対戦し、1-0で勝利した。 5位ビジャレアル(勝ち点57)との当該成績が1勝1分けのため今節勝利すれば、トップ4以内が確定する3位アトレティコ(勝ち点63)は、痛恨のドローに終わったセルタ戦から先発を2人変更。ホセ・ヒメネスとS・アリアスに代えてトリッピアーとエルモソが先発に名を連ねた。 ベティスにボールを持たれながらも、得意のカウンターからゴールに迫るアトレティコは22分、トリッピアーの折り返しを中央でコケが合わせるも、これは相手DFがスライディングブロック。こぼれ球に反応したM・ジョレンテのシュートは相手DFに当たるも、さらに詰めたコレアがゴール右隅にシュートを流し込んだ。 このゴールでアトレティコの先制かと思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、シュートの跳ね返りがM・ジョレンテの手に当たっており、ハンドの判定でゴールは取り消された。 先制のチャンスを逃したアトレティコだったが、34分に再びゴールネットを揺らす。コケのスルーパスでDFの裏に抜け出したモラタがボックス内まで持ち上がると、飛び出したGKを嘲笑うチップキックを流し込んだ。しかし、VARによる判定で裏に抜け出したモラタのヒジがわずかにオフサイドポジションだったとしてノーゴールに。 2度のゴール取り消しを受けたアトレティコは、41分にアクシデント。体調不良を訴えたトリッピアーがピッチに座り込み交代を要求。S・アリアスが緊急投入された。 ゴールレスで迎えた後半、アトレティコは55分にモラタ、M・ジョレンテ、サウールを下げてジエゴ・コスタ、カラスコ、ビトロを投入。すると直後の57分、ドリブルかわされたロレンを後ろからスライディングタックルで倒したエルモソがレッドカードを受け、退場。 最終ラインの選手を欠いたアトレティコは、62分にコレアを下げてフェリペを投入し5枚の交代カードを使い切る。数的不利の影響によりベティスに押し込まれる時間が続いたアトレティコだが、セットプレーから待望の瞬間が生まれる。 74分、アタッキングサード手前で獲得したFKからカラスコがゴール前にロングボールを供給すると、絶妙な抜け出しを見せたジエゴ・コスタがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込んだ。 結局、これが決勝点となり1-0で勝利したアトレティコが、8年連続となるのトップ4フィニッシュを確定させた。 2020.07.12 07:02 Sun
twitterfacebook