レーティング:RBライプツィヒ 3-0(AGG:4-0) トッテナム《CL》

2020.03.11 07:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのRBライプツィヒvsトッテナムが10日に行われ、3-0でライプツィヒが完勝した。この結果、2戦合計4-0でライプツィヒがベスト8進出を決めた。

▽ライプツィヒ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 グラーチ 5.5
枠内シュート3本も難しいシュートは飛んでこず

DF
16 クロステルマン 6.0
安定した守備でルーカス・モウラの動きを制限

5 ウパメカノ 6.0
要所を締めた守備でデレ・アリを封殺

23 ハルステンベルク 6.0
ラメラにスペースを与えなかった

MF
22 ムキエレ 5.5
やや守備に重きを置いたプレー、後半に不運な形で途中交代

(→アダムス 5.5)
緊急投入も無難に仕事をこなした

27 ライマー 6.0
運動量豊富に守備面で貢献

7 ザビッツァー 7.0
ゴールだけでなく中盤での組み立てなど攻撃面で勝利に大きく貢献

(→フォルスベリ 6.0)
投入直後にトドメとなるゴールを奪取

3 アンヘリーニョ 6.0
積極的な攻撃参加で2点目をアシスト

FW
18 エンクンク 5.0
さほど見せ場を作れず

(→ハイダラ 5.5)
攻撃にアクセントを加えた

21 シック 5.0
この日はなかなかチャンスに絡めなかった

11 ヴェルナー 5.5
何度かチャンスに絡んだものの決定的な仕事は出来ず

監督
ナーゲルスマン 6.0
完璧な試合運びでトッテナムに連勝を飾りチームをベスト8に導く

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 5.5
失点の場面以外は及第点の出来に

DF
39 タンガンガ 5.0
2失点目は予測が甘くザビッツァーのマークを外してしまった

15 E・ダイアー 5.5
集中した守りで要所で攻撃の芽を潰した

4 アルデルヴァイレルト 5.5
冷静な守備で右サイドからの攻撃をを遮断

MF
24 オーリエ 4.5
好守において中途半端に。クリアミスから失点に関与

(→ウォルコット -)

18 ロ・チェルソ 5.5
劣勢の中攻守に孤軍奮闘の働き

(→ジェジソン・フェルナンデス -)

8 ウィンクス 5.5
今日は目立った活躍は見られなかった

19 セセニョン 5.0
試合を通してなかなか攻撃に出ることが出来ず

11 ラメラ 5.0
効果的なプレーは少なかった

27 ルーカス・モウラ 5.0
突破しきるプレーは少なかった

FW
20 デレ・アリ 5.0
73分の決定機は決めて欲しかった

監督
モウリーニョ 5.0
1stレグに続き飛車角抜きで挑むも完敗

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ザビッツァー(ライプツィヒ)
前半のドッペルパックで勝利を大きく引き寄せ、チームに活力をもたらした

ライプツィヒ 3-0 トッテナム
【ライプツィヒ】
ザビッツァー(前10)
ザビッツァー(前21)
フォルスベリ(後42)
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング: バルセロナ 3-1(AGG:4-2) ナポリ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグ、バルセロナvsナポリが8日に行われ、3-1でバルセロナが勝利した。この結果、2戦合計スコア4-2でバルセロナがベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200808_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 5.5 難しいシュートは飛んでこなかった DF 2 N・セメド 6.0 インシーニェに対応しつつ、高い位置を取って攻撃の起点にも 3 ピケ 6.0 ビルドアップの起点に。守備も問題なし 15 ラングレ 6.5 先制点でチームを勢い付けた 18 ジョルディ・アルバ 5.5 攻撃は自重。カジェホンに背後を取られることがなかった MF 20 セルジ・ロベルト 6.0 対面のジエリンスキに仕事をさせず 4 ラキティッチ 6.0 ブスケッツの穴を埋める。PK献上も先制点をアシスト 21 F・デ・ヨング 6.5 ラキティッチと共にうまくゲームを作った FW 9 スアレス 6.0 PKで3点目。さすがのキープ力も見せる (→ジュニオル・フィルポ -) 17 グリーズマン 5.5 流動的にポジションを変えてよくボールを受けた (→モンチュ -) 10 メッシ 7.0 さすがの個人技で圧巻のゴール。1つは幻のゴールに 監督 セティエン 6.0 要のブスケッツを欠いた中、順当に勝ち上がった ▽ナポリ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200808_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 オスピナ 5.5 取り立てて好守はなかった DF 22 ディ・ロレンツォ 5.5 ジョルディ・アルバの攻め上がりをケア 44 マノラス 5.5 際のところで踏ん張った 26 クリバリ 4.5 軽率なプレーでPK献上。重い3失点目となった 6 マリオ・ルイ 5.5 N・セメドのオーバーラップを監視 MF 8 ファビアン・ルイス 5.5 F・デ・ヨングとのマッチアップで劣勢に (→エルマス ) 4 デンメ 5.5 まずまずボールは散らしたが、バイタルエリアをやや使われた (→ロボツカ 5.5) 後半から出場。すんなりと試合に入った 20 ジエリンスキ 5.0 攻守両面で存在感が乏しかった (→ロサーノ 5.0) 最前線でプレー。2つあった決定機のうち一つは決めたかった FW 7 カジェホン 5.5 スペースへのランニングで牽制も対応されていた (→ポリターノ 5.0) さほど仕掛けるプレーはなかった 14 メルテンス PK獲得も脅威にはなりきれず 24 インシーニェ 6.0 ケガ明けもPKで一矢報いる。攻撃陣の中ではアクセントになっていた (→ミリク -) 監督 ガットゥーゾ 5.5 後半は反撃したが、とりわけ前半はボールを回された ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メッシ(バルセロナ) 圧巻の個人技でチーム2点目を挙げる。VARで一つゴールが幻となったが、しっかりとチームを勝利に導いた。 バルセロナ 3-1(AGG:4-2) ナポリ 【バルセロナ】 ラングレ(前10) メッシ(前23) スアレス(前46)【PK】 【ナポリ】 インシーニェ(前50)【PK】 ※バルセロナがベスト8進出! 2020.08.09 06:02 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:バイエルン 4-1(AGG:7-1) チェルシー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのバイエルンvsチェルシーが8日に行われ、4-1でバイエルンが勝利した。この結果、2戦合計スコア7-1でバイエルンが準々決勝進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バイエルン採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200809_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ノイアー 5.5 エイブラハムのシュートは止められない。他に良いセーブを見せていた DF 32 キミッヒ 5.5 久々の右サイドバック起用も攻守にそつなくこなす (→オドリオソラ 6.0) 積極的な攻撃参加でアシストをマーク 17 J・ボアテング 6.0 エイブラハムを捕まえきれない場面もあったが、試合を通して安定 (→ジューレ 5.5) 負傷明け2戦目もそつなくプレー 27 アラバ 6.0 J・ボアテングと共に相手アタッカーを封じる 19 アルフォンソ・デイビス 6.0 積極的な攻撃参加で攻撃に厚みを加える MF 22 ニャブリ 6.0 コンスタントにボールに絡んでシュートに持ち込んだ (→ハビ・マルティネス -) 18 ゴレツカ 5.5 大きなミスもなく攻撃のアクセントにも 25 ミュラー 6.0 常に相手の脅威となっていた 6 チアゴ 5.5 質の高いキックで攻撃をけん引 (→トリソ 6.0) ダメ押しの3点目を奪取 14 ペリシッチ 6.0 24分に追加点を挙げベスト16進出を決定づける (→コウチーニョ 5.5) 気迫のこもったプレーを見せた FW 9 レヴァンドフスキ 7.0 エースとして2ゴール2アシストをマーク 監督 フリック 6.0 安定した試合運びで準々決勝進出を決める ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200809_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 カバジェロ 4.5 特に好守もなく4失点 DF 24 R・ジェームズ 5.0 なかなか攻撃参加のチャンスがなかった 4 A・クリステンセン 5.0 レヴァンドフスキの対応に苦戦した 15 ズマ 5.0 終始、バイエルン攻撃陣に押し込まれて守備に追われ続けた 33 エメルソン 5.5 機を見た攻撃参加でアシストをマーク MF 7 カンテ 6.0 持ち味のボールハントで見事な存在感 8 バークリー 5.0 攻撃面で良さを出す展開にはならず、守備に追われた 17 コバチッチ 5.0 攻守をそつなくこなしたものの、決定的な仕事はできず FW 20 ハドソン=オドイ 5.5 厳しい判定によりゴールは幻に 9 エイブラハム 5.5 チャンスを見逃さず反撃の狼煙となるゴール挙げた (→ジルー -) 19 マウント 5.0 後半は存在感を欠いた 監督 ランパード 5.5 満身創痍のチーム状況でやれることはやった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! レヴァンドフスキ(バイエルン) 全ゴールに絡み、CLでのクラブ新記録となる13ゴール目を記録 バイエルン 4-1(AGG:7-1) チェルシー 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(前10)【PK】 ペリシッチ(前24) トリソ(後31) レヴァンドフスキ(後39) 【チェルシー】 エイブラハム(前46) 2020.08.09 05:59 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 2-1(AGG:2-2)リヨン《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグ、ユベントスvsリヨンが7日に行われ、2-1でユベントスが勝利した。しかし、2戦合計スコアが2-2となり、アウェイゴール差でリヨンがベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 5.5 PK以外、特に仕事はなかった DF 16 クアドラード 5.0 ミスパス、ミスキック連発でリズムを崩す (→ダニーロ 5.5) すんなりと試合に入った 4 デ・リフト 5.5 終盤はパワープレーで前線に上がるも、報われず 19 ボヌッチ 5.5 後半半ばのヘディングシュートを決めたかった。守備は問題なし 12 アレックス・サンドロ 6.5 とりわけ後半は攻撃の起点となってアクセントに MF 30 ベンタンクール 6.0 PK献上は不運。正当なタックルだった。中盤で潤滑油となる 5 ピャニッチ 5.5 ユーベでのラストプレーに。FKでPK獲得 (→ラムジー 5.5) まずまずボールに絡んでいた 25 ラビオ 6.0 うまく攻撃に絡んでいた FW 33 ベルナルデスキ 5.0 1度ドリブル突破で好機生むもそれだけ (→ディバラ -) リスクを負っての出場だったが、無念の負傷退場 (→オリヴィエリ -) 21 イグアイン 5.0 やはりディバラの代役は務まらず。前線で起点になれなかった 7 C・ロナウド 7.0 PKを決めて反撃の狼煙を上げ、ゴラッソを叩き込んだ 監督 サッリ 5.5 痛いPK判定、ディバラの負傷などあったが、勝ち上がりたかった ▽リヨン採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 アントニー・ロペス 6.0 C・ロナウドの直接FKを好守で阻止 DF 5 デナイヤー 6.0 ソリッドな守備を続けた (→アンデルセン 6.0) 難しい時間帯での出場ながら何とか耐えた 6 マルセロ 6.5 ベルナルデスキの絶好機を好タックルで阻止するなど、奮闘 20 マルカル 6.5 集中したプレーを最後まで続けた。堅守を築く MF 14 デュボワ 6.0 守備を重点に戦ってC・ロナウドをケア (→テテ -) 25 カケレ 6.0 ハードワークを徹底。とりわけ守備面で効いていた 39 B・ギマランイス 6.5 バイタルエリアを徹底カバー 8 アワール 6.5 ゴール前への良い絡みを幾度も見せ、PK獲得 (→チアゴ・メンデス -) 27 M・コルネ 6.0 バックラインに吸収されたが、よく粘った FW 11 デパイ 5.5 PK成功もPK献上 (→M・デンベレ 5.5) 何度かファウルを受けて時間を作る 21 エカンビ 5.5 前半は何度かボールを運んだ (→レーヌ=アデレード 6.0) 一定のキープ力を見せた 監督 ガルシア 6.5 PKは幸運だったものの、2戦を通して守備の堅さはベスト8進出に値する出来だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! C・ロナウド(ユベントス) 敗退に追い込まれたが、圧巻の個人技を魅せたC・ロナウドを選出。戦術ロナウドを実証。 ユベントス 2-1 リヨン 【ユベントス】 C・ロナウド(前42)【PK】 C・ロナウド(後15) 【リヨン】 デパイ(前12)【PK】 ※2戦合計スコア2-2、アウェイゴール差でリヨンがベスト8進出 2020.08.08 06:07 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング: マンチェスター・シティ 2-1 レアル・マドリー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16、マンチェスター・シティvsレアル・マドリーの2ndレグが、7日にシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで行われ、2-1で勝利したシティが合計スコア4-2で準々決勝進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16・2ndレグ|マンチェスター・シティvsレアル・マドリー<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=6m1370li7b8914y4gofdptjk5" async></script></div> ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 6.0 前半に2本好セーブ。終始安定したセービングで枠内シュートを防ぎ続けた。 DF 2 ウォーカー 6.0 状況に応じたポジショニングで攻撃を流動化させた。 25 フェルナンジーニョ 6.0 ベンゼマとはミスマッチ感もあった中で最少失点に抑えた。 14 ラポルテ 6.0 言わずもがなの安定感でゴールに蓋をした。 27 カンセロ 6.0 攻撃面のセンスを見せた。前半に惜しい枠内シュートを放つ。 MF 17 デ・ブライネ 6.5 相手の隙を的確につくプレーで攻撃を牽引。 16 ロドリ 6.0 終盤に足をつるほどの運動量と貢献度の高さを見せた。 (→オタメンディ -) 8 ギュンドアン 6.0 ポゼッションやパス捌きで攻撃にアクセントを加えた FW 47 フォーデン 6.0 トップのサプライズ起用が功を奏す。左右の2人と連動して圧力をかけ、相手守備陣に困難をもたらした。 (→ベルナルド・シウバ 5.5) 途中出場からしっかり攻守に奔走。 9 ガブリエウ・ジェズス 7.0 指揮官の狙い通りの形でアシストを記録。2点目も相手のミスを突く 7 スターリング 6.5 チーム最多の4本のシュートを記録。前から嵌めていく作戦を見事に実行した。 (→シルバ -) 監督 グアルディオラ 6.5 思い描いた通りの作戦勝ちとなった。サプライズとなったフォーデンのトップ起用は吉と出る結果に。 ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_14_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 クルトワ 6.0 2失点も再三の好セーブ。 DF 2 カルバハル 5.0 不安定な守備が目立った。あわやPK献上のプレーも 5 ヴァラン 4.0 相手の術中に嵌り、2度の失点に繋がる大きなミスを犯してしまった。 3 ミリトン 6.0 キャプテンの代役をしっかり遂行。スピードと強さで競り合った。 22 F・メンディ 5.5 攻守でしっかり役目を果たした。守勢に回ったため、持ち味の攻撃力をなかなか生かせなかった。 MF 10 モドリッチ 6.0 繊細なプレーと絶妙なポジショニングでゲームメイク。安定感抜群で中盤に君臨 8 クロース 5.5 攻守に貢献。ビルドアップの上手さが光った。 14 カゼミロ 5.5 広範囲にわたる守備で守勢の時間が長かったチームを支えた。 FW 27 ロドリゴ 6.0 ベンゼマの1点目をアシスト記録。逆ウイングのアザールも顔負けのキレのあるドリブルでチャンスメイク。 (→アセンシオ 5.5) 投入直後から目立っていただけに、先発起用で見たかった 9 ベンゼマ 6.0 劣勢のチームを勢いづけるゴールもその後が続かず。 7 アザール 5.0 やはりまだ本調子ではないのか、時間が経つにつれてフェードアウト。 監督 ジダン 5.0 2年連続となるラウンド16敗退。最初に持っていかれた勢いを取り返すことが出来なかった。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ) 1ゴール1アシストで勝利の立役者に。指揮官の要望に応える活躍。 マンチェスター・シティ 2-1 レアル・マドリー 【マンチェスター・シティ】 スターリング(前9) ガブリエウ・ジェズス(後23) 【レアル・マドリー】 ベンゼマ(前28) 2020.08.08 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 2-1 ラツィオ《セリエA》

セリエA第34節、ユベントスvsラツィオが20日に行われ、2-1でユベントスが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200720_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 6.0 終了間際のFKをセーブ。PKで失点も安定していた DF 16 クアドラード 6.0 攻守に集中したプレーだった。途中から右ウイングでプレー 4 デ・リフト 6.0 安定したプレーでインモービレを流れの中で止める 19 ボヌッチ 5.0 カイセドとのフィジカル勝負で負けなかったが、軽率なプレーでPK献上 12 アレックス・サンドロ 6.0 ラッツァーリのスピードをケア MF 8 ラムジー 6.0 再開後初スタメン。スペースを突くランニングで攻撃を活性化 (→マテュイディ 5.5) すんなりと試合に入った 30 ベンタンクール 6.0 一つ軽いプレーからピンチを招くも、攻守に気の利いたプレーぶり 25 ラビオ 6.0 カウンター時に持ち上がってのプレーが効いていた FW 11 ドグラス・コスタ 6.0 ベルナルデスキの出場停止を受けてスタメン。右サイドで起点に (→ダニーロ 5.5) 右サイドバックでプレー。そつなくこなした 10 ディバラ 6.5 イグアインのコンディション不良を受けて急遽スタメン。ラムジーとの好連係からチャンスを作り、C・ロナウドのゴールもアシスト (→ルガーニ -) 7 C・ロナウド 6.5 ドッピエッタでインモービレと並び得点ランクトップに。ハットトリックのチャンスもあったが、30ゴールの大台に乗った 監督 サッリ 6.5 終盤はバタついたが、久々に内容の伴った勝利でスクデット獲得に大きく近づいた ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200720_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽ラツィオ採点 GK 1 ストラコシャ 5.5 2失点も防げるシュートは止めていた DF 15 バストス 5.0 C・ロナウドに激しく当たっていたが、痛恨のPK献上 3 ルイス・フェリペ 5.0 アチェルビに代わって守備を統率していたが、2失点目は痛恨のミス (→ファルボ -) 33 アチェルビ 5.5 左サイドで起点に。途中から左MFでプレー MF 29 ラッツァーリ 5.5 スピードを生かして攻守に奮闘 (→モーロ -) 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 高さを使ってアクセントとはなったが、コンディション不良の影響で軽いプレーも多かった 32 カタルディ 5.0 後半はバイタルエリアをケアできず (→A・アンデルソン -) 16 パローロ 5.0 守備に追われた 8 D・アンデルソン 5.5 初スタメン。負傷者続出の中、まずまず役割は果たした (→ヴァヴロ 5.5) リベロでプレー。無難にこなす FW 20 カイセド 5.0 フィジカル勝負で優勢に立てず (→アディカナイ 5.5) 多少前線をかき回した 17 インモービレ 6.0 前半にポスト直撃のシュート。PKで一矢報い30ゴールに乗せた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ディバラ(ユベントス) ドッピエッタのC・ロナウドと共に勝利の立役者に。攻撃の要だった。 ユベントス 2-1 ラツィオ 【ユベントス】 C・ロナウド(後6[PK]) C・ロナウド(後8) 【ラツィオ】 インモービレ(後38[PK]) 2020.07.21 06:59 Tue
twitterfacebook