レーティング: バレンシア 3-4(AGG:4-8) アタランタ《CL》

2020.03.11 06:53 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、バレンシアvsアタランタが10日に無観客で行われ、3-4でアタランタが勝利した。この結果、2戦合計スコアを4-8としたアタランタがベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽バレンシア採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
13 シレッセン 5.0
防げるシュートは止めていたが4失点

DF
18 ヴァス 5.5
アレハンドロ・ゴメスの動きは制限した

17 コクラン 5.0
本職でないセンターバックでプレー。彼自身に大きなミスはなかったが、チームは4失点

(→チェリシェフ -)

12 ディアカビ 4.5
PK2つを献上し、逆転での突破を絶望的に追い込む

(→ゴンサロ・ゲデス 5.5)
攻撃を活性化させた

14 ガヤ 5.0
イリチッチに翻弄された

MF
20 フェラン・トーレス 6.5
まずまずボールに絡んで、2点目をアシストしゴールも決めた

10 パレホ 5.5
3点目をアシストもフロイラーとのマッチアップで劣勢に

6 コンドグビア 5.5
後半はセンターバックでプレー。できることはした

8 ソレール 5.5
運動量を生かしてボールに絡んだ

FW
9 ガメイロ 6.5
泥臭いプレーから2つのゴールを挙げた

19 ロドリゴ 6.0
ボールを持てばさすがの存在感でゴール演出

(→フロレンツィ -)

監督
セラーデス 5.5
前がからなければならない状況だったため、打ち合いの結果は仕方なし

▽アタランタ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
57 スポルティエッロ 5.0
ゴッリーニの負傷を受けて先発CLデビュー。落ち着いていたが3失点

DF
19 ディムスティ 5.5
タイトな守備を見せた

3 カルダーラ 5.0
ガメイロに付ききれなかった。守備も統率しきれず

6 パロミーノ 5.5
1失点目の場面ではスルーパスをカットしきれなかった

MF
33 ハテボエル 5.5
1stレグのヒーローは守備に気を配ったプレーぶり

15 デ・ルーン 5.5
左目を負傷し前半終盤に交代

(→D・サパタ 5.5)
なかなか試合に入れなかったが、3点目をアシスト

11 フロイラー 6.5
パレホとのマッチアップで優勢に。バー直撃のシュートも

8 ゴセンズ 5.5
ハテボエル同様、守備に回ることが多かった

FW
72 イリチッチ 8.0
圧巻の4ゴールでベスト8進出に導く

88 パシャリッチ 5.5
コンドグビアを監視。相手のビルドアップを阻んだ

(→タメゼ -)

10 アレハンドロ・ゴメス 5.5
いつもよりはアクセントを付けるプレーが少なかった

(→マリノフスキー -)

監督
ガスペリーニ 6.5
打ち合い上等の戦いぶりでベスト8進出

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
イリチッチ(アタランタ)
文句なしでイリチッチを選出。バレンシアの守備を一人で破壊した。

バレンシア 3-4 アタランタ
【バレンシア】
ガメイロ(前21)
ガメイロ(後6)
フェラン・トーレス(後22)
【アタランタ】
イリチッチ(前3【PK】
イリチッチ(前43)【PK】
イリチッチ(後26)
イリチッチ(後37)
※2戦合計スコア4-8でアタランタがベスト8進出!
コメント
関連ニュース
thumb

アタランタが吉田フル出場のサンプを下して9連勝!次節はユーベ戦《セリエA》

セリエA第31節、アタランタvsサンプドリアが8日に行われ、2-0でアタランタが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節SPALとの残留争いを制して2連勝とし、残留に大きく近づいた14位サンプドリア(勝ち点33)は、吉田が4バックの右センターバックで3試合連続先発となった。 一方、前節カリアリに辛勝して8連勝とした4位アタランタ(勝ち点63)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位ローマに15ポイント差を付けている中、アレハンドロ・ゴメスやD・サパタら主力が先発に戻った。 開始2分、ボックス左からムッルが際どいシュートを浴びせたサンプドリアだったが、地力に勝るアタランタがサンプドリア陣内で試合を進める。 すると29分にはD・サパタがミドルシュートでオンターゲットを記録。続く38分にはロングボールに抜け出して吉田の背後を取ったD・サパタがGKと一対一に。しかし、アウデーロの好守に阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も守備に徹するサンプドリアに対し、アタランタが攻撃を仕掛ける展開で推移していく。 すると75分にアタランタが先制した。マリノフスキーの右CKからファーサイドのトロイが頭で合わせた。 さらに85分、CKの流れからルーズボールを拾ったムリエルがペナルティアーク中央からコントロールシュートでゴール左に蹴り込み、アタランタが加点。 そのまま2-0で勝利したアタランタが9連勝を飾り、次節ユベントス戦に臨むこととなった。 2020.07.09 06:51 Thu
twitterfacebook
thumb

PK弾決勝点のアタランタ、10人のカリアリに辛勝で怒涛の8連勝!《セリエA》

アタランタは5日、セリエA第30節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節ナポリ戦を快勝しリーグ戦7連勝とした4位アタランタはチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位ローマとの勝ち点差を12に拡大した中、アレハンドロ・ゴメスとD・サパタをベンチスタートとし、前線にはムリエル、パシャリッチ、マリノフスキーを並べた。 そのアタランタが立ち上がりから仕掛けると10分にマリノフスキーが直接FKでGKを強襲する。 12分にシメオネにコントロールシュートを決められたアタランタだったが、VARでシメオネのハンドがあったとして助かると、26分にPKを獲得するとともに数的優位となる。 ボックス内に侵入したマリノフスキーがカルボーニに倒され、カルボーニには2枚目のイエローカードが提示されて退場となった。このPKをムリエルが決めたアタランタが1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半もアタランタが攻勢に出る流れが続く中、60分にアレハンドロ・ゴメスやサパタを投入する。 結局、追加点こそ奪えなかったアタランタだったが、1-0で勝利し、8連勝として3位インテルに1ポイント差としている。 2020.07.06 04:39 Mon
twitterfacebook
thumb

伏兵パシャリッチ&ゴセンズ弾でアタランタがナポリ撃破!怒涛の7連勝《セリエA》

セリエA第29節、アタランタvsナポリが2日に行われ、2-0でアタランタが勝利した。 4日前に行われた前節ウディネーゼ戦を勝利し、チャンピオンズリーグ出場圏内である4位の座をがっちりとキープしたアタランタ(勝ち点57)は、ウディネーゼ戦のスタメンから2選手を変更。マリノフスキーとハテボエルに代えてデ・ルーンとゴセンズを起用した。 一方、SPALに3-1と快勝した6位ナポリ(勝ち点45)は、CL出場へ12ポイント差のアタランタ相手に必勝が求められる中、メルテンス、インシーニェ、ポリターノの3トップで臨んだ。 ナポリが良い入りを見せた中、徐々にポゼッションを高めたアタランタは16分にアレハンドロ・ゴメスの左足ミドルでゴールに迫った。 その後、相手選手との接触によりオスピナがプレー続行不可能となったナポリは30分にメレトを投入。 そのナポリがハーフタイムにかけてはポゼッションを再び高めたものの、チャンスを生み出すには至らずゴールレスで前半を終えた。 それでも迎えた後半、開始2分にアタランタが先制する。敵陣高い位置でボールを奪い返すと、アレハンドロ・ゴメスの右クロスからパシャリッチが頭で押し込んだ。 さらに55分、流れの中から上がっていたトロイのシュートをボックス左で拾ったゴセンズがシュートを蹴り込み、アタランタに追加点が生まれる。 2点を追う展開となったナポリはメルテンスとインシーニェに代えてミリクとロサーノを投入。そのナポリが前がかっていくも、終盤にかけては守備に徹したアタランタが2-0で勝利。中断を挟んで7連勝としている。 2020.07.03 04:33 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第29節プレビュー】ユーベとラツィオは火曜に登場、木曜にアタランタvsナポリの好カード!

先週末に行われた前節では首位ユベントスがレッチェに快勝し、2位ラツィオがフィオレンティーナに逆転勝利して4ポイント差が維持された。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではアタランタが勝利した一方、ローマがミランに敗れたことで9ポイント差に広がっている。火曜から木曜にかけて行われる今節では火曜にユベントスとラツィオが登場し、木曜にアタランタvsナポリの好カードが組まれている。 前節レッチェ戦をFWロナウドとFWディバラの2試合連続アベック弾で快勝したユベントスは、2位ラツィオとの4ポイント差を維持。そのユベントスは17位ジェノアとのアウェイ戦に臨む。難所ルイジ・フェラリスでの試合、残留争いに巻き込まれている相手ということもあり、簡単な試合にはならないことが予想されるが、リーグ再開後復調したC・ロナウドと好調を維持するディバラの活躍で連勝を伸ばしたい。 そしてFWリベリ擁するフィオレンティーナに苦戦を強いられながらもFWインモービレとMFルイス・アルベルトのゴールで逆転勝利したラツィオは、14位トリノとのアウェイ戦に臨む。アタランタ戦での逆転負けを払拭する勝利を手にできた中、モチベーションに欠けるトリノを下してユベントスにプレッシャーをかけたい。 サッスオーロ戦の引き分けに続き、前節パルマ戦も苦戦を強いられた3位インテル。それでも終盤の2発で逆転勝利を飾り、ユベントスとの8ポイント差を維持した。そのインテルは最下位ブレシアとのホーム戦に臨むが、パルマ戦で得た勢いをつなげ、スクデット争い生き残りに懸けたい。 そして木曜にはアタランタvsナポリの好カードが組まれている。FWサパタとFWムリエルのコロンビア人コンビでウディネーゼを下し、ローマとのポイント差を9に広げたアタランタ。2年連続でのCL出場へ大きく近づいた中、コッパ王者のナポリを下して連勝を7に伸ばせるか。 一方、FWメルテンスらのゴールでSPALに3-1と快勝した6位ナポリはアタランタと12ポイント差。逆転でのCL出場権獲得は現実的でなないが、アタランタとの直接対決を制して何とか望みをつなげたい。 吉田との日本人対決を制して5試合ぶりの勝利を飾った冨安の11位ボローニャは、10位カリアリとホーム戦を戦うが、7位までに与えられるヨーロッパリーグ出場権獲得へ連勝で望みをつなげられるか。 一方、4試合ぶりに先発を外れ、味方の負傷により途中出場した吉田の16位サンプドリアは18位レッチェとの残留争いを戦うが、吉田はチームを降格から救う働きを見せられるか。 そして、ミランに敗れてCL出場権獲得が遠のいた5位ローマは15位ウディネーゼとのホーム戦を、ローマを下して再開後2連勝とした7位ミランは19位SPALとのホーム戦を戦う。 ◆セリエA第29節 ▽6/30(火) 《26:30》 トリノvsラツィオ 《28:45》 ジェノアvsユベントス ▽7/1(水) 《26:30》 インテルvsブレシア ボローニャvsカリアリ 《28:45》 ヴェローナvsパルマ レッチェvsサンプドリア フィオレンティーナvsサッスオーロ SPALvsミラン ▽7/2(木) 《26:30》 アタランタvsナポリ 《28:45》 ローマvsウディネーゼ 2020.06.30 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタ、ユベントスから若手MFムラトーレを完全移籍で獲得

アタランタは29日、ユベントスからMFシモーネ・ムラトーレ(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は明かしていない。 13歳からユベントスの下部組織に在籍するムラトーレは、U-20イタリア代表歴を持つセントラルMF。2018年に昇格したユベントスのU-23チームでは、これまで公式戦54試合に出場して3ゴール4アシストをマーク。 トップチームでは、昨年12月のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節のレバークーゼン戦で初出場を飾ると、6月26日に行われたセリエA第28節のレッチェ戦でセリエAデビューを飾っていた。 なお、ユベントスによれば今回の移籍金は700万ユーロ(約8億5000万円)で、アタランタは4年間の分割払いで支払うとのことだ。 2020.06.30 01:01 Tue
twitterfacebook