メジャーリーガーの腕前は? “マエケン”ことツインズ・前田健太が衝撃リフティングを披露

2020.03.17 20:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
一流のアスリートは、やはり高い運動能力を持っているのかもしれない。

メジャーリーグ・ベースボール(MLB)のミネソタ・ツインズに所属する前田健太投手が、意外な才能を見せた。

16日、前田は自身のツイッター(@maeken1988)を更新。そこには1本の動画が投稿されていた。その内容は前田がリフティングを行うというもの。野球選手であり、さらに投手であることから脚を使うのは得意ではなさそうな印象だが、動画では両足を使い、さらに腿も途中で挟むなど、華麗なリフティングを披露した。

この動画には大きな反響が寄せられ、「上手い!!MLSに挑戦じゃ(笑)」や「マエケンうまいな。」と、称賛の声が上がる一方で、前田が着用しているTシャツが大きな話題に。独特な絵心を持つ前田のイラストとともに「マエケンタイソウ」と書かれているTシャツが反響を呼んでいる。

なお、前田は11日にも動画を投稿しており、その際にはバスケットボールのフリースローやスリーポイントシュートに挑戦。バスケ未経験者ながら、スリーポイントシュートは2本目で綺麗に決まるシュートを決めていた。



コメント
関連ニュース
thumb

ブンデス残留のブレーメン、大迫勇也も乗っていたチームバスが襲撃に遭っていた

来シーズンもブンデスリーガで戦うことが決まったブレーメンだが、試合後にバスが襲撃されていたようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ブレーメンは6日、ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグでアウェイに乗みハイデンハイムと対戦。1stレグを0-0で終えていたが、2ndレグは2-2のドローに。アウェイゴール差でブンデスリーガ残留を掴んでいた。 <div id="cws_ad">◆ブレーメン戦で魅せたノイアーのセーブ<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxZ2tJRjAwYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、試合後ハイデンハイムのサポーターが暴動を起こしていたとのこと。スタジアム周辺で暴動が起こり、ブレーメンのバスが襲撃されていたようだ。 『ビルト』によると、スタジアム周りに約150人のハイデンハイムファンが集まっていたとのこと。地元警察は「下り坂を進んでいるブレーメンのチームバスに、石や瓶が投げられた。そしてバスの窓が割れた」と発表していた。 警察はすでに関与している数人を特定。捜査は進行中とのことだ。 2020.07.07 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

31歳J・アルバが運転免許取得 周りの送迎で練習場入りの日常に別れ

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバ(31)がついに運転免許証を取得したことがわかった。 これまで運転免許証を持っていなかったため、家族や友人、チームメイトに送迎してもらい、バルセロナの練習場に通うのが日常だったJ・アルバ。しかし、その日常に変化があったようだ。 スペイン『アス』によれば、4日に自ら車のハンドルを握り、練習場に向かう姿がスペイン『Deportes Cuatro』のカメラでキャッチされ、クラブ施設の出入り口前で待つ報道陣を驚かせたという。 もちろん、J・アルバが1人で練習場にやってくるのはプロキャリア初。その日の練習前にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシら同僚に花道を作られ、手荒い祝福を受ける姿もあったようだ。 なお、そんなJ・アルバの気になる運転の様子は実に慎重。チームメイトは法定の最大速度で練習場にやってくるのに対して、まだ慣れていないからか、非常に低速走行だったとのことだ。 2020.07.05 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

アゼルバイジャン代表がロイ・キーン氏に監督オファーも、本人は二の足?

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ロイ・キーン氏の次なる就職先に意外なチームが名乗りを挙げたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 昨年ノッティンガム・フォレストのアシスタントコーチ職を退いて以来、専ら解説者として活動しているキーン氏。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJncFl4dGlVUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> しかし、指導者としてのキャリアをまだ諦めていないキーン氏に対し、アゼルバイジャン代表チームの監督に就任の話がきているようだ。 アゼルバイジャン代表は、AからDまであるUEFAネーションズリーグのグループCに昇格したばかりであり、更なる飛躍を目指している。 そんな中、キーン氏に白羽の矢が立ったようだが、本人はこの機会が自分にとって正しいものなのか考えている模様。しかし、昨年12月に退任したニコラ・ユルチェヴィッチ監督の後任を探すアゼルバイジャン代表は、キーン氏を第1希望として、2日以内の返答を求めているようだ。 『サン』は、2009年にイプスウィッチの監督を退任して以降は、アシスタントコーチとして実績を重ねてきたキーン氏が久々の監督業に二の足を踏んでいるとしている。 テレビの解説者として、古巣ユナイテッドへの辛口コメントなど、歯に衣着せぬ発言が話題になりがちなキーン氏だが、自身のことは一層慎重になっているようだ。 2020.06.30 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ベッカムがマドリッドで乗り回したアストンマーティンが売りに出される、そのお値段は?

元イングランド代表MFで現在はインテル・マイアミの共同オーナーを務めるデイビッド・ベッカム氏の愛車が売りに出されている。スペイン『アス』が伝えている。 今回売りに出されているのは、ベッカム氏がレアル・マドリー時代に愛用していた『アストンマーティンV8』だという。 2003年のマンチェスター・ユナイテッドからの移籍直後に、ベッカム氏が購入したこの車は、世界でも78台しか製造されていない稀少な車であり、「DB1001」のナンバープレートを付け、当時のパパラッチにとっては見逃す事のできない派手な車だ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqR3JpWmpKTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そんな車が『AutoTrader』というサイトで48万5000ユーロ(約5870万円)で最近売りに出されたことが確認されている。ベッカム氏は2018年に既にこの車を売っており、今回この有名な車の所有権を持っている自動車トレーダーが売りに出したようだ。 ベッカム氏は2019年にも『アストンマーティン DBSスーパーレッジェーラ』を購入しており、お気に入りの車のようだ。 2020.06.30 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アビスパ福岡でコーチも務めたセルビアの名将・ペトコビッチ氏が74歳で死去、新型コロナにも感染

かつてアビスパ福岡でアシスタントコーチを務め、ユーゴスラビア代表などで指揮を執ったイリヤ・ペトコビッチ氏が、27日に他界した。74歳だった。 セルビアサッカー協会によると、ペトコビッチ氏は新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示していたとのこと。十二指腸潰瘍の破裂のため入院していた。 ペトコビッチ氏は、OFKベオグラードやフランスのトロワでプレー。引退後は、OFKベオグラードやスイスのセルベッテで監督を務めると、1998年1月から12月までは森孝慈監督の下でアビスパ福岡でアシスタントコーチを務めていた。 2000年にはユーゴスラビア代表の監督に就任。その後、上海申花や四川FC(現・四川九牛)の監督を務めると、2003年7月から2006年6月まではセルビア・モンテネグロの監督を務めた。その後は、韓国の仁川ユナイテッドやカタールのアル・アハリ、慶南FCで監督を務め、最近はベオグラードサッカー連盟の会長を務めていた。 2020.06.28 20:40 Sun
twitterfacebook