【ELプレビュー】新型コロナ影響深刻化の中、ベスト8進出を懸けた初戦!

2020.03.12 18:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の1stレグが12日に開催される。ヨーロッパ各国の強豪16チームが、ベスト8進出を懸けて戦うラウンド16初戦の展望を紹介していく。

◆ラウンド16・1stレグ◆
▽3/12(木)
《26:55》
リンツ vs マンチェスター・ユナイテッド
フランクフルト vs バーゼル
イスタンブールBBSK vs コペンハーゲン
《29:00》
オリンピアコス vs ウォルバーハンプトン
レンジャーズ vs レバークーゼン
ヴォルフスブルク vs シャフタール
《延期》
セビージャ vs ローマ
インテル vs ヘタフェ

★ユナイテッドはオーストリア首位チームと激突
Getty Images

ラウンド32でアヤックス、アーセナルと優勝候補が揃って敗退を強いられた中、インテルやローマ、セビージャと共に優勝候補最有力に推されるマンチェスター・ユナイテッドは、ベスト8進出を懸けてオーストリアの伏兵リンツと対戦する。

前ラウンドではクラブ・ブルージュ相手に敵地での初戦こそ1-1のドローに終わったユナイテッドだったが、ホームの2ndレグでは地力の差を見せつける5-0の圧勝で文句なしのラウンド16進出を決定した。さらに、直近のリーグ戦ではマンチェスター・シティとのダービーに2-0の完勝を収め、10年ぶりのシーズンダブルを達成。

公式戦10戦無敗と好調を維持するユナイテッドだが、今週末に来季チャンピオンズリーグ(CL)を争うトッテナムとの重要なリーグ戦を控えており、今回の一戦では大幅なターンオーバーが見込まれる。ただ、対戦相手のリンツはザルツブルクを勝ち点6差で離してオーストリアリーグ首位を走る実力者。加えて、ELグループステージではスポルティング・リスボン、PSVを抑えて首位通過している。なお、ユナイテッドの新司令塔ブルーノ・フェルナンデスはスポルティング在籍時のグループステージ初対戦で決勝点を挙げている。

★長谷部&鎌田vsスイスの強豪
Getty Images

ポルトFW中島翔哉、AZのDF菅原由勢、ザルツブルクMF奥川雅也のラウンド32敗退に伴い、ラウンド16に勝ち進んだ日本人選手はフランクフルトのMF長谷部誠、MF鎌田大地の2人のみに。その2選手はスイス屈指の強豪バーゼルとベスト8進出を懸けて対戦する。

奥川との日本人対決となった前ラウンドでは鎌田が初戦でハットトリックを達成する圧巻の活躍を披露。その後の公式戦ではブレーメンとのDFBポカールでもゴールを挙げており、好調を維持している。なお、今季ブンデスリーガでは未だ無得点も、ELで6ゴール、DFBポカールで2ゴールとカップ戦男と化しており、今回のバーゼル戦でも最も頼りになる男だ。

一方、長谷部に関しては後半戦に入って出場機会が限定的となっており、直近のレバークーゼン戦でフル出場したことを考えると、今回のバーゼル戦ではベンチスタートの可能性が高そうだ。

その他の対戦カードではアーセナルを前ラウンドで撃破したオリンピアコスと、プレミアリーグでトップ4争い参戦中のウォルバーハンプトンの一戦。共にブラガ、ポルトとポルトガル勢を撃破したレンジャーズとレバークーゼンの一戦に注目。

CLでトッテナム、ELでアーセナルと今季ヨーロッパの戦いにおいてイングランド勢と縁があるオリンピアコスは、今季イングランド勢3チーム目としてウルブスを引き当てることに。さらに、今冬の移籍市場でギリシャ王者からウルブスに加入したFWポデンセはいきなりの古巣対戦となる。

また、ジェラード監督率いるレンジャーズとレバークーゼンの一戦では、以前からリバプールが関心を寄せるドイツ代表MFハフェルツのプレーに注目。リバプールのレジェンドの御前で活躍を見せれば、同クラブからの関心がより強まることになるはずだ。

★新型コロナ影響でイタリアvsスペインの2試合が延期…
Getty Images

現在、イタリアやフランスを中心にヨーロッパで猛威を振るう新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、ELにも深刻な影響が出ている。

今ラウンド屈指の強豪対決となったセビージャvsローマ、インテルvsヘタフェのイタリア勢とスペイン勢による2つのカードが延期に。とりわけ、インテルに関しては今月8日のイタリア・ダービーで対戦したユベントスのDFダニエレ・ルガーニがセリエAで初の新型コロナウイルス感染が確認(陽性反応)されたため、全てのサッカー活動を一時中止することを余儀なくされている。

また、12日に開催される6試合のうち、イスタンブールBBSKvsコペンハーゲン、レンジャーズvsレバークーゼンの2試合を除く4試合が無観客で行われることが決定。普段とは異なる環境下での戦いにパフォーマンス面の影響が懸念されるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

【EL準々決勝プレビュー】中立地ドイツで一発勝負のトーナメント幕開け!

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝が10日から開催される。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による約5カ月の中断を経て、ラウンド16第2戦から再開となったEL。そのイレギュラーの再開初戦を勝ち抜いた8強は、中立地ドイツでの一発勝負形式に変更となった異例の短期トーナメント幕開けの一戦で、ベスト4進出を目指す。 ◆準々決勝◆ ▽8/10(月) 《28:00》 インテル vs レバークーゼン マンチェスター・ユナイテッド vs コペンハーゲン ▽8/11(火) 《28:00》 ウォルバーハンプトン vs セビージャ シャフタール vs バーゼル ★インテル優位もハフェルツけん引の高速アタックに勝機 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200809_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのセリエA2位のインテルと、ブンデスリーガ5位のレバークーゼンが対峙する強豪対決は、マンチェスター・ユナイテッドと共に優勝候補筆頭に挙げられるインテル優位と見る。 1stレグの延期に伴い、準々決勝に先駆けて中立地ドイツでのシングルマッチ形式でヘタフェと対戦したインテルは、相手のPK失敗にも助けられながらも2-0のスコアで勝利。堅守速攻、前輪駆動のプレス、ファウルを辞さない、タフな相手に苦戦を強いられたが、主砲FWルカク、途中出場のMFエリクセンが前後半に挙げたゴールを守り抜き、イレギュラーな一戦をモノにした。 セリエAから続く過密日程の影響は懸念材料も、チームに目立った負傷者はおらず。幾つかのポジションでターンオーバーの採用が見込まれるが、盤石の状態で今回の一戦に臨めるはずだ。注目はEL連続ゴール記録樹立が期待されるルカク。ヘタフェ戦でエバートン時代から続くELでの連続ゴールを8試合に更新したルカクは、2005年にニューカッスルFWアラン・シアラー(当時はUEFAカップ)が記録した最多記録に並んだ。そして、この試合でゴールを記録した場合、新記録となる。 一方、レバークーゼンはジェラード監督率いるレンジャーズ相手に2戦合計4-1の圧勝で8強入りを決定。敵地での1stレグを3-1で快勝し、大きなアドバンテージを持って臨んだホームでの2ndレグでは、再三の決定機をモノにできないフラストレーションが溜まる展開も、後半立ち上がりにFWディアビが決めた先制点を最後まで守り抜き、1-0の勝利。格下相手にきっちり連勝を飾った。 インテル戦に向けては新型コロナウイルスの陽性反応により、欠場となるMFアミリに加え、累積警告によりMFアランギスを欠くことになる。ただ、それ以外に目立った離脱者はいない。個々のクオリティ、経験の面では劣るが、今季のブンデスリーガでバイエルン、ドルトムントを撃破した高速カウンターはインテル相手にも十分に通用するはずだ。FWフォラント、ディアビ、FWベイリーら快速アタッカーの果敢な仕掛け、裏へのスプリントと共に、レンジャーズ戦では決定力に課題を残した新星MFハフェルツの奮起に期待したい。 ★ユナイテッド絶対優位! コペンハーゲンは一発勝負仕様で番狂わせ狙う <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200809_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補ユナイテッドと、デンマーク屈指の名門コペンハーゲンが対峙する一戦は、ユナイテッドが圧倒的な勝ち抜け候補だ。 今季のプレミアリーグを3位でフィニッシュした好調なチームは、リンツとのラウンド16を2戦合計7-1の圧勝で突破。敵地での1stレグを5-0で大勝し、ほぼ突破を決めていたこともあり、ホームでの2ndレグは多くの主力を温存。それでも、伏兵リンガードの公式戦2試合連続ゴールに、FWマルシャルの試合終盤の決勝点によってきっちり2-1の勝利を飾った。 中立地ドイツに乗り込んで戦うコペンハーゲン戦に向けてはDFジョーンズやDFショーらを除き目立った負傷者はいない。そのため、シーズン終盤戦で躍動した若手3トップ、トップ下のMFブルーノ・フェルナンデスとベストメンバーがスタメンを飾る見込み。ただ、GKに関してはシーズンを通して批判を浴びた守護神デ・ヘアではなく、セカンドGKロメロがリンツ戦に続き起用される可能性が高いようだ。 対するコペンハーゲンは、トルコ王者イスタンブール・バシャクシェヒルとのラウンド16を2戦合計3-1で突破。敵地での1stレグを0-1で落としており、相手との実力差を考えれば、逆転突破は厳しいかに思われたが、この2ndレグでは攻守両面で相手を圧倒。前半にFWウインドのゴールで先制に成功すると、後半立ち上がりにPKからウインドが加点。さらに、MFファルクのカウンターからのトドメの3点目で相手の心を折り、3-0の快勝を収めた。 ユナイテッド相手の劣勢は必至も、チャンピオンズリーグ(CL)とELの常連は弱者の戦いを心得ており、百戦錬磨のソルバッケン監督の下、組織だった堅守速攻で番狂わせを狙う。なお、元ユナイテッドDFバレラの活躍にも期待したい。 ★元ポルト指揮官同士が激突! ウルブスの高速カウンターvsセビージャの堅守 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200809_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> プレミアリーグでビッグ6に比肩する実力を持つウォルバーハンプトンと、大会最多優勝クラブのセビージャによる強豪対決は、実力拮抗の今ラウンド屈指の好カードだ。 今シーズンのプレミアリーグを7位で終え、惜しくもヨーロッパの出場権を逃がしたウルブスだが、今大会で初優勝を飾った場合、CL出場権獲得も可能だ。ギリシャ王者オリンピアコスと対峙したラウンド16では2試合ともに接戦となったが、1勝1分けの2戦合計2-1のスコアで突破を決めた。ホームで1-0の勝利を収めた2ndレグでは試合序盤に得たPKを主砲ヒメネスが決めて先制に成功。以降は一進一退の攻防となったが、守護神ルイ・パトリシオを中心に粘りの守備でリードを守り切った。 難敵との一戦に向けては出場停止のポデンセに加え、前十字じん帯損傷のDFジョニーの不在が痛手となっているが、爆速アタッカーのFWアダマ・トラオレ、主砲ヒメネス、技巧派アタッカーのFWジョタの並ぶ3トップは健在だ。 一方、セビージャは1stレグの延期に伴い、一発勝負となったローマ戦を2-0の快勝で飾り、ベスト8進出を決定。セリエAを7勝1分けの8戦無敗のローマを相手に接戦が予想されたものの、攻守両面で相手を圧倒。得点は前半に挙げたDFレギロン、FWエン=ネシリの2ゴールに留まったものの、鋭いカウンター、精度の高いセットプレーから再三の決定機を創出。また、チーム一丸となった堅守を武器に攻撃力が自慢の相手に対して、ほとんど決定機を作らせない会心の勝利で、公式戦無敗を18試合に更新した。 また、ローマ戦前にコロナ陽性反応が確認されたMFグデリを除き全選手が起用可能な状況だ。ローマとウルブスは前線のキャラクター、ビルドアップへのこだわりという部分では異なるものの、[3-4-3(3-5-2)]をベースに前から圧力をかけるスタイルが比較的似ており、良いイメージを持って試合に臨めるはずだ。 なお、ヌーノ監督はかつてポルトを指揮しており、ロペテギ監督にとってはローマ戦に続き元ポルト指揮官同士の一戦となる。さらに、ウルブスの主力MFネヴェスはポルト時代にデビューさせた教え子だ。 ★EL常連対決はシャフタール優位 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200809_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ウクライナ王者シャフタールと、スイス屈指の名門バーゼルのEL常連対決は、シャフタール優位と見る。 今シーズンの国内リーグでも危なげなく4連覇を達成したシャフタールは、ヴォルフスブルクとのラウンド16も2戦合計5-1の連勝で勝ち抜けを決めた。敵地での1stレグを2-1で先勝したアドバンテージを持って臨んだ2ndレグは、終始押し込む形で優勢に試合を進めた。後半半ばに互いに1人ずつ退場者を出した中、試合終盤には前がかりな相手に対して、エースFWジュニオール・モラエスの2ゴールなどカウンター3発を叩き込んで3-0の勝利を収めた。 一方、バーゼルは昨季ベスト4のフランクフルトとのラウンド16を2戦合計4-0の快勝で突破。敵地での初戦を3-0の圧勝で飾った中、ホームでの2ndレグではリスクを冒して前に出たアウェイチームの攻撃を粘り強い守備できっちり受け切った。そして、試合終了間際にはMFファビアン・フライに先制点まで生まれ、2連勝での8強入りとなった。 互いに攻守のバランスが取れた好チームだが、FWタイソンやジュニオール・モラエス、MFマルロスと前線の個の能力で勝るシャフタール優勢の試合展開が予想される。 2020.08.10 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】崖っぷち満身創痍のチェルシー、大優勢のバイエルンは横綱相撲で押し切るか《バイエルンvsチェルシー》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグ、バイエルンvsチェルシーが日本時間8日28:00にフースバル・アレーナ・ミュンヘンでキックオフされる。2月25日に行われた1stレグでは、アウェイのバイエルンがニャブリの2得点やレヴァンドフスキのゴールで0-3で快勝。3つのアウェイゴールの大きなアドバンテージを得た。 その後、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期を強いられたが、5カ月の中断期間を経て再開に漕ぎ着けた。その間5大リーグでは、打ち切りとなったリーグ・アンを除いて最も早く再開したブンデスリーガで、バイエルンは圧巻の史上初8連覇を達成。エースのレヴァンドフスキは34得点を記録し5度目の得点王に輝いた。 一方、チェルシーは若いチームで苦戦しながらも、ジルーやマウントといったベテランと若手が上手く融合し、再開後の過密日程を戦い抜いた。とりわけ、コロナ明けはプリシッチが覚醒し、リーグ戦9試合で4ゴール4アシストの活躍を披露。昨夏に退団したアザールばりの働きでチームの攻撃を牽引し、目標の4位フィニッシュに大きく貢献した。また、決勝戦まで勝ち進んでいたFAカップでは今月1日にアーセナルと対戦したが、悔しい逆転負けでランパード監督の初タイトルはお預けとなった。 そんな両者の対決は、試合勘といった意味では最後の試合が7月4日のDFBポカール決勝のレバークーゼン戦だったバイエルンとでは、チェルシーに分があるかもしれない。しかし、ドイツの絶対王者に対する3点ビハインドの壁はあまりに高い。さらに、アウェイ戦となるチェルシーはケガ人が続出。バイエルンのベスト8進出は堅いか。 <div style="text-align:center;">◆バイエルン◆ 【4-2-3-1】</div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽バイエルン予想スタメン GK:ノイアー DF:キミッヒ、ボアテング、アラバ、アルフォンソ・デイビス MF:チアゴ、ゴレツカ、コマン、ミュラー、ニャブリ FW:レヴァンドフスキ 負傷者:パヴァール 出場停止者:なし 先月末の練習中に左足根じん帯を損傷したパヴァールが欠場。全治6週間と見込まれており、今季終了が決定的となった。だが、パヴァールを除けばベストメンバーが揃っており、代役もキミッヒで不足はないだろう。1カ月のブランクだけが心配の種か。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【3-4-3】</div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽チェルシー予想スタメン GK:カバジェロ DF:ズマ、クリステンセン、リュディガー MF:ジェームズ、コバチッチ、バークリー、エメルソン FW:ハドソン=オドイ、ジルー、マウント 負傷者:アスピリクエタ、プリシッチ、ペドロ、ギルモア 出場停止者:マルコス・アロンソ、ジョルジーニョ バイエルンと対照的にこちらはケガ人が続出。前述のアーセナル戦でアスピリクエタとプリシッチがハムストリングを痛め、途中出場のペドロも肩を脱臼した模様。カンテとウィリアンの出場も微妙ですでに満身創痍の中、累積警告のジョルジーニョと、1stレグで一発退場したマルコス・アロンソも起用出来ない緊急事態に陥っている。 ★注目選手 ◆バイエルン:ロベルト・レヴァンドフスキ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> おそらくバイエルンが先に1点を取れば、試合は大方決着がつく。それには3バックが予想されるチェルシー守備陣をどれだけこの男が描き回せるか。1stレグでは先制まで時間がかかったが、今季51ゴールのレヴァンドフスキの仕上がりはいかに。 ★注目選手 ◆チェルシー:オリヴィエ・ジルー <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 兎にも角にもチェルシーに求められるのはいかに早い時間でゴールを決められるか。無失点に抑えるのは大前提だが、奇跡の逆転突破を実現させるには、ジルーの活躍なしでは考えられない。頼みのプリシッチを欠くだけに、コロナ明けからゴールを量産したこの男には大きな期待がかかる。相手も徹底してマークするであろうジルーのポストプレーが機能するかどうかが勝利への鍵となる。 2020.08.08 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】シティとマドリーの優勝候補同士によるリスボン行きを懸けた運命の第2戦《マンチェスター・シティvsレアル・マドリー》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグ、マンチェスター・シティvsレアル・マドリーが日本時間7日28:00にシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムでキックオフされる。優勝候補同士によるリスボン行きを懸けた運命の第2戦だ。 今年2月26日に行われたサンティアゴ・ベルナベウでの1stレグは、MFイスコのゴールでマドリーが後半序盤に先制も、追いすがるシティが78分にFWガブリエウ・ジェズス、直後の83分にMFデ・ブライネのPKによるゴールが決まって逆転に成功。その後、DFセルヒオ・ラモスが一発退場となったホームチームの反撃をしのぎ切って2-1のスコアで先勝した。 新型コロナウイルスの影響でその初戦後、約4カ月間の活動中断を余儀なくされたシティは、アーセナル相手の痛恨の敗戦でFAカップ連覇を逃したものの、プレミアリーグでは優勝をさらわれたリバプール相手に4-0の大勝を飾るなど、好調を維持。5連勝という上々の形で今季のリーグ戦を締めくくった。また、1stレグ開催時にはFFP違反によって2年間のUEFA主催試合出場停止処分が科されていたが、先月にCASによる処分撤回の決定が下され、来季以降のCL出場が認められるという最高の知らせが舞い込んだ。すでに新シーズンに向けて積極補強に動いている中、心身共に良い状態で悲願のCL制覇に向けた道を突き進む。 一方、ホームでの初戦を落としたマドリーだが、再開後のラ・リーガでは10勝1分けという圧巻の強さをみせ、宿敵バルセロナから3シーズンぶりに覇権を奪還。この中断期間にFWアセンシオやMFアザールら主力の戦列復帰が相次ぎ、対戦相手のシティ以上に盤石の状態で今回の一戦に臨めるはずだ。 なお、新型コロナウイルスの影響で中立地開催の可能性もあったこのカードだが、最終的にはホーム&アウェイの公平性を重視し、シティホームでの無観客開催が認められた。ただ、大幅なレギュレーション変更に伴い、準々決勝以降はポルトガルのリスボンでの一発勝負のトーナメント形式に変更されており、この試合の勝者がリスボン行きの切符を掴むことになる。そして、準々決勝の対戦相手は同日行われるユベントスvsリヨンの勝者となる。 勝ち上がりの条件はシティが引き分け以上で文句なし。さらに、アウェイゴール2つを奪っており、0-1の敗戦でも突破が決まる。対するマドリーは2点差以上を付けての勝利か、3点以上を奪っての1点差の勝利が必須だ。マドリーが2-1で勝利した場合のみ、延長戦に突入する。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200806_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:ウォーカー、フェルナンジーニョ、ラポルテ、カンセロ MF:デ・ブライネ、ロドリ、ギュンドアン FW:マフレズ、ガブリエウ・ジェズス、スターリング 負傷者:FWアグエロ 出場停止者:DFメンディ 累積警告によりメンディが起用できない。負傷者に関してはヒザを手術したアグエロが欠場となる。 スタメンの注目ポイントはメンディが不在となる左サイドバックの人選。ジンチェンコの起用も考えられるが、カンセロの起用が有力視されている。また、攻守両面で質と量を計算してくれるベルナルド・シウバが右ウイング、あるいはインサイドMFに配置される可能性も考えられる。なお、前回対戦ではベルナルド・シウバを最前線、デ・ブライネをトップ下に置く[4-4-1-1]の奇策に出たが、今回は本来の[4-3-3]で臨むはずだ。 <div style="text-align:center;">◆レアル・マドリー◆ 【4-3-3】</div> ▽レアル・マドリー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200806_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:クルトワ DF:カルバハル、ミリトン、ヴァラン、F・メンディ MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース FW:アセンシオ、ベンゼマ、アザール 負傷者:DFマルセロ、FWマリアーノ 出場停止者:DFセルヒオ・ラモス 1stレグで退場したセルヒオ・ラモスが出場停止となる。また、事前の検査で新型コロナウイルス陽性反応が確認されたマリアーノ、自らプレーを拒否したベイルも招集外となっている。その一方で、軽傷を抱えるマルセロはメンバー入りを果たしている。 欠場するカピタンの代役はミリトンが務め、ヴァランが左センターバックにスライドする形となる。中盤に関してはバルベルデ起用の可能性もあるが、百戦錬磨の3選手の起用が濃厚だ。両ウイングの人選に関してはイングランド初凱旋のアザール、アセンシオのコンビを予想するが、左にヴィニシウス、右にロドリゴ、あるいはイスコの前線起用の可能性も十分にありそうだ。 ★注目選手 ◆マンチェスター・シティ:MFケビン・デ・ブライネ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200806_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> シティの注目プレーヤーはシチズンズの絶対的司令塔だ。今シーズン、2位に甘んじたプレミアリーグにおいて個人として圧巻の輝きを放ったデ・ブライネは、キャリアハイの13ゴールに加え、ティエリ・アンリ以来の1シーズン20アシストという偉大な記録を残した。 今季のCLでは5試合1ゴール2アシストと活躍は限定的も、マドリーとの前回対戦では1ゴール1アシストの活躍でチームを逆転勝利に導いている。前回対戦に比べて相手が前がかりな戦いを見せてくれる中、ゲームを落ち着かせる仕事、カウンターの起点となる仕事がまず一番に求められる。また、今季のラ・リーガでサモラ賞を獲得した同胞GKクルトワを相手に、リーグ再開以降磨きがかかるプレースキックでゴールをこじ開けたい。 ◆レアル・マドリー:FWカリム・ベンゼマ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200806_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> マドリーの注目プレーヤーはエルブランコのエースストライカーだ。今季のラ・リーガでは両翼の相棒が頻繁に変わる中、チーム最多の36試合に出場し、いずれも最多の21ゴール8アシストと、まさにエースの仕事で3季ぶりのリーグ制覇に導いた元フランス代表FW。 今季のCLではグループステージのガラタサライ戦、パリ・サンジェルマン戦で2試合連続マルチゴールを記録も、7戦4ゴールとやや調子に波がある印象だ。前回対戦でもイスコとヴィニシウスの両翼が存在感を放った一方、やや存在感を欠く一戦となっており、逆転突破に向けて最低2点以上が必要な状況の中ではラ・リーガ同様にエースとしての仕事が求められる。 2020.08.07 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELラウンド16プレビュー】約5カ月ぶりの再開! 1stレグ延期の2カードは中立地ドイツで一発勝負

約5カ月の中断を経てヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の2nレグが6日に再開される。ベスト8進出を懸けて戦うラウンド16第2戦の展望を紹介していく。 ◆ラウンド16・2ndレグ◆ ▽8/5(水) 《25:55》 シャフタール vs ヴォルフスブルク コペンハーゲン vs イスタンブールBBSK 《28:00》 インテル vs ヘタフェ※ マンチェスター・ユナイテッド vs リンツ ▽8/6(木) 《25:55》 セビージャ vs ローマ※ レバークーゼン vs レンジャーズ 《28:00》 バーゼル vs フランクフルト ウォルバーハンプトン vs オリンピアコス ◆ラウンド16・1stレグ結果◆ ヴォルフスブルク 1-2 シャフタール イスタンブールBBSK 1-0 コペンハーゲン リンツ 0-5 マンチェスター・ユナイテッド レンジャーズ 1-3 レバークーゼン フランクフルト 0-3 バーゼル オリンピアコス 1-1 ウォルバーハンプトン ※一発勝負形式に変更 ★スペインvsイタリアの2カードは中立地ドイツでの一発勝負 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 新型コロナウイルス(COVID-19)による深刻な影響を受けたEL。3月12日に行われたラウンド16初戦から約5カ月の中断を経て、ようやく再開に漕ぎ着けたものの、大幅なレギュレーションの変更を余儀なくされている。 各国リーグ戦と同様に無観客開催は当然のこと、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、準々決勝以降は感染が比較的抑えられているドイツでの一発勝負形式のトーナメントに変更。ただ、ラウンド16の2ndレグに関してはホーム&アウェイの公平性から、1stレグをすでに完了している6カードに関しては初戦をアウェイで戦ったチームの本拠地での無観客開催が決定。一方、3月時点でパンデミックが深刻化し、渡航許可などの問題で延期となっていたインテルvsヘタフェ、セビージャvsローマの2カードは、準々決勝以降の開催地であるドイツでのシングルマッチ形式に変更となっている。 その特殊な形式での初陣となるのが、5日にヴェルティンス・アレーナで開催される今季セリエA2位のインテルとラ・リーガ8位のヘタフェによる堅守を売りとするチーム同士の一戦だ。 チャンピオンズリーグ(CL)3位敗退組として決勝トーナメントからの参戦となったインテルは、ルドゴレツを一蹴して今ラウンドに到達。セリエAでは格下相手の取りこぼしに課題も、5勝3分けの8戦無敗で2位フィニッシュ。クラブ上層部との確執が表面化しているコンテ監督の存在は懸念材料も、完全移籍での買い取りに向け交渉が続いていた、絶好調のFWサンチェスがメンバー入りを果たしている点は朗報だ。一発勝負に向けては前線のオプションで明らかにアドバンテージを有しており、スタメン選考、5枚の交代カードの切り方など、我慢比べの展開の中で違いを生む指揮官の采配が勝敗のカギを握る。 一方、ヘタフェは5敗2分けの7戦未勝利でリーグ戦を終えている上、その7試合で奪ったゴールはわずかに1点と深刻な得点力不足に喘いでおり、ここまでの準備期間での攻撃の改善に注目したい。格上を相手にする今回の一戦ではとにかく相手に先制点を与えることだけは避けたい。 そのインテルvsヘタフェの翌日に行われるもうひとつのスペインとイタリア勢同士の対決となるセビージャとローマは、意外にも公式戦では初対決。だが、セビージャSDモンチ氏や古巣対決となるローマのDFファシオとFWペロッティなど、クラブ間の関係性は深い。 今シーズンのセリエAを5位でフィニッシュし、リーグ戦でのCL出場権を逃したローマは、今大会初優勝でCL出場権を目指す。シーズンを通した安定感のなさがトップ4を逃した要因だが、最後は7勝1分けの見事な戦績で終えており、[3-4-2-1]へのシステム変更をキッカケに絶好調だ。レンタル契約終了に伴い、ディフェンスリーダーのDFスモーリング不在は大きな痛手だが、MFザニオーロの復帰によって攻撃の破壊力は抜群だ。 対して堅守を武器にロペテギ新体制1年目を見事に4位フィニッシュしたセビージャは、すでに来季CL出場権を手にしているが、大会最多優勝チームとして6度目の優勝を目指す。引き分けの多さは目立つものの、2月半ば以降の公式戦17戦無敗(8勝9分け)と相手を上回る好調さを維持している。ただ、ローマに比べて、約2週間早くシーズンを終えたことが、良い休養、試合勘の欠如、のいずれに該当するかは注目ポイントになりそうだ。 ★ユナイテッド&レバークーゼンは試運転の試合に <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前述の2カードと異なり、今ラウンドに関しては無観客を除き通常通りの開催となる6カードでは、1stレグの結果によって優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドやレバークーゼン、シャフタールあたりが余裕を持った形で試合に臨めそうだ。 とりわけ、今シーズンのプレミアリーグを3位でフィニッシュし、勢いに乗るユナイテッドは敵地で行われたリンツとの初戦を5-0で圧勝しており、今後の戦いを睨んでターンオーバーの採用が見込まれるところ。総力戦となる今後の戦いに向け、MFブルーノ・フェルナンデスや若手3トップに続く選手たちの台頭が期待される。 また、今シーズンのブンデスリーガを5位で終えたレバークーゼンは、レンジャーズとの敵地での初戦を3-1で勝利しており、ユナイテッド同様に大きなアドバンテージを手にしている。さらに、対戦相手のレンジャーズは3月以降、公式戦を戦っておらず、試合勘が大きく危惧されるところだ。今回の一戦を含め、残りのトーナメントではすべてホームアドバンテージを得られるだけに、今後に弾みを付けるような戦いを見せたい。今季限りでの退団が有力視されるMFハフェルツのラストダンスにも注目だ。 その他の対戦カードではシャフタール(ウクライナ)、オリンピアコス(ギリシャ)、イスタンブールBBSK(トルコ)と国内リーグを制覇して勢いのある王者のプレーにも注目したい。 ★長谷部&鎌田が大逆転に挑む! <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> MF長谷部誠、MF鎌田大地と日本人選手が唯一所属するフランクフルトは、スイスの名門バーゼルと対峙したホームでの初戦を0-3で落としており、逆転でのベスト8進出には奇跡が必要な状況だ。 それでも、9位フィニッシュとなったブンデスリーガでは3勝1分けの4戦無敗という良い形でシーズンを終えており、チーム状態は悪くない。また、今季ELで6ゴールを挙げている鎌田に加え、シーズン終了後にヒザを手術した長谷部も実戦復帰を果たしており、万全の状態で敵地での一戦に臨めるはずだ。 2020.08.05 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ最終節プレビュー】いよいよ最終決戦! 日本時間26日24時から一斉開催!

いよいよ最終節を迎えるプレミアリーグ。新型コロナウイルスによる中断やリバプールの30年ぶりのリーグ優勝という、後世に語り継がれる1年となったが、まだ重要なファクターを残している。 その1つがチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いで、チェルシー、レスター、ユナイテッドの三つ巴の激戦は最後までもつれることになった。また、残留争いもボーンマス、ワトフォード、アストン・ビラの3チームが残りの一枠をかけて最後の戦いに臨む。 そして、最終節は図ったかのように好カードが並んだ。何と言っても、CL出場を争う直接的なライバルである5位レスター(勝ち点62)と3位ユナイテッド(勝ち点63)の一戦だ。どちらも勝てば無条件でCL出場を決められるが、ドローの場合でもユナイテッドは出場可能。レスターは4位チェルシー(勝ち点63)の結果次第ではその資格を得られる。 そんな両チームの対戦は、過去10戦ではユナイテッドが7勝3分けと大きく勝ち越している。レスター目線で見てみても、本拠地キング・パワー・スタジアムでのユナイテッド戦の戦績は直近13試合で1勝4分け8敗。最後に勝ったのは2014年9月まで遡る。 また、ルーク・ショーやエリック・バイリーが復帰予定のユナイテッドに対し、レスターはベン・チルウェル、ジェームズ・マディソン、リカルド・ペレイラをケガで欠き、チャグラル・ソユンクは出場停止処分中で試合に出られない。コロナ明けの成績を見ても、どちらが好調かは火を見るより明らかだが、どのような結末が待っているのだろうか。 一方、チェルシーは前節にもCL出場を決められるチャンスがあった。レスターとユナイテッドが揃って足踏みしたため、目標達成には勝ち点「1」で十分だった。しかし、新王者となったリバプールに3-5で敗れ、結果的に4位に転落。最後まで気の抜けない状況に自らを追い込んでしまった。 最終節にチェルシーがホームに迎える相手は難敵ウルブズ。ホームのウルブズ戦はここ5試合で4勝1分け。昨年9月のアウェイでの一戦では古巣対決となったタミー・エイブラハムのハットトリックで5-2の大勝を収めている。 そして残留争いでは、前節にアーセナルを下して17位に浮上したアストン・ビラ(勝ち点34)はウェストハムと対戦。同勝ち点で18位のワトフォードは強敵アーセナルと、19位のボーンマス(勝ち点31)はエバートンと激突する。対戦相手を見るとアストン・ビラが有利とみられているが、果たして勝利の女神はどのチームに味方するのだろうか。 注目の最終節は日本時間26日24時から一斉開催となる。 ◆プレミアリーグ最終節 ▽7/26(日) 《24:00》 アーセナル vs ワトフォード バーンリー vs ブライトン チェルシー vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs トッテナム エバートン vs ボーンマス レスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド マンチェスター・シティ vs ノリッジ ニューカッスル vs リバプール サウサンプトン sv シェフィールド・ユナイテッド ウェストハム vs アストン・ビラ 2020.07.26 17:00 Sun
twitterfacebook